THE BRIDGE

タグ LimeBike

加熱するバイクシェアリング業界への投資ーーLimeBikeが7,000万ドルを新たに調達

LimeBikeは順調に資金を増やしている。専用駐輪場を持たないタイプのバイクシェアリングスタートアップ LimeBikeは本日、新たに7000万ドルをFifth Wall VenturesとRainbow Technologyから調達したことを発表した。今回の資金調達は、昨年10月に発表された5000万ドルのシリーズBラウンドの延長上にある。 2017年3月のローンチ以降、現在までに同社は1億3…

Image Credit: LimeBike

LimeBikeは順調に資金を増やしている。専用駐輪場を持たないタイプのバイクシェアリングスタートアップ LimeBikeは本日、新たに7000万ドルをFifth Wall VenturesとRainbow Technologyから調達したことを発表した。今回の資金調達は、昨年10月に発表された5000万ドルのシリーズBラウンドの延長上にある。

2017年3月のローンチ以降、現在までに同社は1億3200万ドルを調達している。このスピードは極端な速さにも感じられる。そもそも、製品はただの自転車なのだ。共同創業者でありCEOのトビー・サン氏は、その点について次のようにコメントしている。

「バイクシェアリングは、資本集約型のビジネスです。私たちはすべてを社内で設計しており、世界でも最高レベルのメーカーと組んでいます。既存製品を使いません。既にお気づきかもしれませんが、バイクシェアリング業界において全てのプレイヤーがこのような形をとれるわけではありません。資金が不足していたり、オペレーションの質が悪ければできないのです」

さらにいえば、1億3200万ドルというのは、他社の資金調達と比較すると大したことはない。中国のライバル Mobike は昨年6月には6億ドルを、Ofoは昨年7月に7億ドルを調達した。

とはいえ、LimeBikeの最大のライバルは、ニューヨーク拠点のJump Bikesと見られている。同社は最近1000万ドルの資金調達ラウンドをクローズしたばかり。興味深いことに、このスタートアップは今年1月初旬にサンフランシスコ市交通局(SFMTA)から、250台の駐輪場なしeバイクのローンチの独占許可を取得した。LimeBike含めて他のバイクシェアリングスタートアップが同様の許可を取得することは今後18ヶ月間できなくなった。

サン氏はこの発表以来、この決定に対して反論をしている。

「最近、行政官のマリア・コーエン氏による特別公聴会がありました。コーエン氏は、入札プロセスが透明性に欠けること、コミュニティの多くのメンバーが当局の決定に不意をつかれていることを懸念しています。市によって様々なアクションが今後もとられるでしょう。私たちがSFMTAに求めているのは、ただ公平性と透明性なのです」

プロダクトの点では、どちらのスタートアップも電気自動車に注力している。LimeBikeは、最近モーター駆動の自転車もラインナップに追加したばかりだ。

今回のラウンドの主導役としてFifth Wall Venturesを選んだのは、LimeBike側にとっては賢明な一手だった。不動産に注力しているVCで、昨年5月に最初のファンドをクローズしたばかりのFifth Wall Venturesは、LimeBikeが商業不動産のオーナーとの戦略的提携を結ぶにあたって支援をすると、発表資料には書かれてある。

不動産業界との連携スタート以外に、LimeBikeは今回新たに得た資金を使って、モバイルアプリと積極的な事業開発を強化する予定だ。現在、同社は米国と欧州(スイスとドイツ)の45のマーケットに進出している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

LimeBike、ドックレスの自転車シェアリングをアメリカ8都市に展開

SHARE:

自転車シェアリングはアジアとヨーロッパでは普及しているが、アメリカではご承知の通り自動車との結びつきが強い。そこで、自転車への移行を簡単にするべく、LimeBike はドックレスの自転車シェアリングサービスをローンチした。利用者は使用後に自転車を特定のドックに返却する必要がない。 同社はノースカロライナ州グリーンズボロで設立された。同市にはノースカロライナ大学がある。これまでにカリフォルニア州イン…

limebike-1.jpg
アメリカでドックレスの自転車シェアリングサービスを提供する LimeBike
Image Credit: LimeBike

自転車シェアリングはアジアとヨーロッパでは普及しているが、アメリカではご承知の通り自動車との結びつきが強い。そこで、自転車への移行を簡単にするべく、LimeBike はドックレスの自転車シェアリングサービスをローンチした。利用者は使用後に自転車を特定のドックに返却する必要がない。

同社はノースカロライナ州グリーンズボロで設立された。同市にはノースカロライナ大学がある。これまでにカリフォルニア州インペリアルビーチ、南サンフランシスコ、ダラス、シアトル、フロリダ州キービスケーン、カリフォルニア州サウスレイクタホ、インディアナ州サウスベンドに進出している。今年末までに30~40市場への進出を目指している。

CEO の Toby Sun 氏は次のように述べる。

当社は毎週1つマーケットを開くことを目指しており、今年の自転車数の当社目標は7万台~10万台です。各都市ごとに4,000台~5,000台の自転車を配置することを考えています。

同社は都市部のサステナビリティの名の下に、都市交通をよりクリーンに、より効率的かつ経済的にすることを目指すスタートアップの1社である。

最初にロックを解除しなければ乗れないようにするために、LimeBike は後輪に電子ロックを取り付けている。ユーザは LimeBike のアプリを使って一番近くにある自転車の場所を特定する。自転車には GPS と3G 回線と QR コードが付いている。スマートフォンのカメラを自転車のロックに向けるとアプリはユーザに適切な権限があるか認証する。認証が終われば自転車のロックが解除され、1時間単位で課金する。自転車を乗り終わったら、最終的な数字が見れるようになり、自転車は自動的にロックがかかる。

カリフォルニア州サンマテオを本拠とする LimeBike はこの1年間これに取り組んできた。Toby Sun 氏と Brad Bao 氏が正式に会社を設立したのは1月のことだ。両氏は30分ごとに1米ドル課金するモデルに落ち着いた。すぐに見分けが付くよう、自転車をライム色に塗装した。

limebike-2.jpg
LimeBike はアプリで開錠できる
Image Credit: LimeBike

CEO の Sun 氏は VentureBeat とのインタビューでこう話した。

私たちはモビリティの選択肢の観点から競争環境をグローバルに調査しました。Uber や Lyft が自転車を扱うようなものだと思って頂いて構いません。

同社がシアトルでサービスをローンチした際は、WeWork や Zulily、EnergySavvy や New Tech Northwest など様々なワークプレイスのスタートアップ企業と提携した。これらの企業は LimeBike Business Network を通じて、LimeBike を従業員向けの福利厚生として提供している。LimeBike は数千台の自転車を管理し、必要に応じてメンテナンスしている。

Sun 氏によると、同社は Andreessen Horowitz、IDG Ventures、DCM Ventures 他から1,200万米ドルの資金提供を受けているという。

自転車シェアリングは新しいものではなく、長年ヨーロッパでは利用可能です。ですが当社は、自転車が交通量の1%に過ぎないアメリカに、ドックレス式のシェアリングモデルを中国から持ち込んだのです。目標は、誰でも乗りたいときにとても手頃な値段で自転車に乗れるようにすることです。

limebike-3.jpg
LimeBike 設立者の Brad Bao 氏(左)と Toby Sun 氏
Image Credit: LimeBike

これまでのところ、LimeBike は25万回の利用実績がある。特に大学のある都市では、学生は1日に6回自転車に乗っている。

競合にはヨーロッパの Velos、Santander、Next Bike、アジアの Obike、Mobike、Ofo、Bluegogo、そしてアメリカの Motivate、Zagster、B-cycle、Spin、Cycle Hop などがある。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------