THE BRIDGE

タグ PLEN CUBE

コワーキングスペース「おおたfab」とPLEN Robotics、ロボット「PLEN Cube」を使ったコワーキングスペースの無人化・省力化実験を発表

SHARE:

東京・蒲田でコワーキングスペース「おおた fab」を運営するスマイルリンクと、パーソナルアシスタントロボット「PLEN Cube」を開発する PLEN Robotics は、PLEN Cube を使ったコワーキングスペースの無人化・省力化に向けた取り組みを発表した。PLEN Cube を使って実行するのは、画像認識を使った会員の顔パスによる入退館手続、音声による 3D プリンタの操作、音声による清…

PLEN Cube
Image credit: Ota Fab

東京・蒲田でコワーキングスペース「おおた fab」を運営するスマイルリンクと、パーソナルアシスタントロボット「PLEN Cube」を開発する PLEN Robotics は、PLEN Cube を使ったコワーキングスペースの無人化・省力化に向けた取り組みを発表した。PLEN Cube を使って実行するのは、画像認識を使った会員の顔パスによる入退館手続、音声による 3D プリンタの操作、音声による清掃用ロボットの操作の3点。今年5月までには、追加で顔認証によるサービス料金決済、スマートロック連携を計画している。

スマイルリンクと PLEN Robotics は昨年11月から、共同で IoT 普及に向けた勉強会「IoT 実用化研究会」を開催している。1月30日の第2回 IoT 実用化研究会では、おおた fab に PLEN Cube を導入して行われた実証実験の経過が報告された。一般的なコワーキングスペースでは、会員の入退館のために受付に人手を配置したり、スマートロックを使って無人時の入退館を可能にしたりしているが、両社では今回の実証実験を通じて、IoT を活用したさらに効率的なコワーキングスペース運営を模索する。

Via Ota Fab

----------[AD]----------

PLEN Roboticsとシャンティが提携、パーソナル補助ロボット「PLEN Cube」と医療機関向けソリューション「パラメディS」を連携へ

SHARE:

パーソナルアシスタントロボット「PLEN Cube」を開発する PLEN Robotics と、医療機関向け AI・ロボットソリューションを開発するシャンティは先週、医療・介護・ヘルスケア分野でのロボット開発と販売について、業務提携を締結したと発表した。 PLEN Robotics が開発する PLEN Cube は一辺約7.5cm の立方体ロボットで、カメラ、スピーカー、マイクを内蔵し、フェイス…

Tapia や Pepper などコミュニケーションロボットと接続して、医療施設で利用される「パラメディS」
Image credit: Shanti

パーソナルアシスタントロボット「PLEN Cube」を開発する PLEN Robotics と、医療機関向け AI・ロボットソリューションを開発するシャンティは先週、医療・介護・ヘルスケア分野でのロボット開発と販売について、業務提携を締結したと発表した。

PLEN Robotics が開発する PLEN Cube は一辺約7.5cm の立方体ロボットで、カメラ、スピーカー、マイクを内蔵し、フェイストラッキング、音声認識技術を搭載。ユーザが声で指示するだけで、デジタル・ビデオカメラ、IoT 家電リモートコントローラ、インターネット・コミュニケータとして機能する。

PLEN Cube
Image credit: PLEN Robotics

一方、シャンティが開発するパラメディ S は、ロボットによる医療スタッフの業務支援システム(受付・問診・説明)で、体温計・血圧計・心拍計などの医療機能との接続を実現する IoT ハブとしての機能を有するほか、さまざまなコミュニケーションロボットやデバイスへの接続も可能だ。

両社では今回の提携を受けて、PLEN Cube とパラメディ S を接続することで、医療・介護・ヘルスケア分野の業務効率化に寄与するソリューションを研究開発するほか、シャンティによる同ソリューションの法人販売、両社による医療・介護・ヘルスケア分野向けの新たなロボット開発に注力するとしている。

via Shanti

----------[AD]----------

パーソナルアシスタントロボット「PLEN Cube」開発PLEN Robotics、光センサー大手コーデンシと提携——政投銀主催アクセラレータが契機に

SHARE:

大阪を拠点とするロボティクス・スタートアップの PLEN Robotics は17日、同社の戦略パートナーとして、京都に本社を置く光センサー大手コーデンシと業務提携することを明らかにした。両社は今後、PLEN Robotics が開発したパーソナリアシスタントロボット「PLEN Cube」の販売とアプリケーション開発に向けた実証実験を行い、コーデンシの販路を活用した PLEN Cube やアプリケ…

