BRIDGE

タグ DBS Bank

シンガポールDBS銀行のフィンテックアクセラレータ、グローバルスタートアップ6社とともに香港で再びキックオフ

SHARE:

DBS フィンテックアクセラレータプログラムは9日、2018年第2期の Day 1 を香港でキックオフした。 このプログラムは香港のベンチャーキャピタル集団 Nest がシンガポールに本店を置く銀行 DBS と協力して運営している。このたび、熱意あるスタートアップ6社が選ばれた。 プログラムはレイトステージのスタートアップをターゲットとしており、以下のスタートアップをバッチの最終候補リストに載せた…

dbs_accelerator_fintech
Image Credit: DBS Accelerator

DBS フィンテックアクセラレータプログラムは9日、2018年第2期の Day 1 を香港でキックオフした。

このプログラムは香港のベンチャーキャピタル集団 Nest がシンガポールに本店を置く銀行 DBS と協力して運営している。このたび、熱意あるスタートアップ6社が選ばれた。

プログラムはレイトステージのスタートアップをターゲットとしており、以下のスタートアップをバッチの最終候補リストに載せた:Cube、Cyber Productivity、Dov-E、Hyper Anna、Prive、Fractal Labs。

この6社は、銀行が事前に定めた事業機会に対する革新的なソリューションの発見を目指して12週間に及ぶプログラムを実施する。

スタートアップらは、メンターシップ、ネットワーキングの機会、リソースへのアクセスといったメリットの全てを日常的に享受できる。その他、資金調達や教育的な指導の分野で Nest や DBS がそれぞれ有する専門能力にもアクセスできるユニークな機会が与えられる。

これまでの多くのアクセラレータプログラムとは異なり、この Nest-DBS が運営するプログラムでは、DBS が現実の課題に対する革新的なソリューションを求めており、株式がエントリーの要件ではないという意味で、真のパートナーシップといえる。これまでに Nest のパートナーシップは DBS に対して著しい進展をみせてきた。このパイロットプログラムがローンチされたのは2015年。アクセラレータプログラムの実施に際し、VC 企業の専門能力を活用した。

DBS は当初、実験的なアプローチを採用したが、戦略計画および事業変革を率いる Matthew Ng 氏は次のように述べている。

2015年当時のアプローチはオープンなもので、今よりはフォーカスされておらず、何を学べるかについて知るための試運転でした。幸い、この取り組みは驚くべきことに文化面での進展がありました。社員は外部のノンバンク企業の運営方法を知ることができたからです。このプログラムは、当社の迅速な手法にも合っていました。次に、その実践が社員の精神面や文化的な慣行に拡大されたのです。

それ以降、このプログラムは Nest の指導の下でよりフォーカス、ターゲティングされるようになった。毎回のプログラムではまず、DBS 経営陣が事前に定める事業面の痛点である「問題の記述」から始められる。これは、銀行が革新的なソリューションを提供するのに必要だと認識した問題点である。次に、Nest のプログラムマネージャーは市場に出向くか、多くは過去の応用事例のデータベースにあたり、可能性のあるスタートアップ最大20社を最終候補としてリストアップし、それを DBS に提供する。するとこのリストはほんの一握りの数にまで集約される。このようにフォーカスされたアプローチを採用することにより概念実証の数が増えるため、銀行だけでなく参加しているスタートアップにもメリットが及ぶ。

このアクセラレータプログラムは、銀行にとっても価値あるブランディングの実践を可能とした。DBS は、Nest が行っている世界的な活動からも恩恵を受けている。Nestとの提携により、DBS は技術やイノベーションを取り入れる企業として知られるようになるという予想外の効果もあった。

同じく重要なこととして、Nest のおかげで DBS は世界中のスタートアップのレーダーにしっかりと入るようになったのだ。今回の6社だけでも、ほんの数例を挙げればシドニー、ロンドン、テルアビブ出身の設立者がおり、皆 AI やマシンラーニングという特定の分野で、科学に対してそれぞれわずかずつ異なる解釈をもって操業している。

一方で、Nest が果たしている役割はアクセラレータ以上である。Nest と DBS その他企業との提携は、「問題の記述」と、革新的なソリューションを提供する用意がてきていて提供の意思を持つスタートアップとを結び付ける「かけ橋」であることを意味している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

シンガポールのDBS銀行、モバイル決済アプリPaylahをApple Watch向けに提供

SHARE:

シンガポール系のDBS銀行は、自社の DBS Paylah アプリを Apple Watch 向けに提供すると本日発表した。DBS Paylah は、iOS や Android フォン向けのモバイル決済アプリだ。DBS に口座があれば、利用者は自分の口座とアプリをリンクさせて資金を追加することができる。資金はアプリのモバイルウォレットに保存され、オンライン決済、オンライン購入(特定のショップ)、寄…

dbs-paylah

シンガポール系のDBS銀行は、自社の DBS Paylah アプリを Apple Watch 向けに提供すると本日発表した。DBS Paylah は、iOS や Android フォン向けのモバイル決済アプリだ。DBS に口座があれば、利用者は自分の口座とアプリをリンクさせて資金を追加することができる。資金はアプリのモバイルウォレットに保存され、オンライン決済、オンライン購入(特定のショップ)、寄付、友人同士の少額決済にも使える。

