タグ Marxent

家具はバーチャルに買う時代へ:3Dプレビュー後の返品は8割減に(2/2)

SHARE:

(前回からのつづき)こういったケースでは、データストーリーは意図的にユーザーの見えないところで行われており、小売業者が提供する膨大なカタログをユーザーにナビゲートしやすくするために色やテクスチャ情報は静かに照合される。たとえば、ブルーミングデールによるMarxentの「写真からデザインする」技術のデモンストレーションでは、2D画像が「3D Shop the Look」機能の基礎となっており、ユーザ…

(前回からのつづき)こういったケースでは、データストーリーは意図的にユーザーの見えないところで行われており、小売業者が提供する膨大なカタログをユーザーにナビゲートしやすくするために色やテクスチャ情報は静かに照合される。たとえば、ブルーミングデールによるMarxentの「写真からデザインする」技術のデモンストレーションでは、2D画像が「3D Shop the Look」機能の基礎となっており、ユーザーは写真から色、オブジェクト、床材を素早くインポートして、同じような外観を自宅の部屋から作成できる。顧客は部屋全体を3Dでプレビューした後に小売業者から直接家具を購入することが可能だ。

現在Marxentの3D Cloudは、寝室、オフィス、キッチン、浴室、屋外の環境まで全体を視覚化することが可能で、このプラットフォームは、Lowe’s、La-Z-Boy、Ashley HomeStoreなどの主要小売店や、キッチンキャビネットメーカーのAmerican Woodmarkのようなカスタムコンポーネントベンダーによっても使用されている。顧客は実空間の新しい家具を3Dで完全にプレビューすることができるため、このプラットフォームを使用している企業の取引額は平均で50%増加し、返品は80%減少、販売サイクルは平均30%短縮されたとMarxentは述べている。

「3D対応販売はすでに新たな成長分野になっています」と、シリーズCラウンドを主導したBellini CapitalのArnie Bellini氏は語る。「新型コロナウィルスは家庭用品のバーチャル販売の需要をさらに加速させており、Marxentはこのバーチャル体験を可能にするテクノロジーリーダーとして認知されています」。

MarxentはBellini氏からの出資を活用して隣接する住宅領域にサービスを拡大し、既存の顧客から要望の高い機能の追加を行い、部屋のデザインのインスピレーションとなるものを統合するためにPinterest以外とも戦略的なパートナーシップを構築すると述べている。フロリダ州セントピーターズバーグとオハイオ州デイトンにあるオフィスに加え、同社はロンドンとパリの事業を拡大して、John LewisやKingfisherなどヨーロッパのクライアントをサポートし、ヨーロッパやその他の市場でさらに成長する計画を立てている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


家具はバーチャルに買う時代へ:Marxentが提供する「ホームデザインプラットフォーム」(1/2)

SHARE:

実際の部屋をデジタル3D空間に再現し家具を配置するために必要な技術は、エンドユーザーが思うよりもかなり複雑だ。エンタープライズ向けの実世界のオブジェクト(家具、フローリング、壁紙など)をインポートするのはさらに困難なため、顧客はそれらをプレビューしてから購入することになる。企業が個々の家具からデザインされた部屋まで、あらゆるものをデジタル化して販売できる強固なコマースプラットフォーム「3Dクラウド…

Image Credit: Marxent

実際の部屋をデジタル3D空間に再現し家具を配置するために必要な技術は、エンドユーザーが思うよりもかなり複雑だ。エンタープライズ向けの実世界のオブジェクト(家具、フローリング、壁紙など)をインポートするのはさらに困難なため、顧客はそれらをプレビューしてから購入することになる。企業が個々の家具からデザインされた部屋まで、あらゆるものをデジタル化して販売できる強固なコマースプラットフォーム「3Dクラウド」を開発してきたMarxentは、Connectwiseの創業者であり、現在もフロリダ拠点の同社取締役会に参加しているArnie Bellini氏からの出資を受けてサービスを拡大することを発表した。

