BRIDGE

タグ ARM

2035年に1兆台、爆増するIoTデバイスは本当に安全?ーーソフトバンク傘下のARMがセキュリティ業界フレームワークを発表

SHARE:

モノのインターネット(Internet of Things・以下、IoT)は日々、モノをお互いに接続させているので、多くの接続ポイントが生まれる。同時にセキュリティや脆弱性の脅威も高まることになる。ということで、チップ設計を手がけるARMは本日、1兆個にも及ぶ接続デバイスをセキュアに保護するビジョンを発表した。 ARMは接続されたデバイスのセキュリティ基盤を定義する「Platform Securi…

arm-security.jpg
Above: ARM is moving to secure the Internet of Things.
Image Credit: ARM

モノのインターネット(Internet of Things・以下、IoT)は日々、モノをお互いに接続させているので、多くの接続ポイントが生まれる。同時にセキュリティや脆弱性の脅威も高まることになる。ということで、チップ設計を手がけるARMは本日、1兆個にも及ぶ接続デバイスをセキュアに保護するビジョンを発表した。

ARMは接続されたデバイスのセキュリティ基盤を定義する「Platform Security Architecture」と呼ばれる共通の業界フレームワークを提案した。さまざまなクラウド、ハードウェア、チップ製造パートナーから支持を集めているという。もちろんこれは歓迎すべきアイデアである一方、企業が真っ先に考えるべきセキュリティについて考慮せず、IoT製品をリリースしていたことを認めた、という意味にも捉えることができる。

つまり、だ。この見落としは、現状のユーザーを危険に晒したままにしているのだ。

ARMはIoTアプリケーションに使われているARM Cortexプロセッサに新しいセキュリティ技術を組み込んでいるとIoT担当エグゼクティブである、ポール・ウィリアムソン氏はブログ記事で説明している。彼はいかなるデバイスもセキュリティに関して問題を残してはいけないと強調した。

「1年前のARM TechConイベントにおいて、ARMとソフトバンクの孫正義会長は2035年に1兆台のデバイスを接続可能にするというビジョンを発表しています。TechCon 2017に先立ち、ARMはこれらの1兆個のデバイスの安全をどのようにして確保するのかについて話を進めています」。

またウィリアムソン氏は「この信頼性を獲得するためには、生活の中でより多くのエントリーポイントを見つけるために、脆弱性を絶え間なく探し求めているハッカーたちと戦い続ける必要性がある」と警鐘を鳴らし、そして「このことは、セキュリティがデバイスからクラウドへのバリューチェーンのすべての部分にわたって補完的なものになることはできないことを意味している」と続けた。

ARMは2021年までに1,000億個のチップを出荷する予定だそうだ。同社はこれまでの22年間で500億個のチップを出荷したが、モノのインターネット需要が爆発し、この4年間で同じ個数を出荷している。そしてその数量はこれまで以上に多くの接続デバイスが作成されるようになればなるほど大きくなる。ARMはIoTデバイスが多様化することで、さまざまな開発ベンダーが増えることを予想している。つまり、彼らに対して何らかの共通のセキュリティ基盤が必要になるのだ。

Platform Security Architecture(PSA)は、セキュリティ解析、ハードウェアとファームウェアアーキテクチャの仕様、およびTrusted Firmware-Mと呼ばれるファームウェア仕様を実装するためのオープンソースリファレンスデザインを提供する。

「PSAは、IoTセキュリティの経済における根本的な転換であり、今日のIoTセキュリティに関連するコスト、時間、リスクを削減するために、生態系が共通ルールを構築することを可能にします」(ウィリアムソン氏)。

ARMは当初、ARMv8-MシステムのTrusted Firmware-Mをターゲットにしており、2018年初頭にソースコードのリリースが予定されている。ウィリアムソン氏はまた、バリューチェーンのすべての部分においてセキュリティがもはや不可欠になっているという、基本的な指針を受け入れる必要があるとも指摘している。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

----------[AD]----------

ARMは5年間で人工知能性能を50倍以上に向上させる

SHARE:

ARMは本日(編集部注:原文掲載日は5月28日)、初のDynamiqプロセッサ・デザインを発表し、同社は今後3〜5年間で人工知能(以下、AI)の性能を50倍以上向上させると発表した。 新しいファミリーは、AI処理をエッジからクラウドに広げることを目指している。プロセッサには、ハイエンドで大規模なシングルスレッドコンピューティングパフォーマンスを実現するARM Cortex-A75、 高性能プロセッ…

arm-dynamiq
上:ARMのDynamiqプロセッサはAIの性能を向上させる/画像提供:ARM

ARMは本日(編集部注:原文掲載日は5月28日)、初のDynamiqプロセッサ・デザインを発表し、同社は今後3〜5年間で人工知能(以下、AI)の性能を50倍以上向上させると発表した。

