THE BRIDGE

タグ SB Drive

バスをレンタカーみたいに使えるチャーターバス「Bus.com」が掴んだ“イベント×移動”の勝機

SHARE:

ピックアップ:BUS.COM CLOSES $19.6 MILLION CAD SERIES B TO RECRUIT NEW TALENT ニュースサマリー:トロント・モントリオールに本拠地を置くBus.comは6月28日、シリーズBにて1960万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家にはAutotech VenturesとCycle Capital Managementが参加している…

bus.com-job-opportunities

ピックアップBUS.COM CLOSES $19.6 MILLION CAD SERIES B TO RECRUIT NEW TALENT

ニュースサマリー:トロント・モントリオールに本拠地を置くBus.comは6月28日、シリーズBにて1960万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家にはAutotech VenturesとCycle Capital Managementが参加している。また、既存投資家のJackson Square Ventures、BMW iVentures、Real Ventures、Y Combinator、BDC Capitalも同ラウンドに参画。

同社はオンラインベースで容易かつ安価に大型バスの予約が出来るプラットフォームを提供している。特に大人数での移動が伴うミュージックフェスティバルや旅行、スポーツチームの移動や、社員旅行などの際への利用が想定されている。

2300を超えるバス会社から好みに合わせ、一般的なレンタカー感覚でレンタルすることが可能。法人向けへのサービスも充実しており、GoogleやAmazon、NikeやLinkedIn、Uberなど多岐に渡る業界にユーザーを構えている。

話題のポイント:チャーターバスの概念を変える、をミッションに置くのがBus.comです。同社はY Combinatorのアクセラレータープログラムの2016年卒業生で、チャーターバス市場を狙って、バスでの移動をより身近にすることを目的に創業しています。

Charter a coach or bus rental in minutes!

今までチャーターと聞くと、手続きから予約までの時間・金額的費用が高くつくという印象でした。加えて、そこまで普段からバスを自身で利用する機会はないため、どのバス会社・バスの種類が望ましいのかも不明瞭、そんな状態が続いていました。

同社のサービスは、上図通り「レンタカー」を借りるプロセスと変わらず自身の予算・タイミングで予約を進めることが可能なのが特徴です。上述しましたが、特にイベント関連との組み合わせに特化しており、行きたいイベントが同プラットフォームにあればそこからバスの移動手段を探すことが可能となっています。

さて、近年新しい移動手段と聞くとシェアリング型のサービス、特にUberやLyftなどが着目されがちですがモビリティーの文脈で見れば以前取り上げた、米国スタートアップMilesSwiftlyなど様々なムーブメントが起きていることが分かります。

さらに「バスでの移動手段」に着目してその動向を見ようと思うと、思いつく組み合わせに「無人運転」があります。CB Insightsのレポート「5 Companies Working On Driverless Shuttles And Buses」にてスタートアップ5社が挙げられていました。

1-autonomous-shuttle-comparo-mar-2017
CB Insights

タイムリーな話題でいうと、ソフトバンク傘下で上図にも取り上げられている「SB Drive」が東京都港区のイタリア街、公道においてハンドルがないバスの自立走行に関する実証実験を開始しています。

大人数を一度に移動することが出来るバスが、完全に自動運転に移行できれば今まで以上にバス移動の利便性が向上するほか、なによりバス利用機会が増えていくのだろうと思います。

Bus.comを通してチャーターできるバスも自動運転が導入されれば移動に対する概念が変わり、社内行事やフェスなどといったイベントの移動に更なる自由がもたらされていきそうです。

----------[AD]----------

ソフトバンクと先進モビリティの自動運転特化合弁会社SBドライブ、ヤフーからの投資を獲得

SHARE:

ヤフーは、通信大手ソフトバンクと研究企業である先進モビリティが昨年日本で設立した自動運転の合弁事業 SB ドライブに4.9億円(440万ドル)を投資していたことを明らかにした。ソフトバンクはさらに1.9億円(170万ドル)を追加出資しており、24日に発表された声明によれば、昨年4月の株式取得以降のの累計出資額は5.1億円(460万ドル)に上った。 SBドライブの究極の目的は、町内や市内の移動に設定…

ヤフーは、通信大手ソフトバンクと研究企業である先進モビリティが昨年日本で設立した自動運転の合弁事業 SB ドライブに4.9億円(440万ドル)を投資していたことを明らかにした。ソフトバンクはさらに1.9億円(170万ドル)を追加出資しており、24日に発表された声明によれば、昨年4月の株式取得以降のの累計出資額は5.1億円(460万ドル)に上った。

SBドライブの究極の目的は、町内や市内の移動に設定されたバスルートなどコミュニティサービスに特化し、自動運転技術を使ってスマートモビリティサービスを商業化することにある。これまでのところ短期間ででは、SB ドライブでは、固定ルートのバスルートや荷物運送用のトラック車列の試運転を実施している。2018年末には、SB ドライブは初となる自動運転の試運転を公共道路で実施する計画としている。

先進モビリティは東京大学の次世代モビリティ研究センターから生まれた企業で、SB ドライブは彼らが持つスマート技術をソフトバンクが持つ通信インフラと融合しようとしている。ヤフーは以前、この計画のパートナーであると発表していたが、今回正式に SB ドライブへの初となる出資を実施した。

ヤフーもまた、1996年にアメリカ Yahoo とソフトバンクによる合弁事業から生まれた会社である。Verizon は最近修正された数十億ドルの取引で Yahoo を買収しようとする最中にあるが、20年間にわたって単独の公開企業として運営され、また、今後もそのように運営されていくヤフーには、直接的な影響は発生しない。

SB ドライブは現在のところ公共交通に特化しているようだが、日本における他のプレーヤーは、世界の他の自動運転車が進んでいる場所に遅れを取るまいと注力している。日産は今年終わりに日本初の自動運転車をローンチするとみられ、日本政府は2020年の東京オリンピックに間に合わせる形で、自動運転タクシーを東京の卓越した機能として実現することにコミットしている。この努力は、オンラインからモバイルサービスまでを提供する、ロボット企業の ZMP と DeNA による協業ロボットタクシーの動向にかかっている。

SB ドライブはこれまでに10億円(900万ドル)の出資を受けており、最新の株主構成ではソフトバンク51.1%、ヤフー48.6%、先進モビリティ0.3%となっている。

自動運転の革命は加速しており、インテルは最近、自動運転車に特化した画像解析企業 Mobileye を153億ドルで買収した。先月には、カリフォルニアを拠点とする Embark が長距離高速運転におけるドライバーの疲労を緩和する、自動運転トラックの技術をローンチしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------