BRIDGE

タグ Wadiz

Makuake、韓国随一のクラウドファンディングプラットフォーム「Wadiz」と提携——日韓間で越境プロジェクト展開を相互支援

SHARE:

クラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケは12日、韓国の同業である「Wadiz(와디즈)」と提携関係を締結したことを明らかにした。今回の提携関係は、日本と韓国間におけるクラウドファンディングキャンペーンの相互支援を意図したもので、資本関係は伴わない。 Wadiz は2012年5月の設立、投資型クラウドファンディングプラットフォームとしては、韓国金融委員会から2016年1月に…

左から:マクアケ代表取締役の中山亮太郎氏と、Wadiz(와디즈)共同創業者兼 CBO のチェ・ドンチョル氏(최동철、英名:Dong Choi)

クラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケは12日、韓国の同業である「Wadiz(와디즈)」と提携関係を締結したことを明らかにした。今回の提携関係は、日本と韓国間におけるクラウドファンディングキャンペーンの相互支援を意図したもので、資本関係は伴わない。

Wadiz は2012年5月の設立、投資型クラウドファンディングプラットフォームとしては、韓国金融委員会から2016年1月に正式認可を受け、現在、株式型とリワード型の2種類のクラウドファンディングサービスを提供している。これまでに支援したプロジェクト総数は約2,500件、合計300億ウォン(約30億円)以上。Wadiz で資金調達した有名プロジェクトには、完全代替食の「Lab Nosh」、ポータブル空気清浄機の「Clair」、ハンドメイド自動車製造の「Mohenic Garages」などがある。今後はシンガポール、マレーシアなどへの海外進出を計画中だ。

Makuake と Wadiz の両プラットフォームでは、これまでにも、日韓双方のプロジェクトオーナーらが自ら、両市場でクラウドファンディングキャンペーンを立ち上げるケースは散見された。両社では、KOTRA(韓国貿易投資振興公社)などからの働きかけを通じ Makuake と Wadiz の接点が生まれ、今回、提携関係の締結に至ったとしている。両社は関係企業と協力し、日本から韓国へ、および、韓国から日本へのキャンペーン展開、説明文やバッカーとのやりとりの翻訳、現地ロジスティクス、決済手段の提供などでプロジェクトオーナーに支援を行う。

これまでに、Makuake から Wadiz への紹介事案では、中身が整理しやすい長財布「Tidy( Makuake / Wadiz )」や、マイナス電子と音波振動で歯垢を除去できる歯ブラシ「ソラデーリズム」( Makuake / Wadiz )などがある。また、日本をテーマに扱ったものでは、映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の韓国語版制作・配給、愛知県岡崎市のグローブメーカー SAEKI の「オーダーメイドグローブ」などが Wadiz 上に掲載されている。

マクアケ代表取締役社長の中山亮太郎氏は THE BRIDGE の取材に対し、日本発のプロジェクトの世界展開を支援する上で今後、特にアジア地域とのリレーション拡大を強化していく方向性を示唆。現在、Makuake がベータ版として持つ英語版だけではローカリゼーションとしては不十分なため、各国の潜在パートナーや提携関係条件に応じて組み方を柔軟に考え、Wadiz との関係のような事例を増やしていきたい、と語ってくれた。

----------[AD]----------

DNAに基づいたダイエットをアドバイスする韓国のGenoplan、日本や中国でビジネスを拡大中

SHARE:

DNA 検査に特化したスタートアップである Genoplan は、ユーザの唾液から遺伝的分析を行い、食事やワークアウトといった各ユーザに適したダイエットアドバイスを行っている。 中国は急速に世界の肥満大国となりつつあり、2014年には成人の1/4以上が過体重または肥満であると記録されている。中国では、過体重の子どもはこの30年間で10%から20%へと急増した。最近のある研究によれば、中国では祖父母…

genoplan_featuredimage
Image Credit: Genoplan

DNA 検査に特化したスタートアップである Genoplan は、ユーザの唾液から遺伝的分析を行い、食事やワークアウトといった各ユーザに適したダイエットアドバイスを行っている。

