THE BRIDGE

タグ i.ntere.st

Advisors’ Reviews: i.ntere.st and Socialacts

SHARE:

As described before, we have invited Jeffrey Paine and Serkan Toto to our advisory board.  We ask the experts to give us comments on new web services presented at our monthly event from their point of…

As described before, we have invited Jeffrey Paine and Serkan Toto to our advisory board.  We ask the experts to give us comments on new web services presented at our monthly event from their point of views.

This post includes their reviews on i.ntere.st and Socialacts that have been introduced at the event on March 28th.   We’ll be very grateful if  their reviews are useful not only for those who have developed the services but also for potential new web service inventors.

 


 

i.ntere.st
Refer to this story for more about i.ntere.st.

 

Jeffrey Paine

<Product>
Online and mobile services addressing interests and intent has been tried before, even Hunch.com is trying and new upstarts like Sparkbuy who is focusing on a niche – Consumer Electronics (I.e. Trying to solve One Problem). The site looks good so far but the value proposition of social discovery is not immediately apparent. Focusing on a niche like Sparkbuy (for shopping) might create better user engagement and receive a ton of feedback to keep iterating. So my advice is to focus on solving ONE PROBLEM and iterating based on that and my guess is Social Shopping engagement kinda like Blippy conversations but flip it to something really unique..

<Distribution>
User acquisition will be something they have to look into further, but if they solve a real problem in a way that is newer and better, traction will come.

 

Serkan Toto
Dr. Serkan Toto

I think that the general approach to tackle the interest graph is interesting, as this is a “hot” new area that hasn’t been explored over and over again.

This is especially true in Japan, where you have a number of printed (monthly) magazines that do nothing else but introduce new good, accessories and gadgets (Mono) to readers.

The general idea is interesting, and the site looks very slick, but I think the main challenge will be user acquisition and retention.

A problem coming with this is the chicken and egg problem: when I go on the site, I don’t want to be the first to list up my items but want to immediately discover new ones.

It might also be a good idea to make the site more vertical first and focus on a big niche, for example fashion, and focus on a distinct target group, i.e. women.

 


 

Socialacts

Refer to this story for more about Socialacts.

 

Jeffrey Paine

<Product>
A mobile app to track and record social actions ranges from simple to sophisticated ones. The problem statement and customer profile at the moment are not clear to me, is it discovering new social activities or is it tracking and motivating oneself to do more social acts? Focus on solving one problem, say you are the RunKeeper or the GreenGoose of Social Actions (which is basically tracking and motivating yourself and your SNS to do more), look into it further and deeper.

<Distribution>
For starters, the market size for people doing social acts may not be that large and of those who are, tracking and sharing may not be what they are looking to do and achieve. Really try to understand the Addressable Market Size and who exactly your perfect user is. But again, if the product scratch a particular itch for social do-ers, it can be interesting and can be potentially very monetizable because of the demographics of this target group.

 

Serkan Toto
Dr. Serkan Toto

I think the general idea and the concept of actions that benefit others and making those actions social through apps is great.

But I am worried that as a standalone product, the Socialacts will have a hard time getting users, as it will require them to install yet another app with a very vertical use case on their phones.

And as the app isn’t out yet, there is a number of questions open, for example:
Who would be the target group: individuals or organizations or ad-hoc groups? How can they communicate with each other? Who is controlling which task has been really done and to what extent?

Also, I think that the general idea of Socialacts could be absorbed by social apps that are already out there, for example social task managers etc.

 

----------[AD]----------

【アドバイザー講評】ジェフリーとセルカンの視点 (i.ntere.st と Socialacts について)

SHARE:

以前お伝えしたように、スタートアップ・デイティングでは、毎月のイベントで披露いただいたサービスから、いくつかをチョイスし、アドバイザーを務めてくれているジェフリー・ペイン氏とセルカン・トト氏に、世界のウェブサービスを知る者の観点からコメントをもらうことにしている。 今回はその第1回。3月28日のイベントで披露された、i.ntere.st と Socialacts について。これらのサービスを提供す…

以前お伝えしたように、スタートアップ・デイティングでは、毎月のイベントで披露いただいたサービスから、いくつかをチョイスし、アドバイザーを務めてくれているジェフリー・ペイン氏とセルカン・トト氏に、世界のウェブサービスを知る者の観点からコメントをもらうことにしている。

今回はその第1回。3月28日のイベントで披露された、i.ntere.st と Socialacts について。これらのサービスを提供するスタートアップのみならず、これから新たにサービスを生み出そうとしている人にも、参考にしていただけると幸いである。

(ジェフリー・ペイン氏とセルカン・トト氏の詳しい紹介は、こちら。)

〈訳責:池田 将/原文はこちら。〉

 


 

i.ntere.st

i.ntere.st についての詳しい説明は、スタートアップ・デイティング記事はこちら

 

