タグ NEC

NEC、CVCファンドをローンチ——海外テックスタートアップ向け、最大で1.5億米ドル規模

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 日本電気(東証:6701)は、アジア、イスラエル、アメリカ、ヨーロッパのテックスタートアップに最大1億5,000万米ドルを投資するコーポレートVC(CVC)ファンド「NEC Orch…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


日本電気(東証:6701)は、アジア、イスラエル、アメリカ、ヨーロッパのテックスタートアップに最大1億5,000万米ドルを投資するコーポレートVC(CVC)ファンド「NEC Orchestrating Future Fund」をローンチした。


このファンドは、5G および 6G 通信、デジタル政府、デジタル金融、スマートシティ、ヘルスケア、ライフサイエンス、カーボンニュートラルなどの分野に重点的に投資する予定だ。

NEC は声明で次のように述べている。

NEC は、ネットワークテクノロジーの進化とデジタルサービスの変容が、新しい社会価値創出をけん引すると考えています。本ファンドを通じてテクノロジーとサービスの両面に投資し、相乗効果を生むことによって投資価値の最大化を狙います。

NEC は、法人企業や投資先のスタートアップとエコシステムを構築し、新規事業の開発を加速させるという。新ファンドは、2022年6月末までに、目的を共有する法人企業から資金調達する予定だ。

Lenovo Group(連想集団)は2016年、PC に特化したレノボと NEC の合弁会社の持分の大半を約1億9,500万米ドルで買収した。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


台湾のレストラン口コミサイト「iPeen(愛評網)」がNECから約4.5億円を調達

SHARE:

台湾のレストラン口コミサイト「 iPeen(愛評網)」は先頃、第三者割当増資により、NECから500万ドル(約4.5億円)を調達したと発表した。iPeen にとっては最大の株主となり(全体の約20%)、2011年3月の CyberAgent Ventures による100万ドルの出資に続き、日系資金からの出資を受け入れることとなった。 iPeen は2006年12月に創業したレストラン情報の口コミ…

台湾のレストラン口コミサイト「 iPeen(愛評網)」は先頃、第三者割当増資により、NECから500万ドル(約4.5億円)を調達したと発表した。iPeen にとっては最大の株主となり(全体の約20%)、2011年3月の CyberAgent Ventures による100万ドルの出資に続き、日系資金からの出資を受け入れることとなった。

ipeen-nec
左から、NEC新事業推進本部長代理・井手伸博氏、iPeen CEO 何吉弘氏、台湾NEC社長・大和正幸氏
(写真提供:iPeen)

iPeen は2006年12月に創業したレストラン情報の口コミサイトで、契約クライアント(レストラン)は2000社、これまでに25万件に上る消費者体験の文章が投稿され、24万人のユーザを有する。サイトへのリピーターではないビジターの流入数は毎月700万件を超え、2012年の売上は4000万台湾ドル(1.2億円)を超えた。

iPeen を運営する、紅谷資訊(ホンクー・ズシン)の何吉弘(ホー・ジーホン)CEOは次のように述べている。

「NECが参加してくれたことにドキドキした。しかし、これは今後、我々の責任がさらに重いものになることを象徴している。今後、NECとしっかり協力し、積極的にさまざまなサービスを開発し、情報を効率的に提供できるものにしていきたい。現在の環境や科学技術に対応して、ユーザにPCやモバイルで情報を提供するだけではなく、さらに多くのネットワークやリアル・サービスとも連携していきたい。」

NEC によるiPeen への出資は、台湾のレストラン市場全体の将来や、長期にわたって蓄積してきたレストラン情報やユーザのSNSの活動を評価してのもので、中国市場への進出を意図するものではない。今後、 iPeen はNECと共同で台湾に新しいビジネスモデルを構築する計画だ。NECの新事業推進本部本部長代理・井手伸博氏は、「昨年、初めてパートナーを選ぶ協議をしたとき、NEC社内では、iPeen は異議なく重要な選択肢として名が挙がった。」と述べた。

将来の計画については、何吉弘CEOは次のように述べている。

「現在提供しているビジネスモデルに加え、ブランドや消費者にビッグデータ分析を導入していきたい。これによって、消費者と店舗にはより緊密な関係が形成され、本当のO2Oサービスが築き上げられるだろう。」

今後、2015年のIPOを目標としている。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録