THE BRIDGE

beSUCCESS

beSUCCESS

beSUCCESSは、国内企業の海外進出を支援するためのメディア会社で、スタートアップのインタビュー、資金調達の記事など、様々なニュースをハングル/英文で取材し、全世界に韓国のスタートアップのニュースが発表されるように努めています。

http://www.besuccess.com

執筆記事

「Between」開発のVCNCが手がける韓国の総合モビリティサービス「Tada(타다)」、βローンチから1ヶ月でダウンロード10万件を突破

SHARE:

VCNC の総合モビリティープラットホーム「Tada(타다)」が、オープンβサービス開始から1ヶ月でダウンロード数10万件を突破したと明らかにした。 カーシェアリングプラットフォーム「Socar(쏘카)」の子会社 VCNC が開発した Tada は、レンタカー(11人乗り以上のバン)と代行運転(ドライバー)を組み合わせたサービスで、これまでのタクシーの不便さを大幅に改善した。タクシー業界団体は T…

VCNC の総合モビリティープラットホーム「Tada(타다)」が、オープンβサービス開始から1ヶ月でダウンロード数10万件を突破したと明らかにした。

カーシェアリングプラットフォーム「Socar(쏘카)」の子会社 VCNC が開発した Tada は、レンタカー(11人乗り以上のバン)と代行運転(ドライバー)を組み合わせたサービスで、これまでのタクシーの不便さを大幅に改善した。タクシー業界団体は Tada を類似タクシー営業とみなし、不法サービスだとしてサービス中止を要請している最中だけに、今回のダウンロード数10万件は意味が大きい。

顧客は迅速な配車システム、フレンドリーなドライバ、標準化された乗車サービス、快適で便利な空間の利用が、最大のメリットとして Tada は明らかにしている。Tada はタクシーよりも約10〜30%以上の金額が高いが、その程度の金額を出してでも、基本と安全が保たれたサービスを受けることができるということに、大きく満足しているというユーザレビューが残されている。

Tada をユーザが初利用後にリピートする割合は、サービス開始から2週間で50%を超え、この値はさらに継続的に伸びつつあり最大で80%を記録するなど、新規流入顧客とリピート顧客が増え、激しい成長につながっていると VCNC は説明した。

VCNC 代表のパク・ジェウク(박재욱)氏は、次のように語っている。

Tada の顧客とドライバーの反応には驚いていて、心から感謝している。ローンチからの1ヶ月は、プラットフォームとしての Tada の可能性を確認できるものとなった。今後 Tada は、プラットフォームとして、ユーザ、ドライバ、さまざまな移動サービスをつなぐことで、需要と供給の最適化に焦点を当てる予定だ。これらの要素を積極的に連絡をとりながら協力モデルを作っていく。

アプリ分析プロバイダの Wiseapp(와이즈앱)によると、10万ダウンロードのうち、Google Play からのダウンロード数は約56,000件で、残りは iOS AppStore からダウンロードされたものと類推できる。VCNC は詳細な数値を明らかにできないが、Android の件数がやや高いものの、Android と iOS はともに、ダウンロード数と利用件数で似たような値となっているとした。

Tada を開発した VCNC は、カップルアプリ「Between(비트윈)」の開発会社で、2018年7月にカーシェアリングプラットフォームの Socar に買収された

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

韓国発のアクセサリーECアプリ「Lologem」、顔認識でピアスのフィット感を確かめられる3D AR試着機能をリリース——日本市場進出を準備中

SHARE:

ジュエリー・アクセサリーをモバイルアプリでバーチャル試着後、製品を購入できるサービス「Lologem(로로젬)」は、3D AR 試着機能をリリースした。Lologem は2017年7月、2D ベースのジュエリー試着サービスを披露し、今回リリースした 3D AR 着用機能では、顔認識でイヤリングの試着が可能になる。 この機能では、ユーザの顔の大きさに合わせてピアスも実サイズ比で表示され、実際に着用し…

ジュエリー・アクセサリーをモバイルアプリでバーチャル試着後、製品を購入できるサービス「Lologem(로로젬)」は、3D AR 試着機能をリリースした。Lologem は2017年7月、2D ベースのジュエリー試着サービスを披露し、今回リリースした 3D AR 着用機能では、顔認識でイヤリングの試着が可能になる。