PLEN Cube
Image credit: PLEN Project

大阪を拠点とするロボティクス・スタートアップの PLEN Robotics は17日、同社の戦略パートナーとして、京都に本社を置く光センサー大手コーデンシと業務提携することを明らかにした。両社は今後、PLEN Robotics が開発したパーソナリアシスタントロボット「PLEN Cube」の販売とアプリケーション開発に向けた実証実験を行い、コーデンシの販路を活用した PLEN Cube やアプリケーション、ソフトウェアサービスの販売で協力する。

PLEN Robotics の前身である PLEN Project は昨年8月、中国の家電メーカー Goertek(歌尔声学、深圳証取:002241)との合弁事業を解消しているが、それから約半年を経て、PLEN Robotics は新たなパートナーを獲得したことになる。同社 COO を務める富田敦彦氏は、Goertek の合弁事業解消の際、その背景には、合弁事業のスキームでは大量の製品を生産する必要から PLENGoer の経営が逼迫する可能性があることを指摘していた。今回のコーデンシとの提携は過去の経験をもとに、スタートアップである PLEN Robotics が同じ歩幅で進むことができる相手を見つけることができた、と評価することができるだろう。

京都・宇治市に本社を置くコーデンシは、今年で創業36年目を迎える光センサー開発製造大手。東京のほか、韓国、中国、香港、シンガポール、アメリカに子会社、バンコクに連絡事務所を置いている。

協業により実現する相互補完
Image credit: PLEN Robotics

今回の PLEN Robotics とコーデンシは、2017年10月から日本政策投資銀行が主催した「KYOTO OPEN ACCELERATOR」でのマッチングを通じて実現したものだ。本日、京都の研究開発拠点である京都リサーチパークでは、KYOTO OPEN ACCELERATOR のデモデイが開催されており、PLEN Robotics とコーデンシの協業内容は、この機会に発表されることとなった。デモデイでは、PLEN Robotics とコーデンシの協業以外にも、京都リサーチパーク × スペイシー、京都リサーチパーク × 電子開発、コーデンシ × Takumi Vision、ニッセン × Crunch Style、はてな × ユニロボットの5例の協業内容が発表される予定。

PLEN Robotics は昨年11月、クラウド・ネットワーク環境構築を目的として、IoE(Internet of Everything)ファンドを運用する ABBALab から調達額非開示で資金調達したことを発表している。また、丸紅グループ傘下のモバイル販売および法人向けソリューションを提供する MX モバイリングと提携したことも明らかにしていた。

----------[AD]----------

PLEN Robotics、クラウド構築でABBA Labから資金調達——MXモバイリングと提携、マンション宿泊施設向けコンシェルジュサービスを提供へ

SHARE:

大阪を拠点とするロボティクス・スタートアップの PLEN Robotics は27日、IoE(Internet of Everything)ファンドを運用する ABBALab から資金調達したと発表した。なお、調達金額は非開示。PLEN Robotics は調達した資金を使って、同社のパーソナルロボット「PLEN Cube」のサービス面を支えるクラウド・ネットワーク環境を構築するとしている。 また…

Image credit: PLEN Robotics

大阪を拠点とするロボティクス・スタートアップの PLEN Robotics は27日、IoE(Internet of Everything)ファンドを運用する ABBALab から資金調達したと発表した。なお、調達金額は非開示。PLEN Robotics は調達した資金を使って、同社のパーソナルロボット「PLEN Cube」のサービス面を支えるクラウド・ネットワーク環境を構築するとしている。

また、同日 PLEN Robotics は、丸紅グループ傘下のモバイル販売および法人向けソリューションを提供する MX モバイリングと提携したことも明らかにした。PLEN Robotics はこの提携を通じて、PLEN Cube を使ったマンションおよび宿泊施設向けの AI コンシェルジュサービスを提供する。計画によれば、PLEN Cube をインタフェースとして、マンションや宿泊施設の共有部や専有部で入居者や利用者の問い合わせに対応、AI を活用して音声対話やロボットの動きを実現し、ディスプレイへの情報表示や家電・IoT デバイスの制御が可能にする。

