THE BRIDGE

タグ aCommerce

2020年のIPOを目指すタイのaCommerce、ベトナムへの進出を計画

SHARE:

東南アジアのeコマースイネイブラー大手の aCommerce は、2020年の新規株式公開(IPO)を予定していると発表した。 IPO に向けた準備はまだ始まったばかりだが、シンガポール証券取引所(SGX)もしくはタイ証券取引所(SET)での上場を検討しているという。 バンコクに本社を置く同社が IPO で調達する予定の金額については、まだ明らかになっていない。詳細について同社に問い合わせをしてい…

aCommerce_executive_team
aCommerce のエグゼクティブチーム

東南アジアのeコマースイネイブラー大手の aCommerce は、2020年の新規株式公開(IPO)を予定していると発表した。

IPO に向けた準備はまだ始まったばかりだが、シンガポール証券取引所(SGX)もしくはタイ証券取引所(SET)での上場を検討しているという。

バンコクに本社を置く同社が IPO で調達する予定の金額については、まだ明らかになっていない。詳細について同社に問い合わせをしているため、情報が入り次第アップデートしていく。

調達した資金は統合データプラットフォームの開発やベトナムへの進出に活用されるとみられる。

aCommerce グループ CEO 兼共同設立者の Paul Srivorakul 氏は、次のように話している。

現在、実に多くの顧客データが利用可能で、誰もが最適化できる状態にありますが、単一プラットフォームに統合した人は誰もいません。

IPO で調達した資金を活用して、当社ではデータパートナーとしてブランド企業のために膨大な情報を管理していく予定です。最終的には、顧客について集中化されたデータについてブランド企業が当社に問い合わせをして、ターゲットとする集団に対しカスタマイズされた製品やサービスをしてほしいと思います。

2013年5月に設立された aCommerce は、パフォーマンスマーケティング、チャネルマネジメント、ウェブサイトのデザインとオペレーション、コンテンツ制作、注文フルフィルメント、倉庫業務、配送・物流、現地顧客対応といった e コマース関連の技術やソリューションを提供している。これまでにSamsung、Unilever、Nestlé、L’Oreal、 Philips、Marsといったブランド企業260社と提携してきた。

aCommerce の従業員数は1,200名超で、シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピンにオフィスやフルフィルメントセンターがある。

これまでに Emerald Media、BlueSky、DKSH、Inspire Ventures、Sinarmas、NTT ドコモといった業界大手から総額9,650万米ドルの投資を受けている。その金額には、昨年11月にEmerald Media がリードするシリーズ B ラウンドで獲得した6,500万米ドルも含まれる。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

東南アジアのeコマースイネイブラーaCommerce、シリーズBラウンドで6,500万米ドルを資金調達

SHARE:

東南アジアで e コマース関連サービスを展開する aCommerce は本日(11月20日)、総額6,500万米ドルのシリーズ B ラウンドを完了したと発表した。 このラウンドは国際的投資会社 KKR により設立された Emerald Media がリードし、オーストラリアの投資会社 Blue Sky、Telkom Indonesia の投資部門 MDI Ventures、企業の事業拡大を支援する…

acommerce-ceo-paul-srivorakul
共同設立者兼グループ CEO Paul Srivorakul 氏
Photo credit: aCommerce

東南アジアで e コマース関連サービスを展開する aCommerce は本日(11月20日)、総額6,500万米ドルのシリーズ B ラウンドを完了したと発表した。

このラウンドは国際的投資会社 KKR により設立された Emerald Media がリードし、オーストラリアの投資会社 Blue Sky、Telkom Indonesia の投資部門 MDI Ventures、企業の事業拡大を支援するスイスの DKSH などが引き続き支援した。チューリッヒに本社を置く DKSH はこれまでに aCommerce に金額非公開で出資し、株式の20%を取得している。

<関連記事>

獲得した資金は、複数の e コマースプラットフォームを使用した商品の販売・流通を可能にする aCommerce のオンラインソフトウェアの改良、現行の市場でさらなるパートナーシップの確立、マレーシアやベトナムなど新市場におけるクライアント開拓に充てられる。

