BRIDGE

タグ ザッパラス

セッション時間は10〜20分、雑誌感覚で楽しめる占いアプリ「Rint」に聞く女性向けサービスを作る極意

SHARE:

セッション時間は10〜20分、雑誌感覚で楽しむ占い 4月頭にリリースされた、3,000以上の占いが使い放題のサブスクリプション型占いサービス「Rint」。まだリリースから間もないものの、セッションの平均時間は10分〜20分と長く、雑誌を読む感覚で占いが楽しまれていることを物語っています。また、その日の運勢を教えてくれる「日運」のプッシュ通知を全ユーザの90%が受け取るなど、早くも高いエンゲージメン…

Rintのチームのみなさん
Rintのチームのみなさん(下の段:一番左が野村さん、中央が角方さん)

セッション時間は10〜20分、雑誌感覚で楽しむ占い

4月頭にリリースされた、3,000以上の占いが使い放題のサブスクリプション型占いサービス「Rint」。まだリリースから間もないものの、セッションの平均時間は10分〜20分と長く、雑誌を読む感覚で占いが楽しまれていることを物語っています。また、その日の運勢を教えてくれる「日運」のプッシュ通知を全ユーザの90%が受け取るなど、早くも高いエンゲージメントが見られます。

運営会社のザッパラスといえば、2015年5月に別の占いアプリ「Chapli」をリリースしています。Chapliは、プロの占い師さんと10分間のチャットでやり取りできるサービス。占いというコンテンツ以外に2つのアプリに共通するのが、明るい色を用いたポップなデザインです。寒色系が多い従来の占いサービスとは一線を画す親しみやすいデザインが、サービスの人気に貢献しています。

「女性にとって占いをもっと身近にする」という思いで立ち上げられたというRint。今回は、そのデザインについて、ザッパラスの執行役員でRintのプロジェクトオーナーでもある野村亮介さんと、デザイナーの角方えりさんにお話を伺いました。

まずは Lean Canvas で意識合わせ

Rintのビジョンは、「自分なりの人生の幸せを見つけられるヒントや方法を提案し続けたい」というもの。このビジョンをベースにしたデザインプロセスとして、まず、チーム全員でサービスの目的やビジネスモデルなどを明確にする「Lean Canvas」を書き出しました。他にも、年齢や職業などターゲットをより具体化したペルソナの設定や 「Value Proposition Canvas」などを作成します。

さまざまなプロジェクトシートの作成を通して、ユーザに与えたい顧客体験やサービスの成長仮説、また強み弱みなどを検討し、チーム内でのプロダクトの理解を深めていきました。その後、ユーザーストーリーを作成し、さらに具体的な機能やデザインに落とし込みます。使用感は、「Prott」を使ったプロトタイプで確認する流れ。

「Rint の プロトタイプFIXまでには、2ヶ月ほどを要しました。実際には開発しながら臨機応変に最適な形を追求していきますが、開発途中でつまずいたり迷ったりした際には、必ずLean Canvasや設定したペルソナに立ち返ります。そうすることで、目指すビジョンからブレないサービスが出来上がると思っています」(野村亮介さん)

占いを身近に

占いをカジュアルに楽しんでもらうため、Rintのデザインはいくつかのことを意識して作られています。それは、「無尽蔵感と連続性」「軽快さ、明快さ」、そして「没入感」です。

無尽蔵感と連続性

endless-content
数千を超える占いメニューを扱うRint。これらの占いをUIの縦横移動だけで次々に見ることができるため、アプリを少し使うだけでメニューの豊富さが伝わります。また、気になったジャンルの占いを次々に試せる連続性がユーザを飽きさせず、占いを雑誌のように楽しむことに繋がっています。

「女性は、ケーキ屋さんに色々なケーキが並んでいるのを見てかわいい!と思ったり嬉しくなったりすると思います。Rintでも、このバラエティがある感じを最初に見せてあげることを大切にしています。またイメージ画像にも力を入れることで、ずらっと並んだメニューから好きな占いを直感的に選ぶことができます」(角方えりさん)

