THE BRIDGE

タグ Cybereason

イスラエル発のサイバー攻撃防御スタートアップCybereason、シリーズEでソフトバンクなどから2億米ドルを調達——累積調達額は4億米ドルに

SHARE:

テルアビブとボストンに拠点を置くサイバーセキュリティプラットフォームプロバイダ Cyber​​eason は5日、ソフトバンクとその関連会社から2億米ドルの投資とコミットメントを確保し、同社の累積調達額が4億米ドルに達したと発表した。ソフトバンクは以前、2017年6月に Cyberreason の1億米ドルの投資をリード、CRV、Spark Capital、Lockheed Martin などと共…

Cybereason のチーム
Image credit: Cybereason

テルアビブとボストンに拠点を置くサイバーセキュリティプラットフォームプロバイダ Cyber​​eason は5日、ソフトバンクとその関連会社から2億米ドルの投資とコミットメントを確保し、同社の累積調達額が4億米ドルに達したと発表した。ソフトバンクは以前、2017年6月に Cyberreason の1億米ドルの投資をリード、CRV、Spark Capital、Lockheed Martin などと共に資金を提供した。

新たに調達した資金により、Cyber​​eason は R&D を加速、買収機会や戦略的製品連携を追求し、全社的に事業を強化することを計画している。共同設立者兼 CEO の Lior Div 氏によれば、同社はパートナープログラムを拡大する一方、エンドポイント保護製品の構築を継続することも計画している。

サイバーリスクを軽減するための Cybereason のビッグデータ分析アプローチは、EDR(Endpoint Detection and Response)ドメインの最先端で爆発的な拡大を促進し、EPP(Endpoint Protection Platform)をディスラプトしてきた。

我々はこの波をリードし、当社の技術・人材・パートナーのおかげで、世界で最も信頼性が高く効果的なエンドポイントの防止検出ソリューションになリつつある。すべてのセキュリティチームが、より迅速に、より多くの攻撃を防止できるように支援する。これにより、決定的なアクションを迅速に理解し実行できる。(Div 氏)

CTO の Yonatan Striem-Amit 氏は次のように付け加えた。

自律型セキュリティはセキュリティを民主化し、サイバーセキュリティの仕事のあり方を変革する。Cyber​​eason は、革新的な製品とパートナーエコシステムを通じてそれを構築していく。

Cybereason 設立者。左から:Yonatan Striem-Amit 氏、Lior Div 氏、Yossi Naar 氏
Image Credit: Cybereason

今年6月、大手通信会社が巻き込まれた世界的スパイ活動を明らかにして話題となった Cybereason は、2012年に Div 氏、Striem-Amit 氏、Yossi Naar 氏により設立。2014年に460万米ドルを調達し、ステルス状態から頭角を現した。従業員の多くは、サイバーセキュリティを専門とするエリートグループ、イスラエル国防軍の諜報部隊組織「8200部隊」に所属していた。

同社のツールセットは、行動分析、ヒューリスティック、機械学習、堅牢なアクティビティ監視を提供する「PowerShell」、.NETフレームワークエンジンの組み合わせにより、企業ネットワーク全体で既知および疑わしい脅威を防止する。このツールセットは、すべてのネットワークエンドポイントからの詳細情報をリアルタイムで中継、根本的な原因、影響を受けるマシンとユーザ、発着信両方の通信など関連する攻撃要素とセキュリティアラートをコンテキスト化する。

Cyber​​eason のアナリティクスダッシュボードは、PC や IoT デバイス全体のすべての悪意のあるアクティビティとともに、プロセス全体のタイムラインの上位に表示される。生成されたインサイトを使用って、ITチームは、コンテキストを犠牲にしない、またはすべての攻撃の修復アクションを開始するカスタムルールと動作ホワイトリストを作成できる。

アンチウイルスの観点では、Cybereason は、急速なファイル暗号化、バックアップ削除、マスターブートレコードの修正など、数百もの警告の兆候を示すバイナリデータを分析することで、マルウェア、ランサムウェア、ファイルレス攻撃を防止する。サブスクリプションベースのツール「Replay」を使えば、パフォーマンスに影響を与えることなく過去のイベントを調査でき、数ヶ月・数年前まで遡って、ユーザまたはマシンに影響を与えた異常の相関性を見つけられるフィルターや機能を提供する。

Cybereason のダッシュボード
Image credit: Cybereason

Cyber​​eason のマネージドサービスを利用する顧客は、侵入の範囲を調査し、一連のアクション(マルウェアのクリーニング、プロセスの強制終了、レジストリキーの削除、ファイルの検疫など)を推奨する外部監視チームにアクセスできる。チームは、誤って構成されたサービスを見つけて解決し、重要なセキュリティ更新プログラムの存在を検出。リムーバブルサービスの環境を調べ、パスワードポリシーが最新であることを確認できる。日常的ではない問題については、リバースエンジニアリングと根本原因の評価に加えて、調査と侵入分析を実行する。

2019年2月、アメリカ政府機関を支援する連邦政府の資金提供を受けた R&D センターを管理する非営利組織 MITRE Corporation が実施したテストで、Cybereason の製品群は、サイバーセキュリティ戦略の自由にアクセス可能なナレッジベース「ATT&CK」フレームワークで競合他社に勝った。さらに、Cyber​​eason は、あるクライアントのケースで、同社のプラットフォームが偽陽性率(システムが誤って陽性と判断したものの割合)を99%から1%に減らしたと述べている。

