加熱するバイクシェアリング業界への投資ーーLimeBikeが7,000万ドルを新たに調達

by Bérénice Magistretti Bérénice Magistretti on 2018.2.19

Image Credit: LimeBike

LimeBikeは順調に資金を増やしている。専用駐輪場を持たないタイプのバイクシェアリングスタートアップ LimeBikeは本日、新たに7000万ドルをFifth Wall VenturesとRainbow Technologyから調達したことを発表した。今回の資金調達は、昨年10月に発表された5000万ドルのシリーズBラウンドの延長上にある。

2017年3月のローンチ以降、現在までに同社は1億3200万ドルを調達している。このスピードは極端な速さにも感じられる。そもそも、製品はただの自転車なのだ。共同創業者でありCEOのトビー・サン氏は、その点について次のようにコメントしている。

「バイクシェアリングは、資本集約型のビジネスです。私たちはすべてを社内で設計しており、世界でも最高レベルのメーカーと組んでいます。既存製品を使いません。既にお気づきかもしれませんが、バイクシェアリング業界において全てのプレイヤーがこのような形をとれるわけではありません。資金が不足していたり、オペレーションの質が悪ければできないのです」

さらにいえば、1億3200万ドルというのは、他社の資金調達と比較すると大したことはない。中国のライバル Mobike は昨年6月には6億ドルを、Ofoは昨年7月に7億ドルを調達した。

とはいえ、LimeBikeの最大のライバルは、ニューヨーク拠点のJump Bikesと見られている。同社は最近1000万ドルの資金調達ラウンドをクローズしたばかり。興味深いことに、このスタートアップは今年1月初旬にサンフランシスコ市交通局(SFMTA)から、250台の駐輪場なしeバイクのローンチの独占許可を取得した。LimeBike含めて他のバイクシェアリングスタートアップが同様の許可を取得することは今後18ヶ月間できなくなった。

サン氏はこの発表以来、この決定に対して反論をしている。

「最近、行政官のマリア・コーエン氏による特別公聴会がありました。コーエン氏は、入札プロセスが透明性に欠けること、コミュニティの多くのメンバーが当局の決定に不意をつかれていることを懸念しています。市によって様々なアクションが今後もとられるでしょう。私たちがSFMTAに求めているのは、ただ公平性と透明性なのです」

プロダクトの点では、どちらのスタートアップも電気自動車に注力している。LimeBikeは、最近モーター駆動の自転車もラインナップに追加したばかりだ。

今回のラウンドの主導役としてFifth Wall Venturesを選んだのは、LimeBike側にとっては賢明な一手だった。不動産に注力しているVCで、昨年5月に最初のファンドをクローズしたばかりのFifth Wall Venturesは、LimeBikeが商業不動産のオーナーとの戦略的提携を結ぶにあたって支援をすると、発表資料には書かれてある。

不動産業界との連携スタート以外に、LimeBikeは今回新たに得た資金を使って、モバイルアプリと積極的な事業開発を強化する予定だ。現在、同社は米国と欧州(スイスとドイツ)の45のマーケットに進出している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------