タグ Cameo

インフルエンサーとNFTの架け橋になるか、Cameoの可能性/GB Tech Trend

SHARE:

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載 グローバルテックニュースでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。 ユーザーが有名人からの動画メッセージを購入できるプラットフォーム「Cameo」が、シリーズCラウンドで1億ドルを調達しました。今回のラウンドを経て、同社はユニコーンのステー…

1億ドル調達を発表した「Cameo」。Image Credit:Cameo。

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」掲載された記事からの転載

グローバルテックニュースでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。

ユーザーが有名人からの動画メッセージを購入できるプラットフォーム「Cameo」が、シリーズCラウンドで1億ドルを調達しました。今回のラウンドを経て、同社はユニコーンのステータスを獲得しました。

累計調達額は1億6,500万ドル以上。e.venturesがリードし、GV(旧Google Ventures)、AmazonのAlexa Fund、UTA Venturesなどの新たな戦略的投資家、SoftBank Vision Fund 2、Valor Equity Partners、Morgan StanleyのCounterpoint Global、既存投資家であるLightspeed、Kleiner Perkins、Spark Capital、Peter Chernin’s Chernin Group、Origin Venturesらが参加しています。

Varietyによると、これまでにCameoがファンのために制作したタレントビデオは200万本以上にのぼり、そのうち約80%は他人へのプレゼント(誕生日、お祝い、ローストなど)として予約されているそうです。2020年には、約1億ドルの総売上高(前年比4.5倍)を達成し、平均注文額は約25%増の約70ドルになったとのこと。また、過去3年間の合計を上回る130万件のメッセージを配信し、1万人以上のコンテンツプロバイダーが新たにCameoに参加。さらに、昨年は150人以上のパーソナリティが10万ドル以上の収入を得ています。

元々、Cameoの共同創業者であったDevon Townsend氏は短尺動画プラットフォーム「Vine」でファンを抱えていたインフルエンサーでもありました。同氏がファンコミュニティがどのような形で運営されているのかなどをよく知っていたことから、Cameoを正しいアプローチで立ち上げられたと言えるでしょう。

今でこそ名だたるインフルエンサーが参加しており多額の取引が発生していますが、サービス立ち上げ当時は5〜10ドル前後であれば課金してくれる「忠実なファン」を抱えるマイクロインフルエンサー獲得を戦略軸に据えていました。

Cameoがターゲットとしてたインフルエンサーは、高い意欲(Willingness)を持っていながら名声(Fame)は持ち合わせていない層の獲得を狙いました。こうした層は熱量の高いファンを往々にして抱えています。そこでインフルエンサーとファンを芋づる式に抱え込む「プロデューサー・エバンジェリズム・ストラテジー」と呼ばれる利用者自らが顧客を連れてくる拡大戦略に打って出ます。

さて、Cameoは盤石なインフルエンサーが稼ぐための収益プラットフォームを築きつつあります。「Fan Club」や、直接映像電話で話すサービス「Cameo Calls」を立ち上げる多角化にも意欲を見せています。ただ、それ以上に昨今のコレクタブル市場との相性に商機があると感じます。 最近話題となっている「NFT(Non-Fungible Token)」を活用したコンテンツ流通戦略がそれです。Cameoで取引される動画コンテンツは、唯一無二であることが絶対条件となるもので、インフルエンサーがその人だけのメッセージを込めることで価値が発生しています。コピーは認められません。

ブロックチェーン上にデジタルコンテンツの取引履歴を記録・公開でき、該当コンテンツが絶対的に唯一性を持っていることを証明できるNFTを組み込めば、Cameoのコンテンツを市場流通させる際に価値を裏付けすることができます。現にCameoのユーザーは自分がお金を払って受け取ったコンテンツをSNS上に公開していることから、コンテンツ流通志向を持っていることがわかります。NFTとしての取引も大いに行われることが予想されます。

現在はコンテンツ作成を依頼する際に料金が発生するモデルのCameoですが、今後はメッセージ動画作成依頼の業態から、NFT売買プラットフォームへと業態を変化させられる可能性を秘めます。インフルエンサーがデジタルNFTを取引できるプラットフォームになれば、いずれは「メタバース」や「バーチャル経済」にも繋がるサービスへと進化しそうです。

今週(3月29日〜4月3日)の主要ニュースへ

インフルエンサー・メッセージ動画を販売する「Cameo」が5000万ドル調達、ファンビジネスの新たなプラットフォームモデル

SHARE:

ピックアップ:Cameo raises $50M to deliver personalized messages from celebrities & influencers ニュースサマリー: 著名人のビデオメッセージのマーケットプレイスを運営するCameoが6月25日にKleiner Perkinsをリードインベスターとして5000万ドルの資金調達を実施している。本ラウンドにはChe…

Screen Shot 0001-07-29 at 12.05.08.png

ピックアップ:Cameo raises $50M to deliver personalized messages from celebrities & influencers

ニュースサマリー: 著名人のビデオメッセージのマーケットプレイスを運営するCameoが6月25日にKleiner Perkinsをリードインベスターとして5000万ドルの資金調達を実施している。本ラウンドにはChernin Group、Spark Ventures、Bain Capital、そしてLightspeed Venture Partnersも参加している。

Cameoはシカゴを拠点に2017年に設立されたスタートアップ。5ドルから3000ドルまでの価格で著名人に希望の内容でメッセージ動画をリクエストすることができる。

使い方は様々で誕生日や結婚式にてサプライズ動画として使うケースが多いが、自分を鼓舞するため、営業や求人にてPRのためなどに使われている。今回調達調達した資金はモバイルアプリの機能強化に加えて、グローバル展開の強化に用いる。既にロンドンとオーストラリアに支社を設けており、タレント獲得のための人員を強化している。

Cameo_2.png

話題のポイント:今回取り上げたCameoは多種多様なタレントが参加しており、中にはスーパースター級のタレントも参加していますが、多くはSNSのフォロワー数が1万人周辺のインフルエンサーが多いです。Cameoが今後拡充したいタレントのセグメントは、CEOや投資家などビジネスで大きな影響力を持っている層です。彼らもプロスポーツ選手や芸能人に比べて影響範囲は狭いので、同じくフォロワー数万人ほどのタレントという位置づけになるでしょう。

インフルエンサー・マーケティング・プラットフォームのマーカリー(Markerly)が実施した調査によると、スポンサーつきでないインスタグラムの投稿に対する「いいね!」の割合は、フォロワー数1000未満のアカウントでは8%だが、フォロワー数1000~1万のアカウントでは4%になるとのことです。その後もフォローワー数が増えるに従って、いいねの割合は低下していきます。つまりインフルエンサーのエンゲージメントはフォロワー数が閾値に達すると、減少していくということになります。

実際、筆者が5月頃にこのCameoでカテゴリーやソーシャルでの影響力、参加時期などを250くらいのサンプルから調べたことがあったのですが、確かに必ずしも影響力の大きな有名人やインフルエンサーの購入数が伸びておらず、少数でもファンコミュニケーションをしっかりしているインフルエンサーの方が直接課金されやすいという状況がありました。

一方、Cameoには多くのスーパースターも参加しています。Cameoの価格設定はタレントが普段稼ぎ出す収益を参考に考えられているそうです。

たとえば、NFLの選手の場合、年俸/試合時間、つまり、1分あたりの当該選手の給料を計算します。その結果、タレントがその価格設定をすれば、NFLでプレーしている時と同じ給与となるので、タレントにとっても見合うビジネスである、という理屈です。

日本のインフルエンサービジネスはタレントマネジメント形式がまだまだ主力ですが、今後、こういったプラットフォーム型も当然出てくることになると思います。その際、どこが抜け出してくるのか引き続き注目してみたいと思います。(執筆:矢部立也

オンラインビデオ共有のVimeo、デビューしたてのビデオ編集アプリCameoを買収【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Vimeo Buys Video-Making App Cameo, a Few Months After Its Debut ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up 買収の話題をもうひとつ。オンライ…

screen568x568-1screen568x568

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Vimeo Buys Video-Making App Cameo, a Few Months After Its Debut

買収の話題をもうひとつ。オンラインビデオ共有のVimeoがビデオ制作アプリのCameoを買収したそうです。昨年の秋に立上がったばかりのCameoなので、元々売却が目的だったのでしょうか。2013年のAppleStoreの「ベストオブ2013」にも選ばれたもので、なかなか素敵な動画編集が可能です。

Re/codeでは買収金額が非公開になっていることから、これっていわゆる「人員買収」だよね、とあっさり書いてますが、私もそう思います。Vimeoがここから専用のカメラ編集アプリをリリース!とはなかなか想像しづらいものです。

Google翻訳でざっくり読んでみる

via Re/code