THE BRIDGE

タグ Kickstarter

Kickstarter共同創業者兼CEOのYancey Strickler氏が辞任へ——後任を募集中

SHARE:

Kickstarter 共同創業者兼 CEO の Yancey Strickler 氏が、クラウドファンディング大手の同社を今年後半に辞任すると発表した。同社は後任を探している。 Strickler 氏は Kickstarter 設立者の一人であり、2014年初頭に元 CEO の Perry Chen氏の後を継いだ。もう一人の設立者は2013年に退職したデザイナーの Charles Adler 氏…

Image credit:: gilc / 123RF

Kickstarter 共同創業者兼 CEO の Yancey Strickler 氏が、クラウドファンディング大手の同社を今年後半に辞任すると発表した。同社は後任を探している。

Strickler 氏は Kickstarter 設立者の一人であり、2014年初頭に元 CEO の Perry Chen氏の後を継いだ。もう一人の設立者は2013年に退職したデザイナーの Charles Adler 氏だ。Strickler 氏は CEO になる以前、コミュニティサポート、エバンジェリスト、チームビルダーなど様々なポジションを渡り歩いてきた。

Kickstarter 共同創業者の3人、左から:Charles Adler 氏、Perry Chen 氏、Yancey Strickler 氏

Strickler 氏はブログでこうコメントしている。

私が CEO に就任した2014年以来、当社はいくつもの飛躍的成果を挙げてきました。プロジェクトに寄せられる金額を3倍にし、16ヶ国で Kickstarter をローンチし、様々なレベルの卓越したリーダーのチームを築いています。

私たちは今、次なる大きなステージへと押し上げてくれる人物を探しています。

2009年にニューヨークで設立された Kickstarter は、クラウドファンディングの申し子として存在感を強めてきた。無数のプロジェクトには合計30億米ドルの資金が集まり、一例としては現在お蔵入りとなったスマートウォッチの「Pebble」などがある。Kickstarter を介して多くの製品が市場にもたらされた。今週初め(7月第5週)には、Kickstarter のプロジェクトで資金を獲得した個人のクリエイターが10万人に達し、同社は新たなマイルストーンを達成した

Kickstarter には、Union Square Ventures、Jack Dorsey 氏、Chris Sacca 氏、Zach Klein 氏など有名な投資家が名を連ねるが、外部からの資金調達額についてはこれまで明らかにしていない。同社は2015年、公益法人に変格し、会社の憲章に倫理規定を盛り込んだ。これにより、単に株主の利益を最優先するのではなく、会社の利益を追求しながらも幅広い社会貢献ができるようになる。

Strickler 氏は辞任の理由を述べていない。3人の共同設立者が辞任しているため(N.B. Chen 氏は会長に留まっているが)、現状の組織の健全性はもとより、将来の方向性も幾分疑問視される。

将来についての疑念を払拭するかのように、Strickler 氏は次のようにコメントしている。

2017年には8年連続となる利益を上げることになるでしょう。現在素晴らしいことに取り組んでいる最中です。Kickstarter の CEO を務めることは、クリエイティブなプロジェクトに深く関わっている人、利益至上主義に疑問を抱いている人、そして長期的な視点でビジネスを成功させるという挑戦に興奮を抑えられない人にとって、まるで夢のような経験です。

実際のところ、同じ会社で働き続ける期間として9年は長い。氏は新しく挑戦する分野を探しているだけなのかもしれない。将来は「いくつかの新しいプロジェクトに取りかかる」つもりだとしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Kickstarterが動画ストリーミングのHuzzaを買収、起業家が製品をストリーミングでプレゼンできる「Kickstarter Live」をバンクーバーで開発へ

SHARE:

Kickstater が本日(2月1日)買収を行った。Kickstater にとってはかなり珍しいことだ。買収の対象となったのは、バンクーバーを拠点とする動画ストリーミングスタートアップ Huzzaで、取引条件などは明らかになっていない。 2015年設立の Huzza は、ライブ動画を使ってバンドやミュージシャンをファンと繋ぐサービスを提供している。このプラットフォームを利用すれば、ライブ動画イベ…

