THE BRIDGE

タグ Makuake

クラウドファンディング「Makuake」運営のマクアケがマザーズ上場へ、企業評価は170億円規模

SHARE:

クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」を運営するマクアケは、11月8日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認されたことを発表した。市場区分はマザーズで証券コードは4479。98万株を公募し、156万5000株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは38万1700株。主幹事は大和証券が務め、上場予定日は12月11日。公募分を含めた総株数は1096万6000株。想定公募価格の…

Image Credit: Makuake

クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」を運営するマクアケは、11月8日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認されたことを発表した。市場区分はマザーズで証券コードは4479。98万株を公募し、156万5000株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは38万1700株。主幹事は大和証券が務め、上場予定日は12月11日。公募分を含めた総株数は1096万6000株。想定公募価格の1550円から算出した評価額は約170億円。

価格の仮条件は11月25日に決定し、ブックビルディング期間は11月26日から12月2日を通して実施される。最終的な公開価格決定日は12月3日。同社公開の有価証券届出書によれば、2018年9月期の売上高は9億5800万円で経常利益は1億5600万円。足元の第7期第3四半期は売上が9億1600万円で、経常利益が5900万円となっている。

同社の事業はクラウドファンディング単体でセグメントは分かれていない。第7期第3四半期における主要管理指標に関して、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」の四半期決済総額は約16億8800万円(前年は約12億1500万円)で、アクセスUUは451万8000人、会員数は66万8000人。

マクアケは2013年5月に株式会社サイバーエージェントの100%子会社として設立された。クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」を通じて、新しいアイデアや優れた技術を用いた新製品およびサービスを実現したいプロジェクト実行者と支援者をマッチングするインターネットサービスを展開する。

主要な株主としてサイバーエージェントが71%、KSK ANGEL FUND LLCが13.7%、マクアケ代表取締役の中山亮太郎氏が5%の株を保有する。

----------[AD]----------

「Makuake」、6周年を記念しイベントを開催——国内外のパートナーを集め、クラウドファンディングプラットフォームのグローバル対応を強調

SHARE:

クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」を運営するマクアケは5日、都内でサービスローンチ6周年を記念したイベント「Makuake MEET UP DAY」開催した。周年を迎えるこの時期、以前はパーティーイベントを開催していたが、昨年からは展示ブースやパネルディスカッションなどで構成されるカンファレンス形式で開催されている。 クラウドファンディング・キャンペーンの実行者、商品やサー…

イベントの冒頭、開会の辞を述べるマクアケ代表取締役の中山亮太郎氏
Image credit: Masaru Ikeda

クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」を運営するマクアケは5日、都内でサービスローンチ6周年を記念したイベント「Makuake MEET UP DAY」開催した。周年を迎えるこの時期、以前はパーティーイベントを開催していたが、昨年からは展示ブースやパネルディスカッションなどで構成されるカンファレンス形式で開催されている。

実行者の作品が所狭しと並べられた展示エリア
Image credit: Masaru Ikeda

クラウドファンディング・キャンペーンの実行者、商品やサービスの流通関係者、メディアなどで700人収容の会場は満員状態。特に、Makuake でイノベーティブで「形あるもの」によるを扱うプラットフォームとしての認知されているためか、オープンイノベーションを事業の軸の一つに抱えている製造業の大手企業関係者の参加も目立った。

Makuake は先ごろ、支援者向けに自分が支援したプロジェクトをシェアできる機能をリリースした。中山氏によれば、リピーターの支援者が増えていることも最近の特徴だという。
Image credit: Masaru Ikeda

クラウドファンディングの主たるプレーヤーは、キャンペーンの実行者と支援者であるが、Makuake では、その周辺ステイクホルダーの巻き込みに注力している。情報の拡散を意図したメディア各社との連携、製造業ネットワーク NC Network の連携のほか、クラウドファンディングを起点とした融資や事業承継の活性化を狙った金融機関との連携にも傾倒していて、金融機関については連携先が100社を突破し、日本の全金融機関の約4分の1にあたる100社超と連携したことも明らかにした。

