THE BRIDGE

タグ AirMarkr

ベルリンを拠点にグローバルなチームを率いる「AirMarkr」ファウンダー 田中美保さん【後編】

SHARE:

本記事は、ベルリンと東京のスタートアップシーンをつなぐプラットフォーム「bistream」からの転載です。前編はこちら。 AirMarkr ファウンダー、田中美保さん 世界各地の優秀なメンバーがAirMarkrに集まる 田中さん一人で立ち上げたAirMarkrも、イベントやカンファレンスなどを通じて外部に露出する機会を増やし、少しずつ人脈を築くなかで、協力してくれる仲間が増えていった。 AirMa…

本記事は、ベルリンと東京のスタートアップシーンをつなぐプラットフォーム「bistream」からの転載です。前編はこちら。

mihotanaka02AirMarkr ファウンダー、田中美保さん

世界各地の優秀なメンバーがAirMarkrに集まる

田中さん一人で立ち上げたAirMarkrも、イベントやカンファレンスなどを通じて外部に露出する機会を増やし、少しずつ人脈を築くなかで、協力してくれる仲間が増えていった。

AirMarkr のプロトタイプ開発に協力してくれたSandra SchumannさんとAndres Erbsenさんは、ベルリンのスタートアップイベントhy! Berlinが主催するサンフランシスコツアー中に人づてに紹介してもらった「数学の天才」だ。当時、高校生だった二人は、卒業前に AirMarkr のプロトタイプづくりに協力してくれた。そのプロトタイプは、国際カンファレンス Augmented World Expo で発表。勉強のためにも、そういう機会にはどんどん参加していった。

AirMarkr は現在、彼女と数名のメンバーが集まって開発にあたっている。以前NASAで衛生通信の開発に携わっていた Conor Haines さんがCTOとして参加。人工知能と群ロボット工学を専門に研究する Roman Miletitch さんもチームに加わった。こうした世界各地の優秀な人材ががAirMarkrに参加するのも、それだけビジョンに惹き付けられるものがあるからだろう。

昨今、モーショントラッキング技術の活用に対する注目度は高まっており、アプリ開発に使用できる精度の高いSDKも増えている。だが、AirMarkr が開発の際に掲げるビジョンは、あくまで人間とデバイスを自然につなぐこと。そして、AirMarkr を使うことによる「楽しさ」を生み出すことだ。

airmarkrteamAirMarkrチームのミーティング。CTOのConor Haines が最新のプロトタイプをチームに共有しているところ。ミーティングは基本的にビデオ会議で行っている。

ミュージシャンImogen Heapとのコラボレーション

最近ではイギリスのミュージシャンImogen Heapとのコラボレーションで注目を集めた。Imogen Heapといえば、「音を奏でるグローブ」をキックスターターで資金募集したことが話題になったが、彼女のパフォーマンスのビジュアル製作にAirMarkr が参加したのだ。

Imogenがグローブで演奏する音楽に合わせて、AirMarkrのメンバー Roman Miletitch さんがリアルタイムでビジュアルを加え、共に表現空間をつくりあげていった。

imogenprojectミュージシャン Imogen HeapとAirMarkrのコラボレーション (Photo credit: Adrian Lausch)

「自分がまったく知らない言語と文化のある国に行きたかった」

もともと、田中さんがベルリンにやってきたのは、今から約4年前のことだ。

渡独前は、ニュージーランドのクライストチャーチで、デジタルコミュニケーションを使ったマーケティングの仕事をしていた。彼女は、クライストチャーチの研究機関Human Interface Technology Laboratory New Zealand(HITラボNZ) を前身とする Motim Technologiesで、AR(拡張現実)を活用したアプリのアイデアづくりに関わっていた。

新しい形の人間とテクノロジーのコミュニケーションをテーマに研究を進めていたHITラボNZの試みに、田中さんは長いあいだ興味をもっていた。彼女は HITラボNZ の人々と少しずつ人脈をつくり、「一緒に仕事がしたい!」とアピールし続けた結果、マーケティングツールとしてのアプリのアイデアをつくる「コンセプター」というポジションをつくってもらったのだという。

