THE BRIDGE

タグ Finatext

東大発のフィンテックスタートアップFinatextがM&A、経済データ解析のナウキャストを子会社化

SHARE:

東大発のフィンテックスタートアップFinatextが、経済データ解析のサービスを提供するナウキャストを子会社化したことを発表した。 今回の経営統合は、Finatext が株式交換を通じてナウキャストを完全子会社化する。Finatextの代表取締役である林良太氏が、ナウキャストの新しい代表取締役に就任。ナウキャスト創業者であり、現在、東京大学大学院経済学研究科教授である渡辺努氏は共同創業者として引き…

左:Finatext代表取締役林良太氏 右:ナウキャスト創業者、東京大学大学院経済学研究科教授 渡辺努氏
左:Finatext代表取締役林良太氏
右:ナウキャスト創業者、東京大学大学院経済学研究科教授 渡辺努氏

東大発のフィンテックスタートアップFinatextが、経済データ解析のサービスを提供するナウキャストを子会社化したことを発表した。

今回の経営統合は、Finatext が株式交換を通じてナウキャストを完全子会社化する。Finatextの代表取締役である林良太氏が、ナウキャストの新しい代表取締役に就任。ナウキャスト創業者であり、現在、東京大学大学院経済学研究科教授である渡辺努氏は共同創業者として引き続き会社の運営を行う。

Finatextは、2014年に創業。これまでに、株コミュニティアプリ「あすかぶ!」や FXシミュレーションアプリ「かるFX」、投信クイズアプリ「FXクルー」、投信選びのサポートアプリ「Fundect」、投資信託のデータベースである「AssetArrow」など、様々な金融関連サービスをリリースしてきた。

2016年4月には、トムソン・ロイター・マーケッツと提携し、市場動向分析サービスの開発へと動き出している。

日本のフィンテックスタートアップ Finatext がトムソン・ロイターと提携、市場動向分析サービスの開発へ

そんなFinatextがM&Aしたのが、東京大学経済学研究科渡辺努研究室における『東大日次物価指数(現:日経 CPINow)』プロジェクトを前身として 2015年2月に設立された、ナウキャストだ。ナウキャストはビッグデータ解析により、消費者物価指数を始めとする経済統計のリアルタイム化、企業の経営戦略の見える化を行う東大発ベンチャー。

現在、同社はリアルタイム統計データベースサービス「NowcaSTats」を展開しており、国内外220社以上の金融機関、シンクタンク、政府、政府系金融機関、海外ヘッジファンド等の資産運用、経済調査業務を支援しているという。

今回のM&Aにより、両社の強みを結集し、新しい指標や独自のアルゴリズム等を開発、資産運用分野での新規ビジネスの展開をしていくという。

----------[AD]----------

FinatextがFX投資の手がかりを掴むアプリ「FXクルー」をリリース、GMOクリック証券と共同

SHARE:

Finatextは、GMOクリック証券とパートナーシップを組み、FX初心者が投資の基本を理解し、取引の手がかりを掴めるようになるアプリ「FXクルー」をリリースした。 「FXクルー」は、FXのテクニカル指標など取引を行う際に使うシグナルの情報や知識に関するクイズが表示され、ユーザは出題されたクイズに答える。 ユーザはクイズを通じて、FX投資のシグナル理解や基礎知識の習得ができるスマートフォンアプリだ…

fxclue top

Finatextは、GMOクリック証券とパートナーシップを組み、FX初心者が投資の基本を理解し、取引の手がかりを掴めるようになるアプリ「FXクルー」をリリースした。

