タグ LINK

オーダーメイド介護「イチロウ」運営、プレシリーズAで1億円を調達

SHARE:

オーダーメイド介護サービス「イチロウ」を提供する LINK は11日、プレシリーズ A ラウンドで1億500万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、ブラッククローキャピタル、三井住友海上キャピタル、マネックスベンチャーズ、LITALICO、コムレイズインキュベート。なお、調達金額には政策金融公庫からのデットファイナンスが含まれる。 同社にとって今回のラウンドは、2020年9月に実施し…

オーダーメイド介護サービス「イチロウ」を提供する LINK は11日、プレシリーズ A ラウンドで1億500万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、ブラッククローキャピタル、三井住友海上キャピタル、マネックスベンチャーズ、LITALICO、コムレイズインキュベート。なお、調達金額には政策金融公庫からのデットファイナンスが含まれる。

同社にとって今回のラウンドは、2020年9月に実施したシードラウンド(ブラッククローキャピタル、三井住友海上キャピタル、マネックスベンチャーズから6,500万円を調達)に続くものだ。LINK は2017年、介護現場を10年以上経験した水野友喜氏(現代表取締役)により創業。2018年には、Open Network Lab のアクセラレータ第16期に採択された(当時のサービス名は Hale)。

イチロウは、公的介護保険では支援が受けられない在宅介護 ニーズに対して、オンライン上で介護士をマッチングし派遣するサービスだ。公的介護保険では、1時間以上の介護を受けることができず、また、電球の交換など介護保険法で認められていないサービス 内容には利用できない。イチロウでは時間に余裕のある介護人材と高齢者をを最短5分間でマッチングする。

同社ではサービス開始からの2年半で4,500回以上のマッチングを実施し、99%以上のマッチングが成功しているという。高齢者ユーザの利用の頻度やタイミングに応じて、「スポット」「マイノリティ」「オンデマンド」「レギュラー」と分けた分析では、頻度及び金額(つまり利用の長さ)ともにレギュラーが約半数を占める。つまり、サービスを恒常的かつ頻繁に利用するユーザが多いということだ。

イチロウのサービスやユーザについての詳細分析については、水野氏が note の記事を4本ほど公開しているので、そちらに委ねたい。同社では今回調達した資金を使って、現在サービスを提供する東京と名古屋でのサービス基盤とマーケティングの強化を行う計画だ。この分野には、カイテクやみーつけあなどの競合が存在するほか、アメリカでは Honor が先月、ユニコーンクラブ入りを果たした

<関連記事>

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


LINE、ブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」と仮想通貨「LINK」をローンチ

SHARE:

日本のメッセージング大手 LINE は、同社のブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」と、そのネットワーク上で利用可能な仮想通貨「LINK」をローンチした。 公式プレスリリースでは、LINE は ICO を実施する予定はなく、代わりに LINK Chain を利用した、あらゆる非中央集権化アプリ(dApp)に参加するユーザに対し、LINK トークンを発行する予定だとしている。対象となる…

日本のメッセージング大手 LINE は、同社のブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」と、そのネットワーク上で利用可能な仮想通貨「LINK」をローンチした。

公式プレスリリースでは、LINE は ICO を実施する予定はなく、代わりに LINK Chain を利用した、あらゆる非中央集権化アプリ(dApp)に参加するユーザに対し、LINK トークンを発行する予定だとしている。対象となる dApp は LINE のみならず、外部デベロッパが開発するものも含まれる。

LINE は9月にも、自社の仮想通貨取引所「BITBOX」に LINK を上場させる計画で、それ以降 LINE ユーザは、この取引所経由で LINK トークンを取得可能になる予定だ。

LINE トークンは、コマース、ソーシャル、ゲーム、取引など多岐にわたる dApp サービス内での決済やポイント交換に使われる見込み。BITBOX は、取引手数料の決済や割引、プロモーションイベントなど、LINK 保有者のみへの優遇措置を提供する予定だ。

報道声明の中で、LINE CEO の出澤剛氏は、次のように述べている。

この7年間、LINE はユーザのおかげでグローバルサービスへと成長することができた。LINK の提供により、ユーザに恩返しができる、ユーザフレンドリなポイントシステムを構築したかった。

LINK ができたことで、人々の日常生活に役立つ使いやすい dApp の紹介を通じ、我々は付加価値を還元・共有できるユーザ参加型プラットフォームとして発展し続けたい。

今後、時間をかけて10億 LINK トークンが発行される。そのうち8億 LINK トークンはユーザに分配され、2億トークンは LINE のシンガポール子会社で LINK の発行者である LINE Tech Plus のもとに留保される。

興味深いことに、LINE の仮想通貨に関する取り組みは、日本国内ではまだ利用できない。仮想通貨取引に関して、日本の規制当局からまだ承認を得られていないからだ。

この状況の回避策として、dApp サービスの活動への報酬として、日本の LINE ユーザには LINK に代えて LINK ポイントが発行される予定だ。しかし LINK Point は、BITBOX を含む仮想通貨取引所で預金・引出・送金・交換ができない。

【via e27】 @E27co

【原文】

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録