7月1日更新:この記事は、DBS からの情報に基づいて更新済み)

Apple Watch 向けの Paylah は、基本的には iPhone アプリの拡張機能なので、互いに bluetooth で同期させることができる。そのため、ユーザは別のアプリを Apple Watch にダウンロードする必要はない。モバイルアプリをアップデートするだけで Apple Watch に対応するようになる。

今のところ、ユーザは Apple Watch で支払いの完了など取引状況に関する通知を受け取ったり、残高チェックを行ったりすることができる。今後 DBS は、送金など徐々に機能を追加し、ウェアラブル端末からの指示にも対応できるようしていくと Tech in Asia に伝えている。

スマートフォンとアプリは紐付けされており、アルファベットと数字を組み合わせた6桁のパスワードで最低1回はログインする必要がある。ウェアラブル端末からでも情報がチェックできるよう、Apple Watch はスマートフォンから離さず、またアプリは bluetooth を介して互いが繋がった状態でロックさせる必要がある。iPhone 向けのアプリもログインが必要で、iPhone 5s 以降の機種のユーザは TouchID 経由でもログインできる。取引額の上限は初期設定で999シンガポールドル(739米ドル)に設定されているが、ユーザは個人の裁量で額を調整することができる。

シンガポールのモバイル決済業界はこの1年半の間に成長しており、その顕著な例として国内の電話会社 Singtel と Standard Chartered 銀行の Dash アプリや Mastercard の Masterpass など大手が参入している。シンガポールのスタートアップ、2C2PMatchmove1月に日本のクレジットカードと金融サービス会社、クレディセゾンから資金を調達)もこの業界で積極的に事業展開を進めている。

DBS Paylah アプリの iOS と Android 向け完全版は昨年リリースされた。シンガポールでどれほど多くの人に利用されているかすぐにはわからないが、銀行側はこの件に関しての詳細を一切明らかにしなかった。Play Store のインストール数は現在10万~50万件の区分に入っているものの、範囲がかなり広いためアクティブユーザ数や取引件数を判断する材料にはならない。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

香港の大手インキュベータNestがDBS銀行と提携、FinTech専門アクセラレータを創設へ

SHARE:

香港は金融テクノロジーのスタートアップアクセラレータの重要拠点として地位を確立するため様々な努力をしており、政府と民間企業もこの取り組みに対してさらなる努力を重ねている。 一例としては、香港の財政長官 John Tsang Chun-wah(曾俊華)氏は、2015年の予算演説で約6億5,000万米ドルをイノベーションとテクノロジー基金に注入する予定だと説明した。また、新しいアクセラレータプログラム…

dbsaccelerator_featuredimage

香港は金融テクノロジーのスタートアップアクセラレータの重要拠点として地位を確立するため様々な努力をしており、政府と民間企業もこの取り組みに対してさらなる努力を重ねている。

一例としては、香港の財政長官 John Tsang Chun-wah(曾俊華)氏は、2015年の予算演説で約6億5,000万米ドルをイノベーションとテクノロジー基金に注入する予定だと説明した。また、新しいアクセラレータプログラムとワークスペースも引き続き香港じゅうに設置される予定だ。

各企業や銀行もこの動きに注目している。今日(原文掲載日:4月23日)、DBS銀行(香港)と香港の大手スタートアップインキュベータである Nest は、8月初めの開始に向けた新しい金融系アクセラレータを発表した。昨年DBS銀行は、新しいデジタル技術に約1億5,000万米ドルを投資する計画を発表している。

このアクセラレータは、「湾仔(ワンチャイ)中心部の新しく改装された5,000平方フィート(約460㎡)のワークスペース」に設けられ、応募は7月1日午前0時まで受け付けている。第1期プログラムは、11月5日のデモデイまで3ヶ月間行われる予定である。

DBS銀行(香港)のCEOである Sebastian Paredes 氏は、次のように述べている。

金融テックスタートアップエコシステムにおける起業家のダイナミックなコミュニティを通じた知識とベストプラクティスの融合は、素晴らしいイノベーションを生み出す助けとなるだけでなく、スタートアップのさらなる成長を促し、才能を伸ばし、強化することを期待している。

一方で、Nestは多方面で活躍しており、11月にAIAをパートナーとして12週間の新しいアクセラレータプログラムを発表し、最近では、ヨーロッパ最大級の金融、小売、未来都市技術ビジネスのアクセラレータ分野でロンドン拠点のLevel39との提携を結んでいる。

Nestはまた、e27が作成した香港のトップアーリーステージベンチャーキャピタルリストにも選ばれている。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------