ジェフリー・ペイン氏

【プロダクト】

関心や意思を伝えるオンラインやモバイルサービスは、これまでも試されてきました。Hunch.com もそうですし、Sparkbuy などの新興勢力は、家電に焦点を当てることで、独自性を出そうとしています。サイトの作りはよいと思いますが、「ソーシャル・ディスカバリー(訳注:ソーシャルメディアによる、新しいモノの発見)」に潜在する価値は、すぐには明らかにならないでしょう。Sparkbuy のように、ニッチに焦点を当てれば(Sparkbuy は、買い物に焦点を当てています)、より多くのユーザを集め、利用を高めるために多くのフィードバックを得られるのではないでしょうか。私は、独自性を高めることに集中し、それによって、利用のリピートを高めるよう、アドバイスしたいと思います。Blippy で交わされるやりとりのような、ソーシャル・ショッピング・エンゲージメントでありながら、本当にユニークなものを目指すとよいかもしれません。

【ディストリビューション】

ユーザ獲得については、もっと考える必要があるでしょう。新しく、そして、よりよい方法でその問題が解決できれば、サービスを牽引できると思います。

 

Serkan Toto
セルカン・トト氏

人々の興味や関心によるソーシャルグラフは、ホットで新しい分野でありながら、深く開発が進められてはおらず、それに挑もうとするアプローチは非常に面白いと思います。

特に日本では、(関心とかに関係なく、ただひたすら)新製品やアクセサリーを紹介するような雑誌(月刊誌)が多いように思います。

全体として、アイデアは面白く、サイトもよくできていると思いますが、努力が求められるのはユーザの集客とリテンションでしょう。

やがて迎えるのは、鶏が先か卵が先かの問題。ユーザはサイトを訪問し、自分の関心事が、最初に表示されることを期待しているのではなくて、他のユーザが提示した新しい関心事を見つけたいのです。

サイトをより分野に特化した作りにし、大きなニッチに焦点を当ててみる。例えば、特別なターゲットグループとか、女性に焦点を当ててみるとよいかもしれません。

 


 

Socialacts

Socialacts についての詳しい説明は、スタートアップ・デイティング記事はこちら

 

ジェフリー・ペイン氏

【プロダクト】

社会活動を記録するモバイルアプリは、シンプルなものから洗練されたものまで、さまざま存在します。今のところ、解決しようとしている課題やユーザ属性が私にははっきりわかりませんが、このアプリは、新しい社会活動を見出すためのものなのでしょうか? それとも、社会活動を記録し、その活動を一層促すためのものなのでしょうか? サービスの独自性のことを論じるなら、ソーシャルアクションの RunKeeper や GreenGooseのことが上げられます。(基本的に、これらのサービスも、行動を記録し、自らの行動を促し、SNSを通じてさらに促す、というようなもの) このようなサービスをより詳しく検証してみるとよいでしょう。

【ディストリビューション】

サービスを始める者にとって、社会活動家の市場規模は、あまり大きなものではありません。また、社会活動を記録したり共有したりすることは、彼らが望んでいることでもないでしょう。考えうる市場の最大規模を理解し、誰がパーフェクトなユーザになってくれるかを考えましょう。しかし、この製品が社会活動家のかゆいところに手が届けば、面白いものになると思います。ターゲット・グループの属性によっては、マネタイズできる可能性もあります。

 

Serkan Toto
セルカン・トト氏

自分以外の誰かに何かをしてあげる行為や、そのような行為をアプリを使ってソーシャルにするというアイデアとコンセプトは、すばらしいと思います。

しかし、Socialacts は、分野ごとのユースケース(訳注:行動のパターンセット)を持ったアプリを、ケータイにインストールする必要があるでしょうから、この製品単独でユーザを集めるのは大変ではないでしょうか。

アプリがまだにせよ、次のような疑問が挙げられます。

誰がターゲットか? 個人か組織か、アドホックグループか。互いにどのようにして連絡を取り合うのか。どのタスクが本当に実行されたかということを、誰がどの程度、管理するのか、など。

また、Socialacts のアイデアは、すでに世間に出ているソーシャルアプリ、例えば、ソーシャルタスクマネージャーなどでも、包含されるように思います。

 

----------[AD]----------

Social Search “i.ntere.st” Brings You Discoveries By Object Check-in

SHARE:

Thanks to sponsors serving us a venue, great meals and beverages, Startup Dating vol.6 event was successfully finished even under the difficult situation caused by the quake. We apologize you it was a…

Thanks to sponsors serving us a venue, great meals and beverages, Startup Dating vol.6 event was successfully finished even under the difficult situation caused by the quake. We apologize you it was a hurried event since we needed finish it earlier than usual.

We had seven LT presenters. We are very sorry that some of them has been hindered to present in good condition due to technical difficulties with a projector and audio amplifying. We will prepare more to prevent these troubles. From the LTs. we would like to feature two brand new services, both of which are check-in-based services. (Each of them is covered in a different post.)