イベントには、韓国・台湾・中国からのパートナー各社も一堂に会した。
Image credit: Masaru Ikeda

Makuake はクラウドファンディングに成功したキャンペーンの、その後の販売ルートの拡充を支援するため、流通会社や販売会社との連携にも積極的だ。海外については、韓国の「Wadiz(와디즈)」台湾の「uDesign(有.設計)」、東南アジアを中心に事業展開する「citiesocial(找 好東西)」に加え、Alibaba(阿里巴巴)傘下の「Taobao Crowdfunding(淘宝衆筹)」もパートナー入りしたことが明らかになった。市場を越えた事業展開はこれだけにとどまらず、最近では海外企業向け日本市場展開支援プログラム「Makuake Global Plan」を発表している

----------[AD]----------

Makuake、台湾のECサイト「uDesign(有.設計)」と業務提携——日台間で企業の相互進出を支援

SHARE:

クラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケは22日、台湾の新聞大手 udn(聯合報)グループの udnFunLife(聯合数位文創)の EC サイト「uDesign(有.設計)」と業務提携したと発表した。日本〜台湾間で、それぞれの企業が相手地域に進出する際の相互支援を実施する。 uDesign は2017 年に台湾でサービスを開始、世界中からデザイン性の高い製品を集め、これま…

クラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケは22日、台湾の新聞大手 udn(聯合報)グループの udnFunLife(聯合数位文創)の EC サイト「uDesign(有.設計)」と業務提携したと発表した。日本〜台湾間で、それぞれの企業が相手地域に進出する際の相互支援を実施する。

uDesign は2017 年に台湾でサービスを開始、世界中からデザイン性の高い製品を集め、これまでに1,300以上のブランドと提携、 30,000点以上の製品を扱い、台湾のユーザーに届けている。今回の提携により、Makuake でプロジェクトを実施した日本の事業者の製品を uDesign に紹介し、uDesign への掲載を通じて台湾で製品を販売することが可能になる。uDesign は これまで台湾のデパートや展示会などのイベントにも数多く出展しており、日本の事業者はサイト上だけでなくリアルでも台湾の消費者にアプローチする機会を得られる可能性がある。

uDesign(有.設計)
Image credit: udnFunLife(聯合数位文創)

また、uDesign に掲載している台湾の事業者が日本へ進出する際は、uDesign から Makuake に事業者を紹介し、事業者は Makuake を活用することで、日本での顧客獲得・プロモーション・テストマーケティングを実施でき、日本市場への進出をスムーズに進めやすくなる。

Makuake は先週、台北に拠点を置き EC プラットフォーム「citiesocial(找 好東西)」を運営する citiesocial(任開数位媒体)と業務提携したことを発表している。また、昨年7月には、韓国のクラウドファンディング大手「Wadiz(와디즈)」との提携も発表している。

via Makuake

----------[AD]----------

Makuake、台北拠点のECプラットフォーム「citiesocial(找 好東西)」と提携——東南アジア4市場でクラウドファンディング後の製品販売支援

SHARE:

クラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケは17日、台北に拠点を置き EC プラットフォーム「citiesocial(找 好東西)」を運営する citiesocial(任開数位媒体)と業務提携したことを発表した。両社の提携により、Makuake でクラウドファンディング成功後のプロジェクトについて、citiesocial がサービスを展開する東南アジア4市場(台湾、シンガポー…

クラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケは17日、台北に拠点を置き EC プラットフォーム「citiesocial(找 好東西)」を運営する citiesocial(任開数位媒体)と業務提携したことを発表した。両社の提携により、Makuake でクラウドファンディング成功後のプロジェクトについて、citiesocial がサービスを展開する東南アジア4市場(台湾、シンガポール、香港、マレーシア)での製品販売を支援する。

Makuake の海外展開としては、昨年7月に発表した韓国のクラウドファンディング大手「Wadiz(와디즈)」との提携による、越境でのクラウドファンディングプロジェクト展開の相互支援に続くものだ。