一方でこの時期、仕事は充実していたものの、これまでの環境とはまったく異なる場所で暮らしてみたいという思いも募っていた。「自分がまったく知らない言語と文化のある国に行きたかったんです」田中さんは言う。そうした観点からベルリンを選び、渡独を決意。とはいえ渡独直前には、クライストチャーチでの充実した仕事、素敵なフラットをあきらめ、気の置けない仲間の元を去ることに対する不安が押し寄せてきたという。

だが、そんな不安もベルリンに到着して、すぐに吹っ飛んだ。

「ベルリンに到着したのが10月だったのですが、本当にすばらしい季節で。紅葉で黄金に輝く街を見て、ああこの街が大好きだって感じて。その瞬間にベルリンに恋したんです」

発達した都市ながらも緑が豊かで、坂の少ないベルリンは、どこか故郷クライストチャーチを彷彿とさせるという。

「スタートアップをやる上では、ベルリンはとても良い場所です。イベントも多いし、色々な人がつながっていく場所だから」

現在 AirMarkr のメンバーは世界各地におり、普段はビデオカンファレンス等を通してプロジェクトを進めている。それでも、田中さんはベルリンを離れるつもりはないそうだ。

「ベルリンがとにかく大好きなんです。特にスタートアップをやる上では、ベルリンはとても良い場所です。イベントも多いし、色々な人がつながっていく場所だから」

そんな彼女自身もまた、ARのミートアップ「AR Berlin」を主催し、ARに興味のある人々の集まる場をつくっている。

なにげない友人との会話がきっかけで生まれた AirMarkr のアイデアだが、ハッカソンを通じて息が吹き込まれ、イベントへの参加など地道な行動を重ねることで、共感する仲間も増えていった。田中さんの情熱と行動力によって、形づくられ、膨らんでいった AirMarkr の次なるターニングポイントはどこになるのだろう? 今後もきっとまた、AirMarkr に関するエキサイティングなニュースを届けることができるはずだ。

----------[AD]----------

空間に描いたものを形にできるツールをつくりたい:ベルリンの「AirMarkr」ファウンダー 田中美保さん【前編】

SHARE:

本記事は、ベルリンと東京のスタートアップシーンをつなぐプラットフォーム「bistream」からの転載です。 AirMarkr ファウンダー、田中美保さん(Photo credit: Christoph Heinrich) ベルリンのスタートアップシーンで活躍する人々の顔ぶれは非常にインターナショナルだが、その中でもひときわ大きな存在感を放っている日本人女性がいる。「AirMarkr」のファウンダー…

本記事は、ベルリンと東京のスタートアップシーンをつなぐプラットフォーム「bistream」からの転載です。

mihosan_hyAirMarkr ファウンダー、田中美保さん(Photo credit: Christoph Heinrich)

ベルリンのスタートアップシーンで活躍する人々の顔ぶれは非常にインターナショナルだが、その中でもひときわ大きな存在感を放っている日本人女性がいる。「AirMarkr」のファウンダー、田中美保さんだ。

AirMarkr がつくろうとしているものは、空間に物を描き、それを形にできるスマートフォンアプリだ。どんなものか想像が難しいかもしれないが、以下の動画から彼女が AirMarkr で実現しようとしている未来の一部をのぞくことができる。これは、昨年春にベルリンで開催されたスタートアップイベント hy! にて、田中さんが発表したプレゼンだ。

このプレゼンで説明されているように、AirMarkr は自分のスマホで空間に描いた物を、そのまま3Dプリンターで実際の物として形にすることを目指すツールだ。一般ユーザーが楽しみながら使えるツールであろうことはもちろん、建築家やデザイナーなど、デザインを形にすることが求められるプロフェッショナルのあいだでも大いに活用される可能性を秘める。

たとえば、ファッションデザイナーがモデルの上にそのまま洋服をデザインしたり、設計したいと思い描く建築を建てたいその場所で空間に描いたり。プレゼンを聞いていた観客の多くが目を輝かせていたように、AirMarkrが描く「未来のデザイン・ものづくり」は、人をワクワクさせる楽しさにあふれている。

