NEC、CVCファンドをローンチ——海外テックスタートアップ向け、最大で1.5億米ドル規模

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


日本電気(東証:6701)は、アジア、イスラエル、アメリカ、ヨーロッパのテックスタートアップに最大1億5,000万米ドルを投資するコーポレートVC(CVC)ファンド「NEC Orchestrating Future Fund」をローンチした。


このファンドは、5G および 6G 通信、デジタル政府、デジタル金融、スマートシティ、ヘルスケア、ライフサイエンス、カーボンニュートラルなどの分野に重点的に投資する予定だ。

NEC は声明で次のように述べている。

NEC は、ネットワークテクノロジーの進化とデジタルサービスの変容が、新しい社会価値創出をけん引すると考えています。本ファンドを通じてテクノロジーとサービスの両面に投資し、相乗効果を生むことによって投資価値の最大化を狙います。

NEC は、法人企業や投資先のスタートアップとエコシステムを構築し、新規事業の開発を加速させるという。新ファンドは、2022年6月末までに、目的を共有する法人企業から資金調達する予定だ。

Lenovo Group(連想集団)は2016年、PC に特化したレノボと NEC の合弁会社の持分の大半を約1億9,500万米ドルで買収した。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録