この機能では、ユーザの顔の大きさに合わせてピアスも実サイズ比で表示され、実際に着用したときのサイズを確認することができる。また、一度の撮影で、他のすべてのピアスの仮想試着した姿を見ることができ、簡単に複数の製品の比較が可能だ。

ジュエリー・アクセサリーの場合、オンラインでの購入時には販売会社が提供した写真のみに頼らざるを得ないだけでなく、画像情報だけは製品のフィット感やサイズの確認が難しい。そのため、まだオンライン販売よりも、実際に製品を確認でき試着できるオフライン販売率が高いのが実情である。Lologem は、このような不便さを改善しようと 3D AR 技術を活用して、アクセサリーの仮想試着体験を実用レベルに引き上げた。

Lologem 代表のキム・ハヌル(김한울)氏は、次のように述べている。

Lologem のユーザデータを見ると、ピアスの試着が他のアクセサリーの着用より90%以上と圧倒的に高いため、現在のジュエリーカテゴリーの中で、イヤリングのみに主要な機能を有効にした。イヤリングの購買も前年比20%以上増加した。

モバイルでジュエリーを購入するために、新たな方法で体験を消費することができる、最適な空間を作れるよう最善を尽くしたい。

Lologem は、テナントが製品を販売することができるよう、店頭管理システムも搭載している。今後、イヤリング以外の製品にも AR 機能を提供していく計画だ。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

韓国の総合デジタルプラットフォームグループYello Mobile、社名をYelloに変更へ

SHARE:

総合デジタルプラットフォームグループの Yello Mobile(옐로모바일)が Yello(옐로)に社名変更する。 Yello Mobile は3月30日に株主総会を開き、第4次産業革命の時代に新しい未来価値を追加すべく、社名変更案件を議案提出する予定だと明らかにした。 モバイルの世界のすべての情報を意味する Yello Mobile から Mobileを外し、事業領域を広げてブロックチェーン、…

総合デジタルプラットフォームグループの Yello Mobile(옐로모바일)が Yello(옐로)に社名変更する。

Yello Mobile は3月30日に株主総会を開き、第4次産業革命の時代に新しい未来価値を追加すべく、社名変更案件を議案提出する予定だと明らかにした。

モバイルの世界のすべての情報を意味する Yello Mobile から Mobileを外し、事業領域を広げてブロックチェーン、ビッグデータ、人工知能など第4次産業革命のコア技術をベースにした新事業に本格的に進出するという意志の表れだ。

Yelo Mobile 代表取締役のイ・サンヒョク(이상혁)氏は、次のように述べている。

社名変更とブランドの統合は、 Yello Mobile が第4次産業革命の時代に革新企業に成長するための第一歩だ。関連会社と新しい跳躍を決意し、有機的に協力し、新しい時代を主導する企業に成長させたい。社名変更後の新事業の方向と戦略を段階的に発表してゆく。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

韓国の名刺管理アプリ「Remember」、LINE PlusとNaverが買収

SHARE:

180万人が利用する韓国国内1位の名刺管理サービス「Remember(리멤버)」を運営する Drama & Company(드라마앤컴퍼니)が、LINE Plus と Naver に買収された。 Drama and Company の代表であるチェ・ジェホ(최재호)氏は、次のようにコメントしている。 LINE Plus と Naver のグローバル成功体験が Remember の可能性を伸…

180万人が利用する韓国国内1位の名刺管理サービス「Remember(리멤버)」を運営する Drama & Company(드라마앤컴퍼니)が、LINE Plus と Naver に買収された。

Drama and Company の代表であるチェ・ジェホ(최재호)氏は、次のようにコメントしている。

LINE Plus と Naver のグローバル成功体験が Remember の可能性を伸ばし、より大きなシナジーを作り出すことができる。今後、Remember の信頼の高いサービスはもちろん、韓国内外の市場拡大のためのサービス開発など、さまざまな分野でさらに努力していく。

Drama and Company は2017年10月、LINE Plus と Naver から、それぞれ50億ウォン(約5.3億円)ずつ、合計100億ウォン(約10.5億円)を調達している。Drama and Company は LINE Plus と Naver の子会社に編入された後も、創業者であるチェ・ジェホ氏代表の体制を維持し、独立して運営される。