現在 aCommerce はバンコクを拠点にタイ、シンガポール、インドネシア、フィリピンで事業を展開している。また、Samsung、Unilever、Nestlé、L’Oreal、Philips、Mars などグローバル企業をクライアントに持ち、各地域におけるオンライン販売を支えている。

共同設立者でグループ CEO の Paul Srivorakul 氏は声明で次のように述べている。

これらの地域でネットが取り入れられた初期の段階では、単にウェブサイトを持つだけで十分とされていました。しかし数年後には、各ブランドは販売競争に取り残されないためには広範囲に及ぶ情報に敏感になり、価格設定や顧客とのタッチポイントを総合的に上手くコントロールすることが必要だと気付き始めたのです。

同社はシリーズ B による3,000万米ドルの資金調達計画を2年前に発表していた。それからこれまでの間に DKSH との取引締結、MDI からのブリッジ資金調達を行っていた

今回の獲得額を含めると、aCommerce は発表されたもので合計9,500万米ドルの資金を調達したことになる。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

市場開拓サービス大手のDKSH、タイのECフルフィルメント・スタートアップaCommerceの株式20%を取得

SHARE:

スイスに拠点を置くマーケットエクスパンションサービス(新市場進出支援)企業である DKSH は、バンコク拠点のeコマースソリューション提供会社 aCommerce の株式20%を非公開価格(報告によると米ドルで8桁)で取得した。 aCommerce Group CEO の Paul Srivorakul 氏は、公式発表で次のように語った。 この戦略的投資は当社にとって大きな強みです。シンガポール、…

aCommerce-DKSH-final

スイスに拠点を置くマーケットエクスパンションサービス(新市場進出支援)企業である DKSH は、バンコク拠点のeコマースソリューション提供会社 aCommerce の株式20%を非公開価格(報告によると米ドルで8桁)で取得した。

aCommerce Group CEO の Paul Srivorakul 氏は、公式発表で次のように語った。

この戦略的投資は当社にとって大きな強みです。シンガポール、マレーシア、ベトナムといった新市場、そして数百のブランドへの急速なビジネス拡大が可能になるからです。

数週間前には、DKSHの社長兼 CEO の Joerg Wolle 氏がASEAN企業への投資に今後も関わっていくと表明したばかりだ。

aCommerce は2013年に設立され、L’OrealやNestlé、HPなどの企業が実績マーケティングやプラットフォーム開発、配送や支払ソリューション、またカスタマーサービスを構築し、eコマースの販売を高めるよう支援している。

140の顧客を抱え、コアとなる aCommerce 市場はタイやフィリピン、インドネシアである。

今回の投資による強みとインフラを兼ね備えたことで、aCommerce は B2C や B2B 顧客にオンライン・オフラインの両方で完璧なソリューションを提供することができます。(Srivorakul 氏)

スイス企業の DKSH はアジアに注力しており(売り上げの96%はアジア太平洋地域から)、市場間のビジネス拡大に取り組んでいる。スイス証券取引所SIXに上場しており、この記事が書かれた時点で1株65.85米ドルで取引されている。

aCommerce のサービスは当社の成功している包括的なチャネルを使ったサービスの中で中心的なものになるでしょう。今回のパートナーシップは DKSH の消費者向け商品やヘルスケアビジネスにとってもインドネシアやフィリピンへの進出につながるものでしょう。(Wolle 氏)

DKSH は設立150年の企業で、アジアの720拠点で2万8,000人の従業員を抱えており、消費者向け商品、ヘルスケア、パフォーマンス向けリソースと技術のマーケティングに特化している。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

aCommerceが東南アジア最大規模となるシリーズA1070万米ドルの資金を調達

SHARE:

タイを拠点とするeコマースサービスプロバイダーのaCommerceは、1070万米ドル規模のシリーズAベンチャーキャピタルラウンドを終えたことを発表(※編集部注:翻訳元の記事の初出は6月9日)した。 このラウンドはaCommerce設立時からの投資家Ardent Capitalによってまとめられ、バンコク拠点のInspire Venturesがリードインベスターとなり、NTT Docomo、Sum…