「FXクルー」は、FXのテクニカル指標など取引を行う際に使うシグナルの情報や知識に関するクイズが表示され、ユーザは出題されたクイズに答える。

ユーザはクイズを通じて、FX投資のシグナル理解や基礎知識の習得ができるスマートフォンアプリだ。

fxclue app

Finatextは、過去にYahoo! JAPANグループの「YJFX!」と共同で、FXのデモトレードアプリ「かるFX」をリリースしている。

同アプリは、米ドル/円、ユーロ/円など、各為替相場の値動きをゲーム感覚で予想し、デモトレードを行ったり、ユーザ同士がFXを中心に会話を楽しむことが可能。

FinatextがFXのデモトレードアプリ「かるFX」をリリース、Yahoo! JAPANグループの「YJFX!」と共同

同社によれば、「かるFX」はリリースから半年弱でアクティブユーザ数が約10万人、アプリ上では約0.7秒に1回の取引が実行されているという。

同社は蓄積してきたユーザデータを元に、データ解析を行い、自動のアルゴリズムトレードを進めるなど、FXにおける新たな開発を進めていく方針だ。

----------[AD]----------

日本のフィンテックスタートアップ Finatext がトムソン・ロイターと提携、市場動向分析サービスの開発へ

SHARE:

株コミュニティアプリ「あすかぶ!」や FXシミュレーションアプリ「かるFX」、投信選びのサポートアプリ「Fundect」、投資信託のデータベースである「AssetArrow」など、様々な金融関連サービスをリリースしてきたFinatext。 2014年に創業した同 Fintech スタートアップが、トムソン・ロイター・マーケッツ(以下、トムソン・ロイター)との提携を発表した。今後、両社は国内外の金融…

Finatext

株コミュニティアプリ「あすかぶ!」や FXシミュレーションアプリ「かるFX」、投信選びのサポートアプリ「Fundect」、投資信託のデータベースである「AssetArrow」など、様々な金融関連サービスをリリースしてきたFinatext

2014年に創業した同 Fintech スタートアップが、トムソン・ロイター・マーケッツ(以下、トムソン・ロイター)との提携を発表した。今後、両社は国内外の金融機関、個人投資家向けサービスを共同で開発する。

Finatext はこれまで「あすかぶ!」「かる FX」「Fundect」などのアプリを運営してきたことで、ユーザの基本情報に加え、トレードデータなどの定量データやコメントを始めとした定性データなど、約25万人以上の投資に関するユーザデータを蓄積している。

蓄積してきたユーザデータに加えて、「あすかぶ!」における注目企業選定のアルゴリズムや「Fundect」における投信リストアップのアルゴリズムなど、アルゴリズムの開発も行ってきた。

今回の協業では、Finatext が持つユーザデータに加え、トムソン・ロイターが収録する世界の金融・経済情報及びニュースのデータを Finatext の AI 解析エンジンにより分析。より多角的な市場動向の解析、投資判断の推測、評価が迅速かつ簡便に提供できる「市場動向分析サービス」の開発を目指すという。

トムソン・ロイターとの提携を担当しているFinatextの石橋淳志氏は、

「ロイターから非常に価値のあるデータを提供してもらえるので、それに私たちの東大を背景とした学術や、AIなどの技術を用いることで、金融市場でまだ顕在化していない情報を組み上げ、新たな価値を生み出していきたいと思います。」

と今回の提携についてコメントした。

----------[AD]----------

注目のフィンテックスタートアップが今度は三菱東京UFJ銀行と組んで投信アプリ「Fundect」をリリース

SHARE:

フィンテックスタートアップのFinatextが、三菱東京UFJ銀行とパートナーシップを組み、投資信託選びをサポートするスマートフォンアプリ「Fundect(ファンデクト)」をリリースした。 Finatextはこれまでに株の予想アプリ「あすかぶ!」、FXデモトレードアプリ「かるFX」を開発してきた。株、FXときて、投信もカバーしたことで、投資に関するアプリを揃えたことになる。 「あすかぶ!」は楽天証…

Fundect

フィンテックスタートアップのFinatextが、三菱東京UFJ銀行とパートナーシップを組み、投資信託選びをサポートするスマートフォンアプリ「Fundect(ファンデクト)」をリリースした。