<関連記事>

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

韓国の国際送金スタートアップ「MOIN」、シリーズAで約2.1億円を調達——外為法改訂で営業中断を余儀なくされるも、増資と免許取得で再開へ

SHARE:

韓国の国際送金スタートアップ MOIN(모인)は、Bridge Alliance Partners(略称:BA Partners、비에이파트너스)、The Wells Investment(더웰스인베스트먼트)、Honest Ventures(어니스트벤처스)、Bokwang Venture Capital(보광창업투자)、Capstone Partners(캡스톤파트너스)、Strong Ven…

韓国の国際送金スタートアップ MOIN(모인)は、Bridge Alliance Partners(略称:BA Partners、비에이파트너스)、The Wells Investment(더웰스인베스트먼트)、Honest Ventures(어니스트벤처스)、Bokwang Venture Capital(보광창업투자)、Capstone Partners(캡스톤파트너스)、Strong Ventures(스트롱벤처스)などから、シリーズAラウンドで20億ウォン相当(約2.1億円)の資金調達を実施した。

MOIN はデバイスやオペレーティングシステムに関係なく、最初の1回だけ本人認証するだけで、国内送金のように、いつでもどこでも手軽に海外に送金できるサービスで、日本と中国への送金サービスを提供し、四半期毎に前期比平均138%で成長している。しかし、MOIN は改訂された外国為替取引法に基づいて2017年7月18日から現在までサービスが中断され、サービスの再開には、海外そう金ライセンスが必要なおう今日だ。MOIN は今回のシリーズ A ラウンド資金調達により、少額海外送金登録要件のうち資本金要件(10億ウォン=約1億円)を満たし、すぐにもライセンスを取得すると期待される。

今回のラウンドでリードインベスターを務めた BA Partners 代表のイ・ジョンスン(이종승)氏は、次のようにコメントした。

MOIN は、ブロックチェーン技術を活用した効率的な海外送金ソリューションを構築している。このような技術力をベースに、アジアの海外送金市場をリードするプレイヤーになることを期待する。

MOIN 代表のソ・イルソク(서일석)氏は、次のようにコメントしている。

今回のアーリー投資により、さらに信頼性が高く効率的な送金システムを開発したい。それをベースに、アジアの海外送金市場で、さらに迅速に MOIN の影響力を拡大できるようになるだろう。

MOIN はライセンス取得後、既存の日本や中国といった市場はもちろん、東南アジアへも送金サービスを拡大する。また、海外から韓国国内に送金できるインバウンドの送金サービスを開始し、海外にいる韓国人労働者を対象に事業領域を広げて行くとしている。

<関連記事>

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

レアル・マドリード、韓国スタートアップが開発する映像データ分析サービス「Bepro Analytics」を導入

SHARE:

アマチュアからプロまで、すべてのスポーツのためのビデオベースのデータ分析プラットフォーム「Bepro Analytics」をサービスする Bepro 11 は、レアル・マドリード財団クリニックと契約を締結した。これにより、2018年3月からヨーロッパ全域のレアル・マドリード・ユース・クリニックで Bepro Analytics が導入される。レアル・マドリード財団クリニックは、レアル・マドリード財…

Image credit: Bepro 11

アマチュアからプロまで、すべてのスポーツのためのビデオベースのデータ分析プラットフォーム「Bepro Analytics」をサービスする Bepro 11 は、レアル・マドリード財団クリニックと契約を締結した。これにより、2018年3月からヨーロッパ全域のレアル・マドリード・ユース・クリニックで Bepro Analytics が導入される。レアル・マドリード財団クリニックは、レアル・マドリード財団が運営する少年サッカーコーチングプログラムである。

Bepro Analytics は2016年4月に考案、同年11月から本格サービスが開始され、高さ9メートルに設置されたカメラから撮影された試合映像を分析、関連データを算出するプラットフォームだ。人気サッカーゲームの「ウイニングイレブン」や「フットボールマネージャー」のように、チームと選手の試合内容を管理することができ、パスやシュート得点など、状況に応じて編集された映像を提供できることが、アマチュアサッカー業界ではよく知られている。また、韓国プロサッカー連盟が主催する Kリーグジュニア大会とサッカー協会が主観する K3 リーグなどの分析サービスに導入され技術を認められ、ドイツのブンデスリーガの、FC ザンクトバウリを含む 4部〜8部リーグで現在 Bepro Analytics が採用されている。