Huzza を使ってライブストリーミングする Huzza 共同創業者の2人:左から Nick Smit 氏、Justin Womersley 氏

Kickstater が本日(2月1日)買収を行った。Kickstater にとってはかなり珍しいことだ。買収の対象となったのは、バンクーバーを拠点とする動画ストリーミングスタートアップ Huzzaで、取引条件などは明らかになっていない。

2015年設立の Huzza は、ライブ動画を使ってバンドやミュージシャンをファンと繋ぐサービスを提供している。このプラットフォームを利用すれば、ライブ動画イベントのスケジュールを組んでその動画を一般に公開したり、ファンクラブ限定で公開したりすることができる。さらに、アーティストはプラットフォーム上でファンとチャットをしたり、質問に答えたりすることもできる。

実は、Kickstarter Live をローンチするために、昨年の後半から Kickstarter は Huzza と提携を結んでいた。この新ツール「Kickstarter Live」を使って、クリエイターは自分の商品のデモ動画を世界中にライブストリーミング配信することができる。この提携がかなり上手くいったようで、その3ヶ月後には、Kickstarter はそのプラットフォームの購入を決断していた。

Kickstarter のオペレーション部門シニア VP を務める Bridget Best 氏は次のように解説する。

彼らの商品を初めて体験したとき、すぐに心を奪われました。和気あいあいとして、パーソナルな結びつきを与えてくれるサービスだと感じました。そして、このサービスが新たな方面から私たちのコミュニティを活性化させ、どのように Kickstarter の強味を引き出してくれるのか、とてもわかりやすかったのです。

Huzza の拠点がカナダだということで、Kickstarter は初めてアメリカ国外にオフィスを構えることになる。場所はバンクーバーのギャスタウンになるようだ。Huzza の設立者 Justin Womersley 氏と Nick Smit 氏はこれから Kickstarter Live の開発に取りかかる予定で、その開発を支えるチームを作っているところだ。

2009年設立の Kickstarter は、クリエイターの商品開発のためにこれまでに何十億米ドルもの資金調達を支援してきた。クラウドファンディングの代名詞と言ってもよいほどだ。Kickstarter はニューヨークを拠点とし、「フ〇〇ク・ザ・モノカルチャー」を哲学に、利益よりも文化的なイデオロギーを優先することを標榜している。事実、Kickstarter はベンチャーキャピタルからの出資をほとんど受けておらず、2015年には Kickstarter Inc.から公益法人化して Kickstarter PBC になった

本日(2月1日)の Kickstarter の買収は、同社が初めて買収を行って以来約1年ぶりのニュースとなった。そのときに買収されたのは、閉鎖直前の状態にあった音楽ファンコミュニティ「Drip」だ。

これら2つの買収から見えてくるのは、Kickstarter が自身のビジネスにおいて、コミュニティ作りの方面にかなり力を入れているらしいということだ。ここでのコミュニティとは、モノをつくる人と、それを買って使う人とを繋ぐコミュニティである。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

室温、明るさに応じて自動でブラインドを開閉してくれる「FlipFlic」

SHARE:

部屋の窓に設置されている「ブラインド」をスマート化できる「FlipFlic」というデバイスがKickstarterに登場している。 温度センサー、光センサーを搭載しており、部屋の温度や明るさに応じて、自動的に「ブラインド」を開閉してくれるスグレモノだ。設置はかんたんで工具いらず。わずか数秒で取り付けることができるという。 ブラインドのタイプは縦型、横型どちらにも対応する。 光・温度に反応して、自動…

FlipFlic

部屋の窓に設置されている「ブラインド」をスマート化できる「FlipFlic」というデバイスがKickstarterに登場している。

温度センサー、光センサーを搭載しており、部屋の温度や明るさに応じて、自動的に「ブラインド」を開閉してくれるスグレモノだ。設置はかんたんで工具いらず。わずか数秒で取り付けることができるという。

FlipFlic

ブラインドのタイプは縦型、横型どちらにも対応する。

光・温度に反応して、自動で開閉できるようにするだけでなく、マニュアルモードで操作することも可能で、操作は専用のスマートフォンアプリから行う。昼間の明るさだとブラインドは開いた状態になるが、手動で部屋を暗くして映画を観たいなどのにも対応できるというわけだ。