「ベースとなる事業が継続的に運営されているため、この1,500万ドルのシリーズCラウンドは、ターゲットを成長するための取り組みに絞ることができます」と、MarxentのCEO兼共同創業者のBeck Beseckerは本日(訳注:記事公開日は1月22日)VentureBeatに語った。 「私たちの頭の中で最も重要なことの1つは、デザイン、視覚化、購入体験をカスタマージャーニーの残りの部分につなげることです。たとえば、Pinterestは現在、顧客がインスピレーションを得て部屋の模様替えを開始する場所になっています。優れたソリューションは、購入者がインスピレーションを得たものからデザインできるようにしなくてはなりません。私たち独自の「写真からデザインする」(機能)は、コンシューマージャーニーを可能にするのです」。

Marxentのサービス拡大は、2D写真や実世界のオブジェクトを商用可能な3Dコンテンツに変換できるターンキーソリューションに対する企業の関心が高まっていることを示しているため、技術的な意思決定者にとって大きな意味がある。実際のオブジェクトや部屋のデジタルツインが3D上に作成されるようになると、コンピューターのモニターからモバイルデバイス、MRヘッドセットまで、あらゆるもので見ることができる。例えばMacy’sなどの小売業者が取り入れているさまざまなオプションは、もともとMarxentの3D Room Plannerを採用し、店頭でVRゴーグルを使用して家具を販売していたものだ。ディスプレイの多様性は重要であり、過去1年間、新型コロナウィルスの大流行により、手軽に利用可能な視覚情報を扱うハードウェアを用いた自宅からの家具や設計に関する3Dソリューションにユーザーの関心は高まっている。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


VR(仮想現実)で注目したい「ビジュアル・コマース」という用途

SHARE:

最近、私も注目していることもあってか、VR・AR関連の話題を耳にすることが多くなりました。ただ、会話の中で間違いなく出てくるのは「いや、あのヘッドセットは使わんでしょ」という言葉。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up まあ、確かにごもっともではあるのですが。 しかしやはり重要なのはこの技術…

image

最近、私も注目していることもあってか、VR・AR関連の話題を耳にすることが多くなりました。ただ、会話の中で間違いなく出てくるのは「いや、あのヘッドセットは使わんでしょ」という言葉。

まあ、確かにごもっともではあるのですが。

しかしやはり重要なのはこの技術が世の中をどう変えるか、という部分なんですよね。確かにゲームは最もわかりやすく、またビジネス的にも成功を収めている分野ですのでおそらく大きなものを占めると思いますが、それ以外でももちろん用途は多く、個人的に注目しているものに「In-Store」というものがあります。

例えば、4月に1000万ドル調達しているMarxentというスタートアップは仮想空間を作るための開発プラットフォームで、ビジュアルコマースという新しいコンセプトを提案しています。このホームファシリティを販売している「LOWE’S」のHOLOROOMの取り組みが分かりやすいです。

ようは、店舗でお客さんがデカい家電とか家具とかを彼らのアプリでいろいろ組み合わせてサンプルを作り、それをOculusのヘッドセットつけて実際に空間を体験してもらおう、というわけですね。こういうソリューションには他にも結構あるようで、私が見かけたものでは「DIRTT」や「ICE 3D」のようなものもありました。

image

ただ一方で、各店舗にこういう装置を置くのは負担が大きいという話も。

この「‘VR isn’t scalable’: Bursting the in-store digital tech bubble」っていうDigidayの記事では、ブランドが仮想空間でのビジネスに興味を持ち始めている一方で、あの筐体セットやコンテンツを各店舗に設置するにはコストがかかりすぎると指摘してます。

確かにヘッドセットは実際につけてみると分かりますが、アレだけじゃないんです。Samsung Gear VRのようなスマホを差し込むだけのものであればまだしも、Oculus RiftやHTCのVIVEのような端末だとワイヤーが気になったり、そもそも高性能のPCが必要でそれが「デン」と置いてあったり。

その他にもセンサーが必要なものもありますし、数をバラまくには現時点ではあまりあっていません。

ということで、結論的にはフラグシップ店にはHOLOROOMのような筐体があって、それ以外のところにはGoogleのCardboardのような簡易なものと、自分の持ってるスマホで360度動画コンテンツをダウンロードして体験する、ということになるのかもしれません。

いずれにしてもVRの「In-Store」用途は注目しています。

via Digiday, PSFK, VentureBeat

 

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録