タグ CakeResume

マイナビも出資、アジア最大の職業SNSを目指す台湾発「CakeResume」

CakeResume の創業者兼 CEO Trantor Liu(劉君羿)氏に最後にインタビューしてから5年が経った。彼は、一人で始めたスタートアップを、今や30人以上の強力なチームに育て上げ、世界中で220万人以上の登録ユーザと、データベースに登録された50万人以上のレジュメという人材プールを持つまでに成長させたのだ。そして今、日本の人材派遣会社大手マイナビからのシード資金調達に成功し、さらに大…

2016年、香港で開催された RISE でピッチする、CakeResume の創業者兼 CEO Trantor Liu(劉君羿)氏
Image credit: Trantor Liu(劉君羿)氏

CakeResume の創業者兼 CEO Trantor Liu(劉君羿)氏に最後にインタビューしてから5年が経った。彼は、一人で始めたスタートアップを、今や30人以上の強力なチームに育て上げ、世界中で220万人以上の登録ユーザと、データベースに登録された50万人以上のレジュメという人材プールを持つまでに成長させたのだ。そして今、日本の人材派遣会社大手マイナビからのシード資金調達に成功し、さらに大きなシェアを獲得する準備が整っている。

我々はアジアの LinkedIn のアジア版となり、アジア太平洋地域で最大のプロフェッショナル向けソーシャルネットワークになりたいと考えている。(Liu 氏)

もしあなたが台湾のテック業界で働いているのなら、おそらく CakeResume のことをすでに聞いたことがあるかもしれない。この急成長中のプロフェッショナル・ネットワークは、求職者の履歴書作成を支援するだけでなく、Amazon Web Services、Google、MediaTek(聯発)、TSMC(台湾積体電路製造)など多くのテック企業と連携して、技術人材の採用を支援している。

CakeResume の創業者兼 CEO Trantor Liu(劉君羿)氏に前回インタビューした5年前から、明らかに多くのことが起こっている。起業当初は一人で経営していたが、今では30人以上のチームを率いて、世界中の何百万人ものユーザを支援している。もちろん、我々は、彼がどのようにスタートアップを成功に導いたか、そして、彼が将来どんな野心的な計画を持っているかについて、もう一度彼と話をしたいと思った。

LinkedInに挑み、アジア最大の技術者プールを構築

現在、CakeResume のユーザ数全世界で220万人を突破し、アジア太平洋地域にも積極的に進出している。

特に、インドネシアは急成長している市場であり、重点的に取り組んでいる。

UI 言語をたくさん用意し、ランディングページから登録ユーザへのコンバージョン率を見ていくのが我々の戦略だ。インドネシアの場合、コンバージョンレートが40%前後と高かったので、そこにチャンスを見出し、マーケティングや現地のインフルエンサーキャンペーンに投資し、この地域でのオンラインプレゼンスの確立に着手した。今では、インドネシアで「CV maker(履歴書作成ツール)」などのキーワードを入力すると、検索結果のトップ3に表示されるようになった。(Liu 氏)

Image credit: CakeResume

台湾で人材プールを構築した戦略と同様に、海外拡大に関しても、最初のステップは潜在的な候補者の大きなデータベースを開発することだと Liu 氏は説明する。

なぜなら、十分なユーザを獲得すれば、企業が人材採用の手助けを求めに来るからだ。

アジア太平洋地域への進出の最終目標は何か?

マイナビからのシードラウンドが成功した今、我々はより大きなシェアを獲得するためにさらに野心的になっている。アジアの LinkedIn に相当する存在になり、アジア太平洋地域で最大のプロフェッショナル向けソーシャルネットワークになりたいのだ。(Liu 氏)

Liu 氏によると、CakeResume は LinkedIn と多くの類似点があるが、求職者の履歴書を作成する方法が1つの重要な差別化要因になっているそうだ。

我々の競争優位性は、我々のプラットフォームが、デジタル世界における求職者のスキルや経験を最もよくアピールできる履歴書をデザインし、パーソナライズしていることだ。(Liu 氏)

Image credit: CakeResume

新たなパートナーシップと製品機能で成長を加速

CakeResumeは、Google や TSMC など、効果的な技術者採用がビジネスの成功に欠かせないテック大手とのパートナーシップを急速に拡大している。

TSMC の求人情報を見ると、技術関連の求人ばかりだ。適切な技術者を見つけるのは簡単ではない。これは、あらゆる規模の企業が、技術スペシャリストの人材プールにアクセスするために、我々を訪れていることの証しだ。(Liu 氏)

CakeResume が多くの技術者やソフトウェアの専門家を惹きつけるのは、CakeResume が履歴書をデザインする方法が、従来の履歴書の常識を覆すものだからだと、Liu 氏は言う。

我々の履歴書はマルチメディア形式で作られており、求職者は自分の強みをどのようにアピールするか、非常にクリエイティブに考えることができる。そのため、我々のプラットフォームは、最初の段階から技術系の人材を惹きつけた。彼らが自分を最大限にアピールするための方法を CakeResume は知っているからだ。(Liu 氏)

Image credit: CakeResume

CakeResume は、その成長を支えるために、公開プロフィールを設定する機能、雇用者が求職者に直接コンタクトを取るためのチャット機能、履歴書の校正を支援する Grammarly に似た機能など、新機能によってプラットフォームを革新し続けている。

もう一つの特徴は、誰もが記事や写真、その他達成した様々なプロジェクトをアップロードできる「ポートフォリオ」セクションだ。

我々は、技術系に強い人材プールを持っているが、あらゆる業界にわたってプレゼンスを拡大し、築いていきたいと考えている。例えば、小売業や接客業の方であれば、自分が作った料理のアルバムを作成することができる。(Liu 氏)

起業から成功まで

起業家としての歩みについて、Liu 氏は、常に野心的で、何百万人もの人々に影響を与えることができる優れた製品を作りたいと考えてきたと語る。当初は、自分一人でゼロから何かを作り上げようとするのは大変だったが、ビジネス開発からマーケティングまですべてを学ぶことができたので、それも学びのプロセスの一部だったと言う。

今では、チームをマネジメントする際、各部門をどのようにサポートし、必要なリソースを与えればよいかがわかるという。

私はソフトウェアの出身だが、スタートアップの創業者として、技術的なことだけでなく、ビジネス全般を知る必要があると最初から考えていた。(Liu 氏)

彼は、最初の資金を自分の貯蓄から確保する、ブートストラップ・スタートアップとしての謙虚な始まりを今でも覚えている。彼は1日18時間働き、時間とお金を節約するために、少なくとも6ヶ月間は毎日コンビニエンスストアでの買い物で食事を済ませた。

今振り返ってみると、本当に幸運なことに、すべてがうまくいったと思う。例えば、シードラウンドへの出資は、必要なときに必要なだけ行われたし、物事が適切なタイミングで行われるのは、運次第だと思う。だから、今のように成長できたことに、とても感謝している。(Liu 氏)

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録