軽快さ、明快さ

ビタミンカラーを採用
ビタミンカラーを採用

一般的な占い系サービスでは、紫や青などの寒色系の色が多くなってしまいがち。ただ、この場合、占った結果が良くないといっそう気分が落ち込んでしまうことも。占いを使うことで明るい気持ちになってもらうため、Rintではイエローなど元気が出るような「ビタミンカラー」を採用。女性ファッション誌のような明るさを出しつつも、占い結果の説得性を保つためにポップになり過ぎない色味を活用しています。

「没入感」で体験をパーソナルに

没入感の例
没入感の例

女性にとって、占いは悩みや将来について知りたいことがある時に頼る、とてもパーソナルなものです。アプリの没入感を高めることで、そこが自分のための空間であることを認識してもらう工夫が大切です。例えば、占い結果には必ずユーザー名を表示しています。その占い結果が、「あなた」に向けたものであることを強調するためです。

また、Rintはユーザが占いを能動的に探すだけに留まりません。独自のアルゴリズムを用いて、ユーザ一人ひとりに最適化された占いを提案しているのです。具体的には、前日のデータを次の日の占いに反映することで、ユーザのその時々の気分や状況に合ったタイムリーな占いを見せています。

「普段使っている占いのメニューを見ていると、特定のユーザに彼氏がいるのかどうかの検討がつきます。また、仕事関連の占いが多くなっている時は、きっと仕事で何か悩みがあるんだろうなという予測がつきます。こうして、一人ひとりの心に響く「one to one」の占いの提案を心がけています。」(野村亮介さん)

女性向けサービスのデザインで心がけたい3つのこと

Rint-iphone Rint-iPhone-2

他にもRintでは、フォントスタイルや行間など細かい部分にもこだわることで全体的に柔らかい印象を与える工夫をしているとのこと。そんなザッパラスが考える「女性向けサービスをデザインする際に大切にしたいこと」について、角方えりさんに教えてもらいました。

1. 親近感を出すこと

可能な限り、無機質なアプリにならないように注意すること。文言一つ一つに気を配ることも当然ながら、「あなたは」といった形ではなく「◯◯さんは」といったユーザー一人ひとりに向けたメッセージであることが伝わるように。

2. ビュッフェスタイル

女性はモノがたくさん集まった状態を見ると、ワクワクしたり、かわいく思えたりする。コンテンツを見せる時には網羅的に広げて見せてあげるほうが良い。ケーキが並んでいる様子を見て気分が上がるといった女性ならではの感覚に着目し、それに応えてあげること。

3. 「かわいい」の共通理解

「かわいい」という感覚をどう捉えるかを言語化することは難しい。だからこそ、チームにおける共通理解が必要不可欠。Rintの場合、チーム全員でPinterestのボードを活用。各自がどんな雰囲気を「かわいい」と定義しているかを理解し合うために役立てた。共通理解が前提にあることが、デザインや開発のスムーズな進行に繋がる。

・          ・          ・

従来の占いの概念を覆すコンセプトを持つRint。何かを占うとなると、ちょっぴり構えてしまうようなところがある気がしますが、雑誌感覚でさまざまな占いを楽しめるRintがそれを変えてくれるかもしれません。Rintの今後の成長が楽しみです。

----------[AD]----------

雑誌を読む感覚で3,000以上の占いが使い放題、サブスクリプション型占いアプリ「Rint」

SHARE:

  女性向けアプリなどの開発を手がけるザッパラスが、月定額400円〜使える女の子のための占いアプリ「Rint」をリリースしました。本媒体でも、過去におひとりさま体験を提供する「ソロモーノ」や、カジュアル占いアプリ「Chapli」などを取材してきました。 同社が国内最大級だと謳う占いアプリでは、3,000以上の占いが使い放題です。また、無料で占えるメニューも2,000以上。また、占い好きの人なら聞い…

Rint-main Rint-screenshot

女性向けアプリなどの開発を手がけるザッパラスが、月定額400円〜使える女の子のための占いアプリ「Rint」をリリースしました。本媒体でも、過去におひとりさま体験を提供する「ソロモーノ」や、カジュアル占いアプリ「Chapli」などを取材してきました。