中国は急速に世界の肥満大国となりつつあり、2014年には成人の1/4以上が過体重または肥満であると記録されている。中国では、過体重の子どもはこの30年間で10%から20%へと急増した。最近のある研究によれば、中国では祖父母が甘やかすことも一因となり、増えるファストフード消費の上昇とあまり動かないライフスタイルと相まって肥満を拡大している。

韓国のスタートアップはこの拡大する地域的問題に根本的な角度から切り込んでいる。それが遺伝子だ。

Genoplan 設立者で CEO の Brian Kang(カン・ビョンギュ=강병규)氏は TechNode(動点科技)にこう語った。

人間の場合、肥満に関連する表現型(特徴)の40~70%は遺伝によるもので、Genoplan はそれを基本としています。研究結果はずいぶん前に出ていましたが、こういった研究で明らかになった事実は私たちの実生活に生かさなければ何の意味もありません。私は顧客ニーズに応えるため研究結果を生かしたいと思ったのです。

Genoplan はユーザがダイエットとエクササイズを行い、適切で健康なライフスタイルを送るためのパーソナル遺伝子検査キットを提供している。ユーザがキットを使用して唾液を送ると、2週間後に個人の潜在肥満度、代謝、栄養、筋力から食欲の統計学的データまで31種の情報を含む遺伝子分析結果がユーザに届けられる。適したダイエット方法がウェブサイトやアプリで提示され、Android と iOS のどちらでも閲覧できる。検査を受けるには、ユーザの年齢は19歳以上であることが必須だ。Genoplan Fit は9万9,000韓国ウォン(85米ドル)で購入できる。

Kang 氏は以前、Samsung のゲノム研究センターで研究者として働いていた。彼は社会をより良くしたいとの思いから、まずソーシャルエンタープライズを設立した。

「ソーシャルアントレプレナーが設立したアメリカを拠点とする DNA 審査会社 Counsyl と出会い、遺伝子は大いに社会に貢献できると思ったのです」と Kang 氏は TechNode に語った。そして彼は、妻や姉が常にスリムであることに敏感なのを連想した。

女性にとって、体重を減らすことは長年の課題でした。彼女たちはなぜ体重が増えるのか、どうすれば簡単に痩せられるのか知りたがっているのです。この問題の鍵は遺伝子ではないかと私は考えました。

genoplan-brian-kang
Genoplanの設立者でCEOのBrian Kang氏.Image Credit: Genoplan

Kang 氏は2014年4月に Genoplan を設立し、Global Kのインキュベーションプログラムに参加した。2015年3月に韓国クラウドファンディングプラットフォームの Wadiz で4万5,000米ドル以上の資金をプロジェクト用に調達することに成功し、同社は今年3月公式ローンチした。また、まず韓国市場を制してからアジア諸国へと拡大する見込みだ。

人種によって遺伝子に明確な違いがあります。白人とアジア人では異なりますし、東アジア人と東南アジア人でも遺伝子が違うのです。アメリカではパーソナル遺伝子検査セクターに特化した企業はすでにたくさん存在しますが、アジアにはあまりありません。研究によると、ライフスタイルや食生活の要因が同じ条件の下では、西洋人に比べてアジア人のほうが体重が増加しやすい傾向が顕著でした。(Kang氏)

市場で遺伝子ソリューションを提供しているのは Counsyl、23andme、KOSDAQ 上場の MacrogenThera-genDNA Link といったわずかな企業しかない。

競合を避けるため、当社は健康と美容セクターに焦点を当てています。遺伝子市場も美容・健康セクターもともに急速に拡大していますので、良い流れに乗っていると言えます。(Kang 氏)

現在、同社は韓国の肥満クリニックや日本の美容クリニックと提携し、20代~30代の女性をターゲットにしている。今後は遺伝子ソリューションに基づいた化粧品ラインをローンチし、さらに健康食品や弁当業界の企業とも協力していく。

同社は今年1月、初めて遺伝子関連企業に投資する SoftBank Ventures Korea、ヘルスケア商品の販売に特化した Samsung VenuresWonik 率いるシリーズ A ラウンドで450万米ドルを獲得した。アメリカに本社を置く同社は韓国のソウルと日本の福岡に事務所を構えている。

<関連記事>

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------