Screen-Shot-2014-06-08-at-10.30.44-PM-720x340

タイを拠点とするeコマースサービスプロバイダーのaCommerceは、1070万米ドル規模のシリーズAベンチャーキャピタルラウンドを終えたことを発表(※編集部注:翻訳元の記事の初出は6月9日)した。

このラウンドはaCommerce設立時からの投資家Ardent Capitalによってまとめられ、バンコク拠点のInspire Venturesがリードインベスターとなり、NTT Docomo、Sumitomo Corporation Equity Asia Limited、Sinar Mas Indonesia、Asia Pacific Digital、CyberAgent Ventures、JL Capital、その他戦略的エンジェル投資家および主要経営陣が参加した。

aCommerceの設立者兼リージョナルCEOのPaul Srivorakul氏は、この投資はタイ拠点のベンチャーとしては最大のシリーズAラウンドであり、現在の東南アジアの中でも最大級だと述べている。記憶にある大きなシリーズAラウンドと言えば、1000万米ドル超を調達したと報じられているGrabTaxiだろう。

Srivorakul氏はこの新しい資金をeコマース分野の人員の強化や、注文管理や倉庫、発送管理システムへの投資に使うことを計画している。

Sumitomo Corporation Equity AsiaのバイスプレジデントJosephine Chan氏は投資した理由について次のように説明している。

「aCommerceはeコマースの物流とバックエンドのフルフィルメントの主要な問題点を解決して、東南アジア全体のeコマース市場における成長の加速に貢献しています」

2013年6月に設立されたaCommerceは、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピンの4つのオフィスに250人のスタッフを抱えている。次のターゲットはマレーシア、ベトナムだ。Srivorakul氏は次のように語った。

「タイとインドネシアは成長著しく、最も大きくて成熟した市場です。私たちはちょうど2月にシンガポールでビジネスを開始し、それがHPとのような地域的なパートナーシップや売上を支援してきました。フィリピンでのビジネスも開始し、現在は、いくつか主要な小売店との取引に向けて取り組んでいます」

証明されたビジネスモデル

数週間前にAlibabaはaCommerceの最大の競合であるSingPostに2億4900万米ドルを出資した。同社はシンガポールの郵便事業体で、SP eCommerceという部門を運営している。Srivorakul氏は、この出資は彼のビジネスモデルを証明したことになると話す。

「このニュースは(中略)東南アジアでeコマースを始めようとしているローカル、地方、グローバルを問わず全ての企業に焦りをもたらすと思います。これは2012年のRocket Internetによる投資に似ています。このニュースによって、TranscosmosやAmazon、ebay、JD.com、Rakuten、Lazada、Tencent、iBuy、そしてできればAlibabaといったプレイヤーと戦略的パートナーシップを結べる可能性が出てきたことになります。弊社のクライアントであるSingPostとはOmigoのような小売サイトを立ち上げることで競合しないようにもしています」

Srivorakul氏は、AlibabaのSignPostへの投資は、東南アジアで同様のパートナーシップを模索する他の大手グローバルeコマースプレイヤーたちを刺激するだろうと考えている。

「Alibabaは、中国の多くの競合するeコマースロジスティクスやテック企業への投資をおこない、TmallやTaobaoの強化に務めることで知られています。SingPostの取引がシンガポール以外の東南アジアに影響をもたらすとは考えていません。私たちはSingPostがあまり強くないフィリピン、タイ、インドネシアなど東南アジア市場にフォーカスています。SingPostは常に私たちよりも多くの資金を持っているので(時価総額30億米ドル)、彼らがより多くの資金を調達しても私たちにとってはあまり変わりありません。実行力が全てで、私たちはやる気や経験、技術、地元チームがあり、幸先の良いスタートを切っている点で有利になっていると思います」

aCommerceは現時点で会社の評価額を開示することはなかったが、Ardent CapitalがシリーズA以降、依然として大株主であると正式に発表した。また、SingPost以外の他の競合としては、最近シリーズAラウンドで資金調達したシンガポール拠点のAnchantoが挙げられる。同社は取引規模を明らかにしていない。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

