タグ AirAsia

AirAsia傘下のTeleport、マレーシアのフードデリバリアプリ「DeliverEat」を980万米ドルで買収

SHARE:

AirAsia Digital の東南アジアにおける物流事業 Teleport は、マレーシアを拠点とするオンデマンドフードデリバリプラットフォーム「DeliverEat」を980万米ドルで買収した。この取引により Teleport の時価総額は3億米ドルとなり、買収は最終的な承認を経て2021年第3四半期までに完了する予定だ。 DeliverEat 共同設立者の Leong Shir Mein …

Image credit: DeliverEat

AirAsia Digital の東南アジアにおける物流事業 Teleport は、マレーシアを拠点とするオンデマンドフードデリバリプラットフォーム「DeliverEat」を980万米ドルで買収した。この取引により Teleport の時価総額は3億米ドルとなり、買収は最終的な承認を経て2021年第3四半期までに完了する予定だ。

DeliverEat 共同設立者の Leong Shir Mein 氏と Tan Suan Sear 氏夫妻は、Teleport と AirAsia Digital の経営陣に加わる。1ヶ月以上前、AirAsia は Gojek のタイ事業を買収している。今回の買収により、Teleport はマレーシアの主要都市への進出しやすくなると同時に、ASEAN における DeliverEat と AirAsia の物流事業の成長に拍車をかけることになる。

AirAsia Group CEO の Tony Fernandes 氏は次のように語った。

今年4月にペナンで AirAsia Food を立ち上げたばかりで、今回の買収は好都合なタイミングである。ファーストマイルからラストマイルの配送までエンドツーエンドの物流チェーンをカバーし、完全なデジタルエコシステムを提供するという AirAsia Digital の計画を強化するものだ。

<関連記事>

Teleport はマレーシア以外にも、タイ、インドネシア、フィリピン、インド、シンガポール、中国に進出している。AirAsia Group の2021年第1四半期の財務諸表によると、Teleport の収益は2020年の前期に比べて3倍になっている。また、AirAsia のスーパーアプリからの四半期収益は、前年同期比45%増の1,000万リンギット(約2.6億円)となった。

2012年に設立された DeliverEat は、これまでに100万件以上の注文を捌き、4,000以上の加盟店(レストラン、生鮮食品市場、薬局、食料品店など)からオンデマンドで食品やエクスプレス配達サービスを提供しているという。同社には、最大4,000人の登録配達員がいる。

DeliverEat は2017年、プレシリーズ A ラウンドで、Gobi Partners と Malaysia Venture Capital Management のコラボレーションファンドから45万米ドルを調達した。Teleport と Gobi Partners は2019年、現地 Eコマースおよび小包配達会社 EasyParcel に1,000万米ドルを共同投資した

アメリカに拠点を置く Supply Chain Ventures のマネージングパートナー Dave Anderson 氏は次のように述べている。

ラストマイル配送を完了する企業のニーズは、世界中で増え続けるだろう。長期的に成功するのは、急速に成長して市場シェアを獲得できる企業だ。

Tracxn によると、マレーシアには156社もの物流テックスタートアップが存在し、この分野では激しい競争が繰り広げられている。シンガポールの E コマースユニコーン Shopee のような外資大手もまた、今年6月にマレーシアで宅配業者の募集を開始したように、マレーシアでフードデリバリサービスの開設を目指している。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

airasia、Gojekのタイ事業を買収——東南アジアのスーパーアプリ争いが激化

SHARE:

東南アジアのスーパーアプリの戦いは続いている。マレーシアを拠点とする航空会社のデジタル部門である airasia Digital(旧称 RedBeat Ventures)が、Gojek のタイ事業を買収した。この買収により、ASEAN における airasia Super App の展開が加速するとともに、Gojek はベトナムとシンガポールの事業への投資を拡大することが期待される。また、この買収…

Image credit: airasia

東南アジアのスーパーアプリの戦いは続いている。マレーシアを拠点とする航空会社のデジタル部門である airasia Digital(旧称 RedBeat Ventures)が、Gojek のタイ事業を買収した。この買収により、ASEAN における airasia Super App の展開が加速するとともに、Gojek はベトナムとシンガポールの事業への投資を拡大することが期待される。また、この買収の見返りとして、Gojek は、市場価値が約10億米ドルと言われている airasia Super App の株式を取得する。

airasia Super App はタイで、ライダー、マーチャント、顧客のための既存のエコシステムサービスを引き続き活用しつつ、食料品や美容アイテムなどの新しいサービスを追加することを目指している。また、近い将来、チェンマイやプーケットなどの新しい市場への地域拡大を目指する。Gojek は、バンコクの既存ユーザ向けに2021年7月31日まで継続して提供される。ドライバーや加盟店のパートナーは、今後数週間のうちに airasia Super App に招待される予定だ。

airasia は、タイの既存の Gojek チームと協力して、スーパーアプリに移行する前の移行期間にGojekビジネスを運営する。同時に、国際戦略の再編成として、Gojek はベトナムとシンガポールの事業への投資を拡大している。Gojek は、これらの市場が今後のビジネスの強力な成長源になると考えている。これには、ドライバーや加盟店の獲得活動の強化、ユーザエクスペリエンスの向上、新製品や新サービスの導入などが含まれる。

airasia Group CEO の Tony Fernandes 氏は、次のように述べている。

本日の発表は、Gojek との素晴らしい長期的戦略的パートナーシップの始まりだ。Gojek の定評あるタイのビジネスを手に入れることで、この分野で ASEAN を代表するチャレンジャー・スーパーアプリになるという野望に向けて、ターボをかけることができるだろう。

