BRIDGE

タグ IDC

中国のAI市場は2024年までに127.5億米ドルに、画像と音声認識で世界トップシェア掌握へ【IDC・Canalys報告】

<ピックアップ> China’s AI Software Market Will Be Worth USD12.8 Billion in 2024, IDC Says ニュースサマリー:大手 IT リサーチ会社 IDC は6月、報告書「中国の人工知能ソフトウェア・アプリケーション2019年後期版(中国人工智能市場軟件及応用半年度研究報告、2019下半年)」をリリース。AI ソフトウェア・アプリケー…

Xinhua(新華社)と Sogou(搜狗)が共同開発した 3D・AIのニュースアナウンサー「Xin Xiaowei(新小微)」
Image credit: Sogou(搜狗)

<ピックアップ> China’s AI Software Market Will Be Worth USD12.8 Billion in 2024, IDC Says

ニュースサマリー:大手 IT リサーチ会社 IDC は6月、報告書「中国の人工知能ソフトウェア・アプリケーション2019年後期版(中国人工智能市場軟件及応用半年度研究報告、2019下半年)」をリリース。AI ソフトウェア・アプリケーション市場は2024年までに127億5,000万米ドルに達し、年平均成長率は39.9%になると予想した。

重要視すべきポイント:国家主導で推進する中国人工知能の市場においては、コンピュータビジョン(画像解析)や音声認識市場が大きく成長している。

詳細情報:IDC のデータによると、2019年に中国のコンピュータビジョンアプリケーション市場は14億6,500万米ドルに達し、4つの主要な画像認識ユニコーンが市場を支配した。主にセキュリティ分野やスマートシティ分野で成長している。顔認識技術はオフィスビル等でも多く広がっている。

  • 中国の AI スタートアップの中でも、SenseTime(商湯科技)はコンピュータビジョン領域で市場の約20%を占め、Megvii(昿視)、CloudWalk(雲従科技)、YITU Technology(依図科技)が続いている。
  • 音声分野でも市場規模は昨年12億2,000万米ドルに達した。iFlytek(科大訊飛)が最大の市場シェアを獲得。
  • Baidu(百度)の音声技術を搭載したスマートスピーカー「Xiaodu(小度)」の出荷量は、世界トップ2にランク。Canalys のデータによると、2020年の第1四半期のスマートスピーカーの出荷台数は2,030万台で、上位5社は Amazon、Baidu、Alibaba(阿里巴巴)、Google、Xiaomi(小米)であった。
  • IDC の予測によると、2020年には中国で1億人のユーザが音声対話機能を使用し、将来的には V2E(Voice to Everything)が実装され、家電製品、自動車、オフィス機器に徐々に音声モジュールが組み込まれる。「音声インターネット時代」の波がやってくる可能性がある。
中国の AI 市場におけるコンピュータビジョンアプリケーション主要プロバイダ
Source: IDC 中国人工智能市場軟件及応用半年度研究報告、2019下半年
中国の AI 市場における音声認識・発声アプリケーション主要プロバイダ
Source: IDC 中国人工智能市場軟件及応用半年度研究報告、2019下半年
スマートスピーカー出荷台数の国別推移。中国はアメリカを抜き、世界シェアの51%を掌握。
Source: Canalys

背景:IDC は日本国内での AI システム市場予測を6月に発表。2020年の国内 AI システム市場は、前年比43.2%増の1,172億1,200万円と IDC では予測。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による IT 支出の抑制によって AI プロジェクトが停滞し、サービス市場とソフトウェア市場の成長スピードがいったん減速。2020年の反動や経済の回復から、2021年は前年比45.7%増と勢いが戻ると予測している。

via Yical Global(第一財経 環球版)

執筆:國本知里/編集:岩切絹代

----------[AD]----------

スマートフォン出荷台数で中国がアメリカを抜き、インド、ブラジルがその後に続く

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 リサーチ会社のIDCのレポートによると、中国の2012年度のスマートフォン出荷見込み数は、前回3月の発表ではアメリカを0.1%上回ると報告されていた。昨日(原文掲載8月31日)発表された最新レポートでは8.7%上回るとあり、難なくアメリカを抜くことが明らかになった。また将来的には、インドやブラジルなどがスマートフォン市場の激戦区になると予想されており、数年後…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

リサーチ会社のIDCのレポートによると、中国の2012年度のスマートフォン出荷見込み数は、前回3月の発表ではアメリカを0.1%上回ると報告されていた。昨日(原文掲載8月31日)発表された最新レポートでは8.7%上回るとあり、難なくアメリカを抜くことが明らかになった。また将来的には、インドやブラジルなどがスマートフォン市場の激戦区になると予想されており、数年後にはアメリカの出荷数を完全に追い抜くことになるだろう。

IDCのシニアマーケットアナリストであるWong Teck-Zhung氏によると、中国では200米ドル以下のAndroid市場が主に牽引役となり、その後も成長していくようだ。また、Wong氏によると低価格スマートフォンの価格はさらに下がっており、キャリアからの補助金や国内メーカー特製の携帯電話の存在もあって中国のスマートフォン市場は拡大、出荷台数も伸びていくそうだ。数年後、中国のスマートフォン市場の成長は4Gネットワークに支えられることになるが、現時点では限定された地域でまだ試験段階にある。

IDCのシニアリサーチアナリストRamos Llamas氏は、アメリカの成長は止まっておらず単にペースがゆっくり伸び続けているだけであると述べた。「アメリカには新規ユーザ市場と、盛況なアップグレード市場がまだある」。

2016年に向けた市場予測では、中国のシェアは他の国々で起こるであろうと予想されるスマートフォンの大きな成長によりわずかに減少すると見られる。それらの成長が最も顕著であろうとされているのはインドとブラジルだ。

インドは今後数年でスマートフォン市場における最大の成長を見込まれており、2016年までの複合年間成長率(CAGR)は57.5%で最大である。IDCは、100米ドル前後の低価格デュアルSIMスマートフォンとバラエティ豊かな国内アプリが、インド市場の拡大の主な要因であると確信している。

ブラジルは、インドに次いで2番目に高い複合年間成長率である44.0%を達成すると予想されている。政府とモバイル事業者による戦略的開発がスマートフォン市場を後押しするであろうとIDCは考えている。

Chart: 2011, 2012 and 2016 Smartphone Shipment Market Share, Top 5 CountriesDescription: IDC’s Mobile Phone Tracker Forecast is the market-leading forecast product designed for industry professionals, investors and governments seeking to capitalize on one of technology’s most closely-watched markets. IDC forecasts 60 countries and 8 regions on a quarterly basis by Air Interface, Operating System and Device Type (feature phone + smartphone).Tags: Mobile Phone, Smartphone, Feature Phone, India, PRC, China, United Kingdom, Brazil, Mobile Phone Tracker, Forecast, Mobile Phone Tracker ForecastAuthor: IDCcharts powered by iCharts

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------