FlipFlic

また、スケジュールモードが用意され、あらかじめ設定した時間帯にブラインドの開閉が行われるようにセットすることも可能だ。バッテリーについては、USBポートから充電可能で、フル充電で約1ヶ月の稼働が可能。

FlipFlic

さらに、別途ソーラーパネルが用意され、それを窓に貼り付けてFlipFlicと接続しておけば、太陽光発電で給電されるため、充電不要、毎月本体を取りはずす必要もなくなる。

FlipFlic

Kickstarterのキャンペーンでは、目標5万ドルのところ、すでに8万ドルを超える金額を集めている。出資の受付は5/14 10時まで。現在、85ドル以上の支援者は、本体にUSBケーブル、ソーラーパネルのセット1式を入手することができる。発送は2017年1月を予定しているとのことだ。

----------[AD]----------

正しい姿勢を保てるようにバイブでサポートしてくれる「Backbone」

SHARE:

デスクワークをする人にとっては、肩こり、腰痛、首の痛み等はよくある悩みだろう。正しい姿勢で作業を行えば、そういった症状も起こりにくいだろうが、つい姿勢が悪くなってしまう人も多いのではないだろうか。 「Backbone」は、そんな風に姿勢が悪くなりがちな人に役立ちそうな姿勢矯正デバイスだ。前屈みになるなど、姿勢が悪くなった場合に、注意を促してくれる機能を備えるという。Kickstarterにてクラウ…

Backbone

デスクワークをする人にとっては、肩こり、腰痛、首の痛み等はよくある悩みだろう。正しい姿勢で作業を行えば、そういった症状も起こりにくいだろうが、つい姿勢が悪くなってしまう人も多いのではないだろうか。

Backbone」は、そんな風に姿勢が悪くなりがちな人に役立ちそうな姿勢矯正デバイスだ。前屈みになるなど、姿勢が悪くなった場合に、注意を促してくれる機能を備えるという。Kickstarterにてクラウドファンディングを行ったところ、目標約2万5千ドルの約19倍、47万ドルもの出資を集めるほどの注目ぶりだ。

backbone

この「Backbone」は、リュックサックの肩ベルトのようなベルト型デバイスだ。

Backbone

使用時は、背中から両腕に装着して、連携させたスマートフォンアプリをスタートさせる。装着した「Backbone」は身体の傾きをモニター。猫背のように正しい姿勢ではなくなると、スマートフォンにアラートが表示される。

また装着した「Backbone」自体がバイブレーションで利用者に姿勢が悪くなっていることをフィードバックし、常に正しい姿勢を保てるようにサポートしてくれるという。

Backbone
アプリではモニターのレポートを確認したり、各種アラートの設定が可能

市販予定価格は100ドル。Kickstarterで49ドル以上の支援から「Backbone」1セットが送付される。発送は2016年11月となる予定だ。

----------[AD]----------

「煮る」「焼く」「蒸す」「炒める」までワンタッチでやってくれるスマートオーブン「tovala」

SHARE:

「tovala」は、ボタンひとつで簡単においしい料理を準備することができるスマートオーブンだ。米国発の同名のスタートアップが開発しているもので、Kickstarterでクラウドファンディングを実施、26万ドル(約2,800万円)近くの資金調達に成功している。 見た目は「電子レンジ」のような姿の「tovala」だが、これ1台で「煮る」・「焼く」・「蒸す」・「炒める」など複数の調理法を組み合わせてこな…

Tovala

tovala」は、ボタンひとつで簡単においしい料理を準備することができるスマートオーブンだ。米国発の同名のスタートアップが開発しているもので、Kickstarterでクラウドファンディングを実施、26万ドル(約2,800万円)近くの資金調達に成功している。

tovala

見た目は「電子レンジ」のような姿の「tovala」だが、これ1台で「煮る」・「焼く」・「蒸す」・「炒める」など複数の調理法を組み合わせてこなす多機能オーブンなのだという。

tovala

調理については、1品10~15ドルで宅配される、下ごしらえされた料理のパッケージを使用する。パッケージについているバーコードを「tovala」に読ませると、Wi-Fi経由でデータベースと照合し、メニューが何かを認識する。あとはトレイを「tovala」の中に入れて、スタートボタンを押せば自動的に調理が行われるしくみだ。

tovala

メニューにもよるが、10~30分程度で美味しい料理ができあがるそうだ。肉の焼き加減をウェルダンにしたい、など細かな仕上がりの調整は、スマートフォンのアプリから行うことができるという。

tovala

この宅配の料理については、ベジタリアンやヴィーガンの方でも注文できるような豊富なメニューが用意されるという。1食は10~15ドルになる予定で、一度に4食以上の注文で送料も無料となる。インスタントとは違う、おいしい料理が自宅でかんたんに楽しめるのが魅力的なポイントだ。

