THE BRIDGE

タグ kaixin

ベビーブーム世代のユーザと共に成長するKaixin(開心)、赤ちゃんの写真日記アプリをローンチ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国で最も早く登場したFacebookスタイルのソーシャルネットワークKaixinはなかなか苦戦しているが、少なくともユーザと共に成長はしている。10代後半から20代前半の基盤ユーザが皆成熟し、ベビーブーム世代に突入していることから、昨日Kaixin Baby(開心宝宝)という子どもの親向けの写真日記アプリをローンチした。 Kaixin Baby(最近の噂で…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Kaixin-Baby-01

中国で最も早く登場したFacebookスタイルのソーシャルネットワークKaixinはなかなか苦戦しているが、少なくともユーザと共に成長はしている。10代後半から20代前半の基盤ユーザが皆成熟し、ベビーブーム世代に突入していることから、昨日Kaixin Baby(開心宝宝)という子どもの親向けの写真日記アプリをローンチした。

Kaixin Baby(最近の噂で予測された通り)はiPhoneアプリ、または専用のサイト(kaixin001.com/kxbb)で利用できる。アプリは赤ん坊が育つにつれて育つ木がモチーフで、その木に両親は写真、ビデオ、音声メッセージなどを吊るすことができる。他の友人や家族もアカウント内への投稿を招待されるのも気が利いている。

Kaixin Babyアプリは通常のKaixinのサイトに統合しており、赤ん坊の世話に関する話題や全般的な子育て情報などの選りすぐりと共に子育てポータルも用意している。

今年は日本のDaiby(有料プリントサービスを提供)や中国のライバルサイトMiidooo(すばらしいサイトだがスマートフォン用アプリがない)等、多くの子育て日記アプリが登場した。

先日Kaixinを見た時、同社は1億3000万人の登録ユーザを誇り、ライバルのRenren(人人、NYSE:RENN)や最近ではTwitter風のSina WeiboやTencent Weibo(騰訊微博)などに比べて影をひそめているが、それでも収益は増加してきた。

Kaixin BabyはiTunesアプリストアで無料で入手できる。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

Pathのクローンサービスをローンチする中国企業が増えている

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 とある情報筋によると、Tencent(騰訊)とKaixin001(開心)はそれぞれ、友人同士で楽しむソーシャルネットワーキングサービス「Path」の類似サービスをまもなくローンチするようだ。 Kaixin001は、昨年末に「Path 2.0」がローンチした時の人気の高さを目の当たりにし、昨年12月以降ひそかに類似サービスの展開に取り組み始めたらしい。さあこれ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】
とある情報筋によると、Tencent(騰訊)Kaixin001(開心)はそれぞれ、友人同士で楽しむソーシャルネットワーキングサービス「Path」の類似サービスをまもなくローンチするようだ。

Kaixin001は、昨年末に「Path 2.0」がローンチした時の人気の高さを目の当たりにし、昨年12月以降ひそかに類似サービスの展開に取り組み始めたらしい。さあこれからがショータイムだ。

Tencentについては、人気のIMアプリ「Weixin(微信)」の最新バージョンにPathからヒントを得た機能を導入すると言われている。「Wexin」のユーザー数は先日1億人ユーザーを超えた。

数日前に、Diandi(点滴)というアプリを開発した北京のスタートアップについての記事を書いた。このアプリについては賛否両論のコメントがあるが、オリジナルのPathをそのままコピーしたようなイノベーションのかけらもないアプリだという批判がほとんどだ。


Renren(人人)、Kaixin001やTencent Pengyou(朋友)のような一般的なSNSサービスが市場を独占し、小規模の競合他社には成長する余地を残していない。Pathの親しい仲間内だけで楽しむというこれまでとは違う画期的なコンセプトは、「限られたチャンスしかない『箱』の中から飛び出す」ことを願う中国企業にとっては大きな啓発となったようだ。

Kaixin001は昨年、多くの補助的なプロジェクトを展開したが結果は芳しくない。また、同サイトはサービス開始時に実名制ではなかったため、どのくらいの人が今回の新しいサービスを利用するかは今のところまだ不明である。

【via Technode】 @technodechina

 

StartupBase Profile

kaixin001(开心)

Company: kaixin001(开心)

中国のソーシャルネットワーク。2008年に設立されたKaixin001は、「Parking War(争車位)」、 Farmvilleに似た「Happy Farm(開心農場)」などの独自のソーシャルゲームを提供している

About StartupBase

----------[AD]----------

Tencent(騰訊)が中国SNSのKaixin(開心)に1億ドル出資との噂

SHARE:

【原文】 中国の巨大インターネット企業 Tencent(騰訊)の関係筋によると、Tencentが1億ドルを中国のソーシャルネットワークKaixin001(開心)に投資したと噂されている。Sina の前暫定CTOによって2008年に設立されたKaixin001は、「Parking War(争車位)」、 Farmvilleに似た「Happy Farm(開心農場)」などの独自のソーシャルゲームで中国のホ…

【原文】

中国の巨大インターネット企業 Tencent(騰訊)の関係筋によると、Tencentが1億ドルを中国のソーシャルネットワークKaixin001(開心)に投資したと噂されている。Sina の前暫定CTOによって2008年に設立されたKaixin001は、「Parking War(争車位)」、 Farmvilleに似た「Happy Farm(開心農場)」などの独自のソーシャルゲームで中国のホワイトカラーを惹きつけた。中国のメディアは、どれだけの人がKaixinoo1のゲーム—とりわけ「Happy Farm」—に熱狂し夢中になっているのかを伝えるレポートを書き続け、ブームに踊っていたのを今でも覚えている。ゲームの中毒者は真夜中に目覚ましをセットし、オンライン上の隣人の「デジタル穀物」を収穫する(もしくは盗む)者もまでいると伝えていた。

Kaixin001のピークは、2008年と2009年であった。今は、激烈なトラフィックの落ち込みに苦しんでおり、サイトのトラフィックは18カ月で65%急落している。

伝えられるところによれば、Qihoo 360(奇虎)もKaixin001に投資しようとしたが、Kaixin はそのオファーを断ったと言う。

Tencentは収益性の高いQZone(QQ空間)や独立したSNSであるPengyou.com(朋友)を含む自社のソーシャルネットワークを提供していたが、他のTencentのプロダクトと同様にこれらのサービスは、ずっと待ち望んだホワイトカラー層ではなく、 10代の若者や学生でいっぱいだった。Tencentの多くのプロダクトは同じ状況に直面している。そこでKaixin001に投資することでTencent は、Kaixin001の抱える上流で大人のユーザを獲得し、ユーザをより広い範囲から集められるようになるだろう。

 


【via Technode】
(@technodechina)

----------[AD]----------

中国共同購入大手FTuan(F団)が6000万ドルを調達、Kaixin(開心)との提携を掴む

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 中国の共同購入サイトFTuan(F団)は、同社の取締役 Lin Ning(林寧)氏を通じて、6000万ドルの第3期資金調達を認めた。2000名の従業員を抱えるFTuanであるが、この先2~3年は持続するだけの資金を確保しているとLin氏は話す。また当企業にはもう一期の資金調達が待ち受けている。 FTuan は、我々が昨今ここで取り上げた新取引サイトのKaixi…

【翻訳 by Conyac】【原文】

E356d9ec6ff6ebdc566080fc60968f02

中国の共同購入サイトFTuan(F団)は、同社の取締役 Lin Ning(林寧)氏を通じて、6000万ドルの第3期資金調達を認めた。2000名の従業員を抱えるFTuanであるが、この先2~3年は持続するだけの資金を確保しているとLin氏は話す。また当企業にはもう一期の資金調達が待ち受けている。

FTuan は、我々が昨今ここで取り上げた新取引サイトのKaixinTuan(開心団購)の原動力にもなっているようだ。KaixinTuan とのパートナーシップ締結により、FTuan は効果的に KaixinTuan のプラットフォーム(以下図参照)を運営することができ、また、KaixinTuan となんらかの取引を締結するその他多数の共同購入サイトのうちの1つとなったのだ。

Bd96ab040c0f9fbdd5ad9a7b402eada1

更に、FtuanとKaixin(開心)のパートナーシップは、近いうちに「ソーシャル・Eコマース”の様なプラットフォームへと変革を遂げる」(QQTechNews談)といわれている。Kaixinはソーシャルネットワーキングサイトでありゲーミングプラットフォームでもある。よってこの計画は、各社の得意分野をそれぞれ興味深い内容で兼ね合わせていくことができるだろう。この件についてその他の詳細は、今のところはまだ確認されていない。

今年の去る7月、FTuanが第2期資金を調達した際、Tencent(騰訊、HKG:0700)は投資した企業のうちの一社であった。この巨大ウェブポータルが、共同購入サイトにどれほどの金額を投資したのかということについては一切明らかになっていない。Tencentは、グルーポンの中国国内での公式巨大事業パートナーであるが、自身のQQTuanとFTuan投資と合わせることでリスクヘッジしようとしている。

中国での激烈な共同購入サイト分野では、わずか数サイトが頂上に登りつめ、それらが重力をもって小さな取引サイトから多数の顧客を引きずり出していくような、”協力するか消滅するか”といった過酷な状況になっている。

我々が前回、当分野における販売/取引と収益の統計を調査した際、FTuanは、競争社ランキングの上位10位につけていた。

[出典:QQ Tech news(騰訊科技) – 中国語]

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------