BRIDGE

タグ Hmlet

シンガポールのco-livingスタートアップHmletが日本へ進出、今後半年で1,000室以上の部屋と契約を目指す

SHARE:

シンガポールの大手コーリビング(Co-living)運営会社の1つである Hmlet は、共同事業パートナーである三菱地所の協力の下、東京での運営を開始した。Hmlet にとって日本はシンガポール、香港、シドニーに次ぐ4番目の市場となる。 同社は三菱地所とともに今後3年間で合計2,500万米ドルを費やし、事業拡大を行っていく予定だという。日本は同地域の中で最大規模の市場になると期待され、今後半年以…

Hmlet@渋谷松濤
Image credit: Hmlet

シンガポールの大手コーリビング(Co-living)運営会社の1つである Hmlet は、共同事業パートナーである三菱地所の協力の下、東京での運営を開始した。Hmlet にとって日本はシンガポール、香港、シドニーに次ぐ4番目の市場となる。

同社は三菱地所とともに今後3年間で合計2,500万米ドルを費やし、事業拡大を行っていく予定だという。日本は同地域の中で最大規模の市場になると期待され、今後半年以内に1,000室以上の部屋と契約する予定だ。東京の他に、大阪と名古屋にも進出する計画もあるという。

これから数年かけて運営室数を1万室まで増やす計画があり、10月中旬には渋谷で日本第1号物件となる「Hmlet@渋谷松濤」が開業する。専用の共同住宅には様々なスタジオやデュプレックス構成のほか、利用者らが親睦や人脈づくり、リラックス、そして特別に開かれるコミュニティイベントに参加できる共同屋上スペースを備えている。

三菱地所は日本の不動産開発会社最大手であり、Hmlet の最新ラウンドであるシリーズ B ラウンドで出資を行った。パートナーシップの一環として、Hmlet は設計やコミュニティ管理面のすべての監督を行う一方、三菱地所は不動産調達の管理を行う。

さらに、三菱地所の100%子会社である三菱地所レジデンスは、今後日本で Hmlet の優先パートナーを務める。これにより、コーリビングを利用する事業者は、三菱地所の既存および開発段階にある高品質の居住用建物の情報ルートに幅広くアクセスでき、国内の他の不動産開発業者と提携することも可能だ。

Hmlet のモバイルアプリ,br>Image credit: Hmlet

Hmlet の CEO Yoan Kamalski 氏は、日本への進出について次のように語った。

レンタル料金が高騰する中、フレキシブルで手頃な価格で安全な宿泊施設を実現するため、不足分を補完できる弊社の可能性を信じ、日本に進出しました。Hmlet は手間のかからない特注デザインの住まいを、帰属意識やコミュニティ意識と組み合わせて提供することにより、日本で非常にニーズのあるソリューションをお届けできます。

Hmlet Japan(ハムレット・ジャパン)CEO の 佐々木 謙一氏は次のように語った。

共同生活であるコリビングスペースは日本では比較的新しいコンセプトですが、弊社のモデルは仕事のために国内を旅する専門家やモバイルワーカーの増加などに伴う現代の住宅施設の需要を上手く満たせると信じています。

日本では、コリビングスペースに日本の美学を取り入れるとともに、利用者の方々のために地元コミュニティと交流できる機会を創造することで、彼らが故郷と呼べる空間を提供する活動を行っていきます。

日本への進出は、同社が2019年7月に Burda Principal Investments がリードするシリーズ B ラウンドで4,000万米ドルを調達した後すぐに行われた。

Hmlet は2016年に設立され、現在シンガポール、香港、シドニー、東京の93ヶ所で運営を行う。2019年の終わりまでに、2,400室以上の運営を目指していると同社は語っている。

【via e27】 @E27co

【原文】

シンガポールを拠点に〝共同リビングスペース〟を展開するスタートアップHmlet、150万米ドルを調達——シンガポールや日本でサービス拡大へ

SHARE:

シンガポールを拠点とする共同リビングレンタルのスタートアップ Hmlet は、コワーキングスペース Collision 8の姉妹会社である Aurum Investments(シナジー効果が期待できる)がリードするシードラウンドで150万米ドルを調達した。 この投資ラウンドには、JobsCentral Group の共同設立者で Entrepreneur First のパートナーでもある Huan…

HMLET_Founders_1
Image Credit: Hmlet

シンガポールを拠点とする共同リビングレンタルのスタートアップ Hmlet は、コワーキングスペース Collision 8の姉妹会社である Aurum Investments(シナジー効果が期待できる)がリードするシードラウンドで150万米ドルを調達した。

この投資ラウンドには、JobsCentral Group の共同設立者で Entrepreneur First のパートナーでもある Huang Shao-Ning 氏を含む複数のエンジェル投資家も参加した。

Hmlet は新たに調達した資金を香港や大阪での事業拡張に利用するほか、シンガポールと東京でレンタルホーム(同社は「共同リビングスペース」と呼ぶのを好む)の拡大につなぐ予定だ。

シンガポール国外出身の Yoan Kamalski 氏と Zenos Schmickrath 氏が率いる同社は、若いビジネスパーソンが柔軟性なリース条件のレンタルホームを見つける手助けをしている。個人の家主から住宅をリースし、物件に家具を備え付けてデザインを変更した後、賃借人に貸し出している。

賃借人は(都市再開発庁の規制により)最低3か月のリース契約に署名しなくてはならないが、緊急時には繰り上げて契約を終了させる選択肢はある。

さらに、適切な住宅と賃借人を組み合わせるシステムを提供しているため、同居人同士の揉め事といった事態は最小限にできる。Hmlet では、さらに円滑なマッチングシステムを提供できるようアプリの開発にも取り組んでいる。

最近、同社はシンガポールのイーストコースト(ジョー・チアット通り339番地)に7,000平方フィート(約650平米)もの新たな建物を取得した。入居受付から6週間が経過した現在、占有率はすでに95%に達している。

Hmlet には現在170人の会員がおり、収益は100万米ドルだとしている。

同社 CEO 兼共同設立者の Yoan Kamalski 氏はこのように話している。

モバイルで仕事をするミレニアル世代の柔軟性に対するニーズとスタイルの好みに対応できる共同リビングスペースを作りたいと思いました。テクノロジーとデザインを活用して、当社は物件をダイナミックな環境に変革し、Hmlet のコミュニティを強化しています。

また、共同設立者兼テクノロジー部門マネージングディレクターの Zenos Schmickrath 氏は次のように話している。

当社はコミュニティの企業です。有意義な真の関係作りに向け、人に力を与えるテクノロジーを活用しています。テックを日々の業務に取り入れることで、同じような思考を持つ人をつなぎつつ効率性を向上させています。

Kamalski 氏によると、シンガポールにおける Hmlet のコミュニティは2018年末までに600人に成長する見込みだという。

【via e27】 @E27co

【原文】