THE BRIDGE

タグ Splyt

米資産運用大手のインベスコ、東南アジアの配車サービス大手Grabに3億米ドルを追加出資——合計出資額は7億米ドル超に

SHARE:

アメリカの投資管理会社インベスコ(ニューヨーク証取 IVZ)は、Grab に追加で3億米ドルを出資していたことが明らかになった。この追加出資により、インベスコの Grab に対する合計出資額は7億300万米ドルに達した。 調達した資金を Grab は東南アジアでの拡大加速に使う計画。特に、この出資は GrabFood(フードデリバリ)と Grab Financial Group(金融サービス)に特…

Image credit: Grab

アメリカの投資管理会社インベスコ(ニューヨーク証取 IVZ)は、Grab追加で3億米ドルを出資していたことが明らかになった。この追加出資により、インベスコの Grab に対する合計出資額は7億300万米ドルに達した。

調達した資金を Grab は東南アジアでの拡大加速に使う計画。特に、この出資は GrabFood(フードデリバリ)と Grab Financial Group(金融サービス)に特化する見込みだ。

Grab は、比較的新しいながらも集客で良い数字をもたらしている、これら2つのサービスに注力している。スポークスマンによれば、Grab は現在の成長兆候を最大限に活かすべく、この2つのサービスに賭けつつある。

インベスコからの当初の4億300万米ドルの出資は、同社が2018年7月に買収したニューヨークの金融管理会社 OppenheimerFunds によるものだった。

インベスコのチームリーダーで、シニアポートフォリオマネージャーの Justin Leverenz は、声明で次のように述べている。

Grab に対してさらに出資し、日常サービスの提供をサポートできること、東南アジアのユーザにさらなるアクセスと利便性を提供できることを楽しみにしている。

今週、Grab の投資活動には多くの動きが見られた。

同社はイギリスのモビリティマーケットプレイス Splyt に出資した。この出資により、来年には Grab のユーザは Splyt のパートナーネットワークを通じて、東南アジア以外でも配車サービスを予約できるようになるだろう。

さらには、Apple は今週、生き残りに苦しんでいた自動運転技術企業 Drive.ai を買収したことを確認した。Grab Ventures は Drive.ai に出資していた。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

東南アジアの配車サービス大手Grab、世界中でのサービス提供に向け英Splytに出資

SHARE:

配車サービス大手の Grab は、ロンドンを拠点とするモビリティマーケットプレイス「Splyt」との提携を通じて、イギリスへの進出を始める。Bloomberg の報道によれば、シンガポール拠点のユニコーンである Grab は、Splyt の800万米ドル調達のシリーズ A ラウンドに参加した。 Grab は正式声明の中で、Splyt との協業により旅行者に世界中で配車サービスへの便利なアクセスを提…

配車サービス大手の Grab は、ロンドンを拠点とするモビリティマーケットプレイス「Splyt」との提携を通じて、イギリスへの進出を始める。Bloomberg の報道によれば、シンガポール拠点のユニコーンである Grab は、Splyt の800万米ドル調達のシリーズ A ラウンドに参加した。

Grab は正式声明の中で、Splyt との協業により旅行者に世界中で配車サービスへの便利なアクセスを提供できるようになると述べている。配車サービスは地域によってバラバラであることから、国際旅行者はしばしば、その地域のモビリティアプリのダウンロードを余儀なくされたり、道路脇でタクシーを止めることを余儀なくされたりする。

Grab と Splyt の提携により、国際旅行者はどちらかのアプリを一つを持っていれば、東南アジア8カ国の336都市で Grab の配車サービスを予約できる。Splyt のソリューションにより、東南アジアを訪れる Ctrip(携程)と Alipay(支付宝)のユーザもすでに、それぞれのアプリを通じて Grab の配車サービスを利用できるようになっている。

Splyt CEO の Philipp Mintchin 氏は、次のように述べている。

Splyt は現在、Grab の提供する移動手段にアクセスできるプラットフォームに、モビリティを連携するパートナーの数を増やし続けている。

この協業により、来年までに実施される Splyt と Grab が持つモビリティパートナーの Grab アプリへの連携は、第2段階を迎えることになるだろう。これにより、東南アジア以外を旅行する Grab ユーザは、Splyt のパートナーのサービス提供を通じ、Grab アプリを使って、いつもの言語・母国通貨の決済で配車サービスを予約できるようになる。

Grab は、ユーザの旅行体験を強化するために、アプリ内に旅行役立ち情報、レストランレビュー、おすすめアトラクションといった機能を追加する計画だ。

Splyt は、旅行を本物の互いに繋がったグローバル体験にしたいというユニークなビジョンを持っている。世界中で A 地点から B 地点への移動をしやすくするため、Splyt と協業できるのを楽しみにしている。(Grab の移動サービス担当 CTO Mark Porter 氏)

今回の出資について、Splyt は調達した資金を、新市場への拡大加速、独自技術の改善、地上移動サービスへの企業需要やサプライパートナーのネットワーク強化に使うとしている。

今回のラウンドにより、Splyt Technologies の累積調達金額は1,400万米ドルを超えた。前出の Mark Porter 氏が Splyt の役員に加わる。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------