THE BRIDGE

タグ Oyster

ebookの月額購読サービスのOysterが閉鎖を宣言、共同創業者たちはGoogleにジョイン

SHARE:

<ピックアップ>Google Hires Part of Oyster ‘Netflix for E-Books’ Team 突然の閉鎖の連絡が入ってきました。電子書籍が月額の定額制で登録されているタイトルをすべて読めるOysterが、2016年早々に閉鎖する、という連絡が入ってきました。2012年にスタートした同サービスだったが、3年の歳月をもって閉鎖することになる、という内容を今週…

oyster

<ピックアップ>Google Hires Part of Oyster ‘Netflix for E-Books’ Team

突然の閉鎖の連絡が入ってきました。電子書籍が月額の定額制で登録されているタイトルをすべて読めるOysterが、2016年早々に閉鎖する、という連絡が入ってきました。2012年にスタートした同サービスだったが、3年の歳月をもって閉鎖することになる、という内容を今週月曜にブログに投稿しています。

さらに、その閉鎖の背景にはGoogleが共同創業者たちを自社のGoogle Play Bookチームに参加させたから、とも報じられています。いわば、閉鎖という名のGoogleによる買収とも言えるでしょう。

以前にも、家事代行のマッチングサービスのHomejoyの閉鎖が話題になりましたが、そのテックチームをGoogleが人材獲得に乗り出しているとも記事にしました。こうした自社のサービス強化のために他社のサービスや人材獲得を積極的に行っている印象がGoogleにはあり、既存領域の拡張や強化を猛スピードで展開している様子が伺えます。

とりあえず、サービスとして多くのファンがいたOysterなだけでに、今回の急な閉鎖は驚きの内容でもありました。今後、新たな定額制の電子ブックサービスがでるのか心配ですが、ここにはAmazonもすでに電子ブックの定期購読サービスを展開しており、Amazonの牙城を新たに崩すスタートアップはむずかしいかもしれません。そうなると、人材獲得を行ったGoogleがこの領域に参入し、既存のGoogle Play Bookを強化していくという流れが妥当かもしれません。そうなると、Google対Amazonの新たな市場が生まれ、電子書籍領域での大きな動きが起きることが予想されます。

via Re/code

----------[AD]----------

Netflixの電子書籍版サービス「Oyster」がリリース。月額9.95ドルで100万タイトル以上の書籍が読み放題

SHARE:

<ピックアップ>Oyster’s ebook subscription app now sells books | The Verge Netflixが日本に上陸するということでさまざまな分野で話題になっています。月額の定額制でサービスを提供する同モデルですが、何も映像だけに有効なものではないようです。 Oysterが提供するのは、ebook、つまり電子書籍のサブスクリプシ…

Simply the best way to read

<ピックアップ>Oyster’s ebook subscription app now sells books | The Verge

Netflixが日本に上陸するということでさまざまな分野で話題になっています。月額の定額制でサービスを提供する同モデルですが、何も映像だけに有効なものではないようです。

Oysterが提供するのは、ebook、つまり電子書籍のサブスクリプションモデルです。先日ローンチしたアプリには、100万以上ものタイトルが並び、月額を支払えば自由に閲覧できるというもの。

実はすでに、海外ではScribdがオーディオブックやマンガのサブスクリプションモデルはリリースしており、海外でも書籍に関連したサブスクリプションが登場しつつあります。

Oysterは、14日間無料トライアルがついており、その後1ヶ月9.95ドルで購読可能となっています。日本円で、1000円弱でさまざまな本が読めるということで、漫画喫茶に行ったりするよりも便利ですね。日本でいうならば、週刊誌などの定期購読ができると、便利なサービスになるかもしれません。

via The Verge

----------[AD]----------