Image credit: PLEN Robotics

PLEN Cube は昨年12月、PLEN Project と中国の家電メーカー Goertek(歌尔声学)とのジョイントベンチャー PLENGoer Robotics のプロジェクトとして発表された。今年8月、PLEN Project は Goertek とのジョイントベンチャーを解消し、PLEN Cube は新会社 PLEN Robotics が事業継承している。

PLEN Cube は今年1月にラスベガスで開催された CES 2017 で披露され、2月に実施した Kickstarter でのクラウドファンディングでは、目標額5万ドルに対し8.1万ドルの調達に成功、また4月に実施した Makuake でのクラウドファンディングでは、目標額200万円に対し320万円超の調達に成功している。販売開始は2018年6月の予定。

----------[AD]----------

PLEN Projectが中国企業との合弁事業を解消、新会社PLEN Roboticsを設立し「PLEN Cube」事業を継続へ

SHARE:

大阪を拠点とするロボティクス・スタートアップの PLEN Project と中国の家電メーカー Goertek(歌尔声学、深圳証取:002241)は昨年3月にジョイントベンチャー PLEN Robotics を設立していたが、1日、両社はジョイントベンチャーの解消を発表した。これを受け、PLEN Project は、独立した新会社である PLEN Robotics を設立、PLENGoer Rob…

Maker Faire Tokyo 2017 で披露された、PLEN Cube の夏仕様デザイン
Image credit: PLEN Robotics

大阪を拠点とするロボティクス・スタートアップの PLEN Project と中国の家電メーカー Goertek(歌尔声学、深圳証取:002241)は昨年3月にジョイントベンチャー PLEN Robotics を設立していたが、1日、両社はジョイントベンチャーの解消を発表した。これを受け、PLEN Project は、独立した新会社である PLEN Robotics を設立、PLENGoer Robotics が行ってきた開発中のパーソナルアシスタントロボット「PLEN Cube」に関わる事業を引き受ける。

<関連記事>

PLEN Project、PLEN Robotics の両社の取締役で COO を務める富田敦彦氏によれば、これまで PLEN Project の代表取締役 CEO を務めてきた赤澤夏郎氏が PLEN Robotics の代表取締役 CEO を兼任。また、両社の役回りについては、PLEN Project がオープンソースロボット「PLEN2」、ロボットを利用した教育事業、第三者からの受託案件を中心にするのに対し、PLEN Robotics は PLEN Cube と、それをベースにしたクラウドサービスに展開が中心になるとのことだ。PLEN Project は教育という息の長い取り組みであるため自力でコツコツ取り組むことになる反面、PLEN Robotics は画像認識、音声認識など AI 関連につながる最新ソフトウェアの比重・開発負担が大きいため、外部との事業提携や資金調達を積極的に求めていくとしている。

PLEN Robotics は、今回の GoerTek との関係解消が、PLEN Cube に関わる事業の将来展望を見据えた前向きなものであることを強調している。GoerTek の 量産ノウハウ、音響関連の技術、生産能力の高さは魅力的であったものの、それらを前提にすると大量の製品を生産する必要があり、PLENGoer の経営が逼迫することが明らかになったとのこと。ジョイントベンチャーを解消することにより、自由な条件の下で PLEN Cube の開発を進めることを PLEN Project と GoerTek が合意した。ジョイントベンチャー設立当初は PLEN Cube のプロトタイプ制作に傾倒していたようだが、今回の関係解消は、実際にプロダクトがマーケットレディに近い状態になったのに伴い、両社が改めてビジネス条件を精査した上での結果と言える。

Makers Faire Tokyo 2017 で PLEN Cube 夏仕様デザインを披露する、PLEN Robotics 代表取締役 CEO の赤澤夏郎氏
Image credit: PLEN Robotics
----------[AD]----------

PLENGoer Robotics、Makuakeでパーソナル・アシスタント・ロボット「PLEN CUBE」のクラウドファンディングを開始

SHARE:

大阪を拠点とするロボティクス・スタートアップで、中国の家電メーカー Goertek(歌尔声学)とのジョイントベンチャー PLENGoer Robotics は27日、パーソナル・アシスタント・ロボット「PLEN CUBE」のクラウドファンディングを Makuake 上で開始した。価格は29,100円から。クラウドファンディング実施期間は120日間(約4ヶ月間)で目標額は200万円だが、本稿執筆段階…