同社が国内最大級だと謳う占いアプリでは、3,000以上の占いが使い放題です。また、無料で占えるメニューも2,000以上。また、占い好きの人なら聞いたことがあるモバイル占いサイトで人気の占い師30名が参加しています。安斎勝洋、上地一美、マドモアゼル・愛など、さまざまな占い師による多彩なメニューを取り揃えています。

ピンポイントに何かを占うだけではなく、占い周辺のさまざまなコンテンツを楽しめるアプリに仕上がっている Rint。「出会いの春!そろそろ本気で彼氏がほしい?」、「新しい環境で人と出会う機会も多い春。苦手な人との上手なつき合い方」など、特集ごとに占いを紹介しています。占い師や悩み事から入る従来の占いと異なり、ちょっと雑誌を読むような感覚で占いを楽しむことができます。

もう一つ Rintに特徴的なのが、その占いをレコメンドする機能です。自分からやってみたい占いを探しに行くのではなく、その時々の気分や状況に応じて、最適な占いを提案してくれるもの。占い師をどう選べばいいのかわからないなど、占ってみる前に悩んでしまう部分を取り除くことで、より気軽に占えるような工夫がされています。

Rintでは、今後も占いメニューの開発、キュレーション、レコメンドエンジンなどに注力することで、サービス向上を図っていくとのこと。また、今回リリースしたiOSアプリに加えて、Android版とWeb版のリリースも予定しています。

----------[AD]----------

リリース1週間で鑑定数500件を突破、従来の「占い」へのイメージを覆すカジュアル占いアプリ「Chapli」

SHARE:

LINEなどのチャットアプリの台頭で、チャットというコミュニケーション手段が様々な分野に取り入れられるようになってきました。英会話をチャットで学んだり、日々の洋服のコーディネートをスタイリストにチャットで相談したり。チャットを用いた新たなモバイルアプリが、ザッパラスが開発する「Chapli(チャプリ)」です。プロデューサーの金丸拓矢さんにお話を伺いました。 リリース後1週間で鑑定数は500件 Ch…

top-logo
ザッパラスが手掛けるカジュアル占いアプリ「Chapli」

LINEなどのチャットアプリの台頭で、チャットというコミュニケーション手段が様々な分野に取り入れられるようになってきました。英会話をチャットで学んだり、日々の洋服のコーディネートをスタイリストにチャットで相談したり。チャットを用いた新たなモバイルアプリが、ザッパラスが開発する「Chapli(チャプリ)」です。プロデューサーの金丸拓矢さんにお話を伺いました。

リリース後1週間で鑑定数は500件

Chapliは、プロの占い師さんと10分間チャットでやり取りできるサービス。10分間の価格は1,080円です。10分でこの価格は少し高いような気もしますが、審査を通った占い師に占ってもらえるという内容からすると業界内でもリーズナブルな価格帯。リリース後1週間で、早くも500件を超える鑑定がこなされています。中でも特に人気なのが手相占いとタロット占いだとか。

Chapliが主なターゲットとするのは、占い初心者の20代の女性です。20代に突入して仕事を始めると、人付き合いも学生時代とは大きく変わります。変化が多く相談したいことは色々あるけれど、相談相手がいないために一人で解決しているというユーザーインタビューで得たインサイトから、Chapliの開発に至りました。

「占いは好きだけれど、雑誌の占いや星座ランキングを見るところに留まっている、プロの占い師と対面で話したことはない女性をターゲットにしています。占いへの最初の入り口としてChapliを体験してもらって、気軽に人に相談するという選択肢を提供したいと思っています」

初心者のハードルを拭うための「カジュアル感」

Chapli-tesou- Chapli-chat

ザッパラスと言えば、120以上の占いのモバイルコンテンツを運営し、その他に電話占いからWeb占いまで占いをメイン事業にしています。ところが、ガラケーからスマホへのシフトによって、それまで圧倒的だったキャリアサービスのポジションが危ぶまれ、以前に比べてユーザー数や売上げなどが鈍化。同社にとって、Chapliはそんな現状を打破するための次の一手でもあります。

そんなChapliを開発する上での一番のこだわりは、初心者に気軽に使ってもらうための「カジュアル感」です。例えば、それが表れているのがテーマカラーです。通常、占い系のサービスには紫や黒などが使われ、キラキラなど装飾がコテコテなものが目立ちます。Chapliではそんな従来の色を一切無視し、ユーザーに元気になってもらえるよう、ポップなオレンジを使って意図的にカジュアルな印象を与えています。