Bepro11 は現在、ドイツ・ハンブルクに子会社を設置、先月 Altos Ventures からシリーズ A ラウンドで資金を調達した。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

AIチャットボット技術を開発する韓国スタートアップFluenty、サムスン電子が買収

SHARE:

対話型人工知能(AI)を開発する韓国スタートアップ Fluenty(플런티)は28日、そのコア技術と人材がサムスン電子に買収された。サムスン電子が韓国国内スタートアップを買収したのは、今回が初めての事例。買収金額は非公開。また Fluenty は、今回の買収を受けてフルタイム従業員全員が、サムスン電子に移籍するとを発表した。 2015年に設立された Fluenty は、インタラクティブ AI チャ…

Image credit: Fluenty

対話型人工知能(AI)を開発する韓国スタートアップ Fluenty(플런티)は28日、そのコア技術と人材がサムスン電子に買収された。サムスン電子が韓国国内スタートアップを買収したのは、今回が初めての事例。買収金額は非公開。また Fluenty は、今回の買収を受けてフルタイム従業員全員が、サムスン電子に移籍するとを発表した。

2015年に設立された Fluenty は、インタラクティブ AI チャットボットを誰でも簡単に作成できるボットビルダー「Fluenty.ai」を韓国で初めて発売、Fluenty アプリにより「Smart Reply」機能を持ったメッセンジャーとして商用化した。

また、Fluenty は2015年の beGLOBAL Seoul スタートアップバトルのトップ20 に選ばれ、日本の B Dash Camp Award、同じく日本の Global Brain Booth Award を受賞している。

その後、テクノロジー特化スタートアップアクセラレータの FuturePlay(퓨처플레이)からシード資金を調達、日本のグローバル・ブレインと韓国財閥コーロン・グループ(코오롱 그룹)のベンチャーキャピタル Innobase(이노베이스)からフォローオンで資金を調達。2016年にはサムスン電子無線事業部のスタートアップ支援プログラム「Creative Square(크리에이티브 스퀘어)」に選ばれた。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

韓国随一のフードデリバリー・アプリ「配達の民族」運営のWoowa Brothers、フードテックの革新に向けNaverから約35.5億円を調達

SHARE:

韓国国内1位のフードデリバリー・アプリ「配達の民族(배달의민족)」を運営する Woowa Brothers(우아한형제들)が、Naver から350億ウォン(約35.5億円)に上る大規模な資金調達を実施した。新株の引受により実施された今回の調達を契機に、人工知能など将来技術と、中小事業者支援の分野で両社間の協力がより緊密になるものと期待される。 Woowa Brothers は Naver からの…

韓国国内1位のフードデリバリー・アプリ「配達の民族(배달의민족)」を運営する Woowa Brothers(우아한형제들)が、Naver から350億ウォン(約35.5億円)に上る大規模な資金調達を実施した。新株の引受により実施された今回の調達を契機に、人工知能など将来技術と、中小事業者支援の分野で両社間の協力がより緊密になるものと期待される。

Woowa Brothers は Naver からの今回の投資を、「第4次産業革命の時代」を迎えるフードテック分野に画期的な技術革新をもたらすことが期待されている、音声認識アシスタント機能など人工知能技術と自律走行ロボット技術など未来産業競争力を確保し強化するために、集中的に活用する計画である。

配達の民族を始め、プレミアム外食配達の「Baemin Riders(配民ライダース=배민라이더스)」、モバイルナンバーおかず屋「Fresh Baemin(配民チャン=배민찬)」などを運営する Woowa Brothers は、今年はじめから独自の AI プロジェクト Baemin David を発足・活動を始め、業界をリードする企業として、将来変化に積極的に対応する動きで大きな注目を集めてきた。

Naver は、世界的な AI 研究所の Xerox Research Center Europe(現、Naver Laboratories Europe)を買収、フランスのハイエンド音響技術企業 Devialet に出資するなど、韓国内外の技術企業への出資を続けており、人工知能、マシンラーニング、コンピュータビジョン、自然言語処理など、将来技術に対する技術力を確保している。

Naver は出資の背景について、次のように説明した。

人工知能アシスタント、スピーカーなどのユーザ体験で、フードデリバリーは欠かすことのできない重要な要素で、グローバル IT 企業も積極的に投資している分野だ。Naver の未来産業の競争力強化のために、業界1位の配達の民族に戦略的投資を実行することになった。

