THE BRIDGE

タグ sitateru

Makuakeが縫製ネットワークの「sitateru」と提携、ファッションプロジェクトの運用を効率化——フィルムカメラユーザ向け機能シャツを発表

SHARE:

クラウドファンディング大手「Makuake」を運営するマクアケは5日、衣服生産プラットフォーム「sitateru」を運営するシタテルと業務提携し、ファッションジャンルの事業者向けに、衣服の生産(サンプル生産を含む)、プロモーション、マーケティング、量産までを一気通貫で提供するサービスを開始すると発表した。 両社ではプロジェクト第1弾として、フィルムカメラユーザ向けの機能シャツのクラウドファンディン…

sitateru-makuake
左から:シタテル マーケティング担当 三澤幸太氏、マクアケ取締役 坊垣佳奈氏

クラウドファンディング大手「Makuake」を運営するマクアケは5日、衣服生産プラットフォーム「sitateru」を運営するシタテルと業務提携し、ファッションジャンルの事業者向けに、衣服の生産(サンプル生産を含む)、プロモーション、マーケティング、量産までを一気通貫で提供するサービスを開始すると発表した。

両社ではプロジェクト第1弾として、フィルムカメラユーザ向けの機能シャツのクラウドファンディングを5日から開始する。この機能シャツは、写真をきっかけに Instagram で繋がった7人のコミュニティ「中央線の民」が企画したもので、フィルムカメラユーザが手ぶらでカメラ散歩できるのが特徴。フィルムやカメラを多数収納できるポケットを備えているほか、カメラの適正露出を決められる「EV 値」の早見表(下図)が前面ポケットにプリントされている。

shirt-for-film-photographers

makuake と sitateru では、今回の機能シャツを皮切りに年間で20件ほどのファッションプロジェクトを共同で支援していきたい考え。Makuake 単体でもこれまでに500件ほどのファッションプロジェクトを支援しているが、商品の考案段階で大量生産を必要としない sitateru のしくみを活用することで、より柔軟なプロジェクトの増加を期待しているようだ。

<関連記事>

----------[AD]----------

アトリエシステムと生産管理オペレーションで相談から納期までをスムーズに−−「sitateru」が目指す新しい縫製ネットワーク

SHARE:

縫製工場のネットワークをもち、クラウドソーシングによって小ロットのアパレル製品づくりを支援する「sitateru」。1型15枚1オーダー30枚からの生産(アイテムによって変更有)を受け付けている。国内の様々なアパレル生産工場と連携することで、高い技術をもつ工場のアイドリングの時間を有効活用することができる。 提携している工場も、現在では50社以上、提携工場の先にいる工場などアクセス可能な工場数で言…

工場4

縫製工場のネットワークをもち、クラウドソーシングによって小ロットのアパレル製品づくりを支援する「sitateru」。1型15枚1オーダー30枚からの生産(アイテムによって変更有)を受け付けている。国内の様々なアパレル生産工場と連携することで、高い技術をもつ工場のアイドリングの時間を有効活用することができる。

提携している工場も、現在では50社以上、提携工場の先にいる工場などアクセス可能な工場数で言えば300を超えるという。

「もちろん、工場数を増やそうと思えば増やせるかもしれませんが、一気に増やすことでオペレーションが煩雑になったりしてはいけません。提携した工場に対して定期的なクオリティチェックや技術のアップデートを図るお手伝い、より複雑なオーダーに対応できるように依頼したり、それまでとは違ったアイテムに技術を転用してもらうなど、工場自体のクオリティを高めるための施策も行っています」(シタテル代表取締役河野氏)

クラウドソーシングにおいて、いかにクオリティを知ってもらい、サービスのリピーターになってもらうかは重要な要素となる。クラウドソーシングだからこそ、普段では実現できないクオリティを提供することが求められると言えるだろう。

工場2

主なターゲットとして、サービスリリース当初はセレクトショップやECのみで運営しているアパレル小売店を対象にしてきたが、最近では中規模のECサイトや小規模のアパレルチェーン店、他にも、デザイン会社や企業の企画案件の中で特別なアパレル製品を取り扱う際にシタテルが利用されているという。提携先工場の増加や技術力の向上などによって、アパレル業界以外にもサービスが認知され、企業でのさまざまな催しやキャンペーンなどでも利用されている。

