タグ darts

自宅にいながら世界中のプレイヤーとダーツのオンライン対戦ができる「Darts Connect」

SHARE:

オンラインで世界中のプレイヤーと対戦することができるダーツボード「Darts Connect」が、Kickstarterでクラウドファンディングを行っている。オンラインの対戦というと、バーチャルなビデオゲームを思い浮かべるかもしれないが、「Darts Connect」は実際に投げてプレイする、本格的なダーツボードだ。 設定や操作などはボードに内蔵されたWi-Fiで接続したスマートフォン、タブレット…

Darts Connect

オンラインで世界中のプレイヤーと対戦することができるダーツボード「Darts Connect」が、Kickstarterでクラウドファンディングを行っている。オンラインの対戦というと、バーチャルなビデオゲームを思い浮かべるかもしれないが、「Darts Connect」は実際に投げてプレイする、本格的なダーツボードだ。

Darts Connect

Darts Connect

設定や操作などはボードに内蔵されたWi-Fiで接続したスマートフォン、タブレット等から行う。

Darts Connect

301、501といった「01ゲーム」や、「クリケット」、「練習モード」などのゲームモードがあらかじめ複数内蔵されているが、さらに後から別のゲームモードをダウンロードして拡張することも可能だという。すべてのゲームモードで最大4人のプレーヤーをサポートしており、ネットワークに繋がなくても普通のダーツボードのように、自宅のパーティ等で遊ぶこともできる。

Darts Connect

また、インターネット経由で世界中のプレイヤーと対戦することができる。ボイスチャット、テキストメッセージの機能も搭載しているため、対戦相手とコミュニケーションを図ることもできるという。ゲームの成績によりランク付けもされるため、自分の実力が知りたい人にはありがたい。

Darts Connect

特徴的なのが、ボードにカメラが内蔵してある点だ。投げたダーツが刺さった瞬間に自動でカメラで撮影を行う。

Darts Connect

その写真がゲーム中の画面に表示されるため、近距離から高得点を狙うなどのチート行為はすぐに相手にバレてしまう。不正行為を防ぎやすい仕組みになっているというわけだ。

この「Dart Connetct」、Kickstarter では、ダーツボード本体と12gのブロンズダーツのセットを245豪ドルから手に入れることができる。発送は2016年1月頃を予定。

なかなかダーツバーに行けない人も、自宅で世界中のプレイヤーと対戦してこっそり腕前をあげてみるのはいかがだろうか。

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録