Finatextはこれまでに株の予想アプリ「あすかぶ!」、FXデモトレードアプリ「かるFX」を開発してきた。株、FXときて、投信もカバーしたことで、投資に関するアプリを揃えたことになる。

「あすかぶ!」は楽天証券と、「かるFX」はYahoo! JAPANグループのYJFX!と、そして「Fundect」は、三菱東京UFJ銀行と共同で運営している。


Fundect2 Fundect1

「Fundect」はアプリ上の質問に答えるだけで、ユーザのリスク性向が分かり、自分に合った投資信託が表示されるという投資信託選びサポートアプリ。

「Fundect」上では、各投資信託の口コミを始め、様々な意見を書き込むことができるタイムラインが用意されている。投資信託など資産運用について紹介している教科書コンテンツがあるなど、これまで投資信託に馴染みのなかった初心者でも選びやすくなるよう設計されている。

「あすかぶ!」、「かるFX」など既存アプリでも使いやすいUI設計、ユーザが盛り上がるコミュニティの運営を行ってきているFinatext。他のアプリのユーザも、今回新しくリリースされた「Fundect」には関心を持つはずだ。「あすかぶ!」で獲得してきた10万人を超えるという登録ユーザを活かし、Finatextは今後もアプリの運営を行っていく。

既存のユーザコミュニティだけではなく、スマートフォンユーザに合わせて一からシステムや画面を設計できていることも、Finatextの強みだ。他の金融機関がこれをやろうとした場合、基幹システムを変えていかなくてはならないというハードルがある。

Finatextが提供しているアプリを通じて、ユーザは自分の投資傾向、勝ちパターンや負けパターンを把握していくことができる。データを蓄積していったFinatextが、どのようなサービスをユーザに提供するようになるのか、楽しみだ。

----------[AD]----------

FinatextがFXのデモトレードアプリ「かるFX」をリリース、Yahoo! JAPANグループの「YJFX!」と共同

SHARE:

株予想アプリ「あすかぶ!」、投信選択をサポートする「Asset Arrow」といった金融関連サービスを開発してきたスタートアップFinatextが、新たなアプリをリリースした。 今回彼らが選んだフィールドは「外国為替証拠金取引(FX)」だ。「あすかぶ!」で得た経験をつぎ込んでFXアプリ「かるFX」を開発、12月にリリースした。「あすかぶ!」では、楽天証券とパートナーシップを組んでいたが、FXではY…

karufx top

株予想アプリ「あすかぶ!」、投信選択をサポートする「Asset Arrow」といった金融関連サービスを開発してきたスタートアップFinatextが、新たなアプリをリリースした。

今回彼らが選んだフィールドは「外国為替証拠金取引(FX)」だ。「あすかぶ!」で得た経験をつぎ込んでFXアプリ「かるFX」を開発、12月にリリースした。「あすかぶ!」では、楽天証券とパートナーシップを組んでいたが、FXではYahoo! JAPANグループのワイジェイFXとパートナーシップを組んでいる。

「かるFX」は、米ドル/円、ユーロ/円など、各為替相場の値動きをゲーム感覚で予想。デモトレードを行ったり、ユーザ同士がFXを中心に会話を楽しむことができるようになっている。

「あすかぶ!」同様、ニュースや経済イベントをアプリ上から閲覧できることで参加しやすくし、またユーザ同士の意見交換を可能にすることでコミュニケーションをしながらFXとはどういうものかを知ることができる。

fx

初心者向けのマニュアルを閲覧すると取引可能な為替相場が増えたり、実際にデモトレードを体験すると値動きの激しい相場でデモができるようになるなど、ゲーミフィケーション機能を取り入れている。

