BRIDGE

タグ Crowdrive

ゲーム特化型クラウドファンディングCrowdrive、人気レーベルによるノベルゲーム「ghostpia」の掲載が開始

SHARE:

グーパは、同社が運営するゲーム特化型クラウドファンディングサービス「Crowdrive(クラウドライブ)」でオール・オア・ナッシング型のプロジェクトの掲載を開始した。オール・オア・ナッシング型とは、プロジェクト企画者が設定した目標金額に到達した場合に限り、プロジェクトが実行されるという仕組みだ。 「Crowdrive」では、プロジェクトの種類をオール・オア・ナッシング型とハイブリッド型の2種類に分…

crowdrive

グーパは、同社が運営するゲーム特化型クラウドファンディングサービス「Crowdrive(クラウドライブ)」でオール・オア・ナッシング型のプロジェクトの掲載を開始した。オール・オア・ナッシング型とは、プロジェクト企画者が設定した目標金額に到達した場合に限り、プロジェクトが実行されるという仕組みだ。

「Crowdrive」では、プロジェクトの種類をオール・オア・ナッシング型とハイブリッド型の2種類に分けている。ハイブリッド型は、プロジェクト企画者が設定した目標金額や目標人数の達成の有無に変わらず、支援された金額が全額支払われるという仕組み。これは、既にリリースされているゲームのプロモーションや、既に進行しているプロジェクトの資金やファンを集めるために利用されている場合が多い。

このオール・オア・ナッシング型のプロジェクト第一弾として、ノベルアプリ制作サークル「超水道」の最新デジタルノベルゲーム 「ghostpia」制作プロジェクトの掲載がスタートしている

「超水道」は、2014年のニコニコ自作ゲームフェス4で「ノベル賞」受賞経験もあり、過去にリリースしたアプリは約30万ダウンロードを超えるなど、ハイクオリティなノベルアプリを制作しているレーベル。



同レーベルが制作予定の「ghostpia」の第一話は、ノベルゲームの配信サイト「ノベルスフィア」上に公開されており、プレイできるようになっている。PCブラウザだけでなく、スマホのブラウザからもプレイ可能だ。



「超水道」は高校2年生のころから活動をスタートし、大学4年生となった今でも活動を継続しているチーム。学業との両立もある中、3ヶ月〜4ヶ月に1本のペースでアプリを制作し、今回「ghostpia」という大きな作品を制作するにあたって、資金が不足しているそうだ。

大学へ行くための定期代やミーティングを行うファミレス代すら危うい状態で困窮しているそうだが、「最後の作品 ghostpia を無料でリリースしたい」との想いから、「Crowdrive」でのクラウドファンディングを始めるに至った。

「Crowdrive」は今年の9月に発表され、10月末にリリースされた。これまでは「ファントムオブキル」や「チェインクロニクル」など、先述したハイブリッド型のプロジェクトの掲載だけだったが、今回、「ghostpia」のプロジェクトが掲載されたことで、クラウドファンディングとして本格的にスタートしていきそうだ。

----------[AD]----------

「パワープレイだけの市場はおもしろくない」、グーパのゲーム特化型クラウドファンディングサービス「クラウドライブ」にかける想い

SHARE:

2014年9月、ゲーム特化型クラウドファンディングサービス「Crowdrive(クラウドライブ)」が始動することが発表された。 同サービスの運営に携わるのは、フジ・スタートアップ・ベンチャーズとセガネットワークス、そしてアニメ特化のクラウドファンディングサービス「Anipipo(アニピポ)」を運営していたグーパだ。グーパは同日、フジ・スタートアップ・ベンチャーズとセガネットワークスの二社を割当先と…

crowdrive

2014年9月、ゲーム特化型クラウドファンディングサービス「Crowdrive(クラウドライブ)」が始動することが発表された。

同サービスの運営に携わるのは、フジ・スタートアップ・ベンチャーズとセガネットワークス、そしてアニメ特化のクラウドファンディングサービス「Anipipo(アニピポ)」を運営していたグーパだ。グーパは同日、フジ・スタートアップ・ベンチャーズとセガネットワークスの二社を割当先とする第三者割当増資を実施したと発表している。

これまでイラストの受託などを行い、ブートストラップで活動してきたグーパが資金調達の実施と新サービスを発表。このタイミングでグーパ代表取締役社長兼CEOの平皓瑛氏に話を伺った。

