BRIDGE

タグ Swatch Touch

スウォッチ社独自のスマートウォッチ「Swatch Touch」が2015年夏に登場か

SHARE:

数ある時計メーカーの中でも、そのデザインと存在感・カジュアルさで独自の地位を築いているスウォッチ社。同社の時計を支持するユーザーと、昨今盛り上がりつつウェアラブル系のハイテク時計との相性がとても良さそうというのは、時計業界にあまり詳しく無い私でもなんとなくわかるほどだ。 そんな同社のCEO、Nick Hayek氏によれば、2015年夏に、スウォッチ社独自のスマートウォッチである新型の「Swatch…


IMG_9364

数ある時計メーカーの中でも、そのデザインと存在感・カジュアルさで独自の地位を築いているスウォッチ社。同社の時計を支持するユーザーと、昨今盛り上がりつつウェアラブル系のハイテク時計との相性がとても良さそうというのは、時計業界にあまり詳しく無い私でもなんとなくわかるほどだ。

そんな同社のCEO、Nick Hayek氏によれば、2015年夏に、スウォッチ社独自のスマートウォッチである新型の「Swatch Touch」が登場予定だという。

そもそも現行のSwatch Touchは、ボタン類を廃し、全ての操作をタッチパネルで行えるようにしたモデル。2011年の登場以来、スマートフォン世代に支持されているのだとか。その流れで登場するのが、新たにフィットネス機能などをそなえた次世代のSwatch Touchだ。本製品では歩数計と燃焼カロリー数が計測できるようになり、またBluetoothによってスマートフォンとの連携をすることができるようだ。

何より特徴的なのは、同製品が「完全に単独での開発」をされている点だ。AppleやSamsunなど、先行するデバイスメーカーとの共同開発の道では無く、独自の路線を歩んだところは、なんともスウォッチらしい。

以下は完全に個人的な意見だが、多くの人にとってのスウォッチの魅力は、あまり高価格でないことや、モデル・デザインが無数に発表され、そこにファッション的な感覚を強く見出すことができた点だと思っている。今後スウォッチがスマートウォッチに参入していくのはとても理解できるのだが、ぜひこの「スウォッチらしさ」は失わないでいて欲しい。気軽に買い換えたり、毎日別の製品をつけたりできる製品ならとても嬉しいのだが。

----------[AD]----------