Finatext CEOの林 良太氏は、

林氏「『あすかぶ!』で蓄積した経験をつぎ込んで今回のアプリを開発しました。FXのアプリは複雑なUIになってしまうことが多いですが、使いやすいUIを実現しています。「あすかぶ!」は1日に1回株予想をするアプリでしたが、FXは常に値動きがあります。そのため、すでにかなり頻度高く利用してくれるユーザも現れています」

と「かるFX」リリース後の手応えを語る。彼らの強みは、アプリのUIやゲーミフィケーションだけではない。良質なユーザコミュニティが形成されていることが強みとして挙げられる。

林氏「『あすかぶ!』は登録ユーザが10万人を超えています。最初は荒れないようにケアしていましたが、今ではコミュニティの雰囲気が形成されているのでほとんどケアは必要なくなってきています。ユーザたちは自発的にオフ会の開催をするようになっていて、かなり高い熱量を持っています」

株、FXとアプリを提供してきて、彼らは他にもアプリを開発予定だという。そのアプリたちを熱量あるコミュニティのユーザたちが利用するとなると、相乗効果が生まれていきそうだ。

関連記事

----------[AD]----------

フィンテックスタートアップFinatextが投信選びをサポートするサービス「Asset Arrow」β版をリリース

SHARE:

株予想アプリ「あすかぶ」を運営するFinatextが投資信託選びに役立つウェブサービス「Asset Arrow(アセットアロー)」のβ版をリリースした。 「あすかぶ」は投資初心者に向けた株の予想アプリだったが、「Asset Arrow」は投信選びをサポートするウェブサービス。独自のアルゴリズムによって、類似ファンド・非類似ファンドを並べ、投資信託に関する最新の重要ニュースも配…

asset arrow

株予想アプリ「あすかぶ」を運営するFinatextが投資信託選びに役立つウェブサービス「Asset Arrow(アセットアロー)」のβ版をリリースした。

「あすかぶ」は投資初心者に向けた株の予想アプリだったが、「Asset Arrow」は投信選びをサポートするウェブサービス。独自のアルゴリズムによって、類似ファンド・非類似ファンドを並べ、投資信託に関する最新の重要ニュースも配信する。

β版としてリリース後、利用者や投信のプロからのレーティングやレビュー等を加えていくことで、ユーザがショッピング感覚で投資信託を購入するような投資信託のマーケットプレイスを目指しているという。

今後データベースやAPI、指標などを充実させていく方針。「あすかぶ」に続き、Finatextは金融が多くの人にとって身近な存在となるようサービスを提供していくようだ。

----------[AD]----------

株予想アプリ「あすかぶ!」が企業とユーザ間のコミュニケーション可能な場へとリニューアル

SHARE:

フィンテック系スタートアップ Finatext が提供するアプリ「あすかぶ!」が大幅にリニューアルした。「あすかぶ!」は、独自のアルゴリズムによって1日につき1つ選ばれる注目株について、株価の上下を予想しながら株に触れる機会を増やそうというアプリ。 ローンチから約半年でユーザが行った予想数の累計は38万回となっており、株というジャンルにおいてはユーザが積極的に利用しているアプリだ…

asukabu

フィンテック系スタートアップ Finatext が提供するアプリ「あすかぶ!」が大幅にリニューアルした。「あすかぶ!」は、独自のアルゴリズムによって1日につき1つ選ばれる注目株について、株価の上下を予想しながら株に触れる機会を増やそうというアプリ。

ローンチから約半年でユーザが行った予想数の累計は38万回となっており、株というジャンルにおいてはユーザが積極的に利用しているアプリだ。「あすかぶ!」は、2015年2月に開催された「金融イノベーションビジネスカンファレンス 2015」内における FinTech ピッチコンテスト「FinPitch」にて、ISID 特別賞を受賞している。

「あすかぶ!」は今回の大幅リニューアルにより、「みんなの声」のデザインを変更、ユーザ同士のコミュニケーションをさらに活性化させようとしている。さらに、企業ページにQ&A機能を追加することでユーザが個別の企業に興味をもちやすくし、企業IRのコミュニケーション、PR、HRの場としても活用可能なアプリを目指す。

