THE BRIDGE

タグ IndoTrading

日本のリブライト・パートナーズが、インドネシアの企業向けマーケットプレイスIndoTradingに出資

SHARE:

先月、インドネシアの企業向けマーケットプレイス IndoTrading について取り上げたばかりだが、彼らは素晴らしいニュースを引っ提げて戻って来てくれた。IndoTrading は、日本のリブライト・パートナーズからシード資金を調達した。調達金額は明らかにされていないが、同社はこの資金を使って、インドネシア国内5都市に販売チームや作業チームを展開する見込みだ。 IndoTrading は会員4,…

Indotrading-website

先月、インドネシアの企業向けマーケットプレイス IndoTrading について取り上げたばかりだが、彼らは素晴らしいニュースを引っ提げて戻って来てくれた。IndoTrading は、日本のリブライト・パートナーズからシード資金を調達した。調達金額は明らかにされていないが、同社はこの資金を使って、インドネシア国内5都市に販売チームや作業チームを展開する見込みだ。

IndoTrading は会員4,410社を抱え、3万点以上のプロダクトを扱う。有料会員は400社以上を数え、毎月50社が新しく加入している。リブライト・パートナーズの蛯原健氏は、今回の投資について次のようにコメントを寄せた。

IndoTrading は、インドネシアのB2B取引プラットフォームの分野では卓越した存在です。国境を越えて、東南アジアのプラットフォームになれるでしょう。同社の創業者 Handy 氏は、優れた販売管理スキルとグロースハック方法を身につけており、かつて、マレーシアの会社に数十万ドルで会社をバイアウトした経験があります。

Handy 氏は、IndoTrading を創業する前、不動産広告サイト RumahdanProperti.com を経営していた。後に同社は、iProperty.com に買収されている。

IndoTrading は、ジャカルタの Founders Institute が運営するインキュベーション・プログラムの直近の回を、優秀な成績で卒業した。これまでに、リブライト・パートナーズはインドネシアで、AdskomQraved に出資している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

Jakarta Founder Instituteを卒業したインドネシアのスタートアップ8社

SHARE:

インドネシアの通信会社Indosatと提携しているJakarta Founder Institute(JFI)は昨日、3期生のスタートアップ卒業パーティーを催し、今回は8社が卒業した。今年は240のスタートアップが登録されたが、そのうちJakarta Founder Instituteのメンターシッププログラムに認められたのは43社のみである。さらにその中でも卒業に値するとされたのはたったの8社だ…

founder-institute

インドネシアの通信会社Indosatと提携しているJakarta Founder Institute(JFI)は昨日、3期生のスタートアップ卒業パーティーを催し、今回は8社が卒業した。今年は240のスタートアップが登録されたが、そのうちJakarta Founder Instituteのメンターシッププログラムに認められたのは43社のみである。さらにその中でも卒業に値するとされたのはたったの8社だけであった。

JFIの取締役Novistiar Rustandi氏は、スタートアップはプログラムを経験する前に厳しい審査によって厳選されているという。また、プログラム自体は誰にでも参加可能であるが十分の見込みがある、または強い人間力を持つ人たちが受け入れられるという。これはJFIが特別でかつ厳しい課題を通して本物に近い経験ををスタートアップに提供することに尽力しているからだ。

その一例として、500~1000人を対象にした市場調査をわずか2日でこなさなければならないという課題がある。Novistiar氏は強い人間力を持つ者にしか乗り越えられないという。

最適な指導を行うために、JFIはTokoBagusのRemco Lupke氏、TokopediaのWilliam Tanuwijaya氏など幅広い経験豊富な指導者を揃えた。スタートアップは主に4つのステップで指導を受ける:思索、商品開発、マーケティングと資金調達だ。以下にその卒業生たちを紹介しよう。

1. Adtik

AdtikはAndroidのクロスプロモーションネットワークだ。Alan Chang氏により設立されたAdtikはインドネシアのマーケティング予算がない、もしくは少ないAndroidデベロッパーに対して商品を無料で広告し支援することを目指している。これはネットワーク上の他のアプリを代わりにインストールするとできる。無料に宣伝できるだけではなく、デベロッパーは手数料から収益を得ることもできる。

2. Babybind

Babybindは親たちが自分の赤ちゃんの様々な瞬間を携帯電話を使ってデジタル的に記録することができるモバイルソーシャル日記アプリだ。ユーザは自分の記録をFacebookやTwitterといったソーシャルメディアを通じて、親戚や友人と共有することができる。また、同アプリは赤ちゃんの年齢と発育段階に応じて、子育てに関する情報を提供している。Babyfindの設立者Alexander Winata氏によると、同アプリは今年の10月中にローンチされるという。Babybindは今回の卒業生の第3位を受賞した。

3. Codemi

Codemiはオンライン学習サイトでその対象は学生、教員を問わない。Codemiではビジネス、料理、歌といった様々な講座が用意されている。マネタイズに関しては、Codemiが各講座の(収益の)30%を、講師が70%を得ることになっている。

4. IndoTrading

IndoTradingはB2B取引に焦点を置いたマーケットプレイスだ。IndoTradingがターゲットとする市場はオンラインマーケティングにあまり精通していない中小企業たちだ。 IndoTradingは設立者Handy Chang氏にインドネシア版のウェブサイトを立ち上げるきっかけを与えた中国のeコマース大手、Alibabaとよく似ている。同社は今回の卒業生の中で最優秀賞を獲得した。

5. Jagad

Jagadはインドネシアの旅行とレンタカーサービスを提供している。簡単で早く、信用のおける旅行とレンタカーのサービスをインドネシア中で提供している。マネタイズに関しては、顧客の注文の10%のコミッションを得ている。

6. Lightora

Lightoraはデスクトップでもモバイルでもアクセスできるアプリで、特に小売業において消費者行動を分析し、ビジネス上のアドバイスを提供している。

7. Shoop!

Shoop!は、ウェブおよびモバイルベースのアプリケーションで、ユーザが様々なオンラインショップやマーケットプレイスへ商品を同時に販売できるようにしている。Shoop!はKaskus、TokoBagus、そしてBukaLapakといった15以上のプラットフォームに統合されている。同社は今回の卒業生の中で2位を獲得した。

8. WarmGreet

WarmGreetは、ユーザエンゲージメントやブランドロイヤリティを高めるオンラインプラットフォームだ。WarmGreetは、ユーザがバーチャルポイントを稼ぐことができる機能をいくつか提供しており、このポイントでユーザは後に商品の割引や他の特典を受けることができる。バーチャルポイントはツイートしたり友人にブランドをお勧めしたりすることで集めることができる。

Ideabox

インドネシアのテックシーンの発展をサポートする責務の一環として、Indosatはideaboxという名のインキュベータをローンチした。Ideaboxはデベロッパーや起業家にコワーキングスペースのような施設やリソースを提供している。同インキュベータは今年末までに活動を始める。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------