我々はすでに完全なデジタル経済のエコシステムを持っている。我々はマレーシアのデジタル e コマースプラットフォーム上で、15種類以上の航空会社以外の商品やライフスタイルサービスの確立に成功している。今度は、それを次のレベルに引き上げる時だ。地域の圧倒的な需要に応えるため、タイでの成功に続き、すべての主要市場でスーパーアプリを提供することを目標としている。」

Gojek CEO の Kevin Aluwi 氏は次のように述べている。

airasia Digital と airasia Super App は、ドライバーやマーチャントの生活を向上させながら、より良いサービスをユーザに提供するという同じ目標を共有しているため、当社にとって非常に価値のあるパートナーとなる。同時に、今回の買収により、国際市場での活動の軸足をベトナムとシンガポールに移すことができる。

airasia Digital は、airasia Group の物理的・デジタル的資産を活用して、日常生活の中で顧客とつながるビジネスのエコシステムを構築している。同社は、airasia Super App、Teleport、BigPayの 3つの主要なデジタル企業で構成されている。

  1. airasia Super App … 旅行、eコマース、金融サービス、ファーム・トゥ・テーブル(農場からの食料品直送)、健康、エデュテックの製品やサービスのためのライフスタイル・プラットフォームを提供する。
  2. Teleport … ドア・ツー・ドアの即時配達を提供する e コマース物流会社。
  3. BigPay … フィンテック部門

airasia は6日、シンガポールにおける継続的な事業拡大の一環として、生鮮食料品の宅配サービス「airasia fresh」をシンガポールで開始することを発表した。これは、3月に導入したフードデリバリープラットフォーム「airasia food」に続くものだ。

airasia による Gojek の部分買収により、スーパーアプリのナンバーワンの座をめぐる争いがさらに激化することが予想される。自らをスーパーアプリと位置づけるテック大手 Grab は、その深いポケットと一流の投資家からの支援により、他を大きく引き離している。Grab は先日、市場評価額400億米ドルという史上最大の SPAC との合併により、アメリカで株式公開することを発表した。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

AirAsiaがシンガポールでフードデリバリ事業に参入、競合各社より5%安い手数料で

SHARE:

TodayOnline によると、低予算航空会社 AirAsia は3日、シンガポールでフードデリバリサービスを開始した。シンガポールでは同様のサービスの競争が激化しているにもかかわらず、エアアジアは競合他社と比較して配送料を5%安くすることを約束することで、顧客を呼び込もうとしている。 3月16日までのキャンペーン期間中については、8キロ以内の注文に限り無料配送を実施している。「AirAsia …

AirAsia X Airbus A330-343 9M-XXI D7533, Departed to Kuala Lumpur from Osaka Kansai Int’l Airport
Creative Commons Attribution 2.0 Generic via Wikimedia Commons

TodayOnline によると、低予算航空会社 AirAsia は3日、シンガポールでフードデリバリサービスを開始した。シンガポールでは同様のサービスの競争が激化しているにもかかわらず、エアアジアは競合他社と比較して配送料を5%安くすることを約束することで、顧客を呼び込もうとしている。

3月16日までのキャンペーン期間中については、8キロ以内の注文に限り無料配送を実施している。「AirAsia Food」の web サイトやアプリで注文を予約することができ、このサイトやアプリではフライトの予約も可能だ。AirAsia Group の CEO Tony Fernandes 氏は、オンライン記者会見で、同社のフードデリバリアプリには配達員を探すための「地図」などの機能が無いなど、ムダな部分がないと述べた。

シンガポール航空のようなムダな部分が AirAsia に無いのと同様、AirAsia Food には(地図が)無い。ドライバがどこにいるかを知る必要はないと考えている。

Image credit: AirAsia

AirAsia Food は現在、Swee Choon Tim Sum、Maki-san、PizzaExpress、Indian Wok など24の飲食店を取り扱っており、さらに300以上の食品事業者と協議中だ。また、AirAsia Food は、タイ、インドネシア、フィリピンでも年内にフードデリバリサービスを開始する予定だ。シンガポールでは、日本からの輸入魚や韓国からのショートリブを48時間以内に自宅配送で直接注文できる生鮮食品宅配市場への参入計画も明らかにしている。

新型コロナウイルスは東南アジアのフードデリバリ市場を加速させるとともに、旅行会社やホスピタリティ企業に大きな打撃を与えた。ロックダウンにより、この地域の多くの人がフードデリバリサービスを提供するアプリをダウンロードするよう促され、ダウンロード数は昨年3月と4月に2〜2.5倍増加した

AirAsia は急成長の可能性のある分野に賭けており、このようなトレンドからフードデリバリ分野に参入することになったが、他の収入源にも目を向けている。しかし、AirAsia は、Grab、Deliveroo、Foodpanda のような確立された市場リーダーに対抗できるだろうか? 時間がその答を教えてくれるだろう。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録