BRIDGE

タグ Weathernews

ウェザーニューズ、米国のソーシャル天気会社Weathermobのアプリ事業を買収し、グローバルの「気象ビックデータ」解析に乗り出す

SHARE:

お天気コミュニティをもとに、リアルタイムで詳細な天気予報を行っている「ウェザーニュース」を展開するウェザーニューズは5月21日、アメリカの同じくソーシャル天気サービスの「Weathermob」のアプリ事業を買収したと発表した。 ウェザーニューズは、これまでに全国のウェザーニュースユーザによるウェザーリポーターから集めた空の天気や天気の体感報告を気象予報の参考とする“みんなでつくる天気”というお天気…

weathernews

お天気コミュニティをもとに、リアルタイムで詳細な天気予報を行っている「ウェザーニュース」を展開するウェザーニューズは5月21日、アメリカの同じくソーシャル天気サービスの「Weathermob」のアプリ事業を買収したと発表した。

ウェザーニューズは、これまでに全国のウェザーニュースユーザによるウェザーリポーターから集めた空の天気や天気の体感報告を気象予報の参考とする“みんなでつくる天気”というお天気コミュニティを作り上げる、ソーシャル天気予報を行ってきた。

2013年には、グローバル向けのソーシャル天気アプリ「Sunnycomb」を iOS、Androidでリリースし、北米やアジアを中心にお天気コミュニティを作ってきた。今回の買収では、すでに全世界140カ国のユーザから空の主審を集めた気象コミュニティを作り人気を博しているWeathermobと連携を目的にアプリ事業の買収を行った。Weathermobはm2011年にiOSをリリースし、ダウンロード数40万、MAU10万人と世界のユーザーに利用されているアプリだ。これによって、世界最大の気象プラットフォームをつくりあげ、コレまで以上の北米展開を推し進めていく。

あわせて、これまで以上にユーザから世界各地の空の情報をもとに気象予測を活用していきながら、世界各地で信頼性の高い情報提供を行っていく。気象情報という、従来ではいまだ計測されていない地球規模のデータを収集し、天気予報やゲリラ豪雨などの突然の気象に対しても、予報や未来予知などを行う、まさに「気象ビックデータ」解析といえるだろう。

----------[AD]----------

日本のウェザーニューズ、気象情報ビジネスでアメリカの空にも進出を目論む

SHARE:

日本の企業はモバイルのマネタイズに関してはかなり上手くやっており、ゲーム会社は特に成功している。しかし、おそらく誰もがマネタイズは簡単だとは言わない分野が1つある。それは気象情報だ。だが、日本のウェザーニューズという会社はこの難しい分野で成功を収めている。ウェザーニューズは2003年に東証1部に上場(TSE:4825)、13カ国27都市にオフィスを構えており、世界最大の気象情報会社だと主張している…

weathernews

日本の企業はモバイルのマネタイズに関してはかなり上手くやっており、ゲーム会社は特に成功している。しかし、おそらく誰もがマネタイズは簡単だとは言わない分野が1つある。それは気象情報だ。だが、日本のウェザーニューズという会社はこの難しい分野で成功を収めている。ウェザーニューズは2003年に東証1部に上場(TSE:4825)、13カ国27都市にオフィスを構えており、世界最大の気象情報会社だと主張している。

同社のスマートフォン向けアプリのウェザーニュースタッチはとてもうまくいっており、フィーチャーフォン、ウェブも同様だ。同社は現在ウェザーニュースタッチの世界展開に向けて準備中で、英語バージョンを数ヶ月の内にリリースする予定だ。私は先日同社のディレクターである石橋知博氏とマーケティングに従事している上山亮介氏と話をし、サービスに関する理解を高められる機会を得ることができた。

同社の気象情報は基本的に無料であり、データのみではお金を生み出すことはできないと石橋氏は語った。彼らは個人向けでカスタムすることができる気象情報のコミュニケーション・コミュニティを構築しようとしており、これは気象情報の分野では新しい市場だと彼らは見ている。

weather news

一般的なオンライン気象サービスは高いトラフィックを得て、広告収入により成り立っている。ウェザーニュースは、同社のサイトには自社サービスのプロモーションのためのバナー以外に広告は置いたことはなく、これからもこの体制でいくつもりだ。

彼らによると気象は私達の生活に深いところで繋がっていることから、大切な情報を広告と共に発信することは好ましくないと思っているようだ。広告は彼らのコンテンツに何らかの影響を与えかねない。彼らは気象情報は一生無料で提供されるべきものだと考えている。

スマートフォン、フィーチャーフォン、そしてPC向けのサービスは合わせて月間で2000万人のユニークユーザーを獲得していてほとんどの人はお金を払っていないが、その中の約5%の人はお金を払ってくれていると述べた。

スマートフォンアプリは合計で約800万ダウンロードを達成しており、iOSとAndroidそれぞれのダウンロード数は400万くらいだそうだ。彼らはまたauスマートパスからも利益を得ていて、これはサービス露出にも貢献している。

ウェザーニュースタッチは、ユーザーがより正確な気象情報が得られるプレミアムサービスでマネタイズしている。これはアラートや、より深い形で他の課金ユーザーとコミュニケーションが取れる機能(無料ユーザーにはこの機能がないと言われた)等が含まれている。月額課金には少し問題があって、Androidは自動的に定期購入がアップデートされるが、iOSはこれができない。だから、日本では7日間や30日間、もしくはそれ以上の期間のためのプレミアム機能のためのチケットを販売しているそうだ。

海外のユーザーは課金するだろうか?

日本人はモバイルサービスに対してお金を払うことに抵抗はないが、私は海外のユーザーがはたして同じように課金してくれるかどうかが知りたい。石橋氏は、i-modeが流行する以前は日本のユーザーも同社のサービスに対してお金を払うことはなく、他の人達も天気の市場が存在するとは信じなかったと述べた。i-modeの普及によってモバイルサービスにお金を払いはじめた日本人と同じように、アメリカ合衆国のユーザーも気象情報に対してお金を払いはじめるようになると石橋氏は期待している。

同社はまた中国でもうまくいっているようで、中国の主要なキャリアであるChina Mobileとも良い関係を築いている。中国国内で気象データプロバイダーとしてのライセンスを取得しており、Android市場向けにテストを行なっている。中国向けのフィーチャーフォンのサイトはNTT Docomoが日本向けに出しているサイトと同じくらいのユーザー規模数だそうだ。このようなサイトのコンテンツは一般的にはキャリアのブランドとして提供されてしまうが、同社の情報は全てウェザーニュースからのものとなっている。

一般消費者として、またインターネットサービスを書く記者としても、気象系のサービスやアプリケーションは普段あまり気にかけていない。しかしそれと同時に、私はいくつかの有料天気アプリ(Morning RainSolar)を持っている。だから気象サービスの市場があるかないかは私は議論できない。私は、アップストアのカテゴリーに「天気」がある限り、ウェザーニュースタッチはどの国の市場でも良い存在間をはなつと期待している。

数ヶ月のうちに彼らがどうなるか乞うご期待。

weathernews

【原文】

----------[AD]----------