BRIDGE

タグ and factory

「エグジットのみをゴールとしない支援を」ーーand factoryがインキュベーションプロジェクト「&AND INCUBATION」を開始

SHARE:

IoTホステルの企画運営やスマートフォンアプリ開発を事業とするand factoryは2月2日、インキュベーションプロジェクト「&AND INCUBATION(アンドインキュベーション)」を開始することを発表した。新規事業の共同開発などを事業とするQUANTUMおよび希キャピタルパートナーズとの業務提携により、運営される。 &AND INCUBATIONは同社が選定した支援先の企業…

2018-02-02 9.25.50
and factory執行役員CFOの水谷亮氏

IoTホステルの企画運営やスマートフォンアプリ開発を事業とするand factoryは2月2日、インキュベーションプロジェクト「&AND INCUBATION(アンドインキュベーション)」を開始することを発表した。新規事業の共同開発などを事業とするQUANTUMおよび希キャピタルパートナーズとの業務提携により、運営される。

&AND INCUBATIONは同社が選定した支援先の企業に対して、1社あたり数百〜数千万円の出資を実施。さらに同社が持つスマートフォンサービスやIoTの活用に関するノウハウなどを提供する。出資の総額などは現段階では設けられていないが、年間では10件程度の出資を目指す予定だ。同社執行役員CFOの水谷亮氏によれば、出資対象はスタートアップやITを主事業とする企業のみでなく、たとえば5年、10年と営業してきたアパレルなども対象になるということだ。

「スマホ活用のノウハウはIT企業以外にも役立つ部分が多くあります。今回のプロジェクトはユニコーンのような企業への投資というよりは、安定しているけど伸び悩みを抱える企業の第二創業などに役立ててもらいたいと思っています。たとえば工場の管理で人の部分をIoT化したり、ECのノウハウで顧客層を広げるといったことができるという考えです」(水谷氏)

2014年に設立された同社は50個以上の自社アプリを開発、IoT体験型宿泊施設「&AND HOSTEL」などを手がけている。今回は事業ノウハウ以外にも採用やコーポレート部分への支援、場合によっては同社とのプロジェクトの発足や開発人員の支援なども検討していく意向だ。

またファンドの形態ではなく、業務提携を実施するQUANTUMや希キャピタルパートナーズとは共同出資しない可能性もあるという。各社が出資先の選定や出資の決定をし、ノウハウを全社で共有する形で運営される。「エグジットを目指す企業だけが対象ではなく、共同開発などで共に取り組みが可能な企業へ出資する」ということだ。

今後出資先はプログラムでの募集などではなく、受託開発事業などで関わりのある企業などから選定していくという。

----------[AD]----------

IoTホステル運営のand factory、アルメックスと簡易宿所向けの宿泊業務管理システム「innto」を共同開発

SHARE:

IoTホステルを運営するand factoryは1月25日、ホテル向け宿泊管理システムなどを開発・提供するアルメックスと共同で簡易宿所向けの宿泊管理システム「innto」を開発したことを発表した。2018年3月より提供を開始する。 同サービスは予約やゲストの管理機能、プランや料金の設定などホステルやカプセルホテルといった簡易宿所の営業に必要な管理機能を揃えた宿泊管理システム。初期導入費用は無料で、…

d14185-71-908030-13.jpg
写真は25日に開かれた記者会見の様子。写真左よりアルメックス取締役常務執行役員の坪井将之氏、アルメックス代表取締役社長の馬淵将平氏、and factory代表取締役CEOの小原崇幹氏、and factory執行役員の飯村 洋平氏

IoTホステルを運営するand factoryは1月25日、ホテル向け宿泊管理システムなどを開発・提供するアルメックスと共同で簡易宿所向けの宿泊管理システム「innto」を開発したことを発表した。2018年3月より提供を開始する。

同サービスは予約やゲストの管理機能、プランや料金の設定などホステルやカプセルホテルといった簡易宿所の営業に必要な管理機能を揃えた宿泊管理システム。初期導入費用は無料で、クラウド型のためPCやタブレットからの利用が可能。月額料金は最低5980円から利用することができる。

カプセルホテルやホステルなどの簡易宿所の増加を背景に、小規模および中規模の宿泊施設や簡易宿所に適した宿泊管理システムの提供を目指す同サービス。365日24時間の問い合わせ受付や電話、対面によるサポート体制を備えている。

d14185-71-764227-11.jpg

運営体制はU-SEN NEXTグループのアルメックスが顧客への販売とサポート、and factoryがシステム開発および運用を担う。今後は自動精算機や簡易宿所内のIoTデバイスなどとの連携も進めていく意向だ。