現在でも、Makuake でクラウドファンディングに成功した製品の一部が citiesocial で販売され、人気を集めている。
Image credit: citiesocial(找 好東西)

2011年に創業した citiesocial は、デザイン性の高いユニークなライフスタイル製品を世界中から集めた EC プラットフォーム。これまでにシードラウンド、シリーズ A ラウンドを通じて、Alibaba Taiwan Entrepreneurs Fund(阿里巴巴台湾創業者基金)、Cherubic Ventures(心元資本)、CDIB Capital(中華開発資本)から累積で280万米ドルを資金調達、 2,000以上のブランドと提携し60,000点以上の製品を取り扱っている。

両社では今回の取り組みの第一弾として、2019年9月に Makuake でクラウドファンディングに成功した約20製品を citiesocial を通じて販売展開する予定だ。

<関連記事>

via Makuake

----------[AD]----------

カメラモジュールも追加可能になった進化版、スマートデジタル窓「Atmoph Window 2」がMakuakeに登場

SHARE:

 京都に拠点を構えるアトモフが開発するプロダクトは、今いる場所をどこへでもテレポーテーションしてくれるスマートデジタル窓「Atmoph Window」。第1世代は2015年にローンチし、日本よりもむしろ世界で人気を集めてきた。 ユーザから多くのフィードバックを得て30回以上のソフトウェアアップデートを重ね、最近では、一部ユーザを対象に、ユーザ自らがアップロードした動画をデジタル窓に表示させたり、…

京都に拠点を構えるアトモフが開発するプロダクトは、今いる場所をどこへでもテレポーテーションしてくれるスマートデジタル窓「Atmoph Window」。第1世代は2015年にローンチし、日本よりもむしろ世界で人気を集めてきた。

ユーザから多くのフィードバックを得て30回以上のソフトウェアアップデートを重ね、最近では、一部ユーザを対象に、ユーザ自らがアップロードした動画をデジタル窓に表示させたり、離れた場所に設置されたカメラで撮影された動画をライブストリーミングでデジタル窓に表示させたりする機能もテストが始まった。

初期版ローンチからソフトウェアのアップグレードで機能拡充してきた Atmoph Window だが、ここへきて、久々のハードウェアアップグレードだ。その名も「Atmoph Window 2」。

Atmoph Window 2 では、カメラモジュールが追加できるようになった。
Image credit: Atmoph

第1世代との大きな違いはデジタル窓にカメラモジュールを設置できるようになったことで、将来的には、デジタル窓を見ている人の顔認識や室内カメラなどの機能が追加される予定だという。スピーカーがステレオになったことで、音楽もより楽しめるようになるだろう。

Atmoph Window 第1世代は Kickstarter でクラウドファンディングを先行した後、日本国内では Makuake でクラウドファンディングを実施。今回の第2世代では、Indiegogo でクラウドファンディングを先行させており、5万ドルの募集に対し44.7万ドル以上の資金を集めプロジェクトは20日に無事終了した。調達額は第1世代のときの約2.5倍だ。

国内では Atmoph Windows 2 のクラウドファンディングが今日から Makuake で開始された。第1世代のときに勝る人気を集められるどうか楽しみだ。

Atmoph Window 2 にカメラモジュールをつければ、室内カメラの役割も果たす。
Image credit: Atmoph
----------[AD]----------

Makuake、プロジェクト実行者のクリエイティブ制作を支援する「Makuake Creators Network」をローンチ

SHARE:

クラウドファンディング大手「Makuake」を運営するマクアケは22日、プロジェクト実行者がクリエイティブを制作するのを支援する「Makuake Creators Network(以下、MCN と略す)」をローンチしたと発表した。クラウドファンディングのページのレイアウト、テキスト、デザインなどをプロフェッショナルに依頼できる仕組みで、これまでも必要に応じて対応可能なプロフェッショナルを紹介してい…