配達の民族は、Naver Global のパートナーでもある。Woowa Brothers は昨年から Naver の「Amica Project(아미카 프로젝트)」に参加しており、その延長線上で、両社間のフードオーダーやデリバリー分野の協力体制を着実に進めてきた。

一方、Naver と Woowa Brothers は将来の技術競争力の確保に加え、食品業界に従事している自営業・中小事業者のための共生支援の努力にも、両社間でさらに協力を強化していくことができると見ている。

これに関連し、Woowa Brothers の関係者は、次のように述べた。

Naver でも飲食店と連携したサービスを継続的に発展させてきただけに、配達の民族との協力を通じて、今後自営業者が追加負担なしに、事業のより多くの助けを得ることができようにする方案を一緒に模索していくことができると期待している。

配達の民族は、フードデリバリーを行う事業主が、商売に実質的な助けを得ることができる教育の機会を提供する「Baemin Academy(배민아카데미)」をはじめ、過去数年間にわたり自営業支援事業を活発に展開してきており、Naver もまたオープンプラットフォーム戦略のもと、スタートアップや中小事業者とのさまざまな協力プログラムを進行してきた。

特に Naver と配達の民族は、9月に「Naver Partner Square x Baemin Academy 釜山地域特別教育」という名前で、すでに一緒に合同プログラムを進行したことがあり、来年からはさらに協力を拡大していく計画を持っている。

一方、Woowa Brothers のこれまでの調達額は、今回 Naver の資金調達を受けて合計1,463億ウォン(約148.2億円)にまで増えた。Woowa Brothers は、2010年の配達の民族での創業以来、2014年に Goldman Sachs から400億ウォン(約42.8億円)、2016年にアジア最大の投資ファンド Hillhouse Capital(高瓴資本)から570億ウォン(約54億円)など、大規模な資金調達を行なっている。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

韓国のイベント開催支援プラットフォーム「オンオフミックス」、代表らが関与したとされるわいせつ疑惑について投資家に送られたメールを入手

SHARE:

本日(8月25日)午前9時31分付のハンギョレ新聞の報道によると、韓国のイベント開催支援プラットフォームを提供するスタートアップ「OnOffMix(온오프믹스)」代表と副代表が、それぞれ強制わいせつおよび準強姦の容疑で裁判にかけられ、ソウル東部地裁は6月に副代表の準強姦容疑を認め、懲役2年6月を宣告し法廷拘束したと伝えられた。 これに対し、OnOffMix 代表のヤン・ジュンチョル(양준철)氏は、…

本日(8月25日)午前9時31分付のハンギョレ新聞の報道によると、韓国のイベント開催支援プラットフォームを提供するスタートアップ「OnOffMix(온오프믹스)」代表と副代表が、それぞれ強制わいせつおよび準強姦の容疑で裁判にかけられ、ソウル東部地裁は6月に副代表の準強姦容疑を認め、懲役2年6月を宣告し法廷拘束したと伝えられた。

これに対し、OnOffMix 代表のヤン・ジュンチョル(양준철)氏は、「[ONOFFMIX] 不適切な事件について」というタイトルで、投資家らにメールを送付しており、「記事の内容が大幅に悪意をもって作成されたもので、一人一人に直接連絡し、事業を説明させていただきたい」ことを明らかにしている。OnOffMix 内部関係者によれば、代表は無罪を主張しており、一審裁判はソウル西部地裁で行われているという。

以下、メールのコピーである。

<訳> [ONOFFMIX] 不適切な事件について

メール受信者の皆様へ

こんにちは。OnOffMix 代表のヤン・ジュンチョルです。

まず、申し訳ないという言葉をお伝えしたいと思います。

8月23日付の THE BELL8月25日付のハンギョレ新聞で OnOffMix に関する不適切な記事が出ました。一部内容について一方的に作成されており、悔しく思っています。直接連絡を差し上げ、状況の事情説明を差し上げたいと思います。

