THE BRIDGE

タグ ロボットアーム

ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」

SHARE:

コンパクトで低価格、到着したその日からロボットのプログラミング学習がはじめられる「アカデミック スカラロボット」というロボットアームが登場した。 現在、クラウドファウンディングサイトMakuakeで支援を募っており、人気を集めている。 すでに目標金額の2倍の100万円以上が集まっている。 開発はヴイストン株式会社。 小学生サイズの二足歩行ロボット「ヴイストン ティクノ」の開発や、「週刊ロビ」(デア…


ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」

コンパクトで低価格、到着したその日からロボットのプログラミング学習がはじめられる「アカデミック スカラロボット」というロボットアームが登場した。

現在、クラウドファウンディングサイトMakuakeで支援を募っており、人気を集めている。 すでに目標金額の2倍の100万円以上が集まっている。

開発はヴイストン株式会社

ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」

小学生サイズの二足歩行ロボット「ヴイストン ティクノ」の開発や、「週刊ロビ」(デアゴスティーニ)のメインボード設計などを手掛ける、日本のロボットベンチャーだ。

アカデミック スカラロボットは、水平・多関節のスカラ構造をもったロボットアームだ。実際の産業用ロボットは、サイズも大きく価格も高価だが、本製品は高性能なロボットアームでありながらコンパクトな卓上サイズを実現。産業用ロボットやアーム型ロボットのプログラミング学習を手軽に安全に実習することができるという。

アームの形状は、5軸のハンドタイプ3軸のペンタイプと二通りに組み替え可能。

ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」
ハンドタイプでは付属のスポンジキューブを正確に運搬することができる。

ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」
ペンタイプでは、付属のペンを使用し、自由な図形を描くことができる。

アームの制御については、C言語プログラミングまたは、付属する専用ソフト「SCARA Programmer」でプログラミングを行う。

ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」

SCARA Programmerは実機とリアルタイムで連動し、ソフトウェア上からロボットアームを操作することができたり、逆に実際のロボットアームを手で動かすと、リアルタイムにソフトウェアに反映される。

本体は組立済みなので、パソコンさえあれば、台座にアームを固定するだけですぐに使いはじめることができる。販売予定価格は、専用ケース、USBケーブル、ボールペンなどが付属した1セットで3万8,000円(税別)。

ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」

Makuake経由で支援すると2万8,000円(税別)で1セット、11万円(税別)で4セット手に入れることができる。商品の発送は2014年8月中旬が予定されている。

----------[AD]----------

「もし腕があと2本あったら」を叶えてくれる装着型ロボットアーム「SRLs」をMITで開発中

SHARE:

「あと2本腕が余計にあったら、もっと作業が楽になるのに」、そんなことを考えたことがある人は案外いるはずだ。または、スパイダーマンのドクター・オクトパスのように、APPLESEEDのブリアレオス・ヘカトンケイレスのように、何本もの腕を動かしてみたいと思った人もいるだろう。 マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が、Supernumerary Robotic Limbs(SRLs)と呼ばれるロボッ…


two robot arms

「あと2本腕が余計にあったら、もっと作業が楽になるのに」、そんなことを考えたことがある人は案外いるはずだ。または、スパイダーマンのドクター・オクトパスのように、APPLESEEDのブリアレオス・ヘカトンケイレスのように、何本もの腕を動かしてみたいと思った人もいるだろう。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が、Supernumerary Robotic Limbs(SRLs)と呼ばれるロボットアームを開発している。このロボットアームは、香港で行われたロボティクスとオートメーションに関するIEEE国際会議で公開された。

Supernumeraryは「規定数以上の」という意味の言葉であり、言葉の通り人間が持つ2本の腕に加えて、さらにもう2本ロボットアームを取り付けるというものだ。SRLsの重量は約4.5キロ。各アームは交換も可能で、カスタマイズ可能なエンドエフェクタと5ヶ所の関節がある。

以下は実際にSRLsを動かしている際の様子だ。



肩に取り付けられたロボットアームが、装着している人の腕の動きと連動し、次の行動を予測しながら天井のプレートを支えている。このSRLsを装着することで、ユーザは本来人体には存在しない新たな3本目、4本目の腕をコントロールしなければならない。

SRLsを開発した研究者は、この点をユーザの手首に装着された2つの慣性予測装置(Inertial Measurement Units:IMUs)をモニターすることで解決した。行動データを取得し、データを予測モデルとして構築することで、SRLsはユーザの次の動作を予測し、その作業を補助する「拡張された腕」として機能する。人体の行動データと、ユーザの行動パターンのデータが集まれば集まるほど、動きの精度は向上すると考えられる。

SRLsは義手などの一種と考えるよりは、外骨格の一種としてとらえたほうがいいかもしれない。

----------[AD]----------