また、占い師は指名も可能ですが、相談内容で占い師を切り替えてランダムにアサインする機能も搭載しています。このランダムな自動アサインの機能は、美容院に例えると至極当たり前な機能だと金丸さんは説明します。

「例えば、美容室を選ぶところまではできても、初めてその美容室を訪問する人に担当の美容師さんまで選べと言ってもきっと難しいですよね。占いに関しても、最初の占い師の選択でつまずいてしまうユーザーがいるだろうと考え、占い師の選択を任せるというチョイスを設けています」

大切なのは「コミュニケーション力」と「納得感」

占い関連のサービスを得意とするザッパラスには、個人的にも占いへの関心が高い社員が多いのかと思いきや、実際にはその逆。サービス開発に携わるうちに占いに詳しくはなっていきますが、どちらかというと最初の時点では占いに興味がない人の方が多いそう。あまり占い好きで主観が強くなり過ぎてしまっても、今度は自分の感覚に頼り過ぎてしまう。サービスのペルソナを踏まえて、客観性を持って考えられることが必要です。

占いのサービスを作る上で最も大切にしていることは、主に2つ。一つは、占った結果、運勢が悪かった場合にそれをどうユーザーに伝えて、前向きな気持ちになってもらうかです。

「良い結果が出なくても希望を持ってもらえるように言葉の選び方にとても慎重になる必要があります。ユーザーを元気にさせてあげるプラスの要素をどう組み込むか。ここは占い師さんのコミュニケーション能力に大きくかかってくるところです」

2つ目は、占いを含む様々なサービスに共通して重要であろう「納得感」。特に有料で使うサービスの場合、納得感こそ、次回また利用するかどうかを決めるもの。そのため、Chapliでは10分間の鑑定時間が終わっても、いきなりチャットが切れることはありません。10分間経過後はユーザーによるチャット入力はできなくなりますが、鑑定途中だった内容については最後まで占い師に返答をもらうことができます。

「どこのタイミングでチャットを終了させるかは占い師さんが判断できます。今日はありがとうございました、頑張ってくださいねと気持ちよく伝えて終われることが大切です。チャット終了後も、ユーザーは占い師さんをレビューして、またそれに占い師さんがお礼をするというコミュニケーションサイクルで良い体験が生まれるようにしています」

チャットに手応え、まずは機能改善に注力

ザッパラスでChapliを開発するチーム
ザッパラスでChapliを開発するチーム

リリース前の段階で行ったユーザーテストで発見された課題の解決など、まずはアプリをよりブラッシュアップすることに取り組みながら、現在のiOSアプリに加えて、今後はAndroidやPC版の開発も予定しているとのこと。

また、占いと一言で言っても、女性が相談したい内容はさまざまなはず。現存の仕組みを活用して、将来的には心理カウンセリングやキャリアカウンセリングなどより専門的な分野への横展開も検討しています。

「チャットという手段にして非常に良かったと思っています。より多くの女性に気軽に試していただけていますし、例えば普段は占いに出向くことを敬遠する男性の利用も確認できています。10分間、チャットで実際に文字にしてキャッチボールをすることで、ぼやっとしていた悩みの内容の本質が見えるようです」

従来、雑誌などの占いサービスの広告などを見ても独特の雰囲気を醸し出しているものが多くて、どうも「私には関係ないもの」という印象を受けてスキップしていた女性が多いのではないかと思います。デザインや仕組みから、女性にとってより身近に感じられるサービスに落とし込まれたChapli。若い女性を中心に、カジュアルな相談の窓口になってくれることが期待されます。

----------[AD]----------

企画力が光る「おひとりさま体験」を提供するソロモーノが目指す、「大人の女性」に向けたサービス作り

SHARE:

ターゲットを大人の女性に絞り、ひとり時間を楽しむための体験を提供する「solomono(ソロモーノ)」。リリースのタイミングでサービス内容を紹介しましたが、社内のビジネスプランコンテストに応募することから始まったというソロモーノの女性ディレクター、高橋弓子さんにお話を伺いました。 既存事業にヒントを得た「ひとり」と「初めて」という特徴 高橋さんがソロモーノの構想を得たのは、ザッパラスの既存事業がヒ…