電話差し上げるようにします。申し訳ありません。

<新聞報道の抄訳>

青年スタートアップ経営陣が投資家を相手に性犯罪を犯した容疑で、裁判にかけられた事実が少し日を置いて明らかになった。

取材の結果、OnOffMix の代表(32歳)と副代表(33歳)が同社の投資家に対し、それぞれ強制わいせつ、準強姦した容疑で裁判にかけられたことが明らかになった。ONOFFMIX は、イベント開設者と参加者をつなぐプラットフォームを運営するスタートアップだ。特に、代表は10代で創業したことで名前が知られ、講義や著書を通じてスタートアップ業界における青年メンターの役割を果たしてしてきた。

OnOffMix は、昨年4月に株式を発行し投資家を募集した。不特定多数が投資に参加できるクラウドファンディングの形式で、2週間で合計40人が7億ウォン(約7,000万円)を投資した。短期間で巨額を募集した事例として話題を集めた。

被害者は、そのエンジェル投資家の一人だった。クラウドファンディング終了後、被害者は副代表と彼の友人らと共に酒席を共にした。この席で被害者が泥酔させられ、副代表にホテルに連れられ性暴行を受けたとされる。被害者はこの容疑を立証するために、酒席を持った場所の防犯カメラを確認し、代表が自分の体に触れるシーンを確認した。被害者は、代表と副代表を強制わいせつで告訴していた。

<関連記事>

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

韓国のアクセラレータPrimer、第11期バッチのデモデイが開催——ピッチ登壇した15チームをご紹介

SHARE:

韓国を代表するスタートアップアクセラレータ Primer(프라이머)の第11期デモデイが6月30日、ソウル駅三洞(ヨクサムドン=역삼동)の科学技術会館で開かれた。 今回のデモデイでは、Primer 第11期バッチに参加したスタートアップ15チームの発表とブース展示があった。それだけでなく、キーノートスピーカーとして、ユンミン創意投資財団(윤민창의투자재단)を設立したオンライン教育企業 MegaSt…

韓国を代表するスタートアップアクセラレータ Primer(프라이머)の第11期デモデイが6月30日、ソウル駅三洞(ヨクサムドン=역삼동)の科学技術会館で開かれた。

今回のデモデイでは、Primer 第11期バッチに参加したスタートアップ15チームの発表とブース展示があった。それだけでなく、キーノートスピーカーとして、ユンミン創意投資財団(윤민창의투자재단)を設立したオンライン教育企業 MegaStudy(메가스터디、KOSDAQ:072870)会長のソン・ジュイン(孫主恩、손주은)氏が招待され、Primer 代表のグォン・ドギュン(권도균)氏は、今回新たにパートナーとして参画することになった、Naver 前代表のキム・サンホン(김상헌)氏、NP Equity Partners 代表 の Samuel Hwang 氏を紹介した。

以下は、Primer 第11期デモデイに参加したスタートアップ15チームの顔ぶれだ。

Ziptoss(집토스)

Ziptoss は、手数料不要の不動産取引アプリで、若者向けが仲介手数料なしのワンルーム(自炊房)を探すことができる。ソウルのクアナ区(冠岳区、관악구)とソンドン区(성동구)で2つの不動産仲介法人直営店を運営しつつ、仲介手数料無しで契約書を作成してくれる。オンラインでは、前に住んでいた人の居住後の状態を共有し、透明性の高い不動産情報を提供している。

Misae House(미새하우스)

Misae House は、ギフトやイベントで得られた未開封の商品をリーズナブルな価格で販売することで、これまでは無かった市場を新規に創造し急成長しているオンラインコマース企業だ。今年1月にサービスを開始し、4ヶ月間で売上高2億ウォン(約1,970万円)を達成した。

HBSmith

HBSmith は、API 開発チームのための REST Client サービスだ。既存の競合製品と異なり、100%クラウドベースの SaaS であり、API 開発チームのメンバー間のコラボレーション機能とリモートテスト機能を提供する。8月のリリースを目標に、事前申込を受け付けており、この3週間で180件の事前申込を獲得した。

Carvazo(카바조)

Carvazo は、中古車の購入時に同行してくれる整備士をつないでくれるプラットフォーム。車に詳しくないユーザが中古車を購入したり、新車を購入したりする際に、安心して購入できるよう整備士が同行してくれる。中古車市場の情報非対称性の問題を解決し、車両のデータに基づいて、車両管理やアフターフォローまで市場を広げている。

Weekly Shirts(위클리셔츠)

