THE BRIDGE

タグ Technical Rockstars

Technical Rockstars、バックエンド自動化/IoT基盤の「Milkcocoa」をクラウド関連のウフルに事業譲渡

SHARE:

福岡を拠点とする Technical Rockstars は、バックエンド制御を自動化できるAPI「Milkcocoa」を開発している。5日、同社は Milkcocoa をソーシャルメディア/クラウド関連事業を展開するウフルに事業譲渡したと発表した。Technical Rockstars には「FLOWer」や「clooca」といった譲渡対象外の他事業もあるものの、CEO の部谷修平(ひや・しゅう…

milkcocoa_featuredimage

福岡を拠点とする Technical Rockstars は、バックエンド制御を自動化できるAPI「Milkcocoa」を開発している。5日、同社は Milkcocoa をソーシャルメディア/クラウド関連事業を展開するウフルに事業譲渡したと発表した。Technical Rockstars には「FLOWer」や「clooca」といった譲渡対象外の他事業もあるものの、CEO の部谷修平(ひや・しゅうへい)氏を中心とする創業者らは、今回のMilkcocoa 事業譲渡を機にウフルへの参加を表明しており、ウフルによる Technical Rockstars の買収ととらえることもできる。なお、Milkcocoa の譲渡金額については開示されていない。

Technical Rockstars は、2010年度に未踏ユースに採択され、IPA認定のスーパークリエータに選出された部谷氏らにより設立され、2014年8月に Milkcocoa をリリースした。Milkcocoa はフロントエンドを構成する HTML の中にスクリプトタグを1行追加するだけで、サーバ環境などバックエンドの制御を自動化できるプラットフォームだ。JavaScript で関数を書くだけで、データベースに関わる部分の処理が不要になる。

一方、事業譲渡を受けるウフルは、ソーシャルメディア事業を柱として2006年に創業。その後、主にクラウド関連サービスを主体に事業を拡大。2014年には、ソーシャルメディアや各種ウェブサービスを日本内外のクラウドサービスと容易に連携できる「enebular(エネブラー)」をリリースしており、2015年にはIoT関連事業を拡大すべく、セールスフォース・ドットコムと三井物産から5.2億円を調達している。

milkcocoa-hiya-kawano
(左から)Technical Rockstars CEO 部谷修平氏、CMO 川野洋平氏

Technical Rockstars CEO の部谷氏は THE BRIDGE に次のようにコメントを寄せてくれた。

リアルイベントを積極的に行い、IoTに興味のあるデベロッパー層に大きな支持をいただいている Milkcocoa ですが、今までの活動に引き続き、エンタープライズでのIoTも支える仕組みとしていきたいです。

今回の事業譲渡を受けて、Technical Rockstars の創業者らは、〝セールスフォース・マフィア〟入りを果たしたという表現もできる(ちなみに、現在の Milkcocoa は AWS さくらのクラウドの上で動いている)。Milkcocoa は昨年5月、IoT や M2M との親和性向上を狙ってバージョンアップを実施しており、IoT 関連事業の拡大を狙っていたウフルと目指す方向性が一致したことになる。

Technical Rockstars では、Milkcocoa の運営にあたり今後も基本方針に変更はなく、「思った通りのもの」を作れるサービスを維持し、無料プランについてもこれまで通り提供を続ける予定としている。

milkcocoa_screenshot

----------[AD]----------

バックエンド自動化APIのMilkcocoaがバージョンアップ、IoT/M2Mとの親和性やユーザ認証連携機能を強化

SHARE:

昨秋、福岡出身のスタートアップ Technical Rockstars の手がける Milkcocoa という API を取り上げた。フロントエンドを構成する HTML の中にスクリプトタグを1行追加するだけで、サーバ環境などバックエンドの制御を自動化できるプラットフォームだ。フロントエンドを作るだけで一杯一杯、バックエンドを切り盛りするリソースなんて割けない、というスタートアップや SI には重…

milkcocoa_featuredimage

昨秋、福岡出身のスタートアップ Technical Rockstars の手がける Milkcocoa という API を取り上げた。フロントエンドを構成する HTML の中にスクリプトタグを1行追加するだけで、サーバ環境などバックエンドの制御を自動化できるプラットフォームだ。フロントエンドを作るだけで一杯一杯、バックエンドを切り盛りするリソースなんて割けない、というスタートアップや SI には重宝するしくみと言える。