ちなみに、アプリからtovalaでどのように調理するか登録を行えば、自分で用意した食材を使うことも可能だという。

Kickstarterでのクラウドファンディングは既に終了しており、早期出資者は早ければ2016年12月に「tovala」を手にすることができる。

一般販売は2017年、価格は329ドルで、アメリカ国内のみでの販売となる予定だ。

----------[AD]----------

自分好みに細かくカスタムオーダーできる焙煎コーヒー「DOERS.COFFEE」

SHARE:

「Doers.coffee」は、サンフランシスコに拠点を置く、100%カスタムオーダーが可能なデリバリーコーヒーブランドだ。2016年3月にKickstarterに登場、クラウドファンディングで約25,000ドルの資金調達に成功している。 焙煎したコーヒー豆をオーダーできるサービスだが、特徴的なのはコーヒー豆の様々な項目をカスタマイズできる点。 アプリが提供されるかは不明だが、スマートフォンから、…

DOERS.COFFEE

Doers.coffee」は、サンフランシスコに拠点を置く、100%カスタムオーダーが可能なデリバリーコーヒーブランドだ。2016年3月にKickstarterに登場、クラウドファンディングで約25,000ドルの資金調達に成功している。

DOERS.COFFEE

焙煎したコーヒー豆をオーダーできるサービスだが、特徴的なのはコーヒー豆の様々な項目をカスタマイズできる点。

DOERS.COFFEE

アプリが提供されるかは不明だが、スマートフォンから、どんな種類の豆を何種類ブレンドするか、ブレンドの比率、焙煎の強度や焙煎にかける時間などを細かくカスタマイズしてオーダーすることができる。注文を受けてから、ブレンド、ローストなどが行われるそうで、新鮮な状態のコーヒー豆をわずか2営業日以内で届けるのだという。

DOERS.COFFEE

また、コーヒー豆は、挽く前の豆の状態、挽いたあとの豆、「ネスプレッソ」またはキューリグ「Kカップ」に互換性のあるカプセル形式、と手元に届く形式もオーダー時にカスタマイズすることができる。

カプセルの場合は20カプセル単位、それ以外は12オンスまたは16オンスのコーヒー豆がパッケージされてデリバリーされる。
価格については、1袋20カプセルまたは16オンスの豆が21ドル、12オンスは18ドルで提供予定だ。

すでに出資受付は終了したが、Kickstarterで出資したユーザーへのコーヒー豆の出荷開始は、2016年4月が予定されているようだ。

----------[AD]----------

波佐見焼の伝統技術とIoTを組み合わせた空気のモニターデバイス「Atomstation」がKickstarterに挑戦中

SHARE:

福岡から生まれたプロダクトがKickstarterでクラウドファンディングに挑戦している。 「Atomstation」は、部屋の空気の状態を可視化するスマートデバイス。温度や湿度、浮遊する微細な物質のセンシングを行い、スマートフォンへと伝えてくれる。 部屋の空気の状態が人体に与える影響は大きい。空気の状態に変化が合った際に、スマートフォンで通知してくれるというのは、ありがたい。 「Atomstat…

