タグ Nusantics

新型コロナ検査キット開発のインドネシアNusantics、シリーズAでEast Venturesらから資金調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ゲノムテックスタートアップの Nusantics は、アーリーステージ向け VC の East Ventures がリードしたシリーズ A ラウンドで資金調達したと発表した。調達額は…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


ゲノムテックスタートアップの Nusantics は、アーリーステージ向け VC の East Ventures がリードしたシリーズ A ラウンドで資金調達したと発表した。調達額は非開示。

今回のシリーズ A ラウンドは、East Ventures が Nusantics のシードラウンドをリードしてから1年も経たないうちに実現したものだ。VentureCap Insights のデータによると、2020年3月、East Ventures は Nusantics 株式の15.25%に対して70万米ドル以上を投資した。

左から:Melisa Irene 氏(East Ventures パートナー)、Sharlini Eriza Putri 氏(Nusantics 共同創業者兼 CEO)、Triawan Munaf 氏(East Ventures ベンチャーアドバイザー)、Revata Utama 氏(Nusantics 共同創業者兼 CTO)、Vincent Kurniawan 氏(Nusantics 共同創業者兼 COO)
Source: Nusantics

Nusantics は、今回の資金を研究開発能力の強化に活用し、微生物のゲノム研究であるマイクロバイオーム解析の分野でのイノベーション継続に貢献する。この資金は、医療診断キットのイノベーションにも活用される。

今回の資金調達の背景には、高い感度と特異度を実現した2世代にわたる COVID-19 PCR 検査キットの開発した Nusantics の成功がある。これらのキットは、最近イギリスで発生した変異株を含め、インドネシアのコロナウイルスの複数の変異株を検出することができると同社は声明で述べている。

第二世代の検査キットは、インドネシアの Bio Farma との提携により開発された。これらのキットは、Nusantics が主張するように、正確でありながら診断プロセスを3倍速くすることで検査に要するリードタイムを短縮する。Bio Farma は両世代の検査キットを量産商品化しており、現在の月産能力は150万個、今後、月産300万個まで増やすことができる。

<関連記事>

「新製品」として、唾液サンプルから新型コロナウイルスを検出できる検査キットの開発を計画している。唾液を使って新型コロナウイルスを診断できることで、より効率的で、エンドユーザーにとっては苦痛が少なく、医療従事者にとってはより安全なものになる。我々はまた、インドネシアで利用可能なすべての PCR マシンと互換性があるように検査キットを最適化し続けていく。(Nusantics CTO の Revata Utama 氏)

Nusantics は昨年シードラウンドを完了後、皮膚マイクロバイオームバランス治療のためのテストやコンサルティングサービスを提供する研究所「Nusantics Hub」をジャカルタに開設した。同社はまた、他のマイクロバイオーム関連の研究開発プロジェクトでいくつかの企業と協力していると付け加えた。

今回の調達を受けて、Nusantics は、East Ventures のベンチャーアドバイザー Triawan Munaf 氏を Nusantics の監査役会長に任命したことを発表した。Munaf 氏は、インドネシアの国営航空会社ガルーダ・インドネシアの監査役会長を務めている。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

East Ventures、インドネシアで出資先らと新型コロナ検査キット10万個製造支援の募金活動を展開

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 インドネシアでは3月2日に最初の新型コロナウイルス感染症例が2件報告されて以来、3月26日現在で症例数は約900人にまで増加した(編注:4月2日現在で1,677件)。インドネシアが直…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インドネシアでは3月2日に最初の新型コロナウイルス感染症例が2件報告されて以来、3月26日現在で症例数は約900人にまで増加した(編注:4月2日現在で1,677件)。インドネシアが直面している最大の障害の1つは、検査キットの供給が限られていることであり、ウイルスの蔓延を積極的に抑制することを難しくしている。

Image credit: Nusantics

インドネシアのゲノム分野におけるディープテックスタートアップ Nusantics と、アーリーステージ VC の East Ventures は、この問題に対処しようとしている。East Ventures は Tech in Asia にも出資している。

Nusantics は、インドネシア技術評価応用庁(BPPT)傘下の新型コロナウイルス技術研究およびイノベーションタスクフォースのメンバーだ。声明によると、Nusantics は今後3週間以内に、新型コロナウイルスの感染を検出できる検査キットを開発する予定だ。

Nusantics が皮膚のマイクロバイオーム分析に使用する技術は、新型コロナウイルスを検出するために使用される技術に似ている。(Nusantics CEO の Sharlini Eriza Putri 氏)

Nusantics は、ウイルス、細菌、真菌、原生動物の遺伝物質であるマイクロバイオームのプロファイルを分析して、消費者のニーズを満たす。また、同社は最近、East Ventures からシード資金を調達した

インドネシアに対する義務感と我々の適任な立場から、より多くの貢献をすることになった。(Putri 氏)

Nusantics は、検査キットのプロトタイプを100個生産し、その後10万個の検査キットの量産を継続するとしている。また、ウイルスゲノムのプロファイル作成のために、全ゲノムシーケンス解析も目指している。ウイルスが宿主と環境に順応すべく変異するため、これは必要不可欠となるステップだ。同社は検査キットを検証するためにそのデータを使用する。

Nusantics と BPPT を支援するため、East Ventures は「Indonesia Pasti Bisa(「インドネシアならきっとできる」の意)」という運動を立ち上げ、デジタルネットワークを動員し、検査キット製作のための募金キャンペーンを主導した。声明によると、East Ventures は100億ルピア(約6,450万円)の調達を目指している。集まった募金の90%は検査キットに使用され、残りは全ゲノム配列決定プロジェクトに割り当てられる。

East Ventures は、同社のポートフォリオであるフィンテックスタートアップ KoinWorks と、メディア企業 IDN Media を、それぞれ説明責任と透明性確保のパートナーとして活用している。East Ventures 共同創業者兼マネージングパートナーの Wilson Cuaca 氏によると、KoinWorks はコンプライアンスと支払管理の専門知識を提供し、IDN Media はアウトリーチとストーリーテリングのスキルを提供する予定だ。

市民は、このウェブサイトを通じて資金、設備、スキルを寄付することにより、イニシアティブに参加することができる。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録