クラウドセキュリティ「QueryPie」の韓国CHEQUER、セールスフォースVとZVCから資金調達——日本進出へ

SHARE:
Image credit: CHEQUER(체커)

クラウドセキュリティソリューション「QueryPie(쿼리파이)」を開発する CHEQUER(체커)は4日、Salesforce Ventures と Z Venture Capital(ZVC)から戦略的投資を獲得したと明らかにした。CHEQUER はまた、日本市場進出のための現地パートナーシップを獲得した。

今回の戦略的投資には、Snowflake、Zoom、Databricks、DocuSign などグローバル SaaS ソフトウェア企業に投資した Salesforce Ventures と、LINE とヤフーを統括する LINE ヤフー(旧 Z ホールディングス) の CVC である ZVC が参加した。

国際水準を上回る韓国のセキュリティ政策と規定に最適化された自己開発クラウドベースのセキュリティソリューション技術を保有する CHEQUER の成長潜在力、そしてグローバル市場での競争力に対する肯定的な評価で今回の調達が成就した。CHEQUER の累積調達額は、2021年のシードラウンドを含め、2,482万米ドルに達した。

CHEQUER は、グローバル企業のコンプライアンスとセキュリティ認証に準拠するクラウドネイティブ環境でのセキュリティソリューションで、設立当初から海外市場への進出を目指し製品を開発・展開してきた。今回、海外からの資金調達とともに日本現地進出のためのパートナーシップ契約を得て、日本の大手企業と技術検証(PoC)をはじめとする市場参入のための段階に突入した。

CHEQUER 代表のファン・インソ(황인서)氏は、次のようにコメントしている。

グローバルと日本の IT 市場に多くの影響力と波及力を持つ Salesforce Ventures、ZVC と共に日本市場への進出を開始できることの期待は大きい。日本がデジタルトランスフォーメーション(DX)とサイバーセキュリティに実質的な代替案を提示し、さらに市場と顧客の価値を牽引できる QueryPie のビジョンに共感し、物心両面で支援してくれる投資会社と共に出発することができことは意義深い。

CHEQUER は、保有するグローバルレベルのセキュリティ認証を含め、日本の ITGC(IT全般統制)に準ずる J-SOX(内部統制報告制度)はもちろん、日本企業に適用可能なゼロトラストセキュリティモデルとクラウド SaaS ベースのアクセス制御ソリューションを同時に紹介する予定で、サイバーセキュリティと企業コンプライアンスの競争力強化を期待している。

CHEQUER は今回の投資契約に先立ち、日本貿易振興機構(JETRO)の対日投資支援機関 IBSC(対日投資・ビジネスサポートセンターから日本市場進出のための各種支援サービス、拠点設立、人材採用などに対する支援を承認され、本格的な事業展開を進めている。

【via BeSuccess】 @BSCCSS

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録