THE BRIDGE

タグ SHELFY(シェルフィー)

累計流通額150億円、内装マッチングプラットフォームのシェルフィーが総額1億円の資金調達を実施

SHARE:

クライアントと施工管理者のマッチングサービスを運営するシェルフィーは9月1日、総額1億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先はジェネシア・ベンチャーズ、ベクトル、Skyland Venturesおよび個人投資家。株式比率および払込日は非公開。 2014年7月にリリースした「SHELFY」は施工管理者とクライアントを繋ぐマッチングサービス。薬局やアパレルのショップといった店舗を出店するクライア…

SMR_0083
シェルフィー代表取締役の呂俊輝氏

クライアントと施工管理者のマッチングサービスを運営するシェルフィーは9月1日、総額1億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先はジェネシア・ベンチャーズ、ベクトル、Skyland Venturesおよび個人投資家。株式比率および払込日は非公開。

2014年7月にリリースした「SHELFY」は施工管理者とクライアントを繋ぐマッチングサービス。薬局やアパレルのショップといった店舗を出店するクライアントが案件ごとに最適な施工管理会社を探すことができる。クライアント側は500社、設計施工管理会社は300社の登録があり、2017年8月時点で流通総額は累計150億円を突破した。

ビジネルモデルをコンペ課金形式にすることで本気の競争環境をつくる

建設経済研究所の調べでは2017年度に53兆円の市場規模が見込まれる建設業界において、複雑化している仕組みの改善や施工の流れの効率化、施工費用の最適化を目指す同サービス。本誌で取り上げた2014年11月の資金調達時より、ビジネスモデルを大きく変更している。

スクリーンショット 2017-09-01 7.28.48.png
建設業界の仕組み/同社提供資料

以前はクライアントとデザイン設計会社のマッチングをサービスとしていた同社。しかし、デザイン設計会社は実際に施工管理を実施する会社の3万社に対して2000社の規模。さらにチェーン展開などによりデザイン設計会社を必要としない施工もあり、クライアントニーズが施工管理会社とのマッチングにあることがわかったそうだ。

ビジネスモデルの変更について同社代表の呂俊輝氏は下記のように話してくれた。

「いまの市場規模が52兆円ということは、クライアントがなんらかの建設物の施工で52兆円を発注しているということです。この大部分は施工管理会社にまず発注され、さらにそこから各種の専門業者に依頼が出されます。この大きな役割を担う施工管理会社とクライアントの関係を良いものにすることによって、業界の費用の適正化や活性化の可能性を見出しました」(呂氏)。

マネタイズも月額課金制から、クライアント側の参加は無料で施工管理会社側はコンペ参加時にプロジェクト金額の1%、さらに受注決定時にプロジェクト金額の2%を支払うモデルに刷新している。プロジェクト参加は最大5社までと厳選し、参加費用を発生させることで施工管理会社側のモチベーションをあげる工夫も取り入れた。

リアルビジネスに踏み込めたポイントは採用

SMR_0087
「世の中にITが行き届いていない人たちが一歩進める事業をつくる会社にしたい」と語る同氏

クライアントは500社、施工管理会社300社の登録があり、SHIPSやTSUTAYAなどのクライアントを持つ同サービス。既存の仕組みが根強いリアルビジネスになぜ同社が参入していくことができたのか聞いてみたところ、「ビックネームなクライアントから攻めること、業界の技術者やクリエイターを尊敬できるメンバーの採用の2点」だと答えてくれた。

「まだまだITに対して良いイメージを持たない人もたくさんいます。そこでわたしも含め、まずは業界に詳しい施工管理会社やクライアントの方々に教えてもらう、自分たちの得意なITサービスで役に立てる部分をお手伝いするというスタンスを徹底し、とにかく足を動かしました。そして、そのようなモチベーションで働けるメンバーを採用していった結果、何社かは興味を持って話を聞いてくれるようになりました」(呂氏)

同社は2020年に実施される東京オリンピックによる業界の活性化を視野に調達資金でサービスの開発をすすめる方針だ。

 

----------[AD]----------

建築業界における情報の透明化を目指し、シェルフィーがEast Venturesから数千万円規模の資金調達を実施

SHARE:

内装デザイン会社のプラットフォーム「SHELFY」を運営するシェルフィーは、本日11月28日(金)、East Venturesを引受先とする第三者割当増資の実施を発表した。金額は非公開となっているが、数千万円規模だという。 今年の7月にリリースした「SHELFY」は新しく店舗を構える、もしくは改装したいオーナーと内装デザイン会社をマッチングさせるプラットフォームだ。 「SHELFY」ではウェブ上で…

左から、East Ventures フェロー大柴氏、シェルフィー代表呂 俊輝氏、East Venturesパートナー松山太河氏
左から、East Ventures フェロー大柴氏、シェルフィー代表呂 俊輝氏、East Venturesパートナー松山太河氏

内装デザイン会社のプラットフォーム「SHELFY」を運営するシェルフィーは、本日11月28日(金)、East Venturesを引受先とする第三者割当増資の実施を発表した。金額は非公開となっているが、数千万円規模だという。

