THE BRIDGE

タグ ugotoru

ダンスやスポーツの自己トレーニング支援アプリ「ウゴトル」、MIRAISEから1,000万円を調達——指導者、スポーツ施設向け機能を強化へ

SHARE:

ダンスやスポーツなど、身体の動きやフォームの改善など自己トレーニングを支援するアプリ「ウゴトル( iOS / Android )」を開発・運営するウゴトルは26日、MIRAISE からアーリーラウンドで1,000万円を調達したことを明らかにした。 ウゴトルは、学生時代から手書き作図インターフェイスの開発に注力、2008年上半期には未踏スーパークリエータに認定された西川玲(あきら)氏により2010年…

左から:MIRAISE CTO  布田隆介氏、ウゴトル CEO  西川玲氏、MIRAISE パートナー 岩田真一氏
Image credit: Ugotoru

ダンスやスポーツなど、身体の動きやフォームの改善など自己トレーニングを支援するアプリ「ウゴトル( iOS / Android )」を開発・運営するウゴトルは26日、MIRAISE からアーリーラウンドで1,000万円を調達したことを明らかにした。

ウゴトルは、学生時代から手書き作図インターフェイスの開発に注力、2008年上半期には未踏スーパークリエータに認定された西川玲(あきら)氏により2010年に設立(当時の社名は、アウン・インターフェース)。設立当時は、現在に比べるとインターフェイスデバイスにも限りがあったため、ファジー理論や幾何学曲線を取り入れた、手書きでも美しい作画が描けるソフトウェアを開発していたのだそうだ。

ただ、当時はデバイスの普及率や市場の需要も少なかったこともあり、このソフトウェアは鳴かず飛ばずに終わる。その後、ソフトウェアの受託開発を続けながら、オリジナルのアプリやサービス開発でスタートアップするタイミングを伺っていたが、そんなチャンスが思わぬところから西川氏のもとに現れることとなった。彼が長年のライフワークとしてきたサルサだ。

社会人になってからサルサを習っているが、熱心な生徒さんは、先生の動きをスマホの動画で撮って、一コマ一コマスロー再生しながら前送りしたり巻き戻したりして、動きを確かめていた。非言語でも、動きで文化を教えられるものがあるんだ、と思った。(西川氏)

「ウゴトル」

西川氏によれば、統計データを総合すると、日本にはダンススポーツの習い事を受講している人は450万人ほどいて、さらに学校を中心に運動部やサークルに属する人たちが470万人ほどいるという。ザックリみて900万人の市場があることがわかり、ビジネスの可能性を感じた西川氏は、ウゴトルの本格的な開発に着手した。その目論見は的中し、現在、iTunes AppStore では85万ダウンロード、MAU 5万ユーザを超えるアプリに成長、日本国内「スポーツ」カテゴリで20位にランクインしている。

ウゴトルで現在できることは、デバイスをなぞる操作だけで手本となる先生の動きや自分の動きを録画し、コマ送りで自由に再生できること、そして、その先生の動きと自分の動きをオーバーラップさせ、その差分を見極めて、フォームの改善を支援するというものだ。パーソナルジム、少年野球、芸能、ゴルフはもちろん、最近では、学校の授業で使ってみたという事例の声が多数寄せられているという。

遠隔と非同期という2つのことに対応できるのが、今後、重要になってくると思う。ダンスでもスポーツでも、教えてもらう生徒さんは昼間仕事していて、先生が教えられる時間は限られてしまう。ウゴトルでは将来、先生と生徒を繋ぐような機能も備えていきたい。身体の動きを学ぶ上では言葉もいらないし、サルサをメキシコから遠隔で教えてもらうこともできるかもしれない。(西川氏)

「ウゴトル」

今回調達した資金を元に、ウゴトルは今後、ダンスやスポーツの練習支援サービスとしての機能を強化し、2019年秋には指導機能の追加や施設プランの展開(インストラクターが生徒支援に活用、スポーツ施設などでの導入を想定)、来年には、インストラクターとの動画を通じたコミュニティ形成を展望する。

既に生徒がいるインストラクターにとっては、生徒へのアフターケアをより綿密にできるという意味で、サービスの差別化が図れる。生徒には動画を見ながら練習してもらうことで、対面していない時の上達スピードが速くなる。スポーツ施設は、例えば、ボウリング場などでプロのワンポイントアドバイスのようなものが提供できないか、と考えている。(西川氏)

将来は、料理のレシピ動画よろしく、ダンスやスポーツ練習動画のマーケットプレイスも創出できるかもしれない。同じアプリのカテゴリに属する YAMAP のように、スポーツ用品市場などにもマネタイズ手段を拡大できる可能性もある。少しバーティカルは異なるものの、オーディオフィットネスアプリの「BeatFit」はスポーツクラブ大手ルネサンス(東証:2378)と提携、腰痛対策アプリ「ポケットセラピスト」はジェクサーと提携したのも記憶に新しい。

ウゴトルの今後にも注目だ。

----------[AD]----------