日本の「Qlippy」が電子書籍リーダーをソーシャルに展開して50万ドルを調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2011.10.14

【翻訳 by Conyac】【原文】

Qlippy

東京に拠点をおくスタートアップのスピニングワークスは様々な電子書籍リーダーのアプリやプラットフォ−ムにソーシャル機能を加えるSDKの「Qlippy」を開発した。同時に同社は4200万円(約535,000ドル)の資金調達をおこなったことを発表した。

この資金は、ニッセイ・キャピタル(日本で大きな生命保険会社の投資部門)や三生キャピタル(三井生命保険の投資部門)、プロジェクト・オーシャン(東京を拠点とする独立系IPO事前コンサルタント企業)などを含む民間投資家から集められたものだ。

「Qlippy」のα版は2010年8月に発表された。「Qlippy」は、ウェブサイトとiPadアプリを組み合わせたもので、ユーザーはそれを使いiTune経由でEPUB形式のコンテンツをインポートしたり、利用者がクリップしたテキストをインターネット上で他のユーザーと共有することができるというものだった。だが、同サービスは、必要最小限のユーザーを獲得するために、外部の電子書籍リーダー用にSDKを導入することを決めたようだ。

Qlippysocialplatform

現在ユーザーは「Qlippy」のソーシャル機能を使って、本のお気に入りの箇所を引用したり、ツイッターやフェイスブックを通じてコメントをするなどして、他のユーザーと読書経験を共有できる。様々な電子書籍リーダーや28号の「パーチェスプラグ」やクリアリンクテクノロジーの「AeroBrouwser」などのコンテンツ配信プラットフォームにも利用できる。まもなく、さらに多くの電子書籍ツールに対応していく見込みだ。 スピニングワークスのCEO白形洋一氏によると、今回調達した資金でサービス開発をさらに加速するため、エンジニアを増員するとしている。

Yoishi portrait白形氏は、Yコンビネータのようなインキュベーションプログラム日本版のOpenNetworkLabのOBで、またドイツのビジネスマネジメント用アプリケーションを扱うSAPに務めていた経歴も持つ。さらに詳しい情報を知りたい方は、下のリンクやプロモーションビデオをチェックして欲しい。

Qlippy (http://qlippy.com) from SpinningWorks.Inc on Vimeo.

【via Penn Olson 】 @pennolson

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------