先月移転した Makuake の新オフィスのプロジェクト展示ブースで。
代表取締役社長の中山亮太郎氏(右)と、Makuake Creators Network をリードする、取締役の坊垣佳奈氏(左)。
Image credit: Masaru Ikeda

クラウドファンディング大手「Makuake」を運営するマクアケは22日、プロジェクト実行者がクリエイティブを制作するのを支援する「Makuake Creators Network(以下、MCN と略す)」をローンチしたと発表した。クラウドファンディングのページのレイアウト、テキスト、デザインなどをプロフェッショナルに依頼できる仕組みで、これまでも必要に応じて対応可能なプロフェッショナルを紹介していたということだが、パッケージ化して提供することにより、クラウドファンディングの成立可能性向上や調達額向上をより効率的に支援する。

Makuake ではサービス開始から約5年半にわたる実績をもとに、キュレータと呼ばれるプロジェクトを発掘・案件化するスタッフらに、過去5,000件以上のプロジェクトを通じての知見や経験が蓄積されている。これほどの数をもってすれば、どのような商品をどのように見せれば、クラウドファンディングが成立しやすいか、より多くの資金調達が可能化なども自ずと見えてくるというものだ。具体的な施策を形にするのがコピーライター、デザイナー、カメラマンらの仕事だが、MCN ではその種の仕事に慣れていて、Makuake に精通したプロフェッショナルを必要に応じて紹介してくれる。

Makuake Creators Network
Image credit: Makuake

特に飲食業やものづくり系で新しい店やサービスなどを始めるプロジェクトの場合、店主やオーナーはクラウドファンディングのクリエイティブ制作に不慣れであることが少なくない。また、クラウドファンディングを実行する一方で、タイミング的には店舗やサービスの準備で多忙を極めるため、自身がクリエイティブ制作に時間を割くことも難しくなる。

一方、Makuake ではクリエイティブをブラッシュアップすることで、before/after で調達額が2倍にまで向上したケースが見られ、クリエイティブの重要性を改めて認識しパッケージ提供することを決めたという。サービスの提供や契約はプロジェクト実行者と提供者間のやりとりとなるが、Makuake のキュレータも助言する。

クリエイティブの改善で調達額が2倍以上になったという、藤原産業のハンドスピナー

今回の MCN 発表の段階では、in the houseテクノトップニューワールドブライトログという4つの会社が MCN 登録パートナーとして公表されているが、これら以外にも複数のデザイン事務所やクリエイティブプロダクションなどが参加している模様。また、Makuake では今後、MCN に登録する企業を全国から募っていきたいとしている。

----------[AD]----------

クラウドファンディング大手「Makuake」、九州の地方案件発掘強化に向け福岡市内に拠点を開設

SHARE:

クラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケは23日、九州地域の Makuake 活用促進のため、福岡市内に拠点を設立したと発表した。拠点が開設されるのは、福岡・大名のコワーキングスペース「H(エイチ)」内。福岡随一のスタートアップハブ Fukuoka Growth Next からは、通り一本違いの至近距離だ。Makuake にとっては東京本社のほか、大阪拠点と北海道拠点に続く…

makuake-kyushu

クラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケは23日、九州地域の Makuake 活用促進のため、福岡市内に拠点を設立したと発表した。拠点が開設されるのは、福岡・大名のコワーキングスペース「H(エイチ)」内。福岡随一のスタートアップハブ Fukuoka Growth Next からは、通り一本違いの至近距離だ。Makuake にとっては東京本社のほか、大阪拠点と北海道拠点に続く4つ目の拠点となる。

Makuake では、地方プロジェクト案件の発掘チャネルとして、地方金融機関や地方自治体との連携を積極的に行ってきたが、九州においても福岡銀行をはじめとする、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)や福岡市などと連携している。

また、Makuake で話題となった九州発のクラウドファンディングプロジェクトを見てみると、福岡の IoT 体験型ホステル「&AND HOSTEL」をオープンするためのプロジェクトや、佐賀の「トンネル熟成庫」で作る絶品ハムのプロジェクト等がある。

