BRIDGE

タグ Cloudflare

Cloudflare、IPOが噂される中で1億5,000万米ドルを資金調達——シリーズEラウンド

SHARE:

Web パフォーマンスおよびセキュリティプラットフォームの Cloudflare は、Franklin Templeton がリードする投資ラウンドで1億5,000万米ドルの資金を調達した。 2009年に設立された Cloudflare は、企業向けにレイテンシーを削減する幅広いサービスを提供している。そのサービスには、分散型サービス妨害攻撃(DDoS攻撃)の軽減およびコンテンツデリバリネットワー…

Cloudflare のホームページ

Web パフォーマンスおよびセキュリティプラットフォームの Cloudflare は、Franklin Templeton がリードする投資ラウンドで1億5,000万米ドルの資金を調達した。

2009年に設立された Cloudflare は、企業向けにレイテンシーを削減する幅広いサービスを提供している。そのサービスには、分散型サービス妨害攻撃(DDoS攻撃)の軽減およびコンテンツデリバリネットワーク(CDN)がある。

昨年「2019年前半、Cloudflare は IPO を検討しており、企業価値は35億米ドル以上になる見込み」というレポートが発表されている。1億5,000万米ドルの資金調達はこのレポート予測ほど新規上場が近くないことを示唆しているが、近い将来 IPO に向け、アグレッシブな急成長を実現しようとしている表れであろう。

この直近の資金調達は CapitalG(以前の Google Capital)、Microsoft、Qualcomm、Baidu(百度)など複数の有名企業が参加した1億1,000万米ドル規模のシリーズ D ラウンドを発表した2015年以来、サンフランシスコ拠点の同社にとって4年ぶりの外部からの資金調達である。プレスリリースによると、Cloudflare は創業以来、これまで3億3,000万米ドルを超える資金を調達したという。今回手に入れた資金は自社製品の拡大、世界進出の継続に充てられる予定だ。

2019年に IPO を検討している企業は CloudFlare だけに留まらない。昨夏に調達した4,000万米ドルを含め、合計2億2,000万米ドル近くの資金を調達した Fastly もそのうちの1社である。

Cloudflare と Fastly が今年株式市場に参入するとすれば、ウォールストリートに名を馳せるセキュリティ特化のプラットフォームに関する、より範囲の広いトレンドにフィットすることだろう。昨年3月、Zscaler は Nasdaq へ上場し、その12ヶ月後には、公開時の1,600万米ドルからほぼ4倍となった。過去1年間に上場したセキュリティ企業は他に Carbon Black や Tenable などがいて、多額の資金を調達した CrowdStrike も2019年の IPO を目指していると報じられている。

Cloudflare は12日、この多額の資金調達に加え、Nike Foundation の創業者兼共同チェアパーソンである Maria Eitel 氏と Silicon Graphics の元 CFO Stan Meresman 氏の2人を同社の取締役会に迎え入れたと発表した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Cloudflareが新たなアプリプラットフォームをローンチ、1億米ドル規模のスタートアップ向けファンドも設立

世界中にデータセンターを持つ Cloudflare は、他のサイトやモバイルアプリに組込み可能なウェブアプリケーションを展開するためのプラットフォームとして、これらの巨大な基盤を活用しようとしている。開発者は Cloudflare Apps プラットフォーム上でアプリケーションを構築し、そのままそれを世界中に広がるコンテンツネットワークの顧客に配信することができるようになる。 同プラットフォームは…

Cloudflare-cupcakes-Davide-DAmico-Flickr
IMG_1575 via Flickr by Davide D’Amico

世界中にデータセンターを持つ Cloudflare は、他のサイトやモバイルアプリに組込み可能なウェブアプリケーションを展開するためのプラットフォームとして、これらの巨大な基盤を活用しようとしている。開発者は Cloudflare Apps プラットフォーム上でアプリケーションを構築し、そのままそれを世界中に広がるコンテンツネットワークの顧客に配信することができるようになる。

同プラットフォームはアナリティクスサービス、埋め込み動画、SNS のシェアボタンなど、低レイテンシのアプリケーションを配信するためのインフラを提供するように設計されている。また、同社の一部の投資家たちがチームを組んで、同プラットフォームを利用する企業向けに投資を行う1億米ドルのファンドを設立した。

本日(6月27日)のローンチによって、Cloudflare は顧客やデータセンターの巨大な基盤をさらに広げ、クラウド業界全体のパワーバランスを変えるような新しいタイプのビジネスに取り組んでいく予定。CEO の Matthew Prince 氏は、同プラットフォームはスタートアップがビジネスを構築するための土台だと考えている。

同氏は次のように語っている。

考えてみると、新しく会社を設立する際に本当に必要なことは3つあるように思われます。まず、素晴らしいアイデアとそのアイデアを形にするテクノロジープラットフォームを持っていること。潜在的な顧客に簡単にアクセスでき、顧客からの支払いを受け取る手段を持っていること。そして開発に必要な資金を持っていることです。

Cloudflare Apps プラットフォームは1と2の必要性を、Cloudflare Developer Fund は3番目の必要性を満たすサポートをしてくれる。ファンド資金の1億米ドルは、Venrock、New Enterprise Associates(NEA)、Pelion Venture Partners によって提供された。Cloudflare Apps プラットフォームは、Twilio や Twitter の Firehose API など他の開発ツールが提供している機会と同様の機会を生み出すだろう、と Venrock のパートナーである Bryan Roberts 氏は語っている。

投資に関して言えば、Roberts 氏は Cloudflare のプラットフォームを利用していることに加えて、本質的に優れたビジネスを行っているアーリーステージの企業を中心に探している。

私たちが最も関心を持っているのは、自身のウェブサイトやウェブアプリ、モバイルアプリを持っていて、それらのユーザエクスペリエンスをより豊かにし、さらなる価値を引き出したいと考えている企業です。(Roberts 氏)

当然と言えば当然だが、Cloudflare Apps は Cloudflare のネットワークを介してコンテンツを配信しているウェブサイトでしか利用できない。プラットフォームは無料で利用可能。アプリケーションの複雑さによって制限を設けるようなことはしない、とCloudflare は明言している。

これらのアプリを利用する主なメリットとして、ユーザは Cloudflare を通じて配信されるコンテンツをコーディングの必要なしにそのまま自身のウェブページに組み込むことができることだ。コンテンツは Cloudflare のネットワークから直接配信されるため、一部のアプリケーションやサービスでは負荷が軽くなりパフォーマンスが向上する。

Prince 氏によると、Apple が App Store で行っているプロセスと同じように、Cloudflare はアプリが安全に利用できるものかどうかの確認を行う予定だという。アプリが悪意のあるものであることが判明した場合は、Cloudflare はそのアプリを利用しているすべてのウェブサイトから、それらを自動的に排除することができる。

今回のローンチが可能となったのは、昨年末に Eager を買収したおかげだ。Cloudflare はこれまでにも、開発者がネットワークを使ってアプリの構築と配信ができるようなサービスを提供していたが、Prince 氏はデベロッパエクスペリエンスは十分ではなかったと語っている。Eager の技術が土台となったことで、Cloudflare はプラットフォームを構築することができた。

Cloudflare Apps プラットフォームはすでに、Pinterest、Twitter、Oracle、Spotify、Zendesk など多くの有名企業によって利用されている。現在、50以上のアプリが入手可能だ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------