今後は、米国、中国などを中心に海外展開を行なっていく予定だという。

----------[AD]----------

注目のFinTechスタートアップFinatextが若年層の金融リテラシー向上に挑戦するアプリ「あすかぶ!」をリリース

SHARE:

FinTech系のサービスがにわかに盛り上がりを見せている。「FinTech」は、FinanceとTechnologyを合成した造語で、金融や会計関連のスタートアップを示す用語だ。北米や英国が先行して成長しており、このあたりはTechCrunchの「FinTechスタートアップが目指すべき理想像はロンドンにあり」「日本の数年先を行く、米FinTech業界の次のトレンドは?」でも紹介されている。 ヘ…

FinTech系のサービスがにわかに盛り上がりを見せている。「FinTech」は、FinanceとTechnologyを合成した造語で、金融や会計関連のスタートアップを示す用語だ。北米や英国が先行して成長しており、このあたりはTechCrunchの「FinTechスタートアップが目指すべき理想像はロンドンにあり」「日本の数年先を行く、米FinTech業界の次のトレンドは?」でも紹介されている。

ヘルスケア、ハードウェアなどともに注目したいFinTech領域。最近、そんな領域に取り組む日本のスタートアップFinatextから、アプリがリリースされた。同社が楽天証券とパートナーシップを組んでリリースしたのは、株アプリ「あすかぶ!」だ。「あすかぶ!」はiOSAndroidの両方で提供されている。

このアプリは若年層の株取引に興味がある人や、株の初心者などをターゲットとした、株に特化した教養アプリ。1日1つ銘柄が指定され、翌営業日の株価が上がるか下がるかを予想する。アプリ上では、初心者でも判断しやすいように、指定銘柄のチャート、企業の説明、ニュース、他のユーザのコメントを確認できる機能などが用意されている。

asukabu

Finatextによれば、NISAや近年の企業の確定拠出年金制度の限度額拡大など、日本全体での「貯蓄から投資へ」の動きが大きくなていると考えている。楽天証券でも、若年層のオンライン証券での口座開設数は増加傾向にあるという。だが、こうした流れがありながらも、投資はハードルが高いと感じている若年層は多く、Finatextは「あすかぶ!」でそんな若年層の金融リテラシーの底上げを実現を目指している。

金融とテクノロジーに通じるFinatext

Finatextは2013年に設立したFinTechスタートアップ。金融アプリサービス開発運営や、仮想通貨のデータ分析、情報発信をメインに事業を展開しており、これまでに金融情報スマホアプリ「Stocky(ストッキー)」、ビットコインの関連情報サイト「BitAntenna」などを提供してきている。

stocky

Finatext CEOの林 良太氏は、東京大学経済学部卒業後、英ブリストル大学のComputer Scienceを経て、日本人初の現地新卒でドイツ銀行ロンドンに2009年入社。その後2013年より国内最大規模級のヘッジファンド大手のGCIに参画。東京を拠点にGCIのグローバルビジネスを急拡大させた後、GCIのバックアップを受けて、2013年Finatextを創業した人物だ。金融とテクノロジーの双方に通じており、最近では東洋経済オンラインにビットコインに関する記事も寄稿している

Finatextチームは、東京大学経済学部出身者グループが母体となっており、林氏のほかには、金融工学経済学博士、東京大学教養学部講師など多彩なメンバーで新しい金融ビジネスに取り組んでいる。

金融リテラシーの向上は、重要性が騒がれながらも、なかなか実現ができていないテーマだ。だが、林氏と話していると何かを成し遂げてくれそうなワクワクした気持ちになる。「あすかぶ!」というアプリの様子ももちろん気になるが、Finatextというチームが今後FinTech領域でどのような活躍を見せるのか、楽しみだ。

----------[AD]----------