Technical Rockstars は今日、Milkcocoa のバージョンアップを行い、3つの機能追加を実施したと発表した。JSON Web Token (JWT) 対応、MQTT (MQ Telemetry Transport)プロトコルの対応、Node.js SDK の正式対応だ。

JSON Web Token の対応により、Auth0 や AuthRocket など認証サービスを通じて Facebook ログインや Twitter ログイン、企業の社員認証システムなど、ユーザ認証に関わる連携ロジックを自らコーディングする必要が無くなり、安全を担保した状態で Milkcocoa に機能を外出しすることができる。

MQTT プロトコルは、M2M (machine-to-machine)ネットワークや IoT 分野で多様されており、他の通信プロトコルに比べ軽量であるため、CPU や通信モジュール、ネットワークへの負荷が小さく、低消費電力で多くの接続に対応できることが特長だ。従来の Milkcocoa では HTTP と WebSocket を使う必要があった。また、今回、Node.js SDK が正式にサポートされたことにより、Raspberry PI や Edison といった IoT フレームワークが Milkcocoa に連携するための手順も簡素化され、信頼性の高いものになる。

もともと Milkcocoa は、フロントエンド・エンジニアがバックエンドのことを気にせずにウェブシステムを構築できるようにするのがコンセプトだった(NoBackend 開発)。今回のバージョンアップにより、Milkcocoa は、ハードウェア・エンジニアや IoT 基盤のソフトウェア・エンジニアがクラウド側のことを気にせず、IoT やハードウェア側の開発に没頭できる環境を創り出してくれる。

IPA認定のスーパークリエータで、Technical Rockstars CEO の部谷修平(ひや・しゅうへい)氏が、今回のバージョンアップに含めた思いを寄せてくれた。

WebサービスやIoT向けのサービスにしても、初心者の人でもSNS認証やサーバの設定などで詰まることなく、どんどんサービスを提供していってほしいです。

Technical Rockstars の開発チームは持ち回りで、今年3月から Gihyo.jp に Milkcocoa を使ったユースケースについて連載を始めている。同時接続数の制限を除けば、Milkcocoa フリーミアム版で十分に機能を試すことができるので、興味を持った読者におかれては、この連載を参考に触ってみるとよいかもしれない。

Technical Rockstars では今後、Milkcocoa 有料版の正式提供、Android や iOS 向けのSDK、管理画面でのデータの可視化機能の実装などを提供したいとしている。

----------[AD]----------

JavaScriptを1行書くだけで、バックエンド専業エンジニアが不要になるAPI「Milkcocoa」

SHARE:

ウェブ開発のスキルだけでモバイルアプリが作れる Monaca、デザインのスキルだけでモバイルアプリのプロトタイプが作れる Prott など、自分が持ち合わせているスキルで、アウトプットを出せるようにしてくれる開発環境は増えてきた。最近、サムライベンチャーサミットで見かけた ZUGYUUUN! などは、HTML や JavaScript だけで、ネットにつながるハードウェアの構築を可能にし、すべての…

milkcocoa-hiya-kawano
(左から)Technical Rockstars CEO 部谷修平氏、CMO 川野洋平氏

ウェブ開発のスキルだけでモバイルアプリが作れる Monaca、デザインのスキルだけでモバイルアプリのプロトタイプが作れる Prott など、自分が持ち合わせているスキルで、アウトプットを出せるようにしてくれる開発環境は増えてきた。最近、サムライベンチャーサミットで見かけた ZUGYUUUN! などは、HTML や JavaScript だけで、ネットにつながるハードウェアの構築を可能にし、すべての人にとって可能性を広げる環境として注目される。