新しいファミリーは、AI処理をエッジからクラウドに広げることを目指している。プロセッサには、ハイエンドで大規模なシングルスレッドコンピューティングパフォーマンスを実現するARM Cortex-A75、 高性能プロセッサであるARM Cortex-A55、 さらにグラフィック性能が40%向上したプレミアムモバイルデバイスでのバーチャルリアリティ、ゲーム、およびマシン学習の可能性を広げるARM Mali-G72グラフィックスプロセッサを含む。ARMの提携会社は2018年にチップを発売する予定である。

ARMのComputeProducts Groupの副社長兼ゼネラルマネージャであるNandan Nayampally氏はより良いAI処理のためにはコンピューティングアーキテクチャの基本的な変更を(スマートフォンやラップトップなどの)ネットワーク末端にあるコンピューティングとクラウドに接続されたコンピューティングとの間で、より高速で効率的な分散インテリジェンス装置を用いて行う必要があるとブログで説明している。

最近の調査データでは世界の消費者の85%がAI技術のセキュリティ面に不安を持っているため、ここにはセキュリティの確保も必要であるとNayampally氏は述べている。

arm-dynamiq-2
上:ARM Dynamiqの目的はAI処理/画像クレジット:ARM

英国ケンブリッジに本社を置く同社がこの3月に試作発表したARM DynamIQ技術は、インテリジェンスをエッジからクラウドに配布することでAI処理を向上させる。ARMのTrustZoneセキュリティ技術を使用し、Dynamiqbig.LITTLE処理のマルチコア機能と柔軟性を活用する。つまり、小型で電力効率の高いコア(LITTLE)と大規模で強力なコアを同じコンピューティングデバイスに組み合わせることになる。この組み合わせにより、内容や制限時間にかかわらず柔軟に処理することがより可能になる。またARMは、この新しいチップに自動運転のための安全関連技術も搭載する予定だ。

ARM Mali-72グラフィックプロセッサは、Bitfrostアーキテクチャをベースにしており、デバイスで直接実行されるデマンドマシンラーニングアルゴリズム用に設計されている。また、モバイルゲームやモバイルVR用のハイエンド3Dグラフィックスを扱うこともできる。

「私はARMに入って数十年以上だが、当社が標榜する効率性を犠牲にすることなく、シングルスレッドのパフォーマンスにこのような性能アップをもたらす製品に、未だかつて無い程興奮している」とNayampally氏は語り、このように続けている。

「Cortex-A75はパフォーマンスが50%向上し、マルチコア機能が強化され、提携先企業はあらゆるスマートフォンが内包する電力プロファイル、ラップトップ、ネットワーキング、サーバなどの複数の高性能な利用に対応することができる」

Cortex-A55は、2013年に発売されたCortex-A53に準拠しており、ARMの提携先を通じて15億ユニット出荷されている。

「Cortex-A55は、一般的なフォローオン製品では無い。 Cortex-A55は専用のAIコマンドを使用し、いくつかの使用例では2.5倍以上の効率を実現し、世界で最も汎用性の高い高性能プロセッサに位置づけられている」と、Nayampally氏は述べている。

arm-dynamiq-3
上:ARM Dynamiq CPUは、さまざまな用途に使用されている/画像クレジット:ARM

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

----------[AD]----------

英ARM「mbed OS」を発表、IoTデバイスの開発を促進するか

SHARE:

英ARM社は、2014年10月1日~3日に開催された「ARM TechCon 2014」で「mbed OS」を発表した。IoTデバイス向けのオペレーティングシステムとして期待されている。同社が提供するプロセッサ「Cortex-M」シリーズ向けのOSだ。 これまで、IoTデバイスに通信機能を組み込むためにLinux等のPC向けOSを利用した機器もあった。テレビやレコーダーなどの大型のハードウェアなら…


mbed OS
ARM社は、2014年10月1日~3日に開催された「ARM TechCon 2014」で「mbed OS」を発表した。IoTデバイス向けのオペレーティングシステムとして期待されている。同社が提供するプロセッサ「Cortex-M」シリーズ向けのOSだ。

これまで、IoTデバイスに通信機能を組み込むためにLinux等のPC向けOSを利用した機器もあった。テレビやレコーダーなどの大型のハードウェアならそれでも問題ないが、小型の組込み機器においてはメモリ不足やハードウェアのスペック不足で、PC向けのOSでは利用が難しかった。

今回のmbed OSは処理能力が低く、制約のある環境でも動作するように作られており、小型のIoTデバイスへの組み込みに非常に適しているという。ネットワーク機能については、Wi-Fi、Bluetooth Smart、Thread、6LoWPANやLTEをはじめとする各種携帯通信をサポートしているとのことだ。

mbed OS

IoTデバイスを開発するメーカーは、OSの機能以外の部分のソフトウェアを開発すればよいので、開発期間の短縮、開発コストの削減につながることとなる。

ARM社によれば、mbed OSはその大部分をオープンソースとし無料で提供するとしている。2014年10月にα版の提供を開始、2015年8月にはβ版の提供予定で、10月には正式リリース予定だという。

mbed OSにより開発が容易になれば、今後多くのIoTデバイスの登場を促進することになりそうだ。

----------[AD]----------