Solomono(ソロモーノ)を運営・開発するチーム
solomono(ソロモーノ)ディレクターの高橋さん(左から2番目)とそのチーム

ターゲットを大人の女性に絞り、ひとり時間を楽しむための体験を提供する「solomono(ソロモーノ)」。リリースのタイミングでサービス内容を紹介しましたが、社内のビジネスプランコンテストに応募することから始まったというソロモーノの女性ディレクター、高橋弓子さんにお話を伺いました。

既存事業にヒントを得た「ひとり」と「初めて」という特徴

高橋さんがソロモーノの構想を得たのは、ザッパラスの既存事業がヒントになっています。同社は、占いを中心としたデジタルコンテンツの企画・制作を強みとし、それに関連したWebサービスやアプリを提供しています。新規事業を考えるにあたって、高橋さんの念頭にあったのはこのコンテンツ事業の女性ユーザーでした。

占いコンテンツのメインユーザーであるF1層とF2層の女性、特に30代後半から40代の女性には、自立し、率先して新しいことにチャレンジするという共通点が見られます。また、同じく手掛ける旅行関連の事業からも、こうした大人の女性に単独で行動する傾向があることがわかっていました。よりコンセプトを明確に絞っていくにあたって、社内や周囲のターゲット層の女性にヒヤリング。その中で出て来たのが「初めて」というキーワードでした。

「ヒヤリングする中で、ターゲットとする女性にとって一人で行動することが当たり前で抵抗がないことがわかりました。むしろ、人に気を遣うくらいなら自分が好きなことを一人ででもやりたい。また、新しいことへの関心がとても高いことなどから、大人の女性が「初めて」そして「一人で」できる体験に着目しました」

キーワードを組み合わせて生まれる体験のキュレーション

ソロモーノのウェブサイトに並ぶ体験を見ていると、いわゆる習い事系ではなく個性豊かなものが目立ちます。特に人気なのが「テキーラバーで体験する占い」や、「イタリア語で12星座の話をしよう」など、占いと何か別の要素を組み合わせたもの。これには既存事業のユーザーからの流入もありますが、それ以外からも広く体験申し込みが集まっています。

「女性には鉄板の美容系の体験も人気ですが、いわゆるスピリチュアルのような感じではなく、占いの要素がありつつ、コミュニケーションを楽しめるおしゃれな体験がウケているようです」

新しい体験のキュレーションは、ターゲット層が気になるであろうキーワードを拾っていくことから始めます。ターゲット層が読んでいる女性誌を見たり、起業家など自立した女性をヒヤリングしたり。最近新たにやってみたことなどについて聞き出し、出て来たキーワードをヒントに具体的な体験に落とし込んでいきます。

「発見や意外性を大切にしているため、例えば、体験を提供してくれるお店やプロなどに特技がある場合はそれを盛り込んでオリジナルの企画を作っています。1万5000円と高額な体験もありますが、お得なものより企画の中身を重視して選ばれています」

「知的」を意識した大人の女性に向けたデザイン

Solomono-website

意識してみると、女性向けのサービスには年齢で区切られているものが多く見受けられます。というのも、ユーザーが10代の女の子なのか、それとも20代後半なのか、はたまた30代以降なのかによって、サービスを「自分事」と感じるデザインに違いがあるから。一言でピンクといっても、ポップで可愛らしいピンクは大人の女性には敬遠されてしまったり、その逆もまたしかり。

30代後半から40代という大人の女性をターゲットにするにあたって、ソロモーノでは「シンプル」「おしゃれ」「知的」を心掛けてサービスをデザインしています。白黒を基調としたウェブサイトには指し色としてピンクが入る程度で、決してキャピキャピしていません。

「「知的」という言葉はチーム内でもよく使っていて、商品企画からサイトのデザインに至るまで意識しています。例えば、ロゴデザインやサイト名も、横文字のほうが知的なイメージが高まるのでは?といった議論を繰り返して現状のものにたどり着きました」