グーパ代表取締役社長兼CEO 平皓瑛氏
グーパ代表取締役社長兼CEO 平皓瑛氏

「クラウドライブ」がスタートした経緯

平氏「最初のきっかけはサムライインキュベートの榊原さんから紹介していただいたことです。クラウドファンディングは資金調達ももちろんですが、資金調達の他にも、サイトに掲載されることによるプロモーションや、クリエイターとファンのつながりを生み出すなど、色々な面があります。こうした面にも着目し、クラウドファンディングを始めたいと考えていた二社に紹介してもらったことで今回の話がスタートしました。」

アニメ特化のクラウドファンディングサービス「Anipipo(アニピポ)」を立ち上げた際にも、クリエイターとファンとの架け橋となることや、クリエイター支援、エンターテイメント業界を盛り上げていきたいという想いを持っていたグーパと想いが一致し、「クラウドライブ」の話がスタートした。

平氏「ゲーム特化でクラウドファンディングを立ち上げるというミッションが私たちにマッチしていました。加えて、グーパはタイでも事業を展開していることもあり、アジア展開へのつなぎこみもやりやすいという面もあります。「クラウドライブ」を通じて、日本国内のゲーム会社のものを広げていきたいと考えています。

ゲーム会社はアニメ会社と比較すると体力があります。ゲームはアニメとの相性も良く、ゲーム業界を盛り上げることはアニメーション業界を良くするということにもつながると考えています。」

幅広いゲームジャンルを取り扱う

グーパチームのみなさん
グーパチームのみなさん

クラウドファンディングに掲載されるゲーム関連のプロジェクトはいくつも存在する。「クラウドライブ」ではどのようなゲームをイメージしているのだろうか。

平氏「「クラウドライブ」では、モバイルゲーム、コンソールゲーム、PCゲームなどから、ボードゲームまで、幅広く展開していきたいと考えています。海外のクラウドファンディングでも、ボードゲームのプロジェクトはかなりの人気となっています。」

ゲームとクラウドファンディングといえば、先日Makuakeがインディーズゲーム開発者を支援するプロジェクトを実施すると発表されていた。「クラウドライブ」で支援するクリエイターはどういった人々をイメージしているのだろうか。

平氏「最初に掲載されるプロジェクトは大手企業によるものを想定しています。名前が知られている企業のプロジェクトを掲載することでユーザを引きつけ、その後、インディーズ系のゲームを掲載していくことで、ゲーム好きなユーザに対してインディーズ系ゲームに注目してもらいやすい状況を作っていきたいと考えています。

ローンチ初期は3-5本から始め、サイトの改善を行い、ゆくゆくは掲載されるプロジェクト本数は月に5〜10本ほどになることをイメージしています。プロジェクトのタイプは、ゲームの開発資金自体を集めるものから、関連グッズの開発費用などゲームに関連したプロジェクトもいくつか立ち上がる予定です。」

マーケットリサーチを兼ねるクラウドファンディング

「クラウドライブ」が展開するのは日本国内だけにとどまらない。最初は日本語で展開し、早期の段階で英語にも対応する予定だという。また、いくつかのハードウェアのようにクラウドファンディングサービスをマーケットリサーチとして用いているように、「クラウドライブ」でもリサーチ的な活用を想定しているという。

もちろん、どんなプロジェクトでも掲載されるわけではない。

平氏「プロジェクトの掲載を判断する際に、プロジェクトの実行力と妥当性をチェックし、そのゲームがおもしろいかどうかはユーザの判断に委ねることにしています。実行力の判断軸は、業界関係者への裏取りや、やる気の有無、過去の事例などです。」

ユーザが楽しめるゲームを送り出したい

平氏「資本力を大量に投下するパワープレイだけでの市場はおもしろくありません。「ユーザが楽しめるものはなんだろう?」それを追求するゲームを世に送り出すサポートをしていきたいと思います。」

この他にも、平氏はクラウドファンディングプロジェクトの支援者同士の交流会や、支援者とクリエイターとの交流会など、人と人とのつながりを生み出す場所を作っていきたいと語ってくれた。

グーパは2012年4月にサムライインキュベートからシード資金を調達。その後は資金調達を行わず、ブートストラッピングで事業を続けてきた。アニメ特化型クラウドファンディングを運営していたことが、今回のサービスと資金調達につながっている。

ビジョンとパッションを持ちながら活動してきたグーパが、新たにリリースするサービスがどのようなものになるのか楽しみだ。「クラウドライブ」は2014年10月後半にローンチ予定だ。

_MG_0476

----------[AD]----------