シンガポールのMonk’s Hill VenturesがYJキャピタルから資金調達、東南アジア・スタートアップの日本進出を加速

SHARE:

yjcapital-monks-hill-ventures_logos

Monk’s Hill Ventures はシンガポールを拠点に、今や日本へと向かう高速特急だ。経験豊かな起業家とベンチャーキャピタリストが牽引するこのVCは、日本のヤフー(東証:4689)の投資部門である YJキャピタルから資金調達したことを発表した。なお、調達金額は明らかにされていない。

Monk’s Hill Ventures によれば、今回の投資は、Monk’s Hill のポートフォリオのスタートアップが、ヤフーが持つメンター、市場知識、流通チャネルの支援を受けて、日本進出が図れるようにするためのものだという。ヤフーが日本で最も訪問者の多いウェブサイトであることを考えれば、今回の提携は重要なものになるだろう。

<関連記事>

これまでに総額230億円を調達しているYJキャピタルは、今回の提携の見返りとして、東南アジアにおける Monk’s Hill Ventures が持つ専門知識やネットワークへのアクセスを得ることになる。YJキャピタルは東南アジア市場に関心を示しており、最近では、インドネシアのフラッシュ・セールス・サイト VIP Plaza にシリーズAラウンドで出資している。同社は Monk’s Hill を支援することとは別に、自らも東南アジアのスタートアップへの直接投資を継続する。

今回の提携について、Monk’s Hill の創業パートナーである Kuo-wi Lim 氏は Tech in Asia に次のようにコメントしている。

我々のポートフォリオにとって日本が次の想定市場となり、我々の投資先にとって日本がモデルケースや先例となり、東南アジアがYJキャピタルにとって関心の対象となるなど、双方にとって利益が一致しました。

今回の取引の詳細については明らかにされていない。Monk’s Hill が8,000万ドルを調達しようとしていたのに対し、YJキャピタルのスポークスマンの一人は、いくら拠出したのかは明らかにしなかった。彼女は、Monk’s Hill がいくら調達しようとしていたかについてもコメントしなかったが、YJキャピタルがコーポレートファンドであるにもかかわらず、今回の投資判断には「(双方にとっての)戦略的な事業シナジーは必要条件ではなかった」と語った。

YJキャピタルは、東南アジアに関心を持つ、多くの日本の投資家の一つだ。インドネシア、フィリピン、タイなどでスマートフォン人口が急激に増加していることから、日本の投資家からは、東南アジアが次のインターネット成長のエンジンだと見られている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------