美容機器APRが今年初のIPO、介護Caringや精密医療Bertisが大型調達など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(2月26日~3月1日)

SHARE:
Image credit: APR

2月26日~3月1日に公開された韓国スタートアップの調達のうち、調達金額を開示したのは8件で、資金総額は905億ウォン(約100億円)に達した。

企業名 産業分野 調達額 ラウンド 投資家
Caring
(케어링)
介護サービス 400億ウォン
(約44億円)
シリーズB SV Investment、KDB韓国産業銀行、IMM Investment、Eugene Asset Management、LB Investment、Hyundai Investment Partners、Quantum Ventures Korea、Arc Impact Asset Management
Bertis
(베르티스)
精密医療 200億ウォン
(約22億円)
プレIPO KDB韓国産業銀行、Win Best Venture Investment、Premier Partners、BNH Investment、Dream CIS
Open Asset
(오픈에셋)
フィンテック 23億ウォン
(約2.5億円)
シード Hana Ventures、韓国投資パートナーズ、Mashup Ventures
Ara
(아라)
ロボットソリューション 60億ウォン
(約6.6億円)
韓国投資証券、BNK投資証券、New Main Capital
SikSin
(식신)
フードテック 非公開 プレIPO 韓国投資証券、NH投資証券、CJ Freshway
EL Media Company
(이엘미디어컴퍼니)
プログラム専門メーカー 非公開 M&A VKX Innovation
Waro
(와로)
オフライン食品プラットフォーム 非公開 シード Newkids Investment
Dello
(델로)
教育用組立ツール 非公開 シード Newkids Investment
L Partners
(엘파트너스)
プロ経営ソリューション 非公開 シード Newkids Investment
The Real Group
(더리얼그룹)
高級ファッション検索エンジン 20億ウォン
(約2.2億円)
Horizon Investment、Strong Ventures
Lansik
(랜식)
AI血糖管理ソリューション 12億ウォン
(約1.3億円)
プレシリーズA BonAngels Venture Partners、Capstone Partners、Infobank、D. Camp
Ziovision
(지오비전)
AIによるデータ分析 15億ウォン
(約1.7億円)
Anda Asia Ventures
AM Management
(에이엠매니지먼트)
クォンツ投資ソリューション 非公開 プレシリーズA 蔚山創造経済革新センター
EASYTEM
(이지템)
ビューティーヘルスケア 175億ウォン
(約19億円)
Kiwoom Investment、IMM Investment、Company K Partners、We Ventures、Laguna Investment
Innoable Lab
(이노에이블랩)
二次電池コア素材 非公開 釜山連合技術持株
Omelet
(오믈렛)
生成AIによるの意思決定自動化 非公開 シード Kakao Ventures
APR
(에이피알)
ビューティー 非公開 IPO KOSPI
Elexi
(엘렉시)
AI 非公開 シード Aimbridge AI個人投資組合

主なスタートアップ投資

  • 介護サービススタートアップ Caring(케어링)が400億ウォン(約44億円)を調達し、累積調達額は750億ウォン(約85億円)に達した。2019年に設立された同社は、長期介護事業を皮切りにコマース、シニアハウス、介護士教育院などシニアケアサービスを提供している。
  • ビューティーヘルスケア企業 EASYTEM(이지템)が175億ウォン(約19億円)を調達した。2008年に設立された同社は、医療用体温計で成長し、美容市場に進出し、APR には美顔器ブランド「MEDICUBE」を ODM 供給している。調達した資金は、専門家向けビューティーデバイス「CELL-RISER」の開発と研究開発力の強化、新事業インフラの拡張、上場準備などに投入する。
  • ロボットソリューション専門企業 Ara(아라)が60億ウォン(約6.6億円)を調達した。2019年に設立された同社は、2023年に売上高174億ウォン(約20億円)を突破した。AI 安全カメラ、ビジョンカメラシステムなどの自動化工程必要技術を開発終了し、今後 AI 技術を融合した多様な自動化ソリューションを開発する予定だ。IPO に向けた準備も推進する計画だ。

トレンド分析

ヘルスケアソリューション、VC が注目する理由は?

先週、美容会社 APR が上場したニュースを報じた。APR はビューティーデバイス「MEDICUBE」をコア製品として今後のヘルスケア分野への進出も明らかにしたことがある。昨年のバイオヘルスケア分野は、デジタルヘルスケアスタートアップの成長で1兆ウォン(約1,100億円)以上を調達し、投資厳冬期にも先駆けとなった分野だ。調達実現の背景には、デジタルヘルスケアソフトウェアと医療機器の成長が大きかった。今年も AI を使った医療機器とヘルスケアソリューションは投資家から注目を集めている。

EASYTEM(이지템)は医療用体温計でグローバルキープレイヤーとして活躍し、APR に MEDICUBE をODM 供給することで大きな成長を遂げた。最近、175億ウォン(約20億円)を調達し、専門家向けビューティーデバイス「CELL-RISER」の開発拡大をはじめ L’Oreal と協業するなど、世界展開に向けた準備も整った。

NVentric(엔벤트릭)は、脳卒中などの血管疾患治療医療機器の開発で140億ウォン(約16億円)を調達した。Johnson&Johnson や Abbott などのグローバル医療機器メーカー出身の人材で構成された NVentric は、独自のブランド開発製品を発売する予定だ。使い捨て内視鏡開発会社 Dyne Medical(다인메디컬)も製品量産拡大とグローバル進出のための資金100億ウォン(約11億円)を調達した。また、Dencomm(덴컴)は医療スタッフと患者の音声データを収集し、パーソナライズされた治療のための意思決定に役立つソリューションで100億ウォン(約11億円)を調達した。

ヘルスケアソリューションもかなりの資金を調達している。医療ソフトウェアと手術ロボットの Connecteve(코넥티브)はプリシリーズ A ラウンドで40億ウォン(約4.4億円)を調達した。大学病院専門医がラベリングした10万データに基づいて、筋骨格読み込み補助ソフトウェアのための高品質 AI 技術を構築している。Actonova(액트노바)は新薬開発過程で必要な非臨床動物行動モニタリングに人の測定値を学習させた AI を開発し33億ウォン(約3.7億円)を調達した。

Lansik(랜식)は、連続血糖測定器センサーとアプリを介した血糖データリアルタイム測定ソリューション「Glucofit(글루코핏)」で12億ウォン(約1.4億円)を調達した。産婦人科専門医が設立した AI 妊活ソリューション開発会社 Kai Health(카이헬스)も初期資金を調達した。最良の胚を選んで妊娠率を向上させる「Vita Embryo(비타엠브리오)」を開発、ヨーロッパ医療機器認証を確保し、グローバル進出を拡大する計画だ。Team Elysium(팀엘리시움)は、筋骨格系疾患の診断と治療、管理に役立つソリューションを開発し、臨床現場のデジタル転換を促進している。

このように初期から投資家に注目される企業はいくつかの特徴を持っている。グローバル進出の可能性と技術力がそれだ。アーリーステージのデジタルヘルスケアスタートアップに集中投資する Kakao Ventures(카카오벤처스)のキム・チウォン(김치원)氏も、投資のポイントとして、グローバル進出の可能性と海外にない技術競争力を挙げた。今年初めの投資でもソフトウェア分野の次に、相当な資金がヘルスケア分野に流れ込んだものとみなされ、今年も投資家から注目される見込みだ。

【via StartupRecipe】 @startuprecipe2

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録