I.ntere.st allows you to check in what you are interested in, and to find a discovery by sharing your experience with other users. It has a feature as a social recommendation system. Daisuke Takase from Tattva made it, serving Tokyo-based social app developer CbIR as the CEO, and he’s also known for having developed a social app titled the Bakumatsu Heroes in association with gumi, a social app developer too.

In terms of getting your expecting search results, we used to use always Google search, but as social media such as Facebook and Twiitter becomes more popular, we see more frequently social recommendation and social search stuffs.

To get a Google search result, we have to throw a query to them. But in social media, we can learn something from tweets by someone about what we have never experienced nor learnt. It’s a human-powered recommendation.

Register an object of your interest and find someone’s list of objects of his/her interest (CHAIN OF PEOPLE). You may feel like discovering new interests through a chain of objects.

Meanwhile, how they motivate users to register their interests on the service? Similar to the service in terms of sharing your interest with others, Blippy lets you share your purchases and see what your friends are buying online. It adopts an extreme approach using your credit card details to obtain your purchase records, but an accumulation of your shopping experiences can highly contribute to collecting the information on how you prefer or how you think because it is a part of your life.

A mobile app may gain stickiness of the service. The company plans to develop the Android app and the iPhone app, Mr. Takase says. Making more fun by registering interests may bring them a big traffic. That makes a big ad revenue then.

The service was just introduced one day prior to the LT presentation date, not yet a perfect one, it has more to consider and develop for motivating potential users to sign up. However, we expect them to be a platform enabling new discoveries.

----------[AD]----------

ソーシャル検索のi.ntere.st(インタレスト)は「モノにチェックイン」して新たな発見を提供してくれる

SHARE:

Startup Dating vol.6は震災の混乱がまだ収まっていない中、各スポンサーの協力もあり、無事実施ができた。会場の早期撤収のため、いつもより慌ただしいイベントではあったがご了承頂ければ幸いだ。 さて、ライトニングトークに参加してくれた7社(こちらも接続トラブル等でお見苦しい点があったことは申し訳なかった。次回からもう少し準備に力をいれるようにする)のうち、チェックインをキーワードにした…

Startup Dating vol.6は震災の混乱がまだ収まっていない中、各スポンサーの協力もあり、無事実施ができた。会場の早期撤収のため、いつもより慌ただしいイベントではあったがご了承頂ければ幸いだ。

さて、ライトニングトークに参加してくれた7社(こちらも接続トラブル等でお見苦しい点があったことは申し訳なかった。次回からもう少し準備に力をいれるようにする)のうち、チェックインをキーワードにした2社をご紹介したい。(それぞれ単独記事)

I.ntere.st(インタレスト)はシンプルなコンセプトのサービスだ。自分の興味があるものを登録(チェックイン)して友人と共有することで新たな発見を促す、いわゆるソーシャルレコメンデーション(検索)を提供してくれている。このサービスを立ち上げたのはtattva(タットワ)の高瀬大輔氏。CbIRの代表でもある同氏はgumiとの共同事業でソーシャルアプリの「幕末英雄伝」を手がけるなど活動の範囲も広い。

ソーシャルレコメンデーション、ソーシャル検索という話題はこれまでGoogle検索一辺倒だった情報検索のなかで、facebookやTwitterなどソーシャルプラットフォームの成長により実感することが多くなっている。

Googleはクエリを投げなければならなかったが、ソーシャルなタイムラインではそもそも自分が「知らない」キーワードを友人のつぶやきなどによって気づかされることがある。いわゆる人的なレコメンデーションというものだ。

実際、しばらく商品を登録してみたり、「CHAIN OF PEOPLE」などから友人のTwitterアイコンをみつけてどんな商品を登録しているのか眺めてみると、確かに「モノのつながりの中から新たな興味・関心の発見」はできそうだ。

一方で、やはり登録するというモチベーションをどう担保するのか、という問題がある。同じようにソーシャルなつながりからモノへの興味を可視化したサービスとしてBlippyがある。クレジットカードの買い物情報を共有というやや強烈なやり方ではあるが、買い物という普段の生活の一部になることで自然と情報量が増えてくるという利点は大きい。

このあたりのスティッキネス(普段使い)を高める方法としてモバイルへの対応がある。その点について高瀬氏は「アンドロイドアプリとiPhoneアプリをリリース予定」と教えてくれた。自分の興味を登録することで何らかしらコミュニケーションや登録することそのものへの楽しみが生まれれば、大いに期待できるトラフィックが生まれるだろう。当然トラフィックの増大は広告等のビジネスへ繋がる。

ライトニングトークの当日にリリースされたサービスなので、まだまだバギーな部分も多いし、登録へのモチベーションという意味ではまだ弱い部分があるのは当然だが、今後、新しい発見性のあるプラットフォームとして成長してくれることを期待したい。

 

----------[AD]----------