同社では九州拠点の開設を受けて、さらに地元金融機関との連携を密にし、九州の事業者の挑戦支援を強化、2019年度中に九州発のプロジェクト開始を150件にまで伸ばしたいとしている。

Via PR TIMES

----------[AD]----------

Makuakeが縫製ネットワークの「sitateru」と提携、ファッションプロジェクトの運用を効率化——フィルムカメラユーザ向け機能シャツを発表

SHARE:

クラウドファンディング大手「Makuake」を運営するマクアケは5日、衣服生産プラットフォーム「sitateru」を運営するシタテルと業務提携し、ファッションジャンルの事業者向けに、衣服の生産(サンプル生産を含む)、プロモーション、マーケティング、量産までを一気通貫で提供するサービスを開始すると発表した。 両社ではプロジェクト第1弾として、フィルムカメラユーザ向けの機能シャツのクラウドファンディン…

sitateru-makuake
左から:シタテル マーケティング担当 三澤幸太氏、マクアケ取締役 坊垣佳奈氏

クラウドファンディング大手「Makuake」を運営するマクアケは5日、衣服生産プラットフォーム「sitateru」を運営するシタテルと業務提携し、ファッションジャンルの事業者向けに、衣服の生産(サンプル生産を含む)、プロモーション、マーケティング、量産までを一気通貫で提供するサービスを開始すると発表した。

両社ではプロジェクト第1弾として、フィルムカメラユーザ向けの機能シャツのクラウドファンディングを5日から開始する。この機能シャツは、写真をきっかけに Instagram で繋がった7人のコミュニティ「中央線の民」が企画したもので、フィルムカメラユーザが手ぶらでカメラ散歩できるのが特徴。フィルムやカメラを多数収納できるポケットを備えているほか、カメラの適正露出を決められる「EV 値」の早見表(下図)が前面ポケットにプリントされている。

shirt-for-film-photographers

makuake と sitateru では、今回の機能シャツを皮切りに年間で20件ほどのファッションプロジェクトを共同で支援していきたい考え。Makuake 単体でもこれまでに500件ほどのファッションプロジェクトを支援しているが、商品の考案段階で大量生産を必要としない sitateru のしくみを活用することで、より柔軟なプロジェクトの増加を期待しているようだ。

<関連記事>

----------[AD]----------

Makuake、韓国随一のクラウドファンディングプラットフォーム「Wadiz」と提携——日韓間で越境プロジェクト展開を相互支援

SHARE:

クラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケは12日、韓国の同業である「Wadiz(와디즈)」と提携関係を締結したことを明らかにした。今回の提携関係は、日本と韓国間におけるクラウドファンディングキャンペーンの相互支援を意図したもので、資本関係は伴わない。 Wadiz は2012年5月の設立、投資型クラウドファンディングプラットフォームとしては、韓国金融委員会から2016年1月に…

左から:マクアケ代表取締役の中山亮太郎氏と、Wadiz(와디즈)共同創業者兼 CBO のチェ・ドンチョル氏(최동철、英名:Dong Choi)

クラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケは12日、韓国の同業である「Wadiz(와디즈)」と提携関係を締結したことを明らかにした。今回の提携関係は、日本と韓国間におけるクラウドファンディングキャンペーンの相互支援を意図したもので、資本関係は伴わない。

Wadiz は2012年5月の設立、投資型クラウドファンディングプラットフォームとしては、韓国金融委員会から2016年1月に正式認可を受け、現在、株式型とリワード型の2種類のクラウドファンディングサービスを提供している。これまでに支援したプロジェクト総数は約2,500件、合計300億ウォン(約30億円)以上。Wadiz で資金調達した有名プロジェクトには、完全代替食の「Lab Nosh」、ポータブル空気清浄機の「Clair」、ハンドメイド自動車製造の「Mohenic Garages」などがある。今後はシンガポール、マレーシアなどへの海外進出を計画中だ。

