10チームが競い合うテスラのカーレース、2017年に開催予定

SHARE:
image via. Flickr
image via. Flickr

<Pick Up> Tesla’s electric car racing series to debut next year, 10 teams to compete

レース用ではない普通の電気自動車の最速を競うレース「Electric GT World Series」が2017年に開催されます。

このレースに参加できるパフォーマンスを有する車は、今のところ1回の充電で240マイル(390km)の走行距離がある「Tesla Model S」が最有力。そのため、実質的にテスラによるレースになりそうです。

2017年の第1回シーズンには、各2名のドライバーを擁する10チームが参加。すべてのチームが現段階で最高のパフォーマンスを誇る2車種のうち、Tesla Model S P85+に乗り込むと思われます。

この車種は、トラックレースでよく用いられる修理のしやすい前輪駆動が特徴です。改造は、ブレーキやサスペンション、ステアリング等に限られ、バッテリーやモーター、制御プログラムへの改造は認められません。

新たなレースは、「Formula 1 Grand Prix」のオーガナイザーであるFIAのサポートを受ける形で実施され、今後FIAの公式のレースになる可能性もあります。オーガナイザーのAugustin PayáとMark Gemmell,は、去年のレース用電気自動車によるFormula Eの最中に、普通の電気自動車でも手に汗握るレースを楽しめることを世界中の多くの人々に伝えたいと思って開催を決めたとのこと。

現在2人はヨーロッパ各地のサーキットと交渉中で、年内には2017年のレース・スケジュールを発表するそうです。

via. VentureBeat

(執筆:RAY YAMAZAKI)