バンコクのEコマース・プラットフォームaCommerceが、NTTドコモ・ベンチャーズとサイバーエージェント・ベンチャーズから310万ドルを調達

SHARE:

タイを拠点とするEコマース・プラットフォーム aCommerce が310万ドルをブリッジ・ファイナンス(コンバーティブル・ノート)で調達した。今回の投資ラウンドでは、NTTドコモ・ベンチャーズが初めて東南アジア市場でリード・インベスターを務めており、サイバーエージェント・ベンチャーズと aCommerce の社員、複数の戦略エンジェル投資家が出資した。 関連記事:Ardent Capitalがリ…

acommerce_featuredimage

タイを拠点とするEコマース・プラットフォーム aCommerce が310万ドルをブリッジ・ファイナンス(コンバーティブル・ノート)で調達した。今回の投資ラウンドでは、NTTドコモ・ベンチャーズが初めて東南アジア市場でリード・インベスターを務めており、サイバーエージェント・ベンチャーズと aCommerce の社員、複数の戦略エンジェル投資家が出資した。

関連記事:Ardent CapitalがリクルートSPやGMO-VPらと戦略的提携を締結、タイのEコマース2社に出資

aCommerce の CEO を務める Paul Srivorakul は、この直近の資金調達、とりわけ社員からの支援が得られたことを喜んでいる。

Paul Srivorakul
Paul Srivorakul

東南アジアのEコマースサービスやプラットフォームは、驚くほど顧客を獲得している。aCommerce の資金調達の約3分の1は社員からのもので、これは社員がビジョン、ミッション、パッションを aCommerce と共にしてくれていることの、何よりの証だ。

エンド・トゥ・エンドでEコマースを提供する同社は、調達した資金を使って、プロダクトの開発、技術のスケール、さらに、現在のタイ、インドネシアに加えて、シンガポール、フィリピン、マレーシアへのサービスを拡大する計画だ。

NTTドコモの副社長でCOOを務める秋元信行氏は、次のように述べている。

東南アジアの新世代のEコマースソリューションを支援できることを喜んでいる。東南アジアは可能性に富んでおり、aCommerce やそのチームは、Eコマース分野でそのチャンスを手に入れられる位置にいると思う。

今年6月にローンチした aCommerce は、これまでに社員が100人を超えており、今回の資金注入を受けて、さらに成長を早めることができるだろう。

aCommerce の COO を務める Peter Kopitz は、次のように付け加えた。

東南アジアのEコマースが抱える大きな問題の一つは、いいB2Cのフルフィルメント・サービスが無いことだ。そこで、倉庫、玄関先までの配達、最高クラスのカスタマーサービス、技術開発など、エンド・トゥ・エンドのEコマースに必要なインフラすべてを開発することに資金を投入している。

aCommerce はバンコクに拠点を置く Ardent Capital により立ち上げられ、資金が投入された(参考記事)。これまでの同社の成長を受けて、Ardent Capital の CEO である Adrian Vanzyl は次のようにコメントしている。

Ardent Capital からまた新たな成功を見ることができて大変うれしい。今回の動きは、東南アジアのコンシューマ・ビジネスに直結する、基礎的なEコマースプラットフォームの構築や投資に対する我々の確信を、さらに高めてくれるものとなった。

aCommerce の成長や顧客獲得のペースには目を見張るものがある。最近、同社は Naver Japan のモバイルチャットアプリ LINE や化粧品メーカーの L’Oreal(ロレアル)と提携している。近日中に、ブランド各社がコンテンツサイト、ソーシャル・ネットワーク、モバイルアプリに直接商品を簡単に販売できるシステム「PopShop」をリリースする予定だ。

aCommerce が入居する、バンコク市内のインキュベーション施設 ArdentLabs の風景
aCommerce が入居する、バンコク市内のインキュベーション施設 ArdentLabs の風景

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------