今年の7月にリリースした「SHELFY」は新しく店舗を構える、もしくは改装したいオーナーと内装デザイン会社をマッチングさせるプラットフォームだ。

shelfy

「SHELFY」ではウェブ上でコンペの開催ができ、店舗オーナーは数社のデザイン会社から見積もりとった上で比較検討が可能になる。リリースから約5ヶ月が経過し、開始前に想定していたよりも市場のニーズがあることがわかってきたと呂氏は語る。

飲食店舗において売上に関わる変数には内装と食べ物の質などが挙げられる。店舗オーナーたちの間では、内装のデザインには投資した分だけリターンがあるという認識が広がっているそうだ。

呂氏「案件の面積規模は40〜60坪くらいが多いですね。内装費の予算は幅広く、マージンをとっているシェルフィーの取り分が10万〜100万円となることもあります。

最初は規模を大きくすることを目指して、とにかく多くの店舗オーナーと内装デザイン会社を獲得する予定でしたが、今後は双方とも厳選しながら数を増やしていきます。」

案件のマッチングをスムーズに実現するために、店舗オーナーと内装デザイン会社はある程度選ぶ必要があることがわかってきたという。デザイン会社は実力のあるところだけにし、コンペは開催したものの、発注しないような冷やかしをするオーナーを遠ざけるためだ。

すでに売上が立ち始めていることは、出資する側にとってはプラスの要因のひとつ。地道ではあるが、見通しが立てやすい。もちろん、今回の出資が決まったのはそれだけが理由ではない。

松山氏「呂さんはタイプ的にこうしたビジネスが向いていると思います。タフで生命力があるタイプ。リアルビジネスをオンラインで置き換えるのはかなり体力が必要なので、タフじゃないといけない。

今後、こうした衣食住に関わる、リアル世界を良くしていくスタートアップには積極的に投資できたらと思っています」

オンラインだけで完結するサービスではなく、リアルな世界の課題を解決しようというスタートアップが登場してきている。シェルフィーが目指したのは内装デザインなどにかかる費用の適正化だ。

シェルフィーのように既存の業界の課題に着目し、解決を目指すプレイヤーが増えていけば、社会はより便利になるのではないだろうか。

現在、「SHELFY」は関東を中心に展開している。シェルフィーの調べでは、関東圏では年に約6000店舗が新たにオープンしているという。「SHELFY」ではまずはこのうちの2割の獲得を狙っていく。1年後には月単位で100件が契約が成立する状態を目指す。

今後、シェルフィーはオンライン面に注力していく。今回調達した資金はそのための人材の採用に充てられる。

----------[AD]----------

開店・改装したい店舗オーナーと内装デザイン会社をつなぐプラットフォーム「SHELFY(シェルフィー)」がリリース

SHARE:

シェルフィーは、飲食店を中心とした店舗のオーナーと内装デザイン会社をつなぐプラットフォーム「SHELFY」を開発し、本日リリースした。 「SHELFY」は店舗オーナーが内装を変更したいと考えたとき、同サービスに登録している内装デザイン会社が掲載している事例を閲覧し、希望する店舗の内装イメージに近い事例を選ぶ。デザイン会社が決まったら詳細ページから見積もりを依頼。直接の打ち合わせを行った後、施工とな…

shelfy top

シェルフィーは、飲食店を中心とした店舗のオーナーと内装デザイン会社をつなぐプラットフォーム「SHELFY」を開発し、本日リリースした。

「SHELFY」は店舗オーナーが内装を変更したいと考えたとき、同サービスに登録している内装デザイン会社が掲載している事例を閲覧し、希望する店舗の内装イメージに近い事例を選ぶ。デザイン会社が決まったら詳細ページから見積もりを依頼。直接の打ち合わせを行った後、施工となる。

shelfy shop

「SHELFY」ではウェブ上でコンペの開催を可能にし、数社から見積もりとったうえで価格を比較し、検討することを可能にする。店舗オーナー側の利用は完全無料となっており、内装デザイン会社は案件が成約すると成果報酬をシェルフィーに支払う成約報酬型となっている。成約報酬の金額は10万円となっている。

ビジネスモデル

想定している店舗は案件数が多いことも見込まれる飲食店、美容室などだという。「SHELFY」は、内装デザイン会社が持つ店舗内装の施工事例の写真や費用のデータを蓄積して公開し、店舗オーナーに対して店舗の内装工事において指標となる基準価格を提示する。

シェルフィー代表の呂 俊輝氏は内装デザインなどにかかる費用が適正な価格ではないと考えており、「SHELFY」を通じてこの価格を適正なものにしていきたいと考えているという。

同氏は学生時代ビジネスコンテストの賞金で漫画の翻訳・電子アプリ化事業を行う JapanManga を創業。同事業を売却した後、ピクスタに入社。経営企画室リーダーとして活動していた。

「SHELFY」は、年内に内装デザイン会社の登録数300社、単月契約成立数80件、単月売上800万円を目指す。

----------[AD]----------