ウェザーニューズ、米国のソーシャル天気会社Weathermobのアプリ事業を買収し、グローバルの「気象ビックデータ」解析に乗り出す

SHARE:

weathernews

お天気コミュニティをもとに、リアルタイムで詳細な天気予報を行っている「ウェザーニュース」を展開するウェザーニューズは5月21日、アメリカの同じくソーシャル天気サービスの「Weathermob」のアプリ事業を買収したと発表した。

ウェザーニューズは、これまでに全国のウェザーニュースユーザによるウェザーリポーターから集めた空の天気や天気の体感報告を気象予報の参考とする“みんなでつくる天気”というお天気コミュニティを作り上げる、ソーシャル天気予報を行ってきた。

2013年には、グローバル向けのソーシャル天気アプリ「Sunnycomb」を iOS、Androidでリリースし、北米やアジアを中心にお天気コミュニティを作ってきた。今回の買収では、すでに全世界140カ国のユーザから空の主審を集めた気象コミュニティを作り人気を博しているWeathermobと連携を目的にアプリ事業の買収を行った。Weathermobはm2011年にiOSをリリースし、ダウンロード数40万、MAU10万人と世界のユーザーに利用されているアプリだ。これによって、世界最大の気象プラットフォームをつくりあげ、コレまで以上の北米展開を推し進めていく。

あわせて、これまで以上にユーザから世界各地の空の情報をもとに気象予測を活用していきながら、世界各地で信頼性の高い情報提供を行っていく。気象情報という、従来ではいまだ計測されていない地球規模のデータを収集し、天気予報やゲリラ豪雨などの突然の気象に対しても、予報や未来予知などを行う、まさに「気象ビックデータ」解析といえるだろう。