2024年までに3,000億米ドル規模になると見られるサイバーセキュリティ市場に、Cybereason の競合はいない。自律エンドポイント保護に特化したスタートアップである SentinelOne は6月、Redpoint Ventures や NextEquity などから1億2,000万米ドルを調達した。Expel は最近、リスク監視とセキュリティ情報、イベント管理、自動化されたエンドポイントセキュリティソリューションで4,000万米ドルを調達。また、 Trinity Cyber は7月下旬、検出と敵対的推論を組み合わせた脅威対策製品で2,300万米ドルを調達している。

しかし、Cybereason は明らかに正しいことをしている。同社は現在、Motorola、Flowserve、Oschener Bank などの有名ブランドの何百万ものエンドポイントを保護しているそうだ。

Cybereason は、企業がサイバーセキュリティリスクを管理し、人々の情報を保護するのを支援する上で主要な役割を果たしている。Cybereason のような AI 主導のテクノロジーは、ますます相互接続された世界を保護するのに役立つだろう。(ソフトバンクグループ COO の Marcelo Claure 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

ソフトバンク、イスラエルのサイバー攻撃防御技術スタートアップCybereasonに1億米ドルを出資

企業がサイバー攻撃にリアルタイムで対抗できるようにしている Cybereason は本日(6月20日)、1億米ドルもの資金をソフトバンクから獲得したと発表した。 セキュリティ業界の多くがサイバー攻撃に耐えうるウォールの開発に注力していますが、悪者を完全に締め出せるものを作ることはできません。敵が侵入してきたときに起こる事態に企業は集中しなくてはいけないのです。 Cybereason の設立者兼 C…

cybereason-co-founders-amit-div-naar-2017
Cybereason 設立者ら。左から:Yonatan Striem-Amit 氏、Lior Div 氏、Yossi Naar 氏
Image Credit: Cybereason

企業がサイバー攻撃にリアルタイムで対抗できるようにしている Cybereason は本日(6月20日)、1億米ドルもの資金をソフトバンクから獲得したと発表した。

セキュリティ業界の多くがサイバー攻撃に耐えうるウォールの開発に注力していますが、悪者を完全に締め出せるものを作ることはできません。敵が侵入してきたときに起こる事態に企業は集中しなくてはいけないのです。

Cybereason の設立者兼 CEO の Lior Div 氏は VentureBeat への e メールでこのように述べている。

米国ボストンを拠点とする同社は、マシンラーニングと行動アナリティクスを活用してリアルタイムで情報を処理している。Div 氏は次のように語る。

各エンドポイントにあるデータを関連付けるために、当社エンジンは1秒あたり800万回以上の質問を発します。

<関連記事>

同氏によると、現在、Lockheed Martin、ソフトバンク、Motorola など200社の顧客を抱えているという。料金はその環境内のエンドポイント数と総容量に基づいて決められる。

最近資金調達を発表したサイバーセキュリティスタートアップは他にも、IllumioNetskopeSynack などがある。

Cybereason は2012年の設立以降、CRV、Spark Capital、Lockheed Martin などの投資家から1億8,900万米ドルを調達している。今回獲得した資金は、人材採用、製品開発、新規市場への進出に使用される予定。

現在の従業員数は約300人。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

イスラエルのサイバー攻撃防御技術スタートアップCybereasonが、ソフトバンクらから5,900万米ドルを調達

SHARE:

<ピックアップ> Cybereason snags second huge investment in six months イスラエル発で、人工知能を使ったサイバー攻撃防御技術を開発するスタートアップ Cybereason は今週、ソフトバンク、CRV、SparkCapital から5,900万ドルを調達したことを発表した。ソフトバンクが5,000万ドルを、残りの900万ドルを CR…

Cybereason の3人の創業者
Cybereason の3人の創業者:左から Yossi Naar 氏、Lior Div 氏、Yonatan Amit 氏(写真提供:Cybereason)

<ピックアップ> Cybereason snags second huge investment in six months

イスラエル発で、人工知能を使ったサイバー攻撃防御技術を開発するスタートアップ Cybereason は今週、ソフトバンク、CRV、SparkCapital から5,900万ドルを調達したことを発表した。ソフトバンクが5,000万ドルを、残りの900万ドルを CRV と Spark が拠出している。

2012年に設立された Cybereason は、端的にウイルスを見つけたりする技術ではなく、サイバー攻撃を仕掛ける攻撃者のパターンを時系列で追いかけ、それを人工知能を使って効果的に学習し、迅速に防御する技術を開発している。ソフトバンクは2016年にも、Cybereason のサービスを日本国内で提供する計画とのことだ。執拗なサイバー攻撃を受けているアメリカの航空機製造メーカー Lockheed Martin も Cybereason に出資している。

同社は東京のほか、イスラエルのテルアビブとアメリカのボストンという、特にテクノロジーにフォーカスしたスタートアップが集まる世界の二大ハブにオフィスを構えている。

ファイヤウォールの Checkpoint に代表されるサイバーセキュリティのソリューションの多くは、イスラエルの企業やスタートアップから生み出されている。そんなスタートアップを生み出す、テルアビブのローンチパッドのいくつかを訪問してきたので、近日お伝えしたい。

<ソフトバンクによるリリース>

via The Times of Israel

----------[AD]----------