必要に応じて社内の手を借りながら、主要メンバー5人で開発・運営するソロモーノ。関係者の7割を女性が占めており、中にはまさにターゲット層の女性メンバーもいます。同世代としてユーザーに共感することもしながら、ユーザーがきっと喜ぶであろう新しい体験を提案しています。

首都圏100万人の独身女性が1度は使ったことのあるサービスに

ソロモーノは、まずは東京近郊でマーケットフィットを確認し、その後は全国展開も視野に入れています。目下のゴールは利用者数1万人ですが、首都圏にいる100万人の独身女性に、1人1回でもいいからソロモーノを使ってもらうことを目指しています。

また体験を増やすのはもちろんのこと、ザッパラスの強みでもあるコンテンツ制作力を活かし、読み物コンテンツも充実させていきます。体験という一種のコンテンツに加えて、その周辺コンテンツにも力を入れ、メディアとしても機能するようなサービスを展開していくとのこと。

「30代以降の大人の女性に、「自分は人生を謳歌している」と自信を持って言ってもらえるようになってほしいと思っています。世の中にある数々の素敵な体験と女性を結びつけて、彼女たちが気軽に新しいことを体験し続けられるようなサービスにしていきます」

既存事業の特徴や強みを上手く活かした形で誕生したソロモーノ。現在は女性に絞って展開していますが、「おひとりさま」というキーワードへの注目は社会的にも高まっており、将来的には男性に向けた横展開もありえると言います。まずは、ソロモーノが大人の女性にどう受け入れられていくのか、期待して見守りたいと思います。

----------[AD]----------

女性のひとり時間を楽しむための体験を提供する「solomono(ソロモーノ)」

SHARE:

「体験」を販売するECサイトと言えば、「Sow Experience」や「仕事旅行」などがありますが、ここに新たに加わったのが「solomono(ソロモーノ)」です。ターゲットを大人の独身女性に絞り、芸術鑑賞から習い事やセミナーなど様々な体験を取り扱っています。 サイトに並ぶ体験を見てみると、体験のキュレーションが個性的な印象。体験は「和モダン」「海外発」「スローライフ」「DIY」などユニークにカ…

Solomono-website

「体験」を販売するECサイトと言えば、「Sow Experience」や「仕事旅行」などがありますが、ここに新たに加わったのが「solomono(ソロモーノ)」です。ターゲットを大人の独身女性に絞り、芸術鑑賞から習い事やセミナーなど様々な体験を取り扱っています。

サイトに並ぶ体験を見てみると、体験のキュレーションが個性的な印象。体験は「和モダン」「海外発」「スローライフ」「DIY」などユニークにカテゴリー分けされ、例えば、サイトトップに掲載されているのは、「イタリア語でバリスタとおしゃべり」体験。他にも「ハリウッド生まれの「スキンアート」をDIY」、「プロスタイリストのメソッドで、3時間で「なりたい私に」」など多様多種な体験が並びます。

ソロモーノの体験はちょっぴり特徴的。友達と一緒に、またはカップルでのぞむ体験とは異なり、どれも一人で体験するように設計されています。好きなときに気軽に新しいことやモノに触れられる。また、「はじめて」であることもソロモーノが掲げるコンセプトの一つ。体験の現場でもてなしてくれる案内役を事前にサイト上で紹介することで、初めてでも安心できるよう工夫がされています。申し込むと実際にチケットが手元に届くのもなんだか嬉しい。

ソロモーノから届くチケット
ソロモーノから届くチケット

ソロモーノは運営会社ザッパラス社内のビジネスプランコンテストでグランプリを受賞して始まったサービス。モッピーラボが実施した「おひとり様」に関する調査では、回答した女性の9割が「おひとり様行動をした経験がある」と答えたそう。特に30代以降の独身女性は経済的にも自立し、自分のために使えるお金も多い。でも、「初めての場所に一人で行くのは気が引ける」「習い事は一通り試してみた」といった声が聞かれました。ソロモーノはこうした独身女性のニーズに答えます。

既にユニークな体験が並ぶソロモーノですが、今後も海外発の文化や新しいトレンドワードに結びつく体験商品を順次展開していく予定。日常とは違うこと、全く新しいことに挑戦するのはそれだけで気分転換になるもの。新しいインスピレーションに繋がる体験が見つかりそうです。

----------[AD]----------