Weekly Shirts は、シャツの定期配送サービス。メンツシャツの購入のほか、洗濯、アイロンがけを完了した状態で定期的に届けてくれるサービス。月額49,000ウォンから99,000ウォンで、次の1週間に必要な3〜5着のシャツを家まで届けてくれる。5ヶ月間のリピーター率は92%に達し成長を続けている。

Happly(하플리)

K-Style キュレーションショップの Happly は、韓服をモチーフにした衣類やアクセサリーを販売し、自ら製造したコンテンツでコーディネートを提案する。現在、15の店舗が Happly 上に出店しており、Marymond など、さまざまなブランドとコラボする「Happly X」というシリーズを発売している。「人とは違ったスタイルを演出したい」20代〜30代の女性消費層から大きな指示を得ており、ソウル繁華街の乙支路(ウルチロ)に、韓国内外の顧客が訪れるショールームを運営している。

Please Fashion(패션을부탁해)

Please Fashion は、Facebook メッセンジャーで写真を送信するだけで、欲しい服を探してくれるチャットボットサービスだ。写真には顧客の強い嗜好性の情報が含まれるので、これをチャットボットが学習することにより、パーソナライズされた衣類の推薦を目指す。後発品の販売に終始してきた従来のショッピング方法を革新し、新しい方式のショッピングチャンネルになることをビジョンだ。サービス開始から5ヶ月で、1,000%以上の成長を達成している。

Ccouppon(꾸뽄)

Ccouppon は、映画チケットや外食券など、利用できるクーポンを市中価格より安い価格で取引できるマーケットプレイスだ。サービス開始後、毎週50%以上のペースで成長しており、韓国国内1位の商品券取引プラットフォームになることを目指している。

Home.D(홈디)

Home.D は、キャリア3年以上のホームスタイリングデザイナーに、オンラインでコンサルティングを受けられるサービスだ。デザイナーがスタイリングしたデザインを2つ、予算やコンセプトにあった製品をレコメンドし、部屋のレイアウトや広さに関係なく、一部屋199,000ウォン(約19,500円)で提供する。

Spotlight

Spotlight は、K-pop ファンがリップシンクする自分だけのミュージックビデオを作れるアプリ。チームは在米韓国人で構成され、会社もアメリカ法人であり、アメリカ市場を主なターゲットとしている。

Pplink(플링크)

Pplink は、Skype よりも手軽に接続できる、サーバーレスの多機能コラボレーションアプリだ。現在、中高生のための映像を使った家庭教師サービス「Supaja(수파자)」(訳注:数学=수、ファーザー=파자 の意?)を運営しており、最近、TIPS プログラム(韓国グローバル市場型創業R&D事業)に採択された。サーバが無くても、複数拠点間で高速なデータの同期が可能になる。

Mathflat(매쓰플랫)

Mathflat は、カスタマイズされた学習指導、自習教材、レポートの作成、誤った問題の管理など、数学教育と塾運営に必要なすべての機能を提供する、タブレット PC によるスマート数学救育アプリだ。事業開始から10ヶ月が経過、ユーザには好評で、現在、韓国で300以上の数学塾が Mathflat を利用している。

Moducampus(모두의캠퍼스)

Moducampus は、大学生の受講申請期間中に講義の評価を共有し、学生が自分にあった講義を選ぶことができるほか、学期中や試験期間中には、学生の勉強に必要な学習データの共有サービスを提供する。大学生の生活に欠かせないオンラインサービスとなることを目標としている。

Pickart(픽아트)

Pickart は、キャンバスをプリントし、レンタルするサービスだ。本物の絵画のレンタルよりも、複製された安価なプリントのレンタル市場の方が規模は遥かに大きく、Pickart はこの市場を攻略しようとしている。βサービスをローンチした4月から6月までに5倍の成長を達成しており、売上高の約70%が企業顧客からもたらされている。

Bejewel(비주얼)

Bejewel は、ジュエリーの見積比較 O2O サービスで、ジュエリーの購入やオーダーメイドの見積を依頼すると、Bejwel に参加するジュエリー事業者が回答をしてくれる。今後は決済システムの導入、ウエディング関連市場にサービスを拡張、企業情報、製品別価格情報など、消費者向けコンテンツを増やす計画だ。

【原文】

【via BeSuccess】@beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------