Source:PRTIMES
----------[AD]----------

IoTホステルを展開するand factoryが秋葉原と神田に新規店舗をオープン、「おやすみ」の一言で室内が就寝環境に

SHARE:

IoTを活用した住居やホステルを提供するand factoryは1月18日、スマートホステルブランド「&AND HOSTEL」の新規2店舗をオープンすることを発表した。4号店「&AND HOSTEL AKIHABARA」を1月20日に、5号店「&AND HOSTEL KANDA」を2月20日にそれぞれ開業する。 IoTを駆使したホステルを展開するブランド「&AND HOSTEL」。宿泊者に対してチ…

スクリーンショット 2018-01-18 12.26.01.png

IoTを活用した住居やホステルを提供するand factoryは1月18日、スマートホステルブランド「&AND HOSTEL」の新規2店舗をオープンすることを発表した。4号店「&AND HOSTEL AKIHABARA」を1月20日に、5号店「&AND HOSTEL KANDA」を2月20日にそれぞれ開業する。

IoTを駆使したホステルを展開するブランド「&AND HOSTEL」。宿泊者に対してチェックイン時にスマートフォンを貸し出し、同社が開発したIoTデバイスを一元管理できるプラットフォームアプリ「&IoT」により室内の様々な家電の操作が可能だ。ドアの開錠や施錠、室内灯やテレビのON・OFFなどのIoT空間の体験ができる。

またスマートスピーカーが室内に設置されており、「外出」「リラックス」「集中」「起床」「就寝」の5シーンを指定すると、居室内のIoTデバイスが作動し、快適な環境を自動で整える仕組みになっている。たとえば「おやすみ」では、照明の光量調節やリラックスできるアロマの香り、快適な睡眠のための音楽が流れるといった7つのデバイスが一斉に起動する。

d14185-70-675156-13.jpg

現在は福岡、赤坂、上野の3店舗を運営しており、2018年度に開業する2店舗では大崎電気工業の「HomeWatch」、ヤフーの提供するIoTプラットフォーム「myThings Developers」と連携。今後は2018年内を目処に同ブランドで10店舗の開業を目指す。

Source:PRTIMES

 

 

----------[AD]----------

IoT活用のスマートホステルをプロデュースするand factoryが横浜市、NTTドコモと共同で「未来の家プロジェクト」を開始

SHARE:

IoT機器を活用したスマートホテルをプロデュースするand factoryは6月22日、横浜市およびNTTドコモと共同でIoTおよび人工知能(AI)を活用した快適な室内環境づくりを検討・推進する「未来の家プロジェクト」を開始することを発表した。同プロジェクトは横浜市が立ち上げた「I・TOP横浜」の一環で、横浜市の経済発展やビジネス創出を目指している。 本プロジェクトでは横浜市内のIoT機器メーカー…

d14185-59-289368-2.jpg

IoT機器を活用したスマートホテルをプロデュースするand factoryは6月22日、横浜市およびNTTドコモと共同でIoTおよび人工知能(AI)を活用した快適な室内環境づくりを検討・推進する「未来の家プロジェクト」を開始することを発表した。同プロジェクトは横浜市が立ち上げた「I・TOP横浜」の一環で、横浜市の経済発展やビジネス創出を目指している。

本プロジェクトでは横浜市内のIoT機器メーカーや中小企業などと協力し、IoT家電やセンサーを実装した「IoTスマートホーム」を構築。(IoTスマートホームはNTTドコモの商標)約2年間にわたり、IoTスマートホームで実証実験を実施して生活ログを蓄積・解析する。

d14185-59-536778-9
IoTスマートホームのイメージ。洗面台の前に埋め込まれた体重計に乗ると現在の体重がスマートミラーに表示される/PRTIMES内プレスリリースより

IoTスマートホームには、座るだけで心拍数が計測されるソファーや睡眠の深さや呼吸を計測することができるベッド、スマートロックなどの17種類のIoT機器が設置される。このIoT機器はスマートフォンにより制御され、アプリ上でデータの閲覧やIoT機器の操作が可能だ。これらにより快適な居住空間を目指すほか、健康管理面に関しても便利な設計を目指す。

d14185-59-619972-0 (1)
アプリケーションイメージ/PRTIMESプレスリリース内より

同社はスマートホステル「&AND HOSTEL」のプロデュース経験とプラットフォームアプリ「&IoT」の開発実績を活かし、今後の実証実験からの事業化やIoTスマートホームの普及を推進していく役割を担っていく。

Source:PRTIMES

----------[AD]----------