THE BRIDGE

タグ Fundect

投信アプリ「Fundect」に直接銀行への来店予約ができる機能が追加、開発のFinatextが三菱東京UFJ銀行と連携

SHARE:

投信アプリ「Fundect」を始め、投資や株に関するアプリを開発しているFinatextが、2016年6月14日に三菱東京UFJ銀行とパートナーを組み、「Fundect」から直接銀行への来店予約ができる機能をリリースした。 「Fundect」がリリースされたのは、2015年12月。三菱東京UFJ銀行が開催した「FINTECH CHALLENGE 2015」への出場がきっかけとなって、生まれたサービ…

Fundect

投信アプリ「Fundect」を始め、投資や株に関するアプリを開発しているFinatextが、2016年6月14日に三菱東京UFJ銀行とパートナーを組み、「Fundect」から直接銀行への来店予約ができる機能をリリースした。

「Fundect」がリリースされたのは、2015年12月。三菱東京UFJ銀行が開催した「FINTECH CHALLENGE 2015」への出場がきっかけとなって、生まれたサービスだ。

ユーザは質問に答えていくと、自分のリスク性向にあった投資信託のリストが閲覧でき、投信選びの参考にすることができる。同アプリは、リリースから3ヶ月でダウンロード数が10万を突破。

注目のフィンテックスタートアップが今度は三菱東京UFJ銀行と組んで投信アプリ「Fundect」をリリース

ユーザの数も増え、得られるデータも増えてきたFinatextは、ユーザのデータを活用して投信選定のアルゴリズムを日々改良しているという。

Finatextは「あすかぶ」を始め、これまでに投資やFX、投信に関するアプリをリリースしてきており、一貫して金融に親しみがない人でも始めやすいサービスを提供してきた。

その一方、投信販売の大多数はいまだに対面で行われているのが現状だという。今回、同社が三菱東京UFJ銀行とパートナーを組んで導入する来店予約機能は、ユーザが銀行窓口へと足を運ぶきっかけを生み出し、投信購入にいたるようサポートする役割を果たす。

d12138-24-311285-1 d12138-24-621130-3

----------[AD]----------

注目のフィンテックスタートアップが今度は三菱東京UFJ銀行と組んで投信アプリ「Fundect」をリリース

SHARE:

フィンテックスタートアップのFinatextが、三菱東京UFJ銀行とパートナーシップを組み、投資信託選びをサポートするスマートフォンアプリ「Fundect(ファンデクト)」をリリースした。 Finatextはこれまでに株の予想アプリ「あすかぶ!」、FXデモトレードアプリ「かるFX」を開発してきた。株、FXときて、投信もカバーしたことで、投資に関するアプリを揃えたことになる。 「あすかぶ!」は楽天証…

Fundect

フィンテックスタートアップのFinatextが、三菱東京UFJ銀行とパートナーシップを組み、投資信託選びをサポートするスマートフォンアプリ「Fundect(ファンデクト)」をリリースした。

Finatextはこれまでに株の予想アプリ「あすかぶ!」、FXデモトレードアプリ「かるFX」を開発してきた。株、FXときて、投信もカバーしたことで、投資に関するアプリを揃えたことになる。

「あすかぶ!」は楽天証券と、「かるFX」はYahoo! JAPANグループのYJFX!と、そして「Fundect」は、三菱東京UFJ銀行と共同で運営している。


Fundect2 Fundect1

「Fundect」はアプリ上の質問に答えるだけで、ユーザのリスク性向が分かり、自分に合った投資信託が表示されるという投資信託選びサポートアプリ。

「Fundect」上では、各投資信託の口コミを始め、様々な意見を書き込むことができるタイムラインが用意されている。投資信託など資産運用について紹介している教科書コンテンツがあるなど、これまで投資信託に馴染みのなかった初心者でも選びやすくなるよう設計されている。

「あすかぶ!」、「かるFX」など既存アプリでも使いやすいUI設計、ユーザが盛り上がるコミュニティの運営を行ってきているFinatext。他のアプリのユーザも、今回新しくリリースされた「Fundect」には関心を持つはずだ。「あすかぶ!」で獲得してきた10万人を超えるという登録ユーザを活かし、Finatextは今後もアプリの運営を行っていく。

既存のユーザコミュニティだけではなく、スマートフォンユーザに合わせて一からシステムや画面を設計できていることも、Finatextの強みだ。他の金融機関がこれをやろうとした場合、基幹システムを変えていかなくてはならないというハードルがある。

Finatextが提供しているアプリを通じて、ユーザは自分の投資傾向、勝ちパターンや負けパターンを把握していくことができる。データを蓄積していったFinatextが、どのようなサービスをユーザに提供するようになるのか、楽しみだ。

----------[AD]----------