Makuake と Wadiz の両プラットフォームでは、これまでにも、日韓双方のプロジェクトオーナーらが自ら、両市場でクラウドファンディングキャンペーンを立ち上げるケースは散見された。両社では、KOTRA(韓国貿易投資振興公社)などからの働きかけを通じ Makuake と Wadiz の接点が生まれ、今回、提携関係の締結に至ったとしている。両社は関係企業と協力し、日本から韓国へ、および、韓国から日本へのキャンペーン展開、説明文やバッカーとのやりとりの翻訳、現地ロジスティクス、決済手段の提供などでプロジェクトオーナーに支援を行う。

これまでに、Makuake から Wadiz への紹介事案では、中身が整理しやすい長財布「Tidy( Makuake / Wadiz )」や、マイナス電子と音波振動で歯垢を除去できる歯ブラシ「ソラデーリズム」( Makuake / Wadiz )などがある。また、日本をテーマに扱ったものでは、映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の韓国語版制作・配給、愛知県岡崎市のグローブメーカー SAEKI の「オーダーメイドグローブ」などが Wadiz 上に掲載されている。

マクアケ代表取締役社長の中山亮太郎氏は THE BRIDGE の取材に対し、日本発のプロジェクトの世界展開を支援する上で今後、特にアジア地域とのリレーション拡大を強化していく方向性を示唆。現在、Makuake がベータ版として持つ英語版だけではローカリゼーションとしては不十分なため、各国の潜在パートナーや提携関係条件に応じて組み方を柔軟に考え、Wadiz との関係のような事例を増やしていきたい、と語ってくれた。

----------[AD]----------

Makuakeが福岡市と連携、海外スタートアップの日本市場進出やクラウドファンディングを共同で支援

SHARE:

クラウドファンディングサイト大手の Makuake と、「グローバル創業・雇用創出特区」に指定されスタートアップ支援に積極的な活動を続ける福岡市は共同で、海外スタートアップの日本市場進出とクラウドファンディングを支援していくと発表した。 福岡市は既存スキームを活用して、日本市場への進出の相談のあったスタートアップに、資金・拠点・機会の提供支援を行う一方、プロダクトを持つスタートアップについて Ma…

クラウドファンディングサイト大手の Makuake と、「グローバル創業・雇用創出特区」に指定されスタートアップ支援に積極的な活動を続ける福岡市は共同で、海外スタートアップの日本市場進出とクラウドファンディングを支援していくと発表した。

福岡市は既存スキームを活用して、日本市場への進出の相談のあったスタートアップに、資金・拠点・機会の提供支援を行う一方、プロダクトを持つスタートアップについて Makuake への情報提供や推薦を行うことで、クラウドファンディングの実施をしやすくする。クラウドファンディングに参加したスタートアップは、認知度の向上、必要資金の調達に加え、ユーザバリデーションの効果が得られることで、金融機関からの融資や流通販路の確保がしやすくなるメリットを享受できる。

Makuake でこれまでに、海外企業や海外スタートアップにより100件以上のクラウドファンディングプロジェクトが実施されている。一方、福岡市では福岡市グローバルスタートアップセンターを中心に、海外スタートアップの誘致や福岡市内への日本拠点の開設支援などに注力している。

連携スキーム

両者では今回の共同支援の先駆けとして、ラトビア発の食べるコーヒー「コーヒーピクセル」(クラウドファンディングプロジェクトはこちら)と、台湾発の英語 e ラーニングサービス「ホープイングリッシュ(希平方)」(クラウドファンディングプロジェクトはこちら)について、Makuake 上でのクラウドファンディング展開する。

今年で創業から5年目を迎える Makuake は、かねてから地方銀行との連携を通じて地方のクラウドファンディング案件の掘り起こしに力を入れているほか、先月末には札幌に北海道拠点を開設するなど地方進出の動きが目立つ。今回の福岡市との連携を通じて、海外スタートアップのみならず、福岡発や九州発のクラウドファンディング案件への開拓にも拍車がかかることが期待される。

----------[AD]----------