大阪を拠点とするロボティクス・スタートアップで、中国の家電メーカー Goertek(歌尔声学)とのジョイントベンチャー PLENGoer Robotics は27日、パーソナル・アシスタント・ロボット「PLEN CUBE」のクラウドファンディングを Makuake 上で開始した。価格は29,100円から。クラウドファンディング実施期間は120日間(約4ヶ月間)で目標額は200万円だが、本稿執筆段階で40%超の84万円の調達を達成している。

PLENGoer Robotics の設立母体でもあるプレンプロジェクトは、これまでにもPLEN2 などのロボットを出してきたが、PLENGoer Robotics としては PLEN CUBE が初めてのプロダクトとなる。PLEN CUBE は今年1月にラスベガスで開催された CES 2017 で披露され、2月に実施した Kickstarter でのクラウドファンディングでは、目標額5万ドルに対し、8.1万ドルの調達に成功している。

PLEN Cube ~Makuakeスペシャルエディション~

PLEN CUBE は一辺が約7.5cmの直方体で、カメラ、ディスプレイ、スピーカー、マイクの機能を備えている。フェイストラッキング、音声認識、ジェスチャー認識などの機能を搭載、特別な設定無しで、声とジェスチャーで PLEN CUBE に指示を与え、静止画や動画の撮影、保存、オンライン上での配信、共有が可能になる。IFTTT を介して様々な Web サービスを連結させることで、相互に情報をやり取りすることも可能だ。

Makuake でのキャンペーンでは、通常モデルに加えて、20台限定モデルとして、ボディの一部に高級な木の素材を使った「PLEN Cube~Makuakeスペシャルエディション~」も発売される。出荷開始は、通常モデル、限定モデル共に2018年6月となる予定だ。

----------[AD]----------

PLENGoer Robotics、同社初となるパーソナル・アシスタント・ロボット「PLEN CUBE」を発表——CES 2017で世界初公開へ

SHARE:

大阪を拠点とするロボティクス・スタートアップのプレンプロジェクトは今年3月、中国の家電メーカー Goertek(歌尔声学)とのジョイントベンチャー PLENGoer Robotics を設立した。そのときに公開されたプロモーション・ビデオには、年内にも新会社初のプロダクトが披露されることが謳われていた。 その宣言通り、PLENGoer Robotics は15日、同社初のパーソナル・アシスタント・…

plencube_featuredimage

大阪を拠点とするロボティクス・スタートアップのプレンプロジェクトは今年3月、中国の家電メーカー Goertek(歌尔声学)とのジョイントベンチャー PLENGoer Robotics を設立した。そのときに公開されたプロモーション・ビデオには、年内にも新会社初のプロダクトが披露されることが謳われていた。

その宣言通り、PLENGoer Robotics は15日、同社初のパーソナル・アシスタント・ロボット「PLEN CUBE」の写真、機能、スペックなどを公開した。PLEN CUBE は現在も開発中だが、来年1月にラスベガスで開催される CES 2017 で、そのプロトタイプの展示とデモンストレーションが実施される予定だ。

plen-cube-open

PLEN CUBE は一辺が約7.5cmの直方体で、カメラ、ディスプレイ、スピーカー、マイクの機能を備えている。フェイストラッキング、音声認識、ジェスチャー認識などの機能を搭載、特別な設定無しで、声とジェスチャーで PLEN CUBE に指示を与え、静止画や動画の撮影、保存、オンライン上での配信、共有が可能になる。現時点でプロダクトは完成しておらず、同社では CES 2017 出展を経てフィードバックをもとに改善し、クラウドファンディングを実施。2017年夏頃に製品版を完成させ、本格販売を開始したいとしている。

myojowaraku-2016-plen
2016年11月、明星和楽2016に出展していたプレンプロジェクトと PLENGoer Robotics

プレンプロジェクトはこれまでに PLEN2 というヒト型ロボットをリリースしているが、PLEN2 がオープンソースでユーザによるカスタマイズに主眼が置かれていたのと対照的に、PLENGoer Robotics は実用的な家庭・個人用のサービス・ロボットの開発にフォーカスしており、その初プロダクトとなる PLEN CUBE については、実用的な機能、カメラおよびカメラに関する情報処理(コンピュータビジョン)を重視した作りとなっている。

<関連記事>

以下のビデオは、11月の深圳国際工業設計大展で披露された、PLEN2 と PLENGoer Robotics の試作品「PLEN.Q」のデモ。

----------[AD]----------