「先日には、『日経おとなのOFF』にて、ビジネスシーンでも休日シーンでも利用できるオリジナルフード付きステンカラーコートを作らせていただきました。素材の選定から企画案を踏まえた製品づくり、縫製、そして手にしやすい価格帯なども実現できました。他にも、有名飲食チェーンの制服では限定生産ながら地域の上質な生地を使うなど企業のコンセプトやメッセージとリンクさせたものを作らせていただきました」(河野氏)

数千や数万単位では、既存のアパレルメーカーなどが参入しやすい。ターゲットとするのは300着や500着といったロットにおいて、こだわりの品質とロット数、価格などのバランスを考えた生産体制を目指しているという。セレクトショップや個人のEC運営だけでなく、非アパレルだからこそのさまざまなニーズやアイデアをうまく実現するための仕組みづくりを構築しはじめている。

アトリエシステムの導入で気軽なチャットで相談から納品まで

sitateru

そんなシタテルが春頃から導入したのが「マイ・アトリエ」と呼ばれるアトリエシステムだ。これまでは、ユーザはウェブ上でラフデザインやイメージコラージュなどをもとにサンプル作成を行いシタテルのパタンナーらとコミュニケーションをとっていた。その方法を簡易化し、さらにサンプル作成の前段階のアイテムの相談から担当者とコミュニケーションを取ることができる。

利用方法はメールアドレスなどのユーザ登録を行ったあとは、チャットベースでやりとりを行う。チャットをつうじてアイテム相談、パターンやサンプル生産、本生産、納品などすべての工程を完了することができる。

近年のスマホユーザに対応するためにスマホ対応のUIで、「利用者の7割がスマホからのチャットを行っている」(河野氏)と話す。これにより、非対面ながらチャットで気軽にやりとりすることでユーザの満足度やちょっとした質問にも対応可能だ。他にも、ユーザとのやりとりのなかで価格よりも納期を気にする人が多いことから、サイトのトップに納期表示をいれるなどの工夫をしている。

工場1

さらに、シタテルは提携工場の対応アイテムや技術力、設備環境や繁忙期などのデータを管理し、受注や生産をコントロールするデータベースを構築。より短い納期に対応するための適切な工場の選定や生産スケジュールを組みたてることができる。「正確にデータ管理をし連携性を高めることで、最短7日間ですべての工程を完了することも可能」と河野氏。クオリティを高く維持しながら、通常よりも早い納期を実現することができるようになれば、それこそクラウドソーシングの醍醐味といえよう。

すでにシタテルにユーザ登録している企業も1000社以上で、実際に案件を依頼したことがある企業は400社を超えている。

本社を熊本に据えているシタテルだが、最近では埼玉の工場とも提携するなど、全国各地の工場と関係を築きつつある。「東京に本社を移す予定もない」と話す河野氏。「リアルな場所が東京であることよりもい、きちんとクオリティの高い仕事をすることで東京以外でも顧客が付くことを証明したい」と話す。

今後は、国内の工場だけでなく世界の工場へのアクセスにも力を入れていくという。まずはすでに日本のメーカーなどが依頼しているベトナムなどの工場との提携を視野にいれている。クオリティの高さとコスト面、同時に生産ロット数などに多様さをもたせようとしているようだ。

「世界の工場のネットワークをつくり、日本国内や世界からの依頼に応える。依頼から生産管理までを仕組み化する、新生産管理システムで世界のニーズに対応するプラットフォームが構築していきたい。世界から、日本の縫製で作ってくれと依頼がくることも多い。日本の縫製技術を世界に発信する一つの大きな場にもなると考えている」(河野氏)

シタテル代表取締役社長の河野秀和氏
シタテル代表取締役社長の河野秀和氏
----------[AD]----------

日本の高い縫製技術を活かすために。アパレル小売業と縫製工場をマッチングするクラウドソーシングサービス「sitateru」

SHARE:

日本が世界に誇るもののひとつに縫製技術がある。世界のトップアパレルブランドの裏側を下支えする日本の縫製工場だが、コスト削減のあおりを受け経営難な所も多い。また、技術力の高さを発信する機会が少なく、技術職という分野から若い人材の採用も難しい。 そうした一方、近年では店舗をもたずBASEやSTORES.JPなどのECストアをベースに個人でファッションブランドなどをたちあげ、販売する個人事業や小規模店舗…

イメージ1

日本が世界に誇るもののひとつに縫製技術がある。世界のトップアパレルブランドの裏側を下支えする日本の縫製工場だが、コスト削減のあおりを受け経営難な所も多い。また、技術力の高さを発信する機会が少なく、技術職という分野から若い人材の採用も難しい。

そうした一方、近年では店舗をもたずBASEやSTORES.JPなどのECストアをベースに個人でファッションブランドなどをたちあげ、販売する個人事業や小規模店舗も少なくない。そうしたユーザも多くは自身の洋服を制作してくれる工場を常に探しているという。双方のニーズを満たすため、小売店と工場とをマッチングさせるクラウドソーシングサービス「sitateru」を運営しているのがシタテルだ。

熊本を拠点に活動しているシタテル。熊本はもともと県内に縫製工場が多く、現場の課題を日々目の当たりにしていたという。高い技術力をもった人たちがもっと活躍できる場をつくろうとサービスを構想し、独自のネットワークを地道に築き上げてきた、と代表取締役社長の河野秀和氏は語る。

ユーザは、まずはウェブ上でサンプル作成を行う。この際に、ラフデザインだけでなくアイデアベースなものやイメージコラージュでも可能だという。そのサンプルをシタテルのデザイナーやパタンナーらとコミュニケーションを行い、そこから最適な縫製工場とマッチングさせる。サンプルが完成し、問題がなければ本生産となる。1サイズ10枚、1ロット20枚からの発注が可能だ。縫製工場としても、稼働時間のムラを無くすことができ、経営難から脱却することも可能だ。

「主なターゲットは、セレクトショップやECのみで運営をしている人たちです。そうした人たちは、少ないロット数ながら、こだわりの製品を届けたいというニーズがあり、まさにシタテルとしても高い技術力を活かした製品づくりをお手伝いすることができます。すでに、国内10ヵ所以上の工場と連携してネットワークを構築しています。利用者の小売業者をまずは1000店舗を目標にしたいと考えています」(河野氏)

IMG_3184
シタテル代表取締役社長の河野秀和氏。

2016年には、提携先の工場を50以上にまで増やし、小売業者も1万店舗以上を目指すという。同時に、高い技術力を活かした「プレミアムプロダクトオーダー」機能も取り組み始めている。これは、高い技術力を活かして完全生産数量限定の製品づくりに対応するもので、海外のトップブランドと同様の製品が個人でも作れるようになるかもしれない。

10月22日には、三菱UFJキャピタル、日本ベンチャーキャピタル、リブセンスを割当先とする第三者割当増資による資金調達を行っている。金額は非公開ながら、シードラウンドとして総額数千万円規模の調達と見られている。また、リブセンスによる出資は、リブセンスの村上太一氏とクックパッドの穐田誉輝氏をメンターとするSTARTUP 50の第一号のファンディング先でもある。

「ファションの流れをみてみると、仕立て職人によるオーダー生産から始まり、その後のファストファッションに見られる大量生産大量消費の時代、その次として現代に適した適量生産適量消費という、第三の時代にいると思います。私たちのミッションは、Made by imagination。自分たちが作りたいものを作れる時代において、洋服も自分たちが作りたいもの、着たいもの、自分に合ったスタイルを自分自身で選べるような時代にあると考えています。そうした時代のなかで、技術と製品づくりをサポートしていきたい」

日本における縫製工場のネットワークが構築できれば、オーダーは日本国内のみならず海外からの受注に対しても対応することができる。Made by Japanブランドの確立に貢献することも、シタテルは視野にいれているという。

----------[AD]----------