Atomstation

福岡から生まれたプロダクトがKickstarterでクラウドファンディングに挑戦している。

Atomstation」は、部屋の空気の状態を可視化するスマートデバイス。温度や湿度、浮遊する微細な物質のセンシングを行い、スマートフォンへと伝えてくれる。

部屋の空気の状態が人体に与える影響は大きい。空気の状態に変化が合った際に、スマートフォンで通知してくれるというのは、ありがたい。

「Atomstation」の特徴は、その滑らかな外見だ。製造には、長崎県東彼杵郡波佐見町付近で産する陶磁器、波佐見焼の技術を持った職人が携わっている。

Atomstation

波佐見焼の陶磁器は、給食事業に使用される強化磁器としても活用されることが多いなど、強度が高いことでも知られている。陶磁器だからといって、割れる心配もなさそうだ。

肝心のセンシングの技術を担当するのは、橋本司氏。同氏は、福岡を拠点とするスタートアップ スカイディスクの代表取締役も務めている人物だ。

スカイディスクは、センサデバイス開発やセンサデータの有効活用等を事業領域とするスタートアップで、今年の1月に1億円の資金調達も実施している。

同氏がデベロッパーとして開発しているのであれば、「Atomstation」のセンシング面にも信頼が持てる。

2016年夏にパイロット版の作成、秋に製造、来年の春に出荷を目指して動いている。クラウドファンディングは残り20日ほど。目標金額の50,000ドルに対して、現在は2,400ドルほどが集まっている。



----------[AD]----------

脳波を測定し、最適な音で快眠へ誘うヘッドバンド「Sleep Shepherd Blue」

SHARE:

最近は、睡眠時間をトラッキングするウェアラブル機器なども一般的になってきたが、Kickstarterに登場した「Sleep Shepherd Blue」はもう一歩すすんだデバイスのようだ。 頭に巻いて眠ると、睡眠中の脳波を測定し、それに応じて音を出し、睡眠の質を改善してくれるのだという。 2万5,000ドル目標でスタートしたKickstarterでのクラウドファンディングは、記事執筆時点で54万ド…

Sleep Shepherd Blue

最近は、睡眠時間をトラッキングするウェアラブル機器なども一般的になってきたが、Kickstarterに登場した「Sleep Shepherd Blue」はもう一歩すすんだデバイスのようだ。

頭に巻いて眠ると、睡眠中の脳波を測定し、それに応じて音を出し、睡眠の質を改善してくれるのだという。
2万5,000ドル目標でスタートしたKickstarterでのクラウドファンディングは、記事執筆時点で54万ドル超の出資を集めることに成功しているほどの人気ぶりだ。

Sleep Shepherd Blue

Sleep Shepherd Blue」は、ヘッドバンド型のデバイスで、睡眠時に頭に巻いて使用するスタイル。3軸の加速度センサーに加え、脳波センサーを搭載して、睡眠の状況をトラッキングする。

Sleep Shepherd Blue

測定した脳波に応じて、両耳の位置に搭載されたスピーカーから「バイノーラル・ビート」を発生させ、最適な睡眠に誘ってくれるのだという。ちなみに、「バイノーラル・ビート」とは、両耳で周波数の異なる音を効かせてうねりを生じさせるもので、リラックス効果やヒーリング効果があると言われているものだ。

Sleep Shepherd Blue

目覚まし機能も搭載しており、セットした時間が近づくと、睡眠状態から徐々に覚醒できるような音をスピーカーから発信し、快適に目覚めることができるという。

Sleep Shepherd Blue

目覚ましの設定などは、連携させたスマートフォンのアプリから行うことができる。また、脳波および睡眠中の動きの測定による、様々な睡眠データもこのアプリで確認することができる。

Sleep Shepherd Blue」の市販価格は249ドルとなる見込み。Kickstarterのキャンペーンでは、初期出資者は99ドルの出資で手に入れることができたが既に限定数は終了。現在は、199ドル以上の出資で「Sleep Shepherd Blue」を1セット、または299ドル以上の出資で2セット手に入れることができるコースが残っているのみ。日本からの注文も可能で、発送は2016年5月が予定されている。

----------[AD]----------

Kickstarterによる初の買収対象は終了寸前の音楽ストリーミングサービス

SHARE:

Kickstarter’s first acquisition is a music streaming service that was about to shut down 言わずと知れたクラウドファンディングサイト「Kickstarter」が、初となる買収を実施しました。買収先は音楽ストリーミングサービス「Drip」。 「Drip」はインディーズに特化した音楽ストリーミングサービス。インディ…

drip

<ピックアップ>Kickstarter’s first acquisition is a music streaming service that was about to shut down

