BRIDGE

タグ Blacksmith Genesis

1台2役、3Dスキャンもできる3Dプリンター「Blacksmith Genesis」がIndiegogoで資金を調達

SHARE:

3Dプリントしたい対象物をスキャンしてそのまま出力できる3Dプリンター「Blacksmith Genesis」が登場、現在Indiegogoで資金調達を成功させた。 開発したのはシンガポールの3DプリンタメーカーBlacksmith。3Dスキャンの範囲は直径210mm×高さ160mmで、レーザーでスキャンを行う。最大ボリュームで6分程度でスキャンが完了する。3Dモデリングのためのソフトウェアは無料…


Blacksmith Genesis

3Dプリントしたい対象物をスキャンしてそのまま出力できる3Dプリンター「Blacksmith Genesis」が登場、現在Indiegogoで資金調達を成功させた。

開発したのはシンガポールの3DプリンタメーカーBlacksmith。3Dスキャンの範囲は直径210mm×高さ160mmで、レーザーでスキャンを行う。最大ボリュームで6分程度でスキャンが完了する。3Dモデリングのためのソフトウェアは無料で付属し、スキャンした対象物の3Dデータを簡単にカスタマイズできるようになっている。対応OSはWindows、MacOS、Linux。

また「Blacksmith Genesis」にはカメラを内蔵しており、3Dプリンターの傍にいる必要なく、いつでもスマートフォンで3Dプリンターの出力状況を確認することができるのもユニークだ。

20140824_blacksmith2

3Dプリンターの仕様は積層方式、最大造形サイズは直径230mm×高さ160mm、最小積層ピッチは50μm、フィラメントは1.75mmのPLA。

Blacksmith Genesisは、プラットフォーム側はまるでターンテーブルのようにくるくる回りながら、出力部分のノズルは回転の中心と外周を結ぶ直線方向に移動しながら出力する。ちなみに通常の3Dプリンターは、プラットフォーム側とノズル部分がX軸Y軸Z軸で動いて出力しているものがほとんど。

Blacksmith Genesisは、現段階で、1395ドル(約14万円)からのIndigogoから入手可能。市販予定価格は2200ドル、日本への追加送料は無料となっているという。

3Dスキャン&コピーも可能な3Dプリンター「Blacksmith Genesis」

SHARE:

3Dスキャナーを搭載し、コピーも可能となるコンパクトな3Dプリンター「Blacksmith Genesis」が開発中だ。現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで支援を募集している。目標額が75,000ドルのところ、約60,000ドルを調達している。 3Dプリンターに3Dスキャナー機能を統合することで、個別に買うよりもコストの削減が可能。スキャナーでデジタル化されたオブジェクトは修正し…


20140720220602-Blacksmith_Genesis_Photo

3Dスキャナーを搭載し、コピーも可能となるコンパクトな3Dプリンター「Blacksmith Genesis」が開発中だ。現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで支援を募集している。目標額が75,000ドルのところ、約60,000ドルを調達している。

3Dプリンターに3Dスキャナー機能を統合することで、個別に買うよりもコストの削減が可能。スキャナーでデジタル化されたオブジェクトは修正したり、新しい3Dオブジェクトに組み合わせたりすることができる。

レコードプレーヤーのターンテーブルのようにプラットフォームを回転させてプリントを行う機構になっている。これにより、「Blacksmith Genesis」は従来の3Dプリンターよりも小型化することに成功している。また、この機構は3Dスキャンにも最適だという。

20140808002436-remotelivemonitoring

カメラを内蔵しており、スマートフォンからプリントの様子をモニタリングすることができる。自動でエラーも検出し、離れた場所からプリントを停止させることも可能とのこと。

最大造形サイズは直径230mm × 高さ160mm、最大解像度0.05mm、ノズル径0.4mm、対応フィラメントはPLA。スキャンサイズは直径210mm × 高さ160mm、スキャン速度Approx. 6 Minutes。本体サイズは320mm × 250mm × 410mmで、重さは11kgとなっている。

現在行われているキャンペーンでは早期購入者向けの1200ドルの枠が既に売り切れており、1395ドルから入手可能となる見込み。小売価格は2200ドルになる予定だ。発送は2015年1月以降となる予定とのこと。なお、日本を含む70か国への送料が無料となっている。