Kickstarterによる初の買収対象は終了寸前の音楽ストリーミングサービス

SHARE:

drip

<ピックアップ>Kickstarter’s first acquisition is a music streaming service that was about to shut down

言わずと知れたクラウドファンディングサイト「Kickstarter」が、初となる買収を実施しました。買収先は音楽ストリーミングサービス「Drip」。

「Drip」はインディーズに特化した音楽ストリーミングサービス。インディーズのアーティストやレーベル、そしてそれを支えるファンたちが集まるコミュニティでしたが、The Next Webによれば「Drip」はサービスを停止する寸前だったんだとか。

終了するところだったサービスを「Kickstarter」が買収して存続が決まり、「Drip」創業者のMiguel Senquiz氏は Kickstarter にジョインします。インディーズコミュニティへのアクセスができる人間が Kickstarter に入ることは、クラウドファンディングを盛り上げる上でも重要になりそうです。

両サービスのアプローチ方法は異なりますが、独立したクリエイターやアーティストを支援したいという目的は同じ。クラウドファンディングとサブスクリプションという2つのサービスの仕組みを手にした「Kickstarter」は、今後どのようにクリエイターを支援していくのでしょうか。

クラウドファンディングの変化はまだまだ続きそうですね。

via The Next Web

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録