言わずと知れたクラウドファンディングサイト「Kickstarter」が、初となる買収を実施しました。買収先は音楽ストリーミングサービス「Drip」。

「Drip」はインディーズに特化した音楽ストリーミングサービス。インディーズのアーティストやレーベル、そしてそれを支えるファンたちが集まるコミュニティでしたが、The Next Webによれば「Drip」はサービスを停止する寸前だったんだとか。

終了するところだったサービスを「Kickstarter」が買収して存続が決まり、「Drip」創業者のMiguel Senquiz氏は Kickstarter にジョインします。インディーズコミュニティへのアクセスができる人間が Kickstarter に入ることは、クラウドファンディングを盛り上げる上でも重要になりそうです。

両サービスのアプローチ方法は異なりますが、独立したクリエイターやアーティストを支援したいという目的は同じ。クラウドファンディングとサブスクリプションという2つのサービスの仕組みを手にした「Kickstarter」は、今後どのようにクリエイターを支援していくのでしょうか。

クラウドファンディングの変化はまだまだ続きそうですね。

via The Next Web

----------[AD]----------

「無限タイムラプス」を実現するカメラ「Enlaps Tikee」

SHARE:

一定間隔の時間で撮影した写真を繋げて仕上げるタイムラプス動画。風景などが徐々に変化していく様子を短時間に凝縮できるのがその醍醐味だろう。 よりダイナミックな変化を捉えるには長時間撮影する必要があるが、数時間ならともかく、数日間、数週間といった長期間の撮影を行おうとすると大変だ。カメラのバッテリーも持たないし、写真を保存するストレージ容量もいっぱいになってしまう。 この悩みを解決してくれるかもしれな…

Enpaps Tikee

一定間隔の時間で撮影した写真を繋げて仕上げるタイムラプス動画。風景などが徐々に変化していく様子を短時間に凝縮できるのがその醍醐味だろう。

よりダイナミックな変化を捉えるには長時間撮影する必要があるが、数時間ならともかく、数日間、数週間といった長期間の撮影を行おうとすると大変だ。カメラのバッテリーも持たないし、写真を保存するストレージ容量もいっぱいになってしまう。

この悩みを解決してくれるかもしれないのが、現在、Kickstarterでクラウドファンディング中の「Tikee」だ。

Enpaps Tikee

パノラマでタイムラプス撮影が行えるカメラを搭載したデバイスだが、一番大きな特徴はバッテリーだろう。ソーラーパネルを搭載し、太陽光で自家発電しながら撮影を続けることができるという。

Enlaps Tikee

さらに、撮影した画像はネットワーク経由ですぐにクラウドにアップロードされて保存されるため、ストレージ容量を気にする必要が無い。SDカードスロットもあるが、基本的にバッファとして使用されるのみ。ネットワークに接続できない場合に撮影画像がSDカードに保存される。

「Tikee」を使えば、バッテリーも保存容量も気にしない「無限タイムラプス」の環境が簡単に構築できるというわけだ。なお、フル充電したバッテリーであれば、太陽光がない環境でも、10分間隔のインターバルで約1週間の撮影が可能だという。

Tikee

また、クラウドに保存された画像・動画は、パソコンやスマートフォンのブラウザからWebアプリにアクセスし、フィルターやパン&ズームの効果をつけたりと、特別なソフトをつかわなくても編集が可能。つくった動画をSNSへのシェアもかんたんだ。

製品モデルは「Tikee」とその上位モデルにあたる「Tikee Pro」という2つがある。「Tikee」はWi-Fi専用モデル。「Tikee Pro」は、GSM対応のSIMを内蔵し、GPS搭載、画像もRAW保存できるという差がある。屋外で真の「無限タイムラプス」を実現するなら、Wi-Fiの親機のバッテリーを気にする必要のない「Tikee PRO」を選ぶのが賢い選択だろうか。

市販予定価格は、「Tikee」が599ユーロ、「Tikee PRO」が799ユーロ。現在、Kickstarterでクラウドファンディングを行っており、それぞれ349ユーロ、449ユーロの支援から入手可能。別途送料25ユーロで日本への発送も可能だ。配送開始は2016年8月が予定されている。

----------[AD]----------