そもそも、なぜ田中さんは AirMarkr というプロジェクトをスタートさせたのだろう? 田中さん本人に、AirMarkrを思いついたきっかけや仲間探しの際の苦労、ベルリンに来たきっかけなどを伺った。

友人との会話から思いついた「AirMarkr」のアイデア

AirMarkr のアイデアが生まれたのは、友人とのなりげない会話がきっかけだったという。ある日ベルリンで、田中さんがアプリ開発者の友人と、光で文字を書くライトライティングアプリについて話をしていたときのこと。

友人は2台のスマホを使って、片方が光を出し、片方がカメラでそれを撮影するというアイデアを語り始めた。その話を聞きながら、田中さんはアイデアを思いつく。自らスマホを動かして、それを形にするアプリだ。「スマホさえあれば、自分一人で空間に描いたものを形にできるアプリ。この方がぜったいに面白いに決まってる」直感的にそう感じた。この時のアイデアが元となり、AirMarkr のプロジェクトがスタートすることになる。

とはいえ、このとき直感的に面白いと感じたこのアイデアも、いざそれをつくるという行動にはすぐに至らなかった。

転機となったStartup Weekendへの参加

転機が訪れたのは、彼女がベルリンで開催されたCampus Partyという世界的に有名なテクノロジーフェスティバルに参加したときのことだ。新しいプロダクトを生み出したかった田中さんは、Campus Party中に開催されたハッカソンイベントStartup Weekendに参加する。

Startup Weekend はアイデアをプレゼンし、チームを組み、プロトタイプをつくるという構成になっている。田中さんは、温めていたアイデアがあったものの、いざプレゼンテーションの準備をしようというときになって、一つの壁にぶちあたった。ドイツ語だ。ドイツ国内のスタートアップ育成をミッションに掲げていたStartup Weekend はドイツ語で開催されていたのだ。

自分がプレゼンしようとしていたアプリの機能は少々複雑であったため、ドイツ語でのプレゼンの準備は難航した。そんなとき、ふと AirMarkr のアイデアがよみがえってきたという。あれなら動作も交えながらプレゼンすれば、コンセプトを伝えられるかもしれない。そう感じた田中さんは、当初のアイデアを切り替えて、AirMarkr をプレゼンすることに決めた。

プログラマー探しに苦戦

Google翻訳を駆使しながら準備したドイツ語での説明と身振りを交えた AirMarkr のプレゼンは好評を奏した。プレゼンの次はチームづくりだ。だが、さらなる問題にぶちあたった。プログラマー探しだ。チームを組もうにも、AirMarkr を形にできるプログラマーが周囲にいなかったのだ。さらに、アプリのベースとなるモーショントラッキング技術をプログラムするというのは特に難易度を極める技術で、それを実現できるプログラマーというのは非常に少ない。

プログラマーが見つからずに焦っていた田中さんは、とりあえず周囲の人に相談しまくった。そして、ようやく人づてに紹介してもらったのが、Sebastian Mauer さんだ。彼の協力を得て、完成したプロトタイプをファイナルプレゼンテーションで発表した結果、3位入賞に輝く。そのプレゼンは、取材に訪れていたBBCにも注目され、短く紹介された。こうして、ひょんな友人との会話からアイデアが生まれた AirMarkr が、少し形になった。2012年8月のことだ。

フルタイムの仕事を辞め、「AirMarkr」に専念することを決意

この体験がきっかけで AirMarkr の手応えを感じた田中さんは、本腰を入れて AirMarkr に取り組む決意をする。勤めていた会社はその年の年末に退職し、すべての時間を AirMarkr に注ぐことにした。

とはいえ、これから開発を進める段階のプロジェクトに参加してくれる仲間を集めることは簡単ではなかった。優秀なプログラマーが超高額な報酬でトップテクノロジー企業に引き抜かれてしまう環境の中で、まだ形がぼんやりとしか見えていない AirMarkr にエンジニアが参加するのためらうのは、普通の反応だ。

それでも、イベントやカンファレンスなどで AirMarkr をプレゼンする機会を増やし、そうした機会を通じて地道に人脈を築くなか、仲間は増えていった。

後編につづく。

----------[AD]----------