今日紹介するのは、バックエンドの操作が不要になるAPI「Milkcocoa」だ。クラウドサービスの普及により、サーバのセットアップやチューニングのために、データセンターに出向く手間はかなり減った。しかし、依然として、サーバのインスタンスを調整し、フロントエンドの機能が正常にサービスを提供し続けられるようにするため、バックエンドの業務が残っている。

小さなスタートアップにおいては、一人のエンジニアがフロントエンドとバックエンドを兼務しているケースは少なくないだろうが、これがなかなか辛い。サービス開発に傾倒してフロントエンドに集中しているときに限って、バックエンドを調整する必要に迫られるケースが少なくないからだ。誰かの手が借りたい、でも、追加要員を雇う余裕が無い。そんなスタートアップには Milkcocoa がお勧めだ。

milkcocoa_screenshot

ウェブアプリでユーザのログインやユーザ間のメッセージの交換などを実現する場合、オープンソースの環境では、通例これらのデータ(ログインIDやパスワードなど)は、 MySQL や PostgreSQL などのデータベースに格納する必要がある。そのためには最低限データベースの知識が必要であり、データベースとウェブアプリの間でデータの連携をとらなければならない。Milkcocoa を使えば、JavaScript で関数を書くだけで、データベースに関わる部分の処理が不要になる。JavaScript で入出力したログインIDやパスワードなどを、ウェブ経由で管理できるシンプルなダッシュボードも用意されている。おそらく、簡単なアプリなら、Apache などのウェブサーバのコンポーネントだけで実現できてしまうはずだ。

Milkcocoa を開発したのは、2010年度に未踏ユースに採択され、IPA認定のスーパークリエータに選出された部谷修平(ひや・しゅうへい)氏を中心とする Technical Rockstars のチームだ。彼らの多くは九州大学出身のメンバーで構成されており、以前は福岡市を中心に活動していた。これまでにも、直感的な図からソースコードが出力できる 「clooca」(Yahoo Pipes に似ている?)や、データフロー型言語の「FLOWer」といった、コーダーでなくてもコードが書けるようなサービスを複数開発してきたが、今年8月の Milkcocoa ベータ版ローンチを機に、資金調達や他のスタートアップとの関係づくりを意図して、活動の拠点を東京・渋谷周辺に移した。

現在は無料版しか提供していませんが、来年1月〜2月くらいには有料版を提供できるようにしたいと考えています。有料版では、アプリへのトラフィック負荷にあわせて、バックエンドのスケールアウトの自動化を実現します。さらに、Facebook / Twitter / Google アカウントによるユーザ認証を、JavaScript のコード一行で利用できるようにします。(部谷氏)

Milkcocoa 自体のバックエンドは AWS(Amazon Web Services)だが、バックエンドのスケールアウト自動化を実現するには、AWS に払うアクティブ・インスタンス分のコストがかかる。そこで、有料版のサービス実現のため、彼らは資金調達が必要だと彼らは考えている。

「簡単にモノを作れるようにしたい」というのが、我々の企業理念です。Milkcocoa をもっと多くのスタートアップに使ってもらいたい。ですので、投資家には資金よりも、むしろ、スタートアップとのネットワークが強いところを求めています。(川野氏)

この種類のサービスは、おそらくグローバルに需要があるはずだ。Y Combinator が輩出した Firebase や Facebook に買収された Parse は Milkcocoa の競合になり得るが、彼らはアメリカ市場をターゲットに選んでいて、アジア市場のユーザを取り込めていない。このことから、Milkcocoa は有料サービスのローンチ後、アジア市場に積極的に進出していきたいと考えている。サービスのトップページ、チュートリアル(以下のビデオ参照)、ドキュメントも既に英語化済みだ。

来週月曜日の20日の夜、CEO の部谷氏が東京・晴海で開催される HTML5Minutes に登壇するそうだ。Milkcocoa のデモや開発秘話を、自分の目や耳で確かめたい読者には